Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • It was a Thursday,

    翻訳: Takako Ramsden

  • June the 23rd, 1994.

    それは木曜日でした

  • (Sighs)

    1994年6月23日

  • \"Collect your belongings. You are free to go.

    (ため息)

  • When escorted outside, go directly to your car.

    「もう帰って結構です 忘れ物のないように」

  • Do not talk to reporters.\"

    「案内に従って外に出たら 車にまっすぐ向かってください」

  • My head is spinning,

    「レポーターとは話さないように」

  • my heart is racing,

    頭の中は混乱し

  • I can't get a breath.

    胸の鼓動が高まり

  • I just want out of there.

    息もできません

  • When I get to my car,

    とにかくそこから離れたい

  • I throw everything on the back,

    車に到着するなり

  • and I just collapse into the driver's seat.

    後部座席に手荷物を投げ入れ

  • \"I can't do this.

    運転席に座り込みました

  • I can't go home to my family

    「もう無理」

  • that I haven't seen in a week

    「家族の元には帰れない」

  • and pretend to be happy.\"

    「1週間ぶりに会えても

  • Not even their love and support

    楽しいふりなんかできない」

  • could help me at this particular time.

    家族の愛や支えがあっても

  • We had just sentenced a man to death.

    今回は何の助けにもなりません

  • Now what?

    たった今 ある男に 死刑を言い渡したところなのです

  • Just go home and wash dishes?

    その後は?

  • You see, in Mississippi,

    家に帰って 皿洗い?

  • the death penalty is like a part of our unspoken culture.

    ミシシッピ州では

  • The basic logic is, if you murder someone,

    死刑は 深く根付いた 暗黙の文化の一部です

  • then you're going to receive the death penalty.

    殺人を犯したら 基本的に

  • So when the jury selection process took place,

    死刑になると決まっています

  • they asked me,

    陪審員の選考の時には

  • \"Could you,

    こんな質問をされました

  • if the evidence presented justified the death penalty,

    「もし

  • could you deliver,

    死刑に相当するような証拠があれば

  • rationally and without reservations,

    理性を失わず

  • a penalty of death?\"

    はっきりと迷いなく

  • My answer was an astounding \"yes,\"

    死刑を言い渡すことができますか」

  • and I was selected as Juror Number 2.

    意外にも私の答えは「イエス」で

  • The trial started.

    陪審員2番に選ばれました

  • From the evidence being presented

    裁判が始まりました

  • and from the pictures of the victim,

    まず 証拠が提示されました

  • my first response was, \"Yes, this man is a monster,

    そして 被害者の写真

  • and he deserves the death penalty.\"

    私の最初の反応は 「この男はモンスター」

  • For days, I sat and looked at his hands,

    「死刑になって当たり前」

  • the ones that yielded the knife,

    裁判期間中ずっと 陪審員席から彼の手を見ていました

  • and against his pasty white skin,

    ナイフを持っていた手

  • his eyes ...

    生気のない色白の肌

  • Well, he spent endless days in his cell,

    そして目を見つめました

  • no sunlight,

    この殺人犯は独房で昼夜を過ごし

  • so his eyes were as black as his hair and his mustache.

    太陽を見ることもありません

  • He was very intimidating,

    それで彼の目は 髪や髭と同じく真っ黒でした

  • and there was absolutely no doubt in his guilt.

    見るからに恐ろしく

  • But regardless of his guilt,

    有罪であることは疑いもない事実でした

  • as the days passed,

    しかし 罪には関係なく

  • I began to see this monster

    日にちが経つにつれ

  • as a human being.

    このモンスターが

  • Something inside of me was changing that I just didn't understand.

    人間に見えてきたのです

  • I was beginning to question myself

    私の中で何かが変わってきました でも何かわかりませんでした

  • as to whether or not I wanted to give this man the death penalty.

    そして 自問するようになったのです

  • Jury deliberations began,

    本当にこの男に死刑を言い渡すべきなのかと

  • and the judge gave us jury instructions

    陪審評議が始まり

  • and it was to be used as a tool

    裁判官から陪審の手順の説明を受けました

  • in how to reach a verdict.

    それは評決に至るための

  • Well, using this tool only led to one decision,

    「手段」として説明されました

  • and that was the death penalty.

    この手段を使えば ただ一つの結論に至るのです

  • I felt backed into a corner.

    それは死刑です

  • My head and my heart were in conflict with each other,

    追い詰められた気がしました

  • and the thought of the death penalty

    頭の中も心の中も葛藤しています

  • made me sick.

    死刑のことを考えると

  • However, following the judge's instructions,

    吐き気がしました

  • being a law-abiding person,

    でも 判事の説明に従い

  • I gave up.

    法律を遵守する市民として

  • I gave up and voted along with the other 11 jurors.

    あきらめました

  • And there it was:

    残りの11人の陪審員に逆らうのを 反対票を投じるのをやめたのです

  • our broken judicial system at work.

    これこそ

  • So here I am in my car,

    崩壊した この国の司法制度の姿です

  • and I'm wondering:

    車に戻り

  • How is my life ever going to be the same?

    考えました

  • My life was kids, work, church, ball games --

    「裁判の前と同じ暮らしが できるのだろうか」

  • just your average, normal, everyday life.

    「子育て、仕事、教会、野球観戦など

  • Now everything felt trivial.

    ごく普通の暮らしに戻れるのだろうか」

  • I was going down this rabbit hole.

    私の生活の全てが 些細なことに思えました

  • The anger, the anxiety,

    深い穴に落ちて行くようでした

  • the guilt, the depression ...

    怒り、不安

  • it just clung to me.

    罪悪感、絶望感が

  • I knew that my life had to resume,

    のしかかってきました

  • so I sought counseling.

    それでも元の生活に 戻らなければならないのです

  • The counselor diagnosed me with PTSD

    私はカウンセリングを受けることにしました

  • and told me that the best way to overcome the PTSD

    カウンセラーが下した診断はPTSDでした

  • was to talk about the trauma.

    PTSDを乗り越えるには トラウマについて語るのが一番だと

  • However, if I talked or tried to talk about the trauma

    言われました

  • outside her office,

    でも カウンセリング以外では 人に話しても

  • I was shut down.

    トラウマについて話そうとしても

  • No one wanted to hear about it.

    遮られてしまいます

  • He was just a murderer. Get over it.

    誰もこの話を聞きたがりません

  • It was then that I decided to become a silent survivor.

    「あいつは殺人犯なんだ もう気にするな」

  • Twelve years later, 2006,

    この時から私は この話題を封印することに決めました

  • I learned that Bobby Wilcher had dropped all of his appeals,

    12年後の2006年

  • and his execution date was approaching.

    死刑囚のボビー・ウィルチャーが 上告を取り下げたことを知りました

  • That was like a punch in the stomach.

    死刑執行日が近づいていました

  • All of those buried feelings just started coming back.

    腹を殴られたような衝撃でした

  • To try and find peace, I called Bobby's attorney, and I said,

    封印していた感情が蘇ってきます

  • \"Can I see Bobby before he's executed?\"

    気持ちを落ち着けるために ボビーの弁護士に電話をして尋ねました

  • Driving to the penitentiary on the day of his execution,

    「死刑執行の前に ボビーに会うことはできますか」

  • in my mind,

    執行当日 刑務所まで運転しながら

  • Bobby was going to be manic.

    私は想像しました

  • But, surprisingly, he was very calm.

    ボビーは取り乱すであろうと

  • And for two hours, he and I sat there and talked about life,

    しかし彼は 意外にも落ち着いていて

  • and I got to ask him to forgive me for my hand in his death.

    2時間もの間 椅子に座って 人生について語り合いました

  • His words to me were:

    そして 死刑に票を投じたことへの 許しを請いました

  • \"You don't have to apologize.

    彼はこう言いました

  • You didn't put me here.

    「謝らなくていい」

  • I did this myself.

    「死刑になったのは あなたのせいじゃない」

  • But if it'll make you feel better,

    「自分のせいなのだから」

  • I forgive you.\"

    「でも あなたの気が楽になるなら

  • On my way home,

    あなたを許しましょう」

  • I stopped by a restaurant and bought a margarita.

    家に帰る途中

  • (Laughter)

    私は レストランに寄り マルガリータを飲みました

  • I don't think I could get one big enough --

    (笑)

  • (Laughter)

    一杯では足りないくらいですが

  • to try and calm down.

    (笑)

  • My phone rang.

    気持ちを落ち着かせるには 必要な一杯でした

  • It was Bobby's attorney.

    後日 私の電話が鳴りました

  • Within two minutes of his execution,

    ボビーの弁護士からでした

  • they had given him a stay.

    死刑執行の2分前に

  • This stay gave me time

    死刑が延期されたという知らせでした

  • to reach out to Bobby.

    この延期のおかげで

  • And as crazy as it may sound,

    ボビーをさらに知る時間ができました

  • we became friends.

    異常に聞こえるかもしれませんが

  • Three months later,

    私たちは友達になったのです

  • he was executed by the State of Mississippi.

    それから3ヶ月後

  • I'm here to tell you my story,

    ミシシッピ州の法の下 ボビーの死刑は執行されました

  • because it was precisely 22 years later

    私が この話をしようと思ったのは

  • that I even wanted to open up enough to talk about it,

    あれから 22年経って やっと話す気になれるほど

  • when a friend encouraged me.

    心を開けるようになったからです

  • \"Hey, perhaps you need to talk to the other jurors.

    友人がこう言ってくれたおかげです

  • You've been through the same experience.\"

    「他の陪審員と話してみたらどう?

  • Uncertain of what I was after,

    同じ経験をしているのだから」

  • I did need to talk to them.

    何を求めているのか 自分でもわかりませんが

  • So I set out on my quest,

    とにかく 他の陪審員と 話す必要があると思いました

  • and I actually found most of them.

    私のミッションが始まりました

  • The first juror I met

    最終的に ほぼ全員が見つかりました

  • thought that Bobby got what he deserved.

    実際に会った一人目の陪審員は

  • Another juror --

    ボビーが死刑になったのは 妥当だと考えていました

  • well, they just kind of regretted that it took so long

    もう一人の陪審員は

  • to carry the sentence out.

    死刑執行までにかかった時間が

  • Then one juror, and I don't know what was wrong with him,

    長すぎたのが残念だったと言いました

  • but he didn't remember anything about the trial.

    もう一人の陪審員は なぜかわかりませんが

  • (Laughter)

    裁判のことを全く覚えていませんでした

  • Well,

    (笑)

  • I'm thinking in my mind,

    この時点で

  • \"Jeez, is this the response I'm gonna get from everybody else?\"

    思いました

  • Well, thank God for Allen.

    「これから会う人みんな こんな調子なんだろうか」

  • Allen was a gentle soul.

    でも 幸運にも アレンに会えました

  • And when I talked to him, he was genuinely upset

    アレンは優しい心の持ち主です

  • about our decision.

    会って話した時 彼は 私たちが下した決断に対して

  • And he told me about the day that the devastation

    明らかに動揺していました

  • really set in on him and hit him.

    そして 彼が打ちのめされるような 感覚に襲われた

  • He was listening to the radio,

    ある日のことについて 話してくれました

  • and the radio had a list of names of men to be executed

    その日 ラジオを聴いていると

  • at Parchman Penitentiary.

    これから執行される死刑囚の名前が 読み上げられたそうです

  • He heard Bobby's name,

    パーチマン刑務所の死刑囚です

  • and he then truly realized what he had done.

    ボビーの名前を聞いて

  • And he said, \"You know, I had a responsibility in that man's death.\"

    自分が何をしたのか はっきりわかったそうです

  • Now here it is, 20-something years later,

    そして言いました 「私には彼の死に責任がある」

  • and Allen is still dealing with that issue.

    20年余り経った今でも

  • And he's never told anyone about it, not even his wife.

    アレンはこのことについて 思い悩んでいます

  • He also told me

    彼はこのことを誰にも話したことがありません 奥さんにもです

  • that if the State of Mississippi wanted to keep the death penalty,

    彼はさらにこう言いました

  • then hey, they needed to provide counseling for the jurors.

    今後もミシシッピ州が死刑制度を続けるなら

  • Then the next juror I met was Jane.

    陪審員がカウンセリングを 受けられるようにすべきであると

  • Jane is now totally against the death penalty,

    次に会った陪審員はジェーンです

  • And there was Bill.

    ジェーンは今 死刑制度に反対しています

  • Bill said he had this crushing depression for weeks,

    ビルにも会いました

  • and when he went back to work,

    ビルは何週間も絶望感に苦しんだそうです

  • his colleagues would say things to him like,

    仕事に戻った時

  • \"Hey, did you fry him?\"

    同僚はこんなことを言ったそうです

  • To them, it was just a joke.

    「死刑囚を丸焼きにしたのか?」

  • Then there was Jon.

    些細な冗談のつもりだったのでしょう

  • Jon said his decision weighed on him,

    さらに会った陪審員はジョンです

  • and it burdened him daily.

    自ら下した決断が 心に重くのしかかり

  • The final juror that I spoke to was Ken.

    来る日も来る日も苦しんだそうです

  • Ken was the foreman of the jury.

    最後に会った陪審員はケンです

  • When we sat down to talk,

    ケンは陪審員長でした

  • it was apparent that he was deeply saddened by what we were required to do.

    座って話し始めた瞬間に

  • He relived the day that he left the courthouse

    彼が 私たち陪審員に課された決断に 心を痛めていることがわかりました

  • and he drove home

    当日のことを思い返し 裁判所を出てからのことを話してくれました

  • and he went to put his key in his door and unlock it,

    車で家に帰り

  • and he said he literally broke down.

    玄関のドアまで歩き 鍵を開け

  • He said he knew that Bobby was guilty,

    その場に崩れ落ちたと言います

  • but the decision he made,

    ボビーが有罪だとはわかっていたけれど

  • he did not know if it was the right decision.

    自分が下した決断が正しかったのか

  • And he said that he played it over and over in his head.

    確信が持てなかったそうです

  • Did we do the right thing?

    そして何度も何度も 頭の中で繰り返したそうです

  • Did we do the right thing?

    「正しい決断だったのか?」

  • Did we do the right thing?

    「正しい決断だったのか?」

  • (Sighs)

    「正しい決断だったのか?」

  • All those years,

    (ため息)

  • and I finally realized that I was not the only disillusioned juror.

    長い年月を経て

  • And we talked about sharing our experience

    思い悩んだ陪審員が 私だけではなかったことがわかりました

  • with potential jurors

    そして 今後陪審員になるかもしれない人々に

  • to give them some insight into what to expect,

    私たちの経験を語り

  • and to tell them do not be complacent;

    陪審員になったら何が起こるのか 伝えようと話しました

  • to know what you believe;

    無関心でいることはやめて

  • to know where you stand and be prepared,

    自分の信念を理解し

  • because you don't want to walk in one morning as a juror

    自分の立ち位置を知り 準備しておくことが大切だと

  • and leave at the end of the trial feeling like a murderer.

    朝 陪審員として出廷したのに

  • Now, through this storm in my life, I did find some inspiration,

    裁判が終わって裁判所を出る時には 人を殺してしまったと思わずに済むように

  • and it came in the form of my granddaughters.

    私は 嵐のような経験を経て あることに気づきました

  • My 14-year-old granddaughter, Maddie,

    孫娘たちが気づかせてくれたのです

  • was writing an essay on the death penalty for school,

    私の14歳の孫娘マディが

  • and she was asking me questions.

    学校の課題で死刑について作文を書いていた時

  • Well, it dawned on me that this child was being raised

    私に質問をしてきました

  • in the same eye-for-an-eye culture

    その時 気がつきました

  • as I was,

    この子は「目には目を」の文化で育ったのだと

  • or had been.

    私もそうです

  • And so I explained my experience to her this way:

    いや そうでした

  • that I had sentenced someone to death

    孫娘には 私の経験をこのように説明しました

  • as I served on a jury.

    陪審員として裁判に関わり

  • And I asked her,

    ある人に死刑を宣告したのだと

  • \"Did that make me a murderer?\"

    そして彼女に尋ねました

  • She couldn't answer.

    「これで私は人殺し?」

  • I knew then that this topic needed to be open for discussion.

    孫娘には答えられませんでした

  • And guess what happened?

    その時 この話題は もっと語られるべきだと思いました

  • I got invited to speak, just recently,

    その後 ある出来事が起きました

  • in an abolitionist community.

    最近 講演を頼まれました

  • While I was there, I got a T-shirt.

    死刑廃止を支援する人々のコミュニティです

  • It says, \"Stop Executions.\"

    そこで Tシャツをもらいました

  • Well, when I get home, my 16-year-old granddaughter was there, Anna,

    そのTシャツには 「死刑廃止」と書いてあります

  • and she says, \"Can I have that shirt?\"

    家に帰ると 16歳の孫娘アナがいました

  • Well, I looked at her dad --

    アナは私に言いました 「そのTシャツ もらってもいい?」

  • her dad is my son --

    私はアナの父親を見ました

  • and I knew that he is still dealing with this death penalty issue.

    私の息子です

  • So I turned around and I looked at her, and I said,

    息子は死刑制度問題について まだ考えを変えていません

  • \"Are you gonna wear this?\"

    私は孫娘の方を向いて言いました

  • So she turned and she looked at her dad, and she said,

    「このTシャツを着るつもり?」

  • \"Dad, I know how you feel,

    孫娘は父親に向かって言いました

  • but I don't believe in the death penalty.\"

    「お父さんがどう思うかはわかってる

  • My son looked at me,

    でも 私は死刑制度を支持していないの」

  • shook his head, and said,

    息子は私を見て

  • \"Thanks, Mom.\"

    頭を横に振り 言いました

  • And I knew it wasn't a nice \"Thanks, Mom.\"

    「ありがとう 母さん」

  • (Laughter)

    この時の「ありがとう」は 感謝の意味ではありません

  • So I learned that life had taught me some lessons.

    (笑)

  • It taught me, if I had not served on that jury,

    人生は 私に学びを与えてくれました

  • that I would still be of the same mindset.

    もしあの時 陪審員になっていなければ

  • It also gave me confidence

    考え方は以前と 変わっていなかったでしょう

  • to be able to see through the eyes of my granddaughters,

    また 人生経験を通して

  • that this younger generation, they're capable and they're willing

    孫娘たちのような若い世代が

  • to tackle these difficult social issues.

    難しい社会の問題に取り組む 意志と能力を持っていることを

  • And because of my experience,

    彼らの立場に立って 理解できるという自信がつきました

  • my granddaughters,

    私の経験があったから

  • they're now more equipped to stand on their own

    孫娘たちは

  • and to think for themselves

    自分の足でしっかり立ち

  • than to rely on cultural beliefs.

    自分の頭で考えることができるのです

  • So:

    文化としてはびこる通念に 頼るのではありません

  • being from a conservative, Christian family

    ですから

  • from a very conservative state in the United States,

    保守的なキリスト教信者の家庭で育ち

  • I am here to tell you

    米国の保守的な州で育った私が

  • that the death penalty has new opponents.

    ここではっきりと断言します