Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Go to any of the most beautiful places in the world, and you'll see people taking pictures...of themselves.

    世界中のどのきれいな場所に行っても、人たちが「自分の」写真を撮っているのを目にします。

  • We think of this as a new thing.

    これは新しい現象だと思われます。

  • Selfie only made it into the Oxford English Dictionary in 2013, when it quickly became word of the year.

    セルフィーは 2013 年に新しくオックスフォード英語辞典に作られた単語で、それと同時にすぐ今年の言葉になりました。

  • But selfies are about as old as photography.

    しかし、セルフィーは写真撮影と同じくらい長い歴史があります。

  • The first was taken in 1839 by an American named Robert Cornelius.

    初めてのセルフィーは 1839 年にアメリカ人のロバート・コーネリアスが撮りました。

  • So why have we used photography, this miraculous invention, to take pictures of something we can see in our bathroom mirror every morning?

    なぜ私たちは写真というこの不思議な発明を使って、毎朝バスルームの鏡で見れる物の写真を撮るのでしょうか?

  • Something odd is clearly going on.

    明らかに奇妙なことが起こっています。

  • And who better to explain human oddities than Sigmund Freud?

    そして、精神分析学の創始者のジークムント・フロイトより人間の奇妙なとこをうまく説明できる人はいないですよね?

  • Freud invented psychoanalysis and popularised many ideas like the ego, the unconscious, and talking to a therapist.

    フロイトは「精神分析学」を発明し、「エゴ」、「無意識」、セラピストとの対話などたくさんの考えを世に広めました。

  • One of those ideas is narcissism, or excessive self-love.

    その考えの 1 つはナルシシズム、または過度の自己愛というものです。

  • In a Greek myth, a young man called Narcissus sees his reflection in a pool and spends so long staring at his own beauty that he loses touch with the rest of the world.

    ギリシャ神話の中に、ナルキッソスという若い男が水の中に映っている自分の反射を見て、長い時間かけて自分の美しさ見入ってしまったあまりに、周りの現実との関わり失ってしまったとあります。

  • And eventually drowns trying to embrace his own image in the water.

    最終的に水に映る自分を抱擁しようとし溺れ死んでしまいます。

  • Freud thought that a bit of self-love was a natural part of being human.

    フロイトはその少しの自己愛は本来の人間の部分であると考えました。

  • But Freud also thought that self-love can turn into a psychological disorder, when someone loves himself to the exclusion of everyone and everything else.

    しかし、フロイトはその自己愛が自分しか愛せなくなると精神的疾患になると思いました。

  • And that's what we usually mean by narcissism.

    そして、それがナルシシズムなのです。

  • Psychologists have developed tests for measuring personality traits like narcissism.

    心理学者はナルシシズムのような性格特徴を査定するテストを開発しました。

  • Here are some results.

    結果は以下となります。

  • Narcissists do tend to be more active on social media.

    ナルシストはソーシャルメディアでより活発な傾向があります。

  • And posting selfies is strongly related to narcissism - but only if you're a man.

    セルフィーを投稿することはナルシシズムと強く関連しております。ただし、男性の場合のみです。

  • Women tend to be less narcissistic than men, even though women post more selfies.

    女性がセルフィーをより多く投稿してても、女性は男性より自己陶酔的でない傾向があります。

  • Perhaps more worryingly, narcissism is rising.

    恐らく心配すべきことは、ナルシシズムは年々増加していることです。

  • The psychologist Jean Twenge has shown that, over the past few decades, it's risen at roughly the same rate as obesity.

    心理学者の Jean Twenge によると、過去の数十年で、ナルシシズム率はおおよそ肥満率と同じくらい上昇しています。

  • Freud derived most of his insights from everyday life observations, so he would have been very interested in all this data.

    フロイトはほとんどの情報を日常観察から得るため、このデータに非常に興味をもったことでしょう。

  • He would have concluded that narcissism is only part of what's going on in the rise of selfie culture.

    彼はナルシシズムは自撮り文化が高まりを見せている理由の一部でしかないと結論づけることでしょう。

  • Some people are posting selfies not because they're in love with themselves, but because they want other people to be in love with them.

    自撮りを投稿するのは自分が好きだからではなく、他人に自分を好きになってほしいからなのです。

  • Freud would have seen that need for approval as neurotic or hysterical.

    フロイトはこういった承認欲求を神経質やヒステリー症だと見ています。

  • Freud began his career in the late 1800s, a much more sexually repressed time.

    フロイトは性的に抑圧された時期の 19 世紀後期に職歴を始めました。

  • Men and women were kept strictly separated.

    男性と女性は厳しく区別されていた時代でした。

  • And they were taught to be ashamed of feeling... sexy.

    そして、彼らは性的に興奮することは恥ずべきことだと教えられました。

  • Many of Freud's female patients in Viennese high society suffered from 'hysterical paralysis' - an inability to walk that had no physical cause.

    多くのフロイトのウィーンの上流社会の女性患者は「ヒステリー性まひ」という非身体的な原因で歩けなくなる病気に悩まされました。

  • Freud believed that these women were, without knowing it, stopping themselves from walking because they wanted attention.

    フロイトはこの女性たちは他人に注意を向けたいがために無意識に自ら歩くことを止めたのではないかと考えました。

  • So, if we need attention so badly that we'll paralyse ourselves for it, why not post a few selfies? Isn't that better?

    もし他人からの注目を求めることにより、自分をまひさせてしまうなら、自撮りを投稿した方がいいのではないでしょうか?

  • Well, Freud would find something unhealthy about selfies - not just because of what they say about the people taking them, but also because of what they do to the people seeing them.

    フロイトは自撮りについて不健康な原因を探そうとするでしょう。- 自撮りに対する人の意見ゆえにではなく、自撮りをみている人への影響もあるからです。

  • Selfies show people's best moments, carefully curated and heavily stage-managed.

    自撮りは撮る人の最高の瞬間を見せます。丁寧に編集され、そして念入りに演出されてます。

  • So we're increasingly surrounded by images of other people's apparently perfect lives and bodies.

    なので、私たちは一見完璧な生活やスタイルを持つ人に囲まれることが増えているのです。

  • Recent studies show that this makes us feel more envy, inadequacy, isolation and insecurity.

    最近の研究によりこれは私たちがより妬み、力不足、孤独や不安を感じる原因になると示しました。

  • Making us, in Freud's terms, more neurotic.

    私たちを、フロイトが言う「神経質」な人にしているということです。

  • Freud said, "the aim of psychoanalysis is to replace neurotic misery with ordinary human unhappiness".

    フロイトは「精神分析の目的は神経質な苦悩を一般的な人間の不満に置き換えることである」と言いました。

  • So next time you reach for the camera, remember Narcissus and focus on your friends instead.

    次にカメラを取ろうとする時は、ナルキッソスを思い出して、代わりにあなたの友達に集中しましょう。

  • You may not get as many likes, but you'll get a thumbs up from Freud.

    たくさんのいいねはもらえないかもしれませんが、フロイトの承認は得られます。

Go to any of the most beautiful places in the world, and you'll see people taking pictures...of themselves.

世界中のどのきれいな場所に行っても、人たちが「自分の」写真を撮っているのを目にします。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 フロイト ナルシシズム 撮り セルフィー 精神分析 投稿

自撮り、精神分析学者フロイトはどう考えるのか?(What Would Freud Make of Our Obsession with Selfies? | BBC Ideas)

  • 12243 739
    Liang Chen   に公開 2019 年 07 月 15 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す