Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I want to tell you a story about stories.

    翻訳: Hiroshi Uchiyama 校正: Natsuhiko Mizutani

  • And I want to tell you this story because I think we need to remember

    物語の物語を話そうと思います

  • that sometimes the stories we tell each other

    この物語をお話ししたい理由は 私たちが互いに語る物語がときに

  • are more than just tales or entertainment or narratives.

    お伽話や娯楽や説話に

  • They're also vehicles

    とどまらないことがあると 知っておくべきだと思うからです

  • for sowing inspiration and ideas across our societies

    物語はまた

  • and across time.

    社会や時代を超えて 着想やアイデアの種を届けるための

  • The story I'm about to tell you

    乗り物と言えます

  • is about how one of the most advanced technological achievements

    これからお話しすることは

  • of the modern era

    現代における最も先進的な ある技術的成果において

  • has its roots in stories,

    いかに物語が起源となったか

  • and how some of the most important transformations yet to come might also.

    そして 今後訪れるべき重大な変革において いかに物語が起源になりえるかです

  • The story begins over 300 years ago,

    話は300年前に溯ります

  • when Galileo Galilei first learned of the recent Dutch invention

    ガリレオ・ガリレイは オランダの新発明のことを知りました

  • that took two pieces of shaped glass and put them in a long tube

    長い筒の両端に 成形したガラスを 2つ取り付けた道具を使うと

  • and thereby extended human sight farther than ever before.

    人の視覚では見えなかった遠くが見えるのです

  • When Galileo turned his new telescope to the heavens

    ガリレオは新しい望遠鏡を天空に向け

  • and to the Moon in particular,

    とりわけ月に向けた時に

  • he discovered something incredible.

    信じられないことを発見したのです

  • These are pages from Galileo's book \"Sidereus Nuncius,\" published in 1610.

    これは 1610年に出版された ガリレオの著作『星界の報告』の一部です

  • And in them, he revealed to the world what he had discovered.

    その中でガリレオは自分の発見を 世界に向けて明らかにしました

  • And what he discovered was that the Moon was not just a celestial object

    ガリレオの発見によれば 月は夜空をさまようだけの

  • wandering across the night sky,

    単なる天体ではなく

  • but rather, it was a world,

    それはむしろ世界というべきで

  • a world with high, sunlit mountains

    太陽に照らされた山脈が高くそびえ

  • and dark \"mare,\" the Latin word for seas.

    ラテン語で海を意味するマレが 暗く広がる世界だったのです

  • And once this new world and the Moon had been discovered,

    一度新しい世界と言える月を発見すると

  • people immediately began to think about how to travel there.

    人々はそこへ旅する方法を 即座に考え始めました

  • And just as importantly,

    それと同じく重要なのは

  • they began to write stories

    いかに実現するかとか

  • about how that might happen

    どのような旅になるかを

  • and what those voyages might be like.

    物語として書き始めたことです

  • One of the first people to do so was actually the Bishop of Hereford,

    最初期の著者の一人は ヘレフォードの司教

  • a man named Francis Godwin.

    フランシス・ゴドウィンでした

  • Godwin wrote a story about a Spanish explorer,

    ゴドウィンが書いたのは ドミンゴ・ゴンザレスという

  • Domingo Gonsales,

    スペイン人の探検家の物語です

  • who ended up marooned on the island of St. Helena

    ゴンザレスは大西洋の中央にある セントヘレナ島に

  • in the middle of the Atlantic,

    置き去りにされ

  • and there, in an effort to get home,

    帰国を目指して

  • developed a machine, an invention,

    こんな新発明の装置を開発します

  • to harness the power of the local wild geese

    野生のガチョウを動力源にして

  • to allow him to fly --

    飛べるような装置です

  • and eventually to embark on a voyage to the Moon.

    そして最終的には月へと旅立つのです

  • Godwin's book, \"The Man in the Moone, or a Discourse of a Voyage Thither,\"

    ゴドウィンの著書 『月の男』は

  • was only published posthumously and anonymously in 1638,

    彼の死後 1638年に匿名で出版されました

  • likely on account of the number of controversial ideas that it contained,

    おそらく 議論を呼ぶアイデアが 多く盛り込まれていたからでしょう

  • including an endorsement of the Copernican view of the universe

    太陽系の中心に太陽があるという

  • that put the Sun at the center of the Solar System,

    地動説の宇宙観を支持していたり

  • as well as a pre-Newtonian concept of gravity

    重力のニュートン以前の概念として

  • that had the idea that the weight of an object

    地球からの距離が遠くなるにつれて

  • would decrease with increasing distance from Earth.

    物体の重量が減少すると 提示したりしたのです

  • And that's to say nothing of his idea of a goose machine

    言うまでもなく 月に行けるガチョウの 装置という彼のアイデアも

  • that could go to the Moon.

    議論を呼びます

  • (Laughter)

    (笑)

  • And while this idea of a voyage to the Moon by goose machine

    ガチョウの装置による 月への宇宙旅行のアイデアは

  • might not seem particularly insightful or technically creative to us today,

    特に洞察に富むとも 創造的な技術とも 現代では言えないかもしれませんが

  • what's important is that Godwin described getting to the Moon not by a dream

    重要な点は 夢想や魔術に頼るという ヨハネス・ケプラーの著作とは違って

  • or by magic, as Johannes Kepler had written about,

    ゴドウィンの記述は 人類の発明によって

  • but rather, through human invention.

    月に到達せんとしていたのです

  • And it was this idea that we could build machines

    人類が天空に向かって旅ができるような装置を

  • that could travel into the heavens,

    作れるというアイデアこそが

  • that would plant its seed in minds across the generations.

    世代を超えて我々の心に継承される 種として蒔かれたのでした

  • The idea was next taken up by his contemporary, John Wilkins,

    同時代人のジョン・ウィルキンズが このアイデアを引き継ぎました

  • then just a young student at Oxford,

    まだオックスフォードの若い学生で

  • but later, one of the founders of the Royal Society.

    後に王立協会の創設者の一人となった人物です

  • John Wilkins took the idea of space travel in Godwin's text seriously

    ジョン・ウィルキンズはゴドウィンが書いた 宇宙旅行のアイデアを真剣に捉え

  • and wrote not just another story

    別の物語ではなくて

  • but a nonfiction philosophical treatise,

    ノンフィクションの哲学論文を著しました

  • entitled, \"Discovery of the New World in the Moon,

    そのタイトルは 『月での新世界の発見 あるいは

  • or, a Discourse Tending to Prove

    その惑星上に別の生存可能な世界が

  • that 'tis Probable There May Be Another Habitable World in that Planet.\"

    存在する可能性を証明する試み』

  • And note, by the way, that word \"habitable.\"

    さて「生存可能な」という言葉に 注目すると

  • That idea in itself would have been a powerful incentive

    この発想こそが 人々にその場所に行ける装置を

  • for people thinking about how to build machines that could go there.

    作ろうと思わせる強い動機に なったかもしれません

  • In his books, Wilkins seriously considered a number of technical methods

    彼の書物でウィルキンズは 宇宙飛行に対するいくつもの技法を

  • for spaceflight,

    真剣に考察し

  • and it remains to this day the earliest known nonfiction account

    月旅行の可能性を論じた 最初のノンフィクションとして

  • of how we might travel to the Moon.

    現代まで知られています

  • Other stories would soon follow, most notably by Cyrano de Bergerac,

    その後に登場する物語の中で 特筆すべきはシラノ・ド・ベルジュラックの

  • with his \"Lunar Tales.\"

    月の旅行記でした

  • By the mid-17th century, the idea of people building machines

    17世紀半ばまでに 天まで旅行できる機械を

  • that could travel to the heavens

    作ろうとする人々のアイデアは

  • was growing in complexity and technical nuance.

    複雑さと技術的な幅を広げていきました

  • And yet, in the late 17th century,

    ただ 17世紀の後期になって

  • this intellectual progress effectively ceased.

    この知的な進展は事実上停滞しました

  • People still told stories about getting to the Moon,

    月に到達する物語は作られていましたが

  • but they relied on the old ideas

    再び 夢想や魔術といった

  • or, once again, on dreams or on magic.

    古い考えに頼るようになってしまったのです

  • Why?

    なぜでしょうか

  • Well, because the discovery of the laws of gravity by Newton

    なぜならニュートンによって 万有引力の法則が発見され

  • and the invention of the vacuum pump by Robert Hooke and Robert Boyle

    ロバート・フックとロバート・ボイルにより 真空ポンプが発明されたことで

  • meant that people now understood

    人々は

  • that a condition of vacuum existed between the planets,

    惑星間に真空状態が存在し そしてそれは

  • and consequentially between the Earth and the Moon.

    地球と月の間も同様であると 理解したのです

  • And they had no way of overcoming this,

    その当時は これを克服する方法はなく

  • no way of thinking about overcoming this.

    克服の方法を考える術もありませんでした

  • And so, for well over a century,

    その状態は1世紀を超えて続き

  • the idea of a voyage to the Moon made very little intellectual progress

    月への宇宙旅行という考えにおいて 知的な進展はわずかでした

  • until the rise of the Industrial Revolution

    状況が変化したのは 産業革命が生じた後で

  • and the development of steam engines and boilers

    蒸気機関とボイラーと さらに何よりも圧力容器が

  • and most importantly, pressure vessels.

    開発されてからでした

  • And these gave people the tools to think about how they could build a capsule

    こうして 宇宙の真空状態に 耐えられるカプセルをどう作るかを

  • that could resist the vacuum of space.

    考えるだけの道具立てを 人々は手にしたのです

  • So it was in this context, in 1835,

    この状況の変化で 次の素晴らしい宇宙飛行の物語が

  • that the next great story of spaceflight was written,

    エドガー・アラン・ポーによって

  • by Edgar Allan Poe.

    1835年に書かれました

  • Now, today we think of Poe in terms of gothic poems

    現在ではポーと言えば ゴシック短詩集や 『告げ口心臓』『大鴉』などの

  • and telltale hearts and ravens.

    文学作品を思い浮かべます

  • But he considered himself a technical thinker.

    しかし彼は技術思想家を 自認していました

  • He grew up in Baltimore,

    彼はアメリカで最初に

  • the first American city with gas street lighting,

    ガス灯が街を灯した ボルチモアで育ち

  • and he was fascinated by the technological revolution

    身の回りで進む技術革新に

  • that he saw going on all around him.

    魅了されました

  • He considered his own greatest work not to be one of his gothic tales

    彼自身 最大の作品は ゴシック調の物語ではなく

  • but rather his epic prose poem \"Eureka,\"

    叙事散文詩『ユリイカ』と考えていました

  • in which he expounded his own personal view

    その中で彼は 天地万有の宇宙構造論について

  • of the cosmographical nature of the universe.

    独自の見解を詳しく述べました

  • In his stories, he would describe in fantastical technical detail

    彼は物語の中で 装置や奇妙な仕掛けなどの

  • machines and contraptions,

    空想的な技術を事細かに記述しました

  • and nowhere was he more influential in this than in his short story,

    この面において最も 影響力を示したのは短編小説

  • \"The Unparalleled Adventure of One Hans Pfaall.\"

    『ハンス・プファールの無類の冒険』でした

  • It's a story of an unemployed bellows maker in Rotterdam,

    その物語はロッテルダムに住む 失業したフイゴ職人が

  • who, depressed and tired of life -- this is Poe, after all --

    人生に押しつぶされ果てて― まさにそれはポーそのもので―

  • and deeply in debt,

    さらに多額の借金を抱えていました

  • he decides to build a hermetically enclosed balloon-borne carriage

    彼はダイナマイト打ち上げ式の 密閉された気球の籠を

  • that is launched into the air by dynamite

    作製しようと決心します

  • and from there, floats through the vacuum of space

    この籠は 打ち上げ後は 月面まで真空の宇宙空間を

  • all the way to the lunar surface.

    浮遊して行くのです

  • And importantly, he did not develop this story alone,

    重要なのは彼一人のアイデアで この物語を作ったわけではなく

  • for in the appendix to his tale,

    その物語のあとがきには

  • he explicitly acknowledged Godwin's \"A Man in the Moone\"

    200年以上前のゴドウィンの『月の男』に

  • from over 200 years earlier

    影響を受けたことを 明確に注記し

  • as an influence,

    「奇抜でやや独創的ともいえる書物」と 評しています

  • calling it \"a singular and somewhat ingenious little book.\"

    熱気球による月までの宇宙旅行は ガチョウの飛行装置に比べて

  • And although this idea of a balloon-borne voyage to the Moon may seem

    技術的な洗練の面では 大差がないようにも見えますが

  • not much more technically sophisticated than the goose machine,

    実は ポーは

  • in fact, Poe was sufficiently detailed

    その装置の製造方法や 宇宙旅行の軌道力学を

  • in the description of the construction of the device

    十分に詳しく記述しており

  • and in terms of the orbital dynamics of the voyage

    その軌道に関しては 1920年代の 世界初の宇宙飛行百科事典に

  • that it could be diagrammed in the very first spaceflight encyclopedia

    飛行計画の1例として 図が採録されたほどです

  • as a mission in the 1920s.

    そして詳細へのこだわり あるいは 彼の言うところの「事実らしさ」が

  • And it was this attention to detail, or to \"verisimilitude,\" as he called it,

    次の偉大な物語に影響を及ぼしました

  • that would influence the next great story:

    ジュール・ヴェルヌが1865年に書いた 『地球から月へ』です

  • Jules Verne's \"From the Earth to the Moon,\" written in 1865.

    その作品は驚くほどの遺産を後に残し

  • And it's a story that has a remarkable legacy

    また100年後に実現した月への旅行と

  • and a remarkable similarity to the real voyages to the Moon

    驚くほど 似た点があったのです

  • that would take place over a hundred years later.

    例えばその物語の中で 最初の月旅行は 起点がフロリダで

  • Because in the story, the first voyage to the Moon takes place from Florida,

    3人が搭乗し

  • with three people on board,

    片道の所要時間は3日間

  • in a trip that takes three days --

    それらの諸元はアポロ計画で 採用されたものでした

  • exactly the parameters that would prevail during the Apollo program itself.

    ポーからの影響への敬意を表すために この本の中でヴェルヌは

  • And in an explicit tribute to Poe's influence on him,

    月探査事業に取り組む組織を ボルチモアの ボルチモア大砲クラブと設定し

  • Verne situated the group responsible for this feat in the book in Baltimore,

    月を制覇するための行動に着手する際には

  • at the Baltimore Gun Club,

    一同が「エドガー・ポーに乾杯」と 叫んだのでした

  • with its members shouting, \"Cheers for Edgar Poe!\"

    ヴェルヌがポーに影響されたのと同様に

  • as they began to lay out their plans for their conquest of the Moon.

    ヴェルヌの物語が 初期のロケット科学者たちに

  • And just as Verne was influenced by Poe,

    影響と着想を与えました

  • so, too, would Verne's own story go on to influence and inspire

    ロシアとドイツの液体燃料ロケットの パイオニアであった

  • the first generation of rocket scientists.

    コンスタンチン・ツィオルコフスキーと ヘルマン・オーベルトは

  • The two great pioneers of liquid fuel rocketry in Russia and in Germany,

    二人とも10代に『地球から月へ』を読み

  • Konstantin Tsiolkovsky and Hermann Oberth,

    宇宙飛行の分野に進むことを心に決め

  • both traced their own commitment to the field of spaceflight

    その物語を実現するための挑戦に

  • to their reading \"From the Earth to the Moon\" as teenagers,

    その後も携わり続けました

  • and then subsequently committing themselves

    長きに渡り影響を与え続けた 19世紀の偉業は

  • to trying to make that story a reality.

    ヴェルヌの物語だけではありません

  • And Verne's story was not the only one in the 19th century

    H・G・ウェルズの著作

  • with a long arm of influence.

    『宇宙戦争』が 大西洋の対岸 マサチューセッツの若者

  • On the other side of the Atlantic,

    ロバート・ゴダードに 直接的な着想を与えました

  • H.G. Wells's \"War of the Worlds\" directly inspired

    『宇宙戦争』を読み終えた

  • a young man in Massachusetts, Robert Goddard.

    1890年代のある日の

  • And it was after reading \"War of the Worlds\"

    ゴダードの日記には

  • that Goddard wrote in his diary,

    家族の農場でさくらんぼの木の 剪定の合間に休んでいる時

  • one day in the late 1890s,

    谷間から宇宙ロケットが離陸し そのまま月に向かって高度を上げていく

  • of resting while trimming a cherry tree on his family's farm

    情景が目に浮かんだと記されています

  • and having a vision of a spacecraft taking off from the valley below

    彼は 心の目で目撃した宇宙船を 開発することに一生をささげようと

  • and ascending into the heavens.

    その時その場所で決心したと 記しました

  • And he decided then and there that he would commit the rest of his life

    そしてそれを成し遂げました

  • to the development of the spacecraft that he saw in his mind's eye.

    彼はキャリアを通して さくらんぼの木の出来事の日を

  • And he did exactly that.

    記念日として祝福し続けました

  • Throughout his career, he would celebrate that day

    また同時に彼は日頃から ヴェルヌとウェルズの作品を読み返しては

  • as his anniversary day, his cherry tree day,

    新たな着想を得たり 決意を固めたりして

  • and he would regularly read and reread the works of Verne and of Wells

    彼の夢を実現するために 必要な第一歩目とされる

  • in order to renew his inspiration and his commitment

    液体燃料ロケットの開発に

  • over the decades of labor and effort that would be required

    数十年 熱心に取り組み続け

  • to realize the first part of his dream:

    初飛行を1926年に成し遂げたのです

  • the flight of a liquid fuel rocket,

    『地球から月へ』と『宇宙戦争』を 読んだことによって

  • which he finally achieved in 1926.

    宇宙航行学のパイオニアたちは 宇宙飛行の問題を解決するために

  • So it was while reading \"From the Earth to the Moon\" and \"The War of the Worlds\"

    彼らの人生を捧げることを決心しました

  • that the first pioneers of astronautics were inspired to dedicate their lives

    彼らの論文と成果が 今度は

  • to solving the problems of spaceflight.

    初期の宇宙飛行の技術集団と

  • And it was their treatises and their works in turn

    最初の宇宙飛行プロジェクトに 刺激を与えました

  • that inspired the first technical communities

    この様に影響の連鎖は

  • and the first projects of spaceflight,

    ゴドウィン、ポー、ヴェルヌから

  • thus creating a direct chain of influence

    やがてアポロ計画 更には

  • that goes from Godwin to Poe to Verne

    宇宙飛行に関わる現代の人びとへと 脈々と息づいているのです

  • to the Apollo program

    さてなぜ私がこの一連の話をしたのでしょう?

  • and to the present-day communities of spaceflight.

    単に私が素敵だと思ったから あるいは

  • So why I have told you all this?

    単に私が17世紀や19世紀のSF物語に

  • Is it just because I think it's cool,

    奇妙なほどに 魅了されて いるからでしょうか?

  • or because I'm just weirdly fascinated by stories

    部分的にはそうです

  • of 17th- and 19th-century science fiction?

    しかしそれらの物語から 読み取ることのできる―

  • It is, admittedly, partly that.

    文化的なプロセスは 宇宙旅行を推し進めただけでなく

  • But I also think that these stories remind us

    さらに広範な技術イノベーションに 適用できると思います

  • of the cultural processes driving spaceflight

    NASAでエコノミストとして働き

  • and even technological innovation more broadly.

    私たちが宇宙に向う活動の 経済的起源についての

  • As an economist working at NASA,

    考察に時間を費やしました

  • I spend time thinking about the economic origins

    億万長者のハイテク起業家の投資よりも前

  • of our movement out into the cosmos.

    冷戦時の宇宙競争よりも前

  • And when you look before the investments of billionaire tech entrepreneurs

    液体燃料ロケットの開発に 軍が投資するよりも前に目を向けると

  • and before the Cold War Space Race,

    宇宙飛行に対する経済的起源は 物語やアイデアにあるのです

  • and even before the military investments in liquid fuel rocketry,

    宇宙飛行の概念が最初に明言されたのも それらの物語の中でした

  • the economic origins of spaceflight are found in stories and in ideas.

    そして それらの物語により

  • It was in these stories that the first concepts for spaceflight were articulated.

    宇宙における人類の未来が

  • And it was through these stories

    人々の心から心へ伝承され始め

  • that the narrative of a future for humanity in space

    世代をまたぐ 知的コミュニティーを形成し

  • began to propagate from mind to mind,

    宇宙船のアイデアを 何度も試行して

  • eventually creating an intergenerational intellectual community

    最後にはそれを 実際のものにしたのです

  • that would iterate on the ideas for spacecraft

    このプロセスは300年に渡って 継続してきたものであり

  • until such a time as they could finally be built.

    宇宙飛行は文化として 形作られました

  • This process has now been going on for over 300 years,

    数百年間にとても多くの人が

  • and the result is a culture of spaceflight.

    その文化に巻き込まれました

  • It's a culture that involves thousands of people

    数百年の間 私たちの中の何人かは 星々を見上げて

  • over hundreds of years.

    そこに行ってみたいと願ったのです

  • Because for hundreds of years, some of us have looked at the stars

    そして数百年の間

  • and longed to go.

    私たちの中の何人かは

  • And because for hundreds of years,

    そんな宇宙旅行に必要な 概念とシステムの開発に

  • some of us have dedicated our labors

    注力したからです

  • to the development of the concepts and systems

    ゴドウィンやポーやヴェルヌについて 語りたかったのは

  • required to make those voyages possible.

    彼らの物語が 未来全般について 語り合う物語の重要性を

  • I also wanted to tell you about Godwin, Poe and Verne

    私たちに教えてくれると 思うからです

  • because I think their stories also tell us of the importance

    これらの物語は 情報やアイデアを 伝えるだけではありません

  • of the stories that we tell each other about the future more generally.

    物語は情熱を育み

  • Because these stories don't just transmit information or ideas.

    情熱は重要なプロジェクトの 実現に向けて

  • They can also nurture passions,

    生涯をかけて取り組ませるのです