Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Pollinator decline is a grand challenge in the modern world.

    翻訳: Yuji O. 校正: Eriko Tsukamoto

  • Of the 200,000 species of pollinators,

    花粉を運ぶ昆虫の減少は 現代の深刻な問題です

  • honeybees are the most well-understood,

    20万種いるこれらの昆虫の中で

  • partly because of our long history with them dating back 8,000 years ago

    蜜蜂の研究が最も進んでいます

  • to our cave drawings in what is now modern-day Spain.

    理由の1つは 人の蜜蜂との関係には 8千年に及ぶ長い歴史があることで

  • And yet we know that this indicator species is dying off.

    今のスペインにある当時の洞窟壁画に それを見ることができます

  • Last year alone, we lost 40 percent of all beehives in the United States.

    それなのに 指標生物であるこの蜜蜂が 大量死しています

  • That number is even higher in areas with harsh winters,

    昨年だけで 全米の蜜蜂の巣の 40%が失われました

  • like here in Massachusetts,

    厳冬地域では この数字は更に高くなり

  • where we lost 47 percent of beehives

    例えば ここマサチューセッツ州では

  • in one year alone.

    47%の巣が

  • Can you imagine if we lost half of our people last year?

    たった1年で失われました

  • And if those were the food-producing people?

    もしこれが人間の話で 人口の半分が昨年死亡して

  • It's untenable.

    亡くなった人達が皆 食糧生産者だったとしたら?

  • And I predict that in 10 years,

    人類の危機に違いありません

  • we will lose our bees.

    私の予測では10年後に

  • If not for the work of beekeepers replacing these dead beehives,

    蜜蜂は絶滅します

  • we would be without foods that we rely upon:

    養蜂家達が失われた蜜蜂の巣を 補填する仕事をしていなければ

  • fruits, vegetables,

    人間は必要不可欠な 食料を失っているでしょう

  • crunchy almonds and nuts,

    果物や野菜

  • tart apples,

    歯応えのあるアーモンドやナッツ

  • sour lemons.

    甘酸っぱいリンゴ

  • Even the food that our cattle rely upon to eat, hay and alfalfa -- gone,

    酸っぱいレモン

  • causing global hunger,

    畜牛の餌となる干し草やアルファルファも 手に入らなくなり

  • economic collapse,

    地球規模の飢饉 恐慌が起こり

  • a total moral crisis across earth.

    世界中が大混乱に陥ります

  • Now, I first started keeping bees here in Cape Cod

    そこで私はまず ここケープコッドで 蜜蜂の飼育を始めました

  • right after I finished my doctorate in honeybee immunology.

    蜜蜂の免疫学についての 博士号を取得した直後でした

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Applause)

    (拍手)

  • Imagine getting such a degree in a good economy --

    そんな分野の学位を あんな景気の時に取るというのは—

  • and it was 2009:

    2009年で

  • the Great Recession.

    大不況の時でした

  • And I was onto something.

    でも私は何かを 掴みかけていました

  • I knew that I could find out how to improve bee health.

    蜜蜂の健康状態を改善する方法は 必ず見つかると思っていました

  • And so the community on Cape Cod here in Provincetown

    それに ここプロヴィンスタウンにある ケープコッドの地域社会では

  • was ripe for citizen science,

    市民科学の機運が熟していました

  • people looking for ways to get involved and to help.

    住民の皆さんが研究に参加し 支援する方法を探していたのです

  • And so we met with people in coffee shops.

    こうして 私達はカフェで 会合することになりました

  • A wonderful woman named Natalie got eight beehives at her home in Truro,

    トゥルーロに住むナタリーという素敵な女性は 自宅に蜜蜂の巣箱が8個もあり

  • and she introduced us to her friend Valerie,

    彼女が友人のヴァレリーを 紹介してくれて

  • who let us set up 60 beehives at an abandoned tennis court on her property.

    私有地のテニスコート跡に 60個の巣箱を設置することになりました

  • And so we started testing vaccines for bees.

    そこで私達は蜜蜂のための ワクチンの実験を始めました

  • We were starting to look at probiotics.

    プロバイオティクスの研究を始めたのです

  • We called it \"bee yogurt\" --

    それを「蜜蜂のヨーグルト」と呼んで

  • ways to make bees healthier.

    蜜蜂の健康を改善する方法を 模索しました

  • And our citizen science project started to take off.

    こうして市民による 科学研究プロジェクトが始まりました

  • Meanwhile, back in my apartment here,

    一方 この私のアパートでは

  • I was a bit nervous about my landlord.

    家主さんのことが 少々気になっていました

  • I figured I should tell him what we were doing.

    私達がしていることを 言わなきゃと思ったんです

  • (Laughter)

    (笑)

  • I was terrified; I really thought I was going to get an eviction notice,

    立ち退き通知をくらうかもしれない と思って怯えていました

  • which really was the last thing we needed, right?

    絶対に欲しくない通知ですからね

  • I must have caught him on a good day, though,

    でも タイミングがよかったようで

  • because when I told him what we were doing

    私達の活動についてお話しし

  • and how we started our nonprofit urban beekeeping laboratory,

    都市部における非営利の 養蜂実験を始めた経緯を話すと

  • he said, \"That's great! Let's get a beehive in the back alley.\"

    「素晴らしい! ぜひ裏の路地にも 巣箱を1つ置こう」と言ってくれました

  • I was shocked.

    びっくりしました

  • I was completely surprised.

    本当に驚きでした

  • I mean, instead of getting an eviction notice,

    だって立ち退き通知ではなく

  • we got another data point.

    観測地点が手に入ったんですから

  • And in the back alley of this image,

    こちらの画像に写っている路地裏で

  • what you see here, this hidden beehive --

    巣箱は隠れて見えませんが

  • that beehive produced more honey that first year

    研究初年度に ここの巣箱から

  • than we have ever experienced in any beehive we had managed.

    私達が管理するどの巣箱よりも多くの ハチミツが採れました

  • It shifted our research perspective forever.

    おかげで研究の着眼点が変わりました

  • It changed our research question away from \"How do we save the dead and dying bees?\"

    研究上の問いが「死んでいく蜜蜂を どうやって救うか?」から

  • to \"Where are bees doing best?\"

    「どこで最も元気に生きているか?」 に変わりました

  • And we started to be able to put maps together,

    それで私達は 地図を作成しようということで

  • looking at all of these citizen science beehives

    この市民科学研究の巣箱 すべての場所を確認することにし

  • from people who had beehives at home decks,

    自宅のテラスや庭 会社の屋上に

  • gardens, business rooftops.

    巣箱を置いている人達から データを集めました

  • We started to engage the public,

    一般の人達にも協力を求め

  • and the more people who got these little data points,

    観測地点が増えれば増えるほど

  • the more accurate our maps became.

    地図が正確になっていきました

  • And so when you're sitting here thinking, \"How can I get involved?\"

    「どうしたら参加できるの?」 と思っているかもしれないので

  • you might think about a story of my friend Fred,

    友人のフレッドの話をします

  • who's a commercial real estate developer.

    彼は民間の不動産開発業者で

  • He was thinking the same thing.

    同じことを考えていました

  • He was at a meeting,

    ある会議に出ていたとき

  • thinking about what he could do for tenant relations

    テナントの満足度向上と 環境保全のためになることを

  • and sustainability at scale.

    大規模にできる方法を 考えていました

  • And while he was having a tea break,

    そして休憩中

  • he put honey into his tea and noticed on the honey jar

    お茶にハチミツを入れようとして 瓶に書かれたメッセージに気づきました

  • a message about corporate sustainability from the host company of that meeting.

    会議を主催する会社が取り組んでいる 環境保全活動について書かれていました

  • And it sparked an idea.

    それがきっかけで アイデアが閃きました

  • He came back to his office.

    フレッドは自社に戻ると

  • An email, a phone call later, and -- boom! --

    メールを送り それから電話で話をし そして—ドカーン!

  • we went national together.

    私達の活動は全米規模になりました

  • We put dozens of beehives on the rooftops of their skyscrapers

    フレッドの会社の高層ビルの屋上に 何ダースもの巣箱を設置し

  • across nine cities nationwide.

    全米9都市に活動が拡大しました

  • Nine years later --

    9年後―

  • (Applause)

    (拍手)

  • Nine years later, we have raised over a million dollars for bee research.

    9年後 私達は蜜蜂研究に 百万ドル以上の資金を調達しました

  • We have a thousand beehives as little data points across the country,

    観測地点としての巣箱は 全米18州で千個に達し

  • 18 states and counting,

    今も増えています

  • where we have created paying jobs for local beekeepers, 65 of them,

    地元の養蜂家に収入のある仕事を 65件生み出し

  • to manage beehives in their own communities,

    地域で巣箱を運営管理して

  • to connect with people, everyday people,

    地元の一般の人達とも繋がって

  • who are now data points together making a difference.

    観測地点を増やし 活躍してくれています

  • So in order to explain what's actually been saving bees,

    さて 蜜蜂の生育に適した環境の 要因を説明するために

  • where they're thriving,

    まず 蜜蜂の死因を 解明する必要があります

  • I need to first tell you what's been killing them.

    死因のトップ3は

  • The top three killers of bees

    殺虫剤、除草剤、殺菌剤等の 農業用化学物質

  • are agricultural chemicals such as pesticides, herbicides, fungicides;

    蜂がかかる様々な病気

  • diseases of bees, of which there are many;

    そして 生息地の消滅です

  • and habitat loss.

    そこで 私達は地図を見て

  • So what we did is we looked on our maps

    蜜蜂がよく繁殖している地域を 特定しました

  • and we identified areas where bees were thriving.

    大半が都市部の地域でした

  • This was mostly in cities, we found.

    データを見ると都会の巣箱のほうが 田舎や郊外の巣箱より

  • Data are now showing that urban beehives produce more honey

    多くのハチミツを生産しています

  • than rural beehives and suburban beehives.

    田舎や郊外より都会のほうが 巣の寿命も長く

  • Urban beehives have a longer life span than rural and suburban beehives,

    都市の蜜蜂のほうが 生物的に多様です

  • and bees in the city are more biodiverse;

    都会のほうが種類が多いのです

  • there are more bee species in urban areas.

    (「どういうこと?」という仕草)

  • (Laughter)

    面白いですよね

  • Right?

    何故そうなるのか?

  • Why is this?

    それが私達の問いでした

  • That was our question.

    私達はまず 蜜蜂の三大死因から調査を始め

  • So we started with these three killers of bees,

    逆転の発想をしました

  • and we flipped it:

    都市ではこれらの死因に 差異があるのでは?

  • Which of these is different in the cities?

    まずは 殺虫剤です

  • So the first one, pesticides.

    ハーバード公衆衛生大学院と連携し

  • We partnered up with the Harvard School of Public Health.

    私達のデータを提供しました

  • We shared our data with them.

    家庭や企業の屋上にある 市民科学用巣箱から

  • We collected samples from our citizen science beehives

    サンプルを収集し

  • at people's homes and business rooftops.

    殺虫剤のレベルを調べました

  • We looked at pesticide levels.

    蜜蜂がよく繁殖している地域では 殺虫剤も少ないだろうと予想していましたが

  • We thought there would be less pesticides in areas where bees are doing better.

    実際は違いました

  • That's not the case.

    調査結果はこうなりました オレンジ色の棒がボストンで

  • So what we found here in our study is -- the orange bars are Boston,

    そこでは棒が最も低いーつまり

  • and we thought those bars would be the lowest,

    殺虫剤のレベルが最低だと 予想していたんですが

  • there would be the lowest levels of pesticides.

    都市部の殺虫剤のレベルは 実際には最も高いんです

  • And, in fact, there are the most pesticides in cities.

    蜜蜂の生存要因は 殺虫剤にあるという仮説—

  • So the pesticide hypothesis for what's saving bees --

    「都市では殺虫剤の使用が少ない」は

  • less pesticides in cities --

    間違っていました

  • is not it.

    科学者としての私の人生では こんなことがよくあります

  • And this is very typical of my life as a scientist.

    仮説を立てるといつも

  • Anytime I've had a hypothesis,

    仮説が実証できないだけでなく その逆が正しいと分かるんです

  • not only is it not supported, but the opposite is true.

    (笑)

  • (Laughter)

    それでも興味深い発見ですよね?

  • Which is still an interesting finding, right?

    私達は調査を続けました

  • We moved on.

    次は病気に関する仮説です

  • The disease hypothesis.

    私達は全ての巣箱で 発生した病気を調べました

  • We looked at diseases all over our beehives.

    このノースカロライナ州での調査と 同様の調査を行なって分かったのは

  • And what we found in a similar study to this one with North Carolina State is:

    蜜蜂の病気に差異はなく

  • there's no difference between disease in bees

    都会、郊外、田舎 どこでも 同じということでした

  • in urban, suburban and rural areas.

    病気は至るところに蔓延し 蜜蜂は病んで死んでいきます

  • Diseases are everywhere; bees are sick and dying.

    それどころか 都市部では より多くの病気が見つかりました

  • In fact, there were more diseases of bees in cities.

    これはノースカロライナの州都 ローリーです

  • This was from Raleigh, North Carolina.

    再び私の仮説は実証されず その逆が正しかったのです

  • So again, my hypothesis was not supported. The opposite was true.

    研究はさらに続きます

  • We're moving on.

    (笑)

  • (Laughter)

    生息地に関する仮説です

  • The habitat hypothesis.

    蜜蜂がよく生育する地域は より良い生息環境で―

  • This said that areas where bees are thriving have a better habitat --

    より多くの花があるはずだと

  • more flowers, right?

    でもこれをどう検証したものか

  • But we didn't know how to test this.

    私は大変興味深い会議に 参加しました

  • So I had a really interesting meeting.

    アイデアを閃いたのは 友人で同僚のアン・マッデンで

  • An idea sparked with my friend and colleague Anne Madden,

    TEDにも登場しています

  • fellow TED speaker.

    ゲノミクスが使えるかもしれないと DNAで祖先を調べるやつです

  • We thought about genomics, kind of like AncestryDNA or 23andMe.

    やってみたこと ありますか?

  • Have you done these?

    試験管につばを吐くと 「俺はドイツ人だ!」って分かります

  • You spit in a tube and you find out, \"I'm German!\"

    (笑)

  • (Laughter)

    私達はハチミツで これをやったんです

  • Well, we developed this for honey.

    ハチミツのサンプルを使って 植物のDNAを全て調べれば

  • So we have a sample of honey and we look at all the plant DNA,

    「このハチミツはウルシだ!」 って分かります

  • and we find out, \"I'm sumac!\"

    (笑)

  • (Laughter)

    ここプロヴィンスタウンの ハチミツのことも分かりました

  • And that's what we found here in Provincetown.

    ここで皆さんに初めて報告します

  • So for the first time ever, I'm able to report to you

    私達が暮らすこの街のハチミツは どんなタイプか?

  • what type of honey is from right here in our own community.

    ハチミツのDNAを 遺伝子検査にかけたところ

  • HoneyDNA, a genomics test.

    プロヴィンスタウンで春に採れる ハチミツはイボタノキです

  • Spring honey in Provincetown is from privet.

    イボタノキというのは 生垣によく使われています

  • What's privet? Hedges.

    ではどうしたらよいか?

  • What's the message?

    蜜蜂を救うため 生垣の手入れはしないでください

  • Don't trim your hedges to save the bees.

    (笑)

  • (Laughter)

    こんなこと言っていると さすがに異論が出そうですね

  • I know we're getting crunchy and it's controversial,

    トマトを投げつけられる前に

  • so before you throw your tomatoes,

    夏のハチミツの話に移りましょう こちらはスイレンです

  • we'll move to the summer honey, which is water lily honey.

    プロヴィンスタウン産の 夏のハチミツを食べていたら

  • If you have honey from Provincetown right here in the summer,

    スイレンの蜜を 飲んでいるということです

  • you're eating water lily juice;

    秋はウルシのハチミツ

  • in the fall, sumac honey.

    地元の食材のことが ようやく分かってきました

  • We're learning about our food for the first time ever.

    これで都市計画を立てる時に 報告できます

  • And now we're able to report, if you need to do any city planning:

    「どんな植栽がいいか?」

  • What are good things to plant?

    「庭に何を植えたら 蜜蜂にとってよいか?」

  • What do we know the bees are going to that's good for your garden?

    今やどの地域でも 答えが得られます

  • For the first time ever for any community, we now know this answer.

    更に興味深いことが データを読み込むと分かります

  • What's more interesting for us is deeper in the data.

    カリブ海出身の方が先祖伝来の 食の遺産を知りたければ―

  • So, if you're from the Caribbean and you want to explore your heritage,

    バハマのハチミツは クスノキ科の

  • Bahamian honey is from the laurel family,

    シナモンやアボカドの味です

  • cinnamon and avocado flavors.

    更に興味深いことに 小さじ1杯のハチミツには

  • But what's more interesting is 85 different plant species

    85種の異なる植物が 凝縮されています

  • in one teaspoon of honey.

    それが私達の欲しい指標 ビッグデータです

  • That's the measure we want, the big data.

    インドのハチミツはナラの木です

  • Indian honey: that is oak.

    インド産の全てのサンプルから ナラが検出されますが

  • Every sample we've tested from India is oak,

    ひとつのインド産ハチミツには 172種類の風味が凝縮されています

  • and that's 172 different flavors in one taste of Indian honey.

    プロヴィンスタウン産のハチミツは 春のもので116種類

  • Provincetown honey goes from 116 plants in the spring

    夏のハチミツだと 200種類を超える植物に由来します

  • to over 200 plants in the summer.

    こちらは生息環境に関する仮説を 検証するために必要な数字です

  • These are the numbers that we need to test the habitat hypothesis.

    また別の市民科学アプローチによって

  • In another citizen science approach,

    皆さんの食べ物のことが分かり 興味深いデータも手に入ります

  • you find out about your food and we get some interesting data.

    現在 分析中ですが 田舎の地域では

  • We're finding out now that in rural areas,

    1つのハチミツのサンプルに 平均150種類の植物が見つかります

  • there are 150 plants on average in a sample of honey.

    それが田舎の基準となる数値です

  • That's a measure for rural.

    郊外はどうでしょうか?

  • Suburban areas, what might you think?

    植物は多いか少ないか? 郊外でよく見かける芝生は―

  • Do they have less or more plants in suburban areas with lawns

    人間にはよい景観ですが 花粉を運ぶ虫には最悪です

  • that look nice for people but they're terrible for pollinators?

    郊外における植物の多様性の 度合いはとても低く

  • Suburbs have very low plant diversity,

    美しい芝生があるのは―

  • so if you have a beautiful lawn,

    よいことですが もっとできることがあります

  • good for you, but you can do more.

    芝生の一部を 花の咲く野草にすれば

  • You can have a patch of your lawn that's a wildflower meadow

    生息環境を多様化し

  • to diversify your habitat,

    蜜蜂の健康を促進できます

  • to improve pollinator health.

    誰でもこれならできます

  • Anybody can do this.

    都市部は虫達にとって 最良の生息地です

  • Urban areas have the most habitat, best habitat,

    ここにある通り 200種を超える 植物が存在します

  • as you can see here: over 200 different plants.

    ここで初めて 生息地に関する仮説を 裏付けるデータが得られました

  • We have, for the first time ever, support for the habitat hypothesis.

    これで 都市ではどんな活動を すればよいかも分かります

  • We also now know how we can work with cities.

    ボストン市にある虫達の生息域は 近隣の郊外よりも

  • The City of Boston has eight times better habitat

    8倍優れています

  • than its nearby suburbs.

    政府と協力すれば これを拡大できます

  • And so when we work with governments, we can scale this.

    私の墓碑銘はこうしましょうか―

  • You might think on my tombstone, it'll say,

    「ノア ここに永眠する 花を植え給え」とか?

  • \"Here lies Noah. Plant a flower.\" Right?

    最期まで活動は果てしなく続きます

  • I mean -- it's exhausting after all of this.

    皆で一緒に活動して

  • But when we scale together,

    政府や都市プランナーに 働きかければいいんです

  • when we go to governments and city planners --

    例えばボストンは 大抵シナノキのハチミツなので

  • like in Boston, the honey is mostly linden trees,

    「枯木を植え替えるならシナノキを 検討してください」と進言します

  • and we say, \"If a dead tree needs to be replaced, consider linden.\"

    こうした情報を政府に持っていけば 素晴らしい活動になります

  • When we take this information to governments, we can do amazing things.

    これはフレッドの会社の屋上です

  • This is a rooftop from Fred's company.

    世界中の屋上で植物を育てれば

  • We can plant those things on top of rooftops worldwide

    生物の生息環境を回復し 食糧供給システムを守る第一歩になります

  • to start restoring habitat and securing food systems.

    世界銀行やハイチ大統領の派遣団と 私達は協働しました

  • We've worked with the World Bank

    イェール大学の優秀な大学院生達や エチオピアとも協働しました

  • and the presidential delegation from the country of Haiti.

    アフリカ諸国のハチミツの 由来植物を特定すれば

  • We've worked with wonderful graduate students at Yale University and Ethiopia.

    付加価値を付けられますし

  • In these countries, we can add value to their honey

    どんな植物を植えるべきか 情報提供して

  • by identifying what it is,

    生物の生息環境を回復し 食糧システムを保全できます

  • but informing the people of what to plant

    ですが もっと大切なことは 自然災害に関わります

  • to restore their habitat and secure their food systems.

    今や

  • But what I think is even more important is when we think about natural disasters.

    どの地域の生息環境であれ 指標となる数値が割り出せますから

  • For the first time,

    災害で破壊される前に 調べておけばいい

  • we now know how we can have a baseline measure of any habitat

    皆さんの故郷はどうでしょう

  • before it might be destroyed.

    どんな自然環境上の リスクがありますか?

  • Think about your hometown.

    ハリケーン・マリア直撃後の プエルトリコはこのように支援します

  • What risks does the environment pose to it?

    ハチミツの指標数値は調査済みです

  • This is how we're going to save Puerto Rico after Hurricane Maria.

    ハリケーン以前と以降の ハチミツのDNAです

  • We now have a baseline measure of honey,

    ウマカオから調査を始めました