Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • That roar belongs to one of the most iconic movie monsters of all time: Godzilla.

    これ、映画界で最も象徴的な怪物の1つの鳴き声ですね―そう、ゴジラです。

  • Since his debut in 1954, the King of Monsters has rampaged across Tokyo, New York City, and Osaka to name a few.

    1954 年に登場して以来、この怪物の王は、東京、ニューヨーク、大阪などで大暴れしてきました。

  • And over the years, he's gotten bigger, and bigger, and bigger.

    そして年を経るにつれ、大きく、大きく、ますます大きくなってきました。

  • The latest Godzilla is a record 119 meters tall, about six times taller than the tallest animal in history.

    最新のゴジラは記録を塗り替えて119mの高さを持ち、これは史上最も背の高い動物の約6倍です。

  • And to be fair, it's a fantasy film, not a nature documentary.

    公平を期すために言いますが、これは自然のドキュメンタリーではなく、ファンタジー映画ですからね。

  • But just how fantastical is a 36-story-tall lizard-dinosaur creature who breathes beams of atomic energy?

    36階建てのビルに相応する高さのトカゲのような恐竜が、原子力光線を吐き出す―これのどこが、ファンタジーなのでしょうか?

  • Well, energy beams aside, Godzilla is actually even more unrealistic than you might think.

    原子力光線はさておき、ゴジラって実は、あなたが考えるよりずっと、非現実的なのですよ。

  • Now, Earth is no stranger to enormous animals.

    地球上に、巨大な動物が全くいなかったわけではありませんね。

  • Just look at the largest dinosaur, the titanosaurs, or today's blue whales, which reach up to 30 meters long and can weigh 200 tons.

    最大の恐竜であるチタノザウルス、それから今日の例を言うなら、長さ 30 m、重さ 200 トンにも達しうる、シロナガスクジラを考えてみてください。

  • Compared to them, Godzilla doesn't seem that impossible, right?

    こういう動物たちに比べれば、ゴジラだってあり得ない話ではないですよね?

  • These critters are massive on a scale that's just totally impossible.

    こういう生物たちは巨大で、絶対にあり得ないんです。

  • I mean, assuming, at least, they're made of anything even remotely like what we're made out of and follow any of the rules of biology, they are completely impossible.

    少なくともそういう生物たちが、私たちと僅かにでも類似した要素でできていて、生物学の基準にならうとしたら、この世に存在できるわけがないでしょう。

  • That's paleontologist Mike Habib.

    こちらは古生物学者のマイク・ハビブ氏です。

  • He's an expert in giant reptiles and also helps design fantastical creatures for TV and film.

    彼は巨大爬虫類の専門家で、テレビや映画向けに、架空の生物もデザインしています。

  • And according to him, a creature like Godzilla could never exist in real life for multiple reasons.

    彼によると、ゴジラのような生物は複数の理由に基づき、実在し得ないそうです。

  • First, he would be brain-dead long before he ever reached a city because his heart simply isn't large and powerful enough to pump blood to his head.

    まず、都市に辿り着く以前に脳死状態に陥ってしまうでしょう―血液を頭に送れるほど、心臓が大きくないからです。

  • His heart would have to be thousands of tons and fill most of his chest.

    心臓が何千トンもの重さを持ち、胸の大部分を占めるほどでなければ不可能です。

  • You'd have to have vessels that you could drive a car through, and he would need the energy consumption of a small power plant, probably, every minute in order to run it.

    車が通れるほどの太さの血管と、それを機能させるために、毎分、小規模な発電所ほどのエネルギー消費が必要になるでしょう。

  • Of course, he's nuclear-powered, so maybe he has the energy to spare.

    ただゴジラは原子力で稼働するので、余分なエネルギーがあるのかもしれません。

  • In reality, large animals like titanosaurs got around this by walking on all fours with their heads held out in front of them, not held up high.

    現実、チタノザウルスなどの大型動物は、四つ足で動き回り、頭を上部でなく前方に突き出すことで、支障がないように生きていました。

  • That way, they don't have to pump blood against gravity as far.

    それにより、重力に逆らって血液を送り出す必要が、さほどなかったのですね。

  • But even if Godzilla did crawl across cities on all fours, he'd have another problem: movement.

    ゴジラが四つ足で都市中を這いずり回ったとしても、また別の問題があります―動きです。

  • You see, whenever you lift your leg or arm, it's because your brain fires signals to the nerves in your leg and arm muscles.

    脚や腕を上げられるのは、脳がそれらの部位の筋肉の神経に信号を送るからです。

  • The fastest of these signals travel around 100 meters per second, so the message from brain to leg is virtually instantaneous.

    これらの信号で最も移動が速いものは秒速100mなので、脳から脚への伝達は実質、即時的なものです。

  • Not for Godzilla though.

    でもゴジラの場合はそうではありません。

  • It would take more than a full second for nerve signals to travel the length of his body.

    ゴジラの体長分だけ神経信号が移動するには、1秒以上はかかるでしょう。

  • Now, a second still sounds pretty quick, but in reality...

    1秒でもかなり速いように思えますが、実際は…

  • His nerve-conduction speed becomes so slow that he can't move.

    神経伝導速度が非常に遅くなるため、動くことができないのです。

  • It takes forever to do anything.

    何をするにも、莫大な時間がかかってしまいます。

  • Now, Godzilla does look pretty sluggish in the films, but it turns out, in reality, it would look more like this.

    映画内で、ゴジラはすごく動きが鈍いように見えますね。でも実際は、こんな風に見えるみたいですよ。

  • But even if Godzilla could move super fast, he wouldn't have time to fight enemies or demolish buildings because he'd be too busy sunbathing.

    ゴジラが超高速で動けたとしても、敵と闘ったり、ビルを破壊したりする時間なんてないでしょう―日光浴で目一杯ですからね。

  • All animals need a way to regulate body temperature.

    あらゆる動物は、何らかの方法で体温を調整する必要があります。

  • Reptiles and other cold-blooded animals stay warm by basking in the sun.

    爬虫類や変温動物は、日光浴をすることで体温を温かく保ちます。

  • But in Godzilla's case, heat from the sun would have to travel through meters upon meters of tissue to penetrate his hide and reach his internal organs.

    でもゴジラの場合、太陽からの熱が皮に浸透し、内臓まで到達するまでに何メートルにもわたる細胞を移動しなければなりません。

  • So to stay warm, he'd have to spend hundreds of hours straight sunbathing.

    だから温かさを保つためには、何百時間も日光浴し続けないといけないのです。

  • But what if Godzilla were more like a mammal?

    ゴジラが哺乳類のようだったらどうでしょうか?

  • Like us?

    私たちのように?

  • He wouldn't need to rely on the sun since we warm-blooded creatures produce our own body heat.

    恒温動物は体熱を生み出すことができるので、太陽に依存する必要はありません。

  • But unfortunately, that would cause yet another problem.

    でも残念ながら、また別の問題があるのです。

  • But then he's so big, he probably cooks himself.

    ゴジラはあまりにも大きいため、自らを焼いてしまう可能性があるのです。

  • His core temperature hits 300 degrees.

    ゴジラの深部体温は 300 ℃に達します。

  • Yikes!

    わあ。

  • And even if he somehow got around all these problems, his skeleton would still collapse under its own weight.

    これらの問題全てをどうにかして回避できたとしても、自らの体重により、骨格が崩壊してしまうでしょう。

  • Now, Mike says he's a whopping 90,000 metric tons, and that skeleton's just not strong enough to support 90,000 metric tons of, well, anything.

    マイクによると、ゴジラの体重は何と 9 万トンだということです。骨格には、9 万トンもの重さが何であれ、それを支えるほどの強度がありません。

  • Yeah, he would just crumple.

    ぐしゃぐしゃになってしまうでしょう。

  • He'd just collapse.

    崩壊してしまうのです。

  • He'd be a very large pile of meat.

    すごく大きな肉の塊になるでしょうね。

  • Not a very intimidating picture.

    大して怖くない図になりますね。

  • In the end, Mike says Godzilla could only be about half as tall as he was in the original film before his poor heart would give out.

    それにマイクによると、ゴジラの身長は、映画の半分ほどでしかあり得ないそうです。心臓が持たないですからね。

  • But just because Godzilla's body is unrealistic doesn't mean it's bad.

    ゴジラの体が非現実的だからといって、悪いわけじゃありません。

  • In fact, he's perfect for the role.

    実際、ゴジラという役目にはピッタリなのです。

  • He's tall enough to stalk past city skyscrapers, which give us iconic scenes like this.

    身長が十分高いので、都市の高層ビル群を闊歩することができ、こんな象徴的なシーンができます。

  • Just straight up magic in the modern world setting, and just go and enjoy it as such.

    現代世界における、正真正銘のマジックなのです。そのままの姿を楽しんでください。

That roar belongs to one of the most iconic movie monsters of all time: Godzilla.

これ、映画界で最も象徴的な怪物の1つの鳴き声ですね―そう、ゴジラです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ゴジラ 動物 生物 トン 日光 体温

ゴジラの大きさはなぜ非現実的か? (The Real Reason Godzilla Could Never Get That Big)

  • 22599 571
    April Lu に公開 2019 年 06 月 23 日
動画の中の単語