Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Do you remember your first kiss?

    翻訳: Yuko Yoshida 校正: Misaki Sato

  • Or that time you burned the roof of your mouth

    初めてキスした時のことを 覚えていますか?

  • on a hot slice of pizza?

    アツアツのピザを頬張って 口の中を火傷したことは?

  • What about playing tag or duck, duck, goose as a child?

    子どもの頃にしたハンカチ落としは どうでしょう?

  • These are all instances where we're using touch to understand something.

    どれも 触れることで 何かを理解している例です

  • And it's the basis of haptic design.

    これがハプティックデザインの基礎です

  • \"Haptic\" means of or relating to the sense of touch.

    「ハプティック」とは 触覚の、触覚に関するという意味で

  • And we've all been using that our entire lives.

    私たちが生まれてからずっと 使ってきているものです

  • I was working on my computer when my friend,

    私がパソコンで 作業していた時のことです

  • seeing me hunched over typing, walked over behind me.

    猫背でタイプしている私を見た友人が 私の後ろにまわって

  • She put her left thumb into the left side of my lower back,

    左手の親指を私の腰の左側に当て

  • while reaching her right index finger around to the front of my right shoulder.

    右手の人差し指を 私の右肩の正面にまわしました

  • Instinctively, I sat up straight.

    私は無意識に姿勢を正しました

  • In one quick and gentle gesture,

    ちょっとした優しい身振り一つで

  • she had communicated how to improve my posture.

    姿勢を良くしてくれたのです

  • The paper I was working on at that very moment

    ちょうどその時 私が取り組んでいた論文は

  • centered around developing new ways to teach movement using technology.

    テクノロジーによる 新たな動作教授法の開発に関するものでした

  • I wanted to create a suit that could teach a person kung fu.

    カンフーの技を学べるスーツを 作ろうと思っていたんです

  • (Laughter)

    (笑)

  • But I had no idea how to communicate movement

    どうすれば その場に指導者がいなくても

  • without an instructor being in the room.

    動作を教えられるか 考えあぐねていました

  • And in that moment, it became crystal clear: touch.

    でも その瞬間分かったのです 触覚を使えば良いのだと

  • If I had vibrating motors where she had placed each of her fingers,

    先ほどの友人が指を当てた場所に 振動モーターを付けて

  • paired with motion-capture data of my current and optimal posture,

    その時の姿勢と正しい姿勢の モーションキャプチャのデータを組み合わせれば

  • I could simulate the entire experience

    その場に指導者がいなくても

  • without an instructor needing to be in the room.

    同じような体験ができると考えたのです

  • But there was still one important part of the puzzle that was missing.

    でも それを実現するには 1つ重要なものが足りませんでした

  • If I want you to raise your wrist two inches off of your lap,

    手首を膝から5cm上に上げるよう

  • using vibration,

    振動を使って伝えるには

  • how do I tell you to do that?

    どうすれば良いでしょう?

  • Do I put a motor at the top of your wrist, so you know to lift up?

    手首の上側にモーターがあれば 上げるという意味だと分かりますか?

  • Or do I put one at the bottom of your wrist,

    それとも 下側にモーターを付けた方が

  • so it feels like you're being pushed up?

    押し上げられる感じがしますか?

  • There were no readily available answers

    これといった答えは まだありませんでした

  • because there was no commonly agreed-upon haptic language

    触覚で情報伝達する「触覚言語」として 広く使われているものはなかったからです

  • to communicate information with.

    私は共同創設者と その触覚言語作りに取りかかりました

  • So my cofounders and I set out to create that language.

    最初に作ったデバイスは カンフー・スーツではありませんでした

  • And the first device we built was not a kung fu suit.

    (笑)

  • (Laughter)

    でも シンプルさと有用性という点で

  • But in a way, it was even more impressive

    ある意味 ずっと印象深いものができました

  • because of its simplicity and usefulness.

    動作の中でも単純な形である移動を 実際にナビゲートすることから始めて

  • We started with the use case of navigation,

    完成したのが「Wayband」です

  • which is a simplified form of movement.

    腕に装着したデバイスを 振動させて合図を出し

  • We then created Wayband,

    ユーザーを目的地に案内します

  • a wrist-wearable device that could orient a user toward a destination,

    ユーザーは ぐるっと回転し

  • using vibrating cues.

    この方向に進むべきと 感じたところで止まります

  • We would ask people to spin around

    非公式な形で数百人に これを試してもらったところ

  • and to stop in a way that they felt was the right way to go.

    ほとんどの人が15秒もすれば 合図を理解していました

  • Informally, we tried this with hundreds of people,

    それほど直感的だったのです

  • and most could figure it out within about 15 seconds.

    私たちが目指していたのは元々 皆を携帯電話から離れさせ

  • It was that intuitive.

    現実世界に引き戻すことでしたが

  • Initially, we were just trying to get people out of their phones

    実験を重ねるにつれ

  • and back into the real world.

    私たちの仕事が一番役に立つのは

  • But the more we experimented,

    視覚がない あるいは ほぼない人だ と気付きました

  • the more we realized that those who stood to benefit most from our work

    初めて視覚障がい者団体に打診したとき 言われたことがあります

  • were people who had little or no sight.

    「視覚障がい者専用のデバイスではなく

  • When we first approached a blind organization, they told us,

    誰もが使えて それでいて

  • \"Don't build a blind device.

    目が見えない人に 最適化されたものを作ってほしい」

  • Build a device that everyone can use

    私たちがWearWorks社を立ち上げた時 3つの指針を立てました

  • but that's optimized for the blind experience.\"

    クールなものを作ること

  • We created our company WearWorks with three guiding principles:

    人生で最高のインパクトを生み出すこと

  • make cool stuff,

    触れるという観点で世界を想像し直すことです

  • create the greatest impact we can in our lifetimes

    2017年11月5日

  • and reimagine an entire world designed for touch.

    目が見えない人が Waybandを使い

  • And on November 5, 2017,

    ニューヨークシティマラソンで 最初の25kmを走ることに成功しました

  • Wayband helped a person who was blind

    視覚的な支援を一切受けずにです

  • run the first 15 miles of the New York City Marathon

    (拍手)

  • without any sighted assistance.

    雨がひどくなり ゴールまでは行けなかったのですが

  • (Applause)

    それは どうでも良いんです

  • It didn't get him through the entire race due to the heavy rain,

    (笑)

  • but that didn't matter.

    私たちは 複雑なルートでも

  • (Laughter)

    触覚を使ってナビできる と証明したのです

  • We had proved the point:

    でも なぜ触覚か?

  • that it was possible to navigate a complex route using only touch.

    肌に元々備わっている敏感さは

  • So, why touch?

    目が何百万種類もの色を見分け

  • The skin has an innate sensitivity

    耳が複雑な音高や音色を聞き分けるのと 同じようなものです

  • akin to the eyes' ability to recognize millions of colors

    とはいえ 意思疎通の手段としては

  • or the ears' ability to recognize complex pitch and tone.

    モールス符号のような 携帯電話のバイブくらいの価値しかありません

  • Yet, as a communications channel,

    突然 キスやパンチを受けた時

  • it's been largely relegated to Morse code-like cell phone notifications.

    本能的にすぐその場で体が動きますが

  • If you were to suddenly receive a kiss or a punch,

    脳はその裏で 現状に追いつくべく稼働し

  • your reaction would be instinctive and immediate.

    今何が起こったのか 詳細を理解しようとしています

  • Meanwhile, your brain would be playing catch-up on the back end

    本能と比べると 意識的な思考はとても遅いのです

  • to understand the details of what just occurred.

    でも カタツムリの歩みの言語習得に比べれば 稲妻のような速さです

  • And compared to instincts, conscious thought is pretty slow.

    私は膨大な時間をかけて

  • But it's a lightning bolt

    スペイン語、日本語、ドイツ語 そして今はスウェーデン語を学んでいますが

  • compared to the snail's pace of language acquisition.

    程度の差こそあれ失敗でした

  • I spent a considerable amount of time

    (笑)

  • learning Spanish, Japanese, German and currently Swedish,

    でも その失敗の中で様々な言語の仕組みの 核となるものを見つけました

  • with varying degrees of failure.

    そのお陰で 私たちのチームは

  • (Laughter)

    すでに確立された言語の 言語学的秩序を元に

  • But within those failures were kernels of how different languages are organized.

    触覚だけに頼った まったく新しい触覚言語を 作ることを思いついたのです

  • That gave our team insight

    それと同時に 言語の仕組みを使うのが 情報伝達に最適でない時もあると知りました

  • into how to use the linguistic order of well-established languages

    どんな文化でも 笑顔は笑顔であるように

  • as inspiration for an entirely new haptic language,

    触覚言語にも 言語や文化の境界を超えるような

  • one based purely on touch.

    何か普遍的なものがあるとしたら どうでしょう?

  • It also showed us when using language mechanics wasn't the best way

    いわば 万国共通の言語です

  • to deliver information.

    「ビー・ビー・ビー、ビー・ビー」 という振動は

  • In the same way a smile is a smile across every culture,

    「止まれ」という意味だ と学習させることもできるでしょう

  • what if there was some underlying mechanism of touch

    でもハプティック・デザイナーとしては 更なる高みを目指します

  • that transcended linguistic and cultural boundaries?

    「止まれ」をデザインしたらどうでしょう?

  • A universal language, of sorts.

    状況は違えど

  • You see, I could give you buzz-buzz-buzz, buzz-buzz,

    ほとんどの方が 乗っていた乗り物が急停止し

  • and you would eventually learn

    それに合わせて体が反応したという 経験をお持ちでしょう

  • that that particular vibration means \"stop.\"

    「止まれ」という時に

  • But as haptic designers, we challenged ourselves.

    決まった振動パターンを 送るのも1つですが

  • What would it be like to design \"stop?\"

    止まろうと自然に思わせるような

  • Well, based on context,

    触覚を使った体験を デザインすることもできます

  • most of us have the experience of being in a vehicle

    これは 触覚の合図に任意に意味を与えるより 大変なことです

  • and having that vehicle stop suddenly, along with our body's reaction to it.

    深い共感を得ることが必要ですし

  • So if I wanted you to stop,

    人間の体験を意味のある洞察に落とし込み

  • I could send you a vibration pattern, sure.

    それを触覚を使った身振りや商品に 入れ込む能力も必要です

  • Or, I could design a haptic experience

    ハプティックデザインで

  • that just made stopping feel like it was the right thing to do.

    周辺環境を感じ取り反応する 人間の能力は高まるでしょう

  • And that takes more than an arbitrary assignment of haptic cues to meanings.

    物理的にも仮想的にもです

  • It takes a deep empathy.

    ここに触覚という未知の領域があるのです

  • It also takes the ability to distill human experience into meaningful insights

    私たちを取り巻く世界に対する見方を 変えることにもなるでしょう

  • and then into haptic gestures and products.

    ありがとうございました

  • Haptic design is going to expand the human ability

    (拍手)

  • to sense and respond to our environments,

  • both physical and virtual.

  • There's a new frontier: touch.

  • And it has the power to change how we all see the world around us.

  • Thank you.

  • (Applause)

Do you remember your first kiss?

翻訳: Yuko Yoshida 校正: Misaki Sato

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 触覚 言語 ビー 振動 止まれ

TED】キース・カークランド。タッチでナビゲートを助けるウェアラブル技術 (タッチでナビゲートを助けるウェアラブル技術|キース・カークランド) (【TED】Keith Kirkland: Wearable tech that helps you navigate by touch (Wearable tech that helps you navigate by touch | Keith Kirkland))

  • 81 3
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語