Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • At its worst, Beijing's air quality looked like this.

    最悪状態では、北京の空気の質はこんな感じでした。

  • In 2013, the air quality was deemed unhealthy or hazardous for over half the year.

    2013年には、空気の質は半年以上不健康または有害と考えられていました。

  • Peaking in Beijing at 35 times the World Health Organisation's recommended limit.

    北京でその記録は世界保健機関(WHO)の推奨制限値の35倍に達しました。

  • It was so bad that Premier Li Keqiang declared a "war on pollution" at China's annual high profile National People's Congress.

    李克強首相が中国の毎年注目を集める全国人民代表大会で「汚染との戦い」を宣言するほど厳しい状況になりました。

  • Five years later, in March 2019, as Premier Li again opened the NPC meetings, the smog outside was still ten times worse than what the WHO defines as healthy.

    5年後の2019年3月、李首相が再び全国人民代表大会(NPC)を開いたときに、外のスモッグはWHOが健康と定義したレベルよりもまだ10倍悪い状態でした。

  • Even as China cracks down on pollution like never before, the country remains one of the world's worst polluters.

    中国がこれまでにないほどの決意で汚染を厳しく取り締まるとしても、依然として世界で最悪な汚染源の国の一つです。

  • This is your Bloomberg QuickTake on China's smog.

    今日のBloombergQuickTakeは、中国の大気汚染問題に注目します。

  • China overtook the U.S. as the world's biggest source of greenhouse gases in 2006, helping put the globe on a path to miss United Nations' targets aimed at stemming the rise in the earth's temperature.

    2006年に、中国が米国を抜いて最大の温室効果ガス排出国になりました。世界が地球温暖化を抑えるための国連温室効果ガス削減目標を遠ざけています。

  • This cheap power from coal and cheap factory production that's powered by coal has helped China turn into this economic giant.

    石炭による安価な電力とそれをエネルギーとする工場は、中国が経済大国と成長させた支えです。

  • That has helped produce cheap goods for the rest of the world and helped drive the world's economy.

    それは他の国々のために安い商品を生産するのを助長し、そして世界経済の推進を助けてきました。

  • And so in a sense, Chinese people are paying a tax in breathing this bad air for the benefit of consumers all over the world.

    そしてある意味で、中国の人々は世界中の消費者の利益のために、悪い空気を吸うという代価を払っています。

  • The WHO estimates more than 1 million Chinese died from dirty air in 2016.

    WHOは2016年に、100万人以上の中国人が大気汚染で死亡したと推定しています。

  • Another study puts the tally even higher at 4,000 deaths a day.

    他の研究では、集計した結果、1日に4,000人の死者数であると判明しています。

  • Pollution is said to have been the main cause of social unrest in recent years.

    近年、汚染問題が社会不安の主な原因であるとも言われています。

  • With social media helping to amplify complaints.

    そしてソーシャルメディアが人々の不満を増幅しています。

  • On Weibo, China's Twitter-like online platform, people blamed factories for polluting the air and the government for not doing enough.

    中国のTwitter風オンラインプラットフォームであるWeibo(ウェイボー)では、人々は大気汚染は工場のが原因であるとし、政府の取り組みが不十分だと非難しました。

  • In February 2015, a Chinese investigative journalist published a self-funded documentary about the country's air pollution problem.

    2015年2月、ある中国のジャーナリストが、自己資金で中国の大気汚染問題に関するドキュメンタリーを発表しました。

  • More than 100 million people watched "Under the Dome" before it was banned from Chinese video websites six days after its release.

    そのドキュメンタリーを発表した6日後、中国のビデオサイトで禁止される前、すでに1億人以上の人々が「穹顶之下( Under the Dome )」を見ました。

  • Shortly after, President Xi Jinping pledged to unleash an iron hand to punish environmental polluters.

    その後間もなく、習近平主席は環境汚染者に厳しい処罰が課せられることを約束しました。

  • In the last few years, the government has spent billions of yuan tightening environmental regulations.

    過去数年間、政府は厳しい環境規制をかけるために、すでに数十億元を費やしました。

  • Scrapping coal-fired power plants and switching millions of homes and businesses from coal to natural gas.

    石炭火力発電所を廃棄し、何百万の家庭と企業の石炭から天然ガスへ転換をしてきました。

  • The regulations and policies have worked.

    その規制と政策には確実な効果がみられました。

  • The US State Department monitors particulate matter in the air in its Beijing embassy.

    米国務省は北京大使館で大気中の粒子状物質を監視していますが、

  • And these recordings showed that 2018 was the lowest level in a decade.

    記録によると、2018年、ここ10年で最低のレベルに達することを示しました。

  • And the winter of 2017 and 2018 was one of the best as far as air quality goes.

    そして、2017年と2018年の冬の空気品質はこれまでにないほど良いものでした。

  • It's not perfect, but it's much, much better than the heyday of the 2013 pollution problems.

    それは完璧ではありませんが、汚染問題が一番ひどかった2013年に比べずっと良くなっています。

  • China is now the world's biggest investor in green energy.

    中国は現在、世界で最も自然エネルギーに投資しています。

  • It spent over $100 billion in 2018, which was 56% more than the U.S.

    2018年に1000億ドル以上を費やしました。それは米国より56%高かいものでした。

  • Initiatives have included supporting the electric vehicle industry by providing subsidies for EV buyers.

    その戦略は電気自動車( EV )の購入者に補助金を与えることによって、電気自動車産業をサポートし、

  • And helping build out infrastructure that allows electric cars to drive and charge around its cities.

    電気自動車がその都市の周りを運転して充電できるよう、インフラを構築を促進させるというものです。

  • EV sales are huge in China. It's the biggest market in the world for electric vehicles.

    中国での電気自動車の市場は大きいです。中国は電気自動車の世界最大の市場です。

  • It's not just cars as well. Electric buses are a huge deal in China.

    車だけでなく、電気バスも中国で多く利用されています。

  • China is betting big on solar energy as well.

    中国は太陽エネルギーにも莫大な資金を投資しました。

  • In 2019, over a third of the world's solar panels are estimated to be installed in China.

    2019年には、世界のソーラーパネルの3分の1以上が、中国に設置されると推定されています。

  • But the war on pollution promises to be a long one.

    しかし、汚染との戦いは長い戦いになるでしょう。

  • Four decades of breakneck economic growth have turned China into the world's biggest carbon emitter.

    40年間に及ぶ凄まじい経済成長により、中国は世界最大の炭素排出国となりました。

  • And it's still going to depend on coal for years to come.

    そして、この先何年もの間も、石炭に頼り続けるでしょう。

At its worst, Beijing's air quality looked like this.

最悪状態では、北京の空気の質はこんな感じでした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC 電気 大気 石炭 who 世界

中国の大気汚染の現状:青空を取り戻したい! (How China Is Scrambling for Clean Air)

  • 33693 886
    Jessieeee に公開 2019 年 06 月 20 日
動画の中の単語