Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Flipkart is India's Amazon.

    フリップカートはインド版アマゾンです。

  • It's the country's largest online retailer.

    インド国内最大のオンラインショップです。

  • In 2018 retail giant Walmart announced its intention to acquire a controlling stake in the company for $16 billion.

    2018 年に小売り大手ウォルマートは、160 億ドルでこの会社の経営権を取得する意向を発表しました。

  • Making this the largest e-commerce acquisition ever.

    それにより史上最大の電子商取引を獲得しました。

  • Flipkart was founded here in Bangalore in 2007 by Sachin Bansal and Binny Bansal, two Indian software engineers, that happen to share the same surname.

    フリップカートは 2007 年にここバンガロールで、サチン・バンサルとビニー・バンサルによって設立されました。しかも、2 人のインド人ソフトウェアエンジニアは、偶然にも同じ苗字でした。

  • They both worked for Amazon in the U.S. before returning to India to start their company.

    2 人とも以前はアメリカのアマゾンで働いて、インド帰国前に彼らの会社を設立し始めました。

  • Like Amazon, Flipkart began as an online bookstore.

    アマゾンと同じく、フリップカートはオンライン上の本屋として始まりました。

  • In its first full year of business, it delivered nearly three and half thousand shipments of books.

    最初の一年間の事業は、約 3500 件の本を配達しました。

  • Now its website has 10 million page visits a day and sells more than 80 different categories of goods, which includes everything from food processors to yoga mats.

    そして現在は、1 日に 1000 万回のウェブサイトのアクセスがあり、商品は 80 種類の異なる商品を販売しています。万能調理器からヨガマットまで様々な商品があります。

  • This expansion has been supported by the company's own digital ecosystem.

    この発展は、企業独自のデジタルエコシステムによって支えられています。

  • In 2009 it founded Ekart, its in-house supply chain arm.

    また、2009 年社内の供給連鎖のイーカートを設立しました。

  • Ekart is now India's largest logistics company delivering 10 million shipments a month for Flipkart, as well as independent brands and sellers.

    イーカートは現在インド最大の物流会社であり、フリップカートの商品を月に 1000 万件配達しています。同時に、ほかの独立ブランドと販売人に取り代わっています。

  • It also owns PhonePe, an app the company acquired in 2016, which helps facilitate electronic payments throughout the country.

    また、2016 年に PhonePe というアプリ会社の買収しました。それは、国内の電子取引に役立ちます。

  • In addition, Flipkart's purchase of two of India's leading online fashion retailers:

    さらに、フリップカートは主要のファッションショッピングサイト 2 社を買収しました。

  • Myntra and Jabong ensured the company remained the leading player in India's online retail industry.

    Myntra と Jabong はインドにおけるオンラインショップ産業において、トッププレイヤーの地位を確立しました。

  • Flipkart's strong position in the market attracted $1.4 billion of investment in 2017 from Microsoft, eBay, Tencent and SoftBank.

    フリップカートの市場地位は 2017 年に 14 億ドルの投資を誘引し、それらの投資はMicrosoft、 eBay、Tencent 、 SoftBank からの投資です。

  • The Indian e-commerce market as a whole is set to quadruple to $200 billion in the next eight years.

    全体的に見て、将来 8 年以内には、インドの電子取引市場は4倍の次の 2000 億ドルに成長すると見込まれています。

  • And by 2034 it's predicted to surpass the U.S. as the second largest e-commerce market in the world.

    そして 2034 年までには、アメリカを抜いて世界で 2 番目に大きい電子取引市場になると予想されています。

  • The predicted growth in e-commerce has increased competition between the big online retailers.

    この電子取引市場の成長の見通しにより、大手オンラインショップとの競争が促進しています。

  • Amazon has been taking on Flipkart in its own backyard.

    アマゾンはフリップカート自身のバックヤードです。

  • Both have been offering massive sales and discounts pegged to Indian festivals as they battle it out for more customers.

    両社ともより多くの顧客獲得の為に、インドのイベントに合わせて、どちらも大型セールと割引きを提供し、消費者を引き寄せています。

  • While Amazon's size and profitable cloud computing service allows it to absorb these costs, Flipkart has suffered losses in its struggle to compete.

    同時に、アマゾンの規模と利益はこれらのコストを吸収する事ができる計算サービス、フリップカートは競争に苦心して、損失を受けています。

  • However, the Flipkart Group as a whole still has the largest share of the market and remains the e-commerce leader in India.

    しかし、フリップカートグループは未だに市場の最大シェアです。そして、インド電子取引の先導者のままです。

  • Walmart's online sales, however, account for just a little more than three and a half percent of its business in the U.S.

    フリップカートがアメリカに対し、その部門における重要な足がかりをもたらし、

  • Acquiring Flipkart gives them a considerable foothold in the sector.

    アメリカのビジネスでは3.5%をやや上回る結果に貢献しています。

  • Yet when news of the deal broke, the American retailer's shares tumbled four percent.

    ところが、取引が崩壊した情報が流れた際に、アメリカ小売商人は 4 %が転落した事を報告し、

  • With investors concerned that the company had a long way to go before becoming profitable.

    投資者は利益を儲けるどころではない事を心配しました。

  • The acquisition of a loss-making business also cut Walmart's profits at the end of 2018 and its earnings outlook for 2019.

    赤字法人の買収によって、ウォルマートの利益 2018 年末と 2019 年売り上げが低下しました。

  • The company also warned that e-commerce growth would be slower next year.

    また企業の次年度の電子取引の成長が遅くなるだろうと警告しました。

  • For Flipkart, Walmart's investment is seen by many as a major boost to the company's logistical operations.

    フリップカートの為に、ウォルマートの投資は企業の物流業務の大きな押し上げが見れらます。

  • It will also help it move into new areas like online groceries.

    それはまたオンラインスーパーなどの新しい領域を助けています。

  • Water, please.

    お水ください。

  • Along with a strong food supply chain, Walmart's financial support will also help Flipkart keep prices low in its battle with Amazon.

    強烈ば食料供給に沿って、ウォルマートは金融のサポートによってアマゾンとのフリップカートの値下げ競争をし続けるでしょう。

  • Several key investors have exited the company, including co-founder Sachin Bansal, and they leave with hefty profits.

    いくつかの重要な投資者は会社から抜けて、共同創設者のサチン・バンサルも含めて、多くの利益と共に去りました。

  • Venture capital firms Accel and Tiger Global invested when Flipkart was valued at just $50 million.

    主力ベンチャー企業のアクセルとタイガーグローバルはフリップカートが5000万ドルの価値になった時に、投資しました。

  • They have now pocketed more than 400 times what they invested and still retain some shares.

    彼らは投資額の400倍もの利益を得ており、まだいくつかのシェアは続いています。

  • Softbank is also a big beneficiary of the deal.

    ソフトバンクも利益を受けた企業の1つです。

  • Its Vision Fund invested $2.5 billion in 2017.

    ソフトバンク・ビジョン・ファンドでは2017年は25億の投資をしました。

  • And in just over 12 months the Japanese company sold its 20% stake for $4 billion.

    この12ヶ月だけで、日本企業の売り上げの20%で40億を固定しました。

  • Co-founder Binny Bansal had planned to stay on as the company's chief executive.

    共同経営者のビニー・バンサルは会社の最高経営責任者として留まる予定でしたが、

  • But resigned after an internal investigation into serious personal misconduct following an accusation of sexual assault.

    個人の汚職に対する性的暴行の告発による厳しい内部調査の後に辞職しました。

  • He still owns 4.2% of the company and remains a director on the board.

    しかし彼はまだ会社4.2%を所有しており、取締役を続けています。

  • Amid the controversy, Walmart increased its stake in the $20 billion company from 77% to 81.3%.

    論争の中心であるウォルマートは、 投資金200億ドルを77%から81.3%に増加させました。

  • Offering another sign of its support of an online retail market that is still small by global standards.

    オンラインショップ市場の国際的標準にはまだ至っていません。

  • The value and sale of Flipkart to a major corporation like Walmart will likely encourage investors to see India's e-commerce market as an area of growth.

    価値とフリップカートの売り上げにウォルマートのような大企業、投資者を促進し、インドでの電子取引市場を見る事ができます。

  • Already the Indian startup Ola is competing fiercely with Uber in the taxi aggregation market.

    すでに、タクシー集合市場Uberと強烈に競争するインド「オラ」を創立しました。

  • And both have Softbank as a major shareholder.

    主要株主としてソフトバンクも所持しています。

  • As the world's major tech companies focus more of their attention on India, Flipkart may be the first of many start-up success stories emerging from the growing e-commerce space.

    インドにより注目を見せる世界の主要技術企業として、フリップカートは電子取引部門で成長しているいくつかの創業者サクセスストーリーを最初に作った会社かもしれません。

  • Hi guys, thanks for watching our explainer on Flipkart.

    皆さん、フリップカートについての解説を見てくれてありがとうございます。

  • To see more of our videos, then check out these.

    私達の動画をもっと見るたい場合は、ここをチェックして下さいね。

  • So, do you think Flipkart has a chance against Amazon?

    では、皆さんはフリップカートはアマゾンに対抗できる見込みがあると思いますか?

  • Comment below the video to let us know.

    下の欄にコメントを書いてシェアして下さい。

  • And don't forget to subscribe.

    チャンネル登録も忘れずに。

Flipkart is India's Amazon.

フリップカートはインド版アマゾンです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 フリップ カート インド 投資 ウォルマート 電子

インド版「Amazon」!フリップカートを知ってる?(What is Flipkart? | CNBC Explains)

  • 15053 486
    Celeste に公開 2019 年 06 月 01 日
動画の中の単語