Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Sometimes you can improve your English a hell of a lot in a very short amount of time.

    すごく短い時間で英語を上達させることができる方法があります。

  • And today we're going to do exactly that.

    今日はそれを実現します。

  • I want to show you one thing today that will really improve your English.

    間違いなく英語を上達させることができる秘訣を教えます。

  • 1,000 % sure this is the mistake that I correct most often more than any other mistake.

    1,000 % 保証します。このミスは私が訂正する中で一番多いものです。

  • This is the one that I hear most in my classes and this is the mistake.

    これが私のクラスで一番よく聞くミスです。

  • Listen for the reply that she gives.

    彼女が答えた言葉をよく聞いてください。

  • I'm going to the cinema later.

    あとで映画館行きます。

  • Do you want to go to the cinema?

    映画館に行きたいですか?

  • Yes, I want.

    はい、行きたいです。

  • Okay.

    もちろん。

  • Did you hear the mistake in her reply?

    あなたは彼女の答えの中のミスに気づきましたか?

  • Let's use the same mistake but a different example.

    ほかの例文で同じミスを見てみましょう。

  • Do you want a coffee?

    コーヒー要りますか?

  • Yes, I want.

    はい、要ります。

  • How about that time?

    今回は?

  • No?

    分からない?

  • Let's do another one.

    では、ほかもう 1 つを見てみましょう。

  • Do you want a banana?

    バナナ要ります?

  • Yes, I want.

    はい、要ります。

  • Do you want this banana?

    このバナナがほしいですか?

  • Yes, I want.

    はい、そうです。

  • Okay, fine.

    うん、わかった。

  • So something is missing here.

    ここに何かが足りないのです。

  • Let's fix it.

    訂正しましょう。

  • This is a very common mistake so don't worry if you didn't see the mistake in this question.

    これはよくあるミスなので、この問題の間違いに気づけなくても心配しないで。

  • There's one word missing.

    ある言葉が足りません。

  • Do you know what it is?

    その言葉を知っていますか?

  • To!

    To!

  • And remember her reply was this, "Yes, I want."

    そして、彼女の返事は 「 Yes, I want. 」。

  • Now in Latin languages, probably others too.

    ラテン系言語、ほかの系統の言語もそうかもしれません。

  • It's enough to say your equivalent of "I want" for the reply.

    返事は「欲しい」だけで伝わると思います。

  • However, in English we must have an object.

    しかし、英語では目的語が必要です。

  • In this case the object is a verb "to go".

    この場合、目的語は動詞の 「to go」になります。

  • You can of course say, "Yes, I want to go."

    もちろん、「 Yes, I want to go. 」と言ってもいいです。

  • That's fine, no problem.

    素晴らしい。全く問題がありません。

  • However, it's much more common, much more natural.

    でも、もっとよく使かわれる、自然なな表現があります。

  • Just to say, "I want to."

    「 I want to. 」だけでいいです。

  • "Yeah, I want to."

    「 はい、欲しいです。 」

  • And the same for any other verb.

    ほかの動詞でも同じです。

  • "Do you want to sleep?"

    「寝たいですか?」

  • "Yes, I want to, very much."

    「はい、寝たいです、とても。」

  • Let's change the verb for a noun.

    動詞を名詞に変えてみましょう。

  • For example: "Do you want a coffee?"

    例えば、「コーヒー要りますか?」

  • In your reply you still need that object.

    答えるとき、目的語が必要です。

  • Which object should I use for a coffee?

    コーヒーにどの目的語を使えばいいですか?

  • Just say, "Yeah I want one... I always want one."

    「はい、一杯ください。いつもコーヒ飲みたいんです。」と言えばいいです。

  • This talks about something general.

    これは一般的なことについての表現です。

  • But if you're talking about a specific thing then the question might be, "Do you want this?"

    でも、特定なことを指す時の質問は「これが欲しいですか?」

  • "Do you want that?"

    「あれが欲しいですか?」

  • In which case the reply would not be, "I want one."

    この場合に対しての返信は「 I want one. 」ではありません。

  • We're talking about a specific thing.

    今は特定なものについて話していますので、

  • The reply is, "It".

    そのため、返信は「 It 」になります。

  • "Yes, I want it! Give it to me!"

    「はい、それが欲しいです。それをください。」

  • But honestly this happens in many other examples.

    でも、これはほかの状況でもよく使います。

  • This is an example of not using the object when you should.

    目的語が必要な時に目的語を使ってない例文は以下になります。

  • For example, if you want to ask "Did you like, love, hate this thing?"

    「これが好き、嫌いですか?」と人に聞きます。

  • This one singular thing.

    この特定の 1 つのものです。

  • Then your answer should not be, "Yes, I loved."

    なので、返信は「 Yes, I loved. 」ではありません。

  • You're missing that object.

    目的語を忘れています。

  • In this case it's a singular thing.

    この場合、特定の 1 つのものを指す表現なので。

  • We're talking specifically, so, what is that object?

    特定なものを話しています。何の目的語でしょうか?

  • It's a pronoun.

    代名詞です。

  • "It" of course.

    もちろん「 It 」です。

  • So don't forget your objects, don't forget your pronouns.

    目的語を忘れないでください。代名詞を忘れないでください。

  • But be careful, modal verbs don't work the same.

    でも、気を付けてください。助動詞は違いますよ。

  • In a question like "Can you dance?"

    「 Can you dance? 」のような例文。

  • Notice that modal verbs don't have "to" with the verb.

    助動詞には「 to 」がありません。

  • So it works different.

    なので、表現が違います。

  • Your answer should not be, "Yes, I can to."

    返信は「 Yes, I can to. 」ではありません。

  • Noooo.

    違いますよ。

  • Because remember in the question there's no "Can you to dance?"

    質問が「 Can you to dance? 」と to が入ってないからです。

  • No.

    違うのです。

  • So the answer, no "to" !

    なので、答えに「 to 」はありません!

  • So never forget your objects and your "to" preposition in sentences and questions.

    目的語、そして前置詞の「 to 」を忘れないでください。

  • Thank you so much for watching.

    ご視聴ありがとうございます。

  • If there's something that you'd like me to talk about in a future video.

    もしこれからの動画で紹介してほしい内容があれば。

  • Let me know in the comments, or get in touch with me on social media.

    コメントしてください。または、ソーシャルメディアで私に連絡ください。

  • I've got Instagram, Twitter, Facebook those things.

    インスタ、ツイッター、フェイスブックがあります。

  • Or you can watch another video right here!

    または、ここにある他の動画もみてください。

Sometimes you can improve your English a hell of a lot in a very short amount of time.

すごく短い時間で英語を上達させることができる方法があります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 目的 yes ミス 返信 動詞 例文

注意!やりがちな英文法ミス!

  • 84484 3032
    ayami に公開 2019 年 07 月 22 日
動画の中の単語