Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Ivana Korom Reviewer: Krystian Aparta

    翻訳: Kyohei Uto 校正: Riaki Poništ

  • So, for the first time in America's modern history,

    アメリカの現代史上 はじめて

  • we have five generations interacting at work.

    5世代が職場で関わり合っています

  • The veterans, born between 1922 and 1943,

    ベテラン世代は 1922年から 1943年の間に生まれた世代で

  • are known as the Greatest Generation, the matures, the silents.

    “偉大なる世代”や成熟の世代 沈黙の世代として知られています

  • They're known for their self-sacrifice,

    自己を犠牲にすることで知られており

  • respect for authority and work as its own reward.

    権威に敬意を払い 働くこと自体が見返りだと考えます

  • The boomers came shortly after, born between 1944 and 1960.

    ベビーブーム世代はそのすぐ後 1944年から1960年の間に生まれました

  • This is a generation characterized by hard work.

    勤勉であることが特徴です

  • In fact, we can thank this generation for the term \"workaholic.\"

    この世代から「ワーカホリック」 という言葉が出てきたほどです

  • They appreciate competition, they love effective communication.

    競争を奨励し 効率的な コミュニケーションを大事にします

  • And they're thinking towards retirement, if they haven't retired already.

    まだ定年してない場合 定年後のことを考えつつある世代です

  • Generation X is known as the lost generation

    X世代は ロストジェネレーション またはカギっ子世代として知られ

  • the latchkey generation, born between 1961 and 1980.

    1961年から1980年の間に 生まれた人たちです

  • This is the smallest generation,

    人口が最も少ない世代で

  • sandwiched between boomers and the big millennials.

    ベビーブーム世代と 人数の多いミレニアル世代に挟まれています

  • More parents were divorced in this generation

    上の どの世代よりも多くの家庭で

  • than any generation prior.

    親が離婚した世代でもあります

  • They also were the first generation to tell us about work-life balance,

    また ワークライフバランスという考えを 生み出した世代であり

  • and the first to really ask for that in the workplace.

    それを職場環境で 初めて 実際に要求した世代です

  • And then millennials -- you know, the everybody-gets-a-ribbon generation --

    そしてミレニアル世代― 誰でも賞がもらえた世代ですね

  • born between 1981 and 2000.

    1981年から2000年 の間に生まれました

  • Never knew a time where technology wasn't present in the home.

    家庭にテクノロジーが存在しなかった時代 なんて知らない世代です

  • They're incredibly pragmatic, they're hopeful and they're determined.

    非常に現実的で 希望に満ち 強い意志を持っています

  • They think they're going to change the world,

    自分たちが世界を 変えるのだと思っています

  • in fact, I believe they're going to do it.

    正直 その通りだと思います

  • They might be a little bit idealistic sometimes,

    やや理想主義的なところも あるかもしれませんが

  • but in just the last several years,

    このわずか数年間で

  • we've seen millennials overtake Generation X

    ミレニアル世代は X世代を追い抜いて

  • to be the most represented generation in the workforce.

    職場でもっとも大きな割合を 占める世代になりました

  • In fact, more than one in three people in the United States labor force

    現に アメリカの労働者の 3分の1以上が

  • is a millennial.

    ミレニアル世代です

  • And soon to join us there, Generation Z, born since 2000,

    そしてもうすぐ加わるのがZ世代 2000年以降に生まれ

  • our high school interns or soon to be high school graduates.

    高校生インターンをしていたり もうすぐ高校を卒業する世代です

  • Now, if you open any internet browser,

    さて ブラウザを開いて

  • look at Amazon,

    Amazonを見たり

  • search any of your favorite search engines,

    好きな検索エンジンで 検索してみましょう

  • you might assume there's a literal war in the workplace, right?

    現代の職場は戦場だと 思うかもしれません

  • We see blog topics like

    こんな題名のブログが目に入ります

  • \"Seventeen reasons why millennials are the worst generation.\"

    「ミレニアル世代が最悪である 17の理由」とか

  • And \"Why baby boomers have ruined it for everybody.\"

    「ベビーブーム世代は 世の中を駄目にしたのか」

  • Or \"Bridging the great generational divide.\"

    「世代間の大分断を解決するには」など

  • It's like turning into this \"West Side Story,\"

    まるで『ウエスト・サイド物語』です

  • like, boomers come in one door,

    ベビーブーム世代がこっちの扉

  • millennials come in another door, the lobby,

    ミレニアル世代があっちの扉 ロビーのほうから登場し

  • they just fight with each other all day, complain, go home, do the same,

    一日中争い合い 不平を言い 帰宅し

  • come back to work, right?

    そしてまた職場にやってくるのです

  • Well, so what if I told you these generations may not exist?

    でも 実はそもそも世代というものが 存在しないかもしれないとしたら?

  • I've been spending some time thinking about this and researching this,

    このテーマについて これまで 考え 研究してきましたが

  • and fellow researchers and I aren't exactly sure

    私も他の研究者たちも 世代というものが本当に存在するとは

  • that these generations are real.

    言い切れないのでは と考えています

  • And in fact, if we can agree that these groups even exist,

    もっと言えば 各世代の存在は 認めることができたとしても

  • we certainly don't agree who belongs in them.

    誰をどの世代に入れるかについては 確実に 見解が合いません

  • And they span something like 20 years.

    同じ世代の中でも 20年とか開きがあるわけなので

  • So at whatever point in history,

    歴史上の どの瞬間であっても

  • a one-year-old and a 20-year-old are said to share the same value system,

    1歳と20歳が 共通の価値体系を持っていて

  • to want the same things at work,

    仕事で同じものを求めていて

  • to have the same stereotypes working for and against them.

    本人の都合に関係なく 同じ既成概念が 当てはまるなんてありえません

  • And in fact, different areas of the world define these generations differently.

    実際 世界では地域ごとにそれぞれ 世代を異なる形で定義しています

  • So we can't even compare generations across various areas of the world.

    だから 異なる地域とは 世代を 比較することさえできないのです

  • And these stereotypes about each generation

    しかも 往々にして 世代についての既成概念は

  • have, in a lot of ways, created this self-fulfilling prophecy,

    その通りに現実化してしまうものです

  • that people begin to act as if they're part of that generation

    人々が各世代の一部であるかのように ふるまい始めるのです

  • because we've said out loud that generation is real.

    世代とは現実のものであると 声高らかに言われてきたからです

  • I'm not so sure that it is.

    でも私には確信が持てません

  • And in fact, this idea of generations

    この「世代」という考え方は

  • has become deeply embedded in United States culture.

    アメリカ文化に深く 染み付いてしまっています

  • When we talk generations,

    「世代」が話題にのぼるとき

  • people know exactly what we're talking about.

    何の話をしているのか みんな 正確に理解しています

  • In fact, people have a lot of thoughts and feelings

    実際 各世代について 思うところも 感じることも

  • about each of these generations.

    たくさんあるのです

  • And I'll tell you how I know this.

    そう言い切れるのには根拠があります

  • I did the thing

    やる気のある 若手アメリカ人研究者なら

  • that every red-blooded American and pre-tenure academic does

    疑問が浮かんだときに

  • when they have a question.

    誰でもやることをしたからです

  • I Googled some stuff.

    グーグル検索です

  • And this is what I learned.

    そして 次のことがわかりました

  • Google is based on algorithms,

    グーグルは アルゴリズムで出来ていて

  • and they provide you with commonly searched terms,

    同じトピックについて 他の人が何を検索しているかを基に

  • or suggested hits, based on what other people are searching

    よく検索されている語句や 予測検索結果を表示します

  • surrounding the same topic.

    おかげで 人々が 各世代をどう思っているかが

  • And it gave me a really good sense of what people think

    とてもよく分かりました

  • about each of these generations.

    ご覧ください

  • Take a look.

    アメリカ人はベビーブーム世代を

  • I learned that baby boomers are conservative,

    保守的で馬鹿で 最悪の世代だと考えています

  • that Americans think they're stupid.

    怒りっぽくて 人種に偏見が強く 自分が大事な人たちなのだそうです

  • The worst generation, they're angry,

    X世代については

  • apparently they're racist and they're so important.

    皮肉屋の集まりだと いうことがわかりました

  • Looking at Generation X,

    怒りっぽく

  • I learned Generation X is a cynical group,

    先ほども言いましたが ロストジェネレーションとして知られ

  • they're angry,

    最も人口の少ない世代です

  • they're known as the lost generation -- we know this;

    この世代も 馬鹿なんだそうです

  • they're the smallest generation.

    (笑)

  • Apparently, they're stupid too.

    そしてベビーブーム世代にいらつく人が ほとんどです

  • (Laughter)

    さて ミレニアル世代は どうかというと

  • And mostly, they're frustrated with baby boomers.

    食べ物のことで頭がいっぱいです

  • Alright, millennials, this is what I learned about us.

    (笑)

  • So, we're obsessed with food.

    やっぱり「馬鹿」が出てきましたね!

  • (Laughter)

    怠惰で 繊細で クビにされ

  • We're also stupid, ah!

    嫌われていて 自分たちを 重要だと考えています

  • We're lazy, we're sensitive, we're fired,

    そしてたぶん 検索結果のなかでも 一番恐ろしいのがこれです

  • we're also hated, and we think we're important.

    Z世代はお先真っ暗 だそうです

  • And perhaps the most terrifying search result on the internet --

    (笑)

  • Generation Z is screwed.

    この5年 多種多様な企業で 管理職 部下の方たち両方と

  • (Laughter)

    話をしてきました

  • OK, so, for five years, I've been talking to leaders and followers

    そして 次のことに気がつきました

  • across a wide variety of organizations.

    職場における「世代」は 会話の一部分ではなく

  • And this is what I've come to realize.

    今や 会話そのものに なったのです

  • Generations haven't become part of the conversation --

    つまり 誰もが

  • generations have become the conversation at work.

    グーグルの検索結果が正しいという前提で 仕事をしているということです

  • What I've learned

    だから 企業は今や必死で 多世代の職場を管理する方法を

  • is that we're working under the assumption that those Google results are true.

    見つけようとしているのだと思います

  • And so, what I think is that organizations are now desperate

    「管理」です

  • to figure out how to \"manage\" the multigenerational workplace.

    私たちは何事も管理したがります

  • \"Manage\" it.

    社会に出てくるミレニアル世代の波に 備えようとしているわけです

  • We manage all sorts of things.

    ハリケーンには備えるものですし

  • We're preparing for this wave of millennials to come to work.

    医大の入学試験や 自然災害に備えての対策ならわかりますが

  • So we prepare for hurricanes, right?

    23歳の新社会人たちに なぜ対策を練るんでしょう

  • We prepare to take the MCAT, we prepare for natural disasters.

    (笑)

  • Why are we preparing for 23-year-olds to come to work?

    企業に取材する中で

  • (Laughter)

    素敵な取り組みの話を聞きました

  • I've talked to these organizations,

    誰もが仲良くし 自律的に動き 成功していると感じる―

  • and I've heard amazing things that they're doing

    そんな職場を作ろうとしている 企業もあります

  • to create a workspace for everybody to get along

    一方で 多世代の職場を どう舵取りするかについて

  • and to have autonomy and to feel like they're thriving.

    とんでもない考え方をする 企業もありました

  • But I've also heard some really incredibly harebrained ideas

    準備はいいですか?

  • about how to navigate the multigenerational workplace.

    こういうものです

  • Are you ready?

    ある企業を訪れました

  • This is what I saw.

    彼らは「可視化できれば実現できる」 という考え方を取り入れていました

  • I visited an organization,

    とても重要な概念です

  • and they adopted this idea that if you can see it, you can be it.

    けれど それも台無しでした

  • A really important concept.

    理想的な多世代の職場の 写真を壁に飾っていたのです

  • But I think they blew it.

    「可視化できれば実現できる」 というわけです

  • The put pictures on the walls of the ideal multigenerational workplace,

    (笑)

  • because if you can see it, you can be it.

    こういう写真もありました

  • (Laughter)

    (笑)

  • Or like this one.

    こういうところでは働きたくありません

  • (Laughter)

    (笑)

  • Like, I don't even want to work here.

    ここでは 色のついた服は禁止みたいですね

  • (Laughter)

    人事も ヒールで飛び上がる人たちには 困ってしまうでしょう

  • You don't get to wear color here, apparently,

    間違いありません

  • and HR seriously has problems with people jumping in heels,

    私が話をした企業では 最近

  • I promise you that, OK?

    休憩室にボールプールを 設置する寸前までいきました

  • I talked to an organization who recently decided

    ミレニアル世代の離職防止策としての 提案だったとか

  • against putting a ball pit in the break room

    私たちは30歳です 3歳ではありません

  • because that's how you retain millennials.

    (笑)

  • We're 30, not three.

    他にもあります 私が知っているミレニアル世代の女性は

  • (Laughter)

    まじめに話を聞いてもらいたいなら

  • And in fact, I know a young, at the time, millennial,

    ミレニアル世代であれば これを身につけないといけないと言われました

  • who was told that if she wanted people to take her seriously,

    肩パッドです

  • just because she was a millennial, she would have to do this --

    そうなんです

  • wear shoulder pads.

    肩パッドをつけないかぎり 年下も年上も

  • Yes.

    まじめに話を聞いてくれないと 言われたのです

  • People younger than her and older than her wouldn't take her seriously

    80年代そのままの

  • unless she wore shoulder pads.

    どこにも売ってさえいない 肩パッドです

  • Straight-out-of-the-80s,

    この若い女性は 修士号を2つ持っていました

  • can't-even-buy-them-anywhere shoulder pads.

    私のことです

  • This young woman had two graduate degrees.

    これが最善策だというのでしょうか?

  • This young woman was me.

    多世代職場の舵取りをするために… 肩パッド?

  • And this is the best we came up with?

    (笑)

  • How to navigate the multigenerational workplace ... is shoulder pads?

    もう1点 老若男女 様々な人を雇用している企業に

  • (Laughter)

    話を聞いてわかったことがあります

  • So, this is also what I've learned talking to organizations

    私たちには相違点よりも共通点のほうが ずっと多いということです

  • that employ a wide range of people of various ages.

    本当によく耳にする話です

  • We are so much more similar than we are different.

    みんな 意味のある仕事を 柔軟性のある働き方を

  • And we're hearing this consistently.

    仕事での支え そして 評価を求めています

  • People want work that matters, they want flexibility,

    美味しいコーヒーも

  • they want support, they want appreciation,

    どれひとつ 世代には関係ありません

  • they want better coffee.

    確かに それぞれが求めることに ちょっとした違いはあります

  • But none of these things are tied to a generation.

    20歳の人と60歳の人は 家に帰ってすることが違います

  • Now, sure, we see small differences in what people want.

    違う価値観を持っています

  • We know 20-year-olds and 60-year-olds go home and do different things.

    少なくとも 仕事の外の領域で 起こることについてはそうです

  • They have different values.

    けれど 現状では

  • At least when it comes to things happening outside of work.

    各世代の集団としての特性にばかり

  • But I think what's happened

    目を向けるあまりに

  • is that this focus on generational cohorts,

    誰もが人間なのだという事実が 職場では忘れられてしまっているのです

  • these groups of people,

    同僚が実際はどんな人なのか 人となりを知るには

  • has created a space where we just forgot that people are people.

    多世代の職場をもっとうまく 舵取りする方法を

  • And to know who they really are, who we really work with,

    見つけなければなりません

  • we have to figure out how to better navigate

    ボールプールよりも良い方法を

  • this multigenerational workplace

    理想主義のミレニアル世代的な 考え方かも知れませんが きっとできます

  • than ball pits.

    とんでもなく難しいことだとは 思いません

  • Call me one of those idealist millennials, but I think we can get there.

    根本的に ひたすらに きちんと

  • And I don't think the idea is too terribly difficult.

    相手のありのままの姿を見ましょう

  • What if we radically, simply, not easily,

    アプローチを個別化するのです

  • meet people where they are?

    相手は「世代」ではなく人です

  • Individualize our approach.

    私が話を聞いた中には

  • I've never met a generation.

    特定の世代に通じるものを感じる という人がたくさんいました

  • I've had a lot of conversations

    テキストメッセージを使う80歳の人や

  • with people who happened to identify with a specific generational cohort.

    かぎ針編みをする23歳の人もいます

  • I know that 80-year-olds text message

    両方とも 各世代の既成概念からは ほど遠いですよね

  • and 23-year-olds crochet blankets.

    イノベーションの先端を走る ニロファー・マーチャントは

  • None of these things are stereotypical of that generation, right?

    相手のユニークさを 理解しなくてはならないと言います

  • Nilofer Merchant -- she's a thought leader in innovation --

    つまり 世界でその人だけが抱える立場を 理解するのです

  • she tells us we have to meet people in their onlyness,

    それは その人だけが持つ経歴や経験 そして希望で形作られるものです

  • that is, that spot in the world where only we stand,

    ただし 理解するには 柔軟性と好奇心が必要です

  • as a function of our unique history, our experiences and our hopes.

    もし 相手のユニークさ つまり その人が抱える立場を

  • But this requires flexibility and curiosity.

    理解することができれば

  • And what happens when we meet people in their onlyness,

    たとえば 職場でいつも「怒っている」ように ふるまうベビーブーム世代の人は

  • only the spot in the world that they stand,

    不安なだけなのだと理解できます

  • we learn that that boomer who is just acting \"angry\" at work all the time

    なぜなら その人は 16歳のときから毎日働いてきたのに

  • is scared.

    ある週の初め 想像していたよりもずっと早く

  • Because he's worked every day since he was 16 years old,

    定年退職の日を迎えるのです

  • and on a Monday, sooner than he can imagine,

    退職後の計画はあるけれど

  • he'll never go to work again.

    そのリストにあるやりたいことも 10日かそこらで

  • He's got plans.

    全部やりきってしまうでしょう

  • It's going to take like a week and a half

    でも その後は?

  • to do all the things on that retirement list.

    だから 優しくしてあげませんか

  • But then what?

    将来が不安なだけなのかも しれないのですから

  • What if we give a little bit of grace

    あるいは X世代の人

  • to the person that might be a little scared?

    こども3人を持ち 立ち寄り先が4つ 2つしかない腕で

  • Or that Generation X-er

    なんとか家族の生活を まわそうとしています

  • who has four drop-offs, three kids, two hands,

    職場では あまり 愛想がないかもしれません

  • and is just trying to keep the wheels on the bus.

    群れない人なのかもしれませんし 疲れているのかもしれません

  • Sure, maybe she's a little aloof at work.

    そして ミレニアル世代

  • Maybe she's a little independent, maybe she's exhausted.

    何様か知らないけど 2か月で昇給を求める あの人です

  • Or that millennial

    たぶんそれは この世代が 大学を出るために

  • who asks for a raise after two months because they're \"entitled?\"

    上のどの世代よりも多くの 借金を抱えていて

  • Well, maybe it's because that generation has more debt

    生きていくため 家賃を払うために お金が必要なだけなのかもしれません

  • than any generation before them, coming out of college,

    こうして 相手のユニークさを理解できたら

  • and they just need the money

    その人だけが抱える立場を理解できたら

  • to keep going, to pay rent.

    世代という概念にとらわれることなく

  • And suddenly, when you meet people in their onlyness,

    「ジム」や「ジェン」など 個人相手の話になるのです

  • that spot in the world only they stand,

    ひとつ課題を出しましょう

  • we're not talking about a generation anymore.

    周囲からひとりだけ選んで その人のユニークさを探し

  • We're talking about Jim or Jen or Candice.

    見つけましょう

  • And so here's my challenge to us.

    そして 適切な時を選んで 相手に教えてあげてください

  • Pick a person, just one, and explore their onlyness.

    他の誰でもなく その人にしかできないことを 見つけてください

  • And then learn.

    それが 仕事を豊かにするからです

  • And then in the moments where it's appropriate, teach.

    それを繰り返し

  • And figure out what they bring to work that no one else can bring to work,

    繰り返しやるんです

  • because that's what makes work richer.

    そして気がつけば 仕事は 世代との関わりではなく

  • And then do it again.

    人と人の関わりになります

  • And do it again.

    多世代の職場の素晴らしさを 本当に理解する方法は

  • And then some day, we're not working with generations anymore.

    相手のありのままの姿を 見ること以外にありません

  • We're working with people.

    相手と一緒に生活を始める必要はありません

  • And so to really understand the beauty of the multigenerational workplace,

    けれど時には 相手の立場に立つのも 素敵なことだと思えるかもしれません

  • I think we just have to meet people where they are.

    だから どの世代が 一番怒りっぽいかとか

  • And that doesn't require that we unpack and live there with them.

    一番身の程知らずなのかとか 一番食べ物のことで頭がいっぱいかなんて

  • But we might find, at least on occasion, it's a beautiful place to visit.

    議論する必要はありません

  • And so I think there's just no need

    私たちはみんな 教室や職場に やってきては 家に帰ります

  • to argue about which generation is the most angry

    疲れたり ときにはボロボロに なることもあるでしょう

  • or the most entitled or the most so obsessed with food.

    謙虚に 相手のありのままの姿を その日 その人がどうあるかを

  • We all come to the classroom, to work, back to our homes,

    見るよう努めましょう

  • a little bit tired and a little bit tattered sometimes.

    世代に関係なく です

  • Maybe let's just do our best to humbly meet people where they are,

    仮に 各世代の間で

  • how they show up that day,

    戦争が起きているような気がするときは

  • generation and all.

    少なくとも次のことには 誰もが同意できるでしょう

  • And in those moments

    肩パッドは解決策にはならないと

  • where it can feel a little bit like intergenerational warfare,

    (笑)