Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • What if plastic pollution gets worse?

    プラスチック汚染が悪化するとどうなるでしょう?

  • Plastic pollution is one of the biggest environmental issues our planet faces today.

    プラスチック汚染は、現在私達の惑星が直面している最大の環境問題の 1 つです。

  • Plastic slush fills our oceans, plastic trash litters our landscapes, and even the air we breathe has microscopic pieces of plastic polluting it.

    海はプラスチックくずで満たされ、風景にはプラスチックのゴミが散らかり、私達が吸う空気でさえ、プラスチックの細かなかけらに汚染されています。

  • This is Unveiled, and today we're answering the extraordinary question: What if plastic pollution gets even worse?

    Unveiledです。今、私達はただならぬ質問に答えようとしています。「プラスチック汚染が悪化するとどうなるでしょう?」

  • Are you a fiend for facts?

    事実を知りたいと強く思っていますか?

  • Are you constantly curious?

    常に関心を持っていますか?

  • Then why not subscribe to Unveiled for more clips like this one?

    ではUnveiledに登録して、このような映像をもっとたくさん見ませんか?

  • And ring the bell for more fascinating content!

    そして、より魅力的なコンテンツに注意していてください!

  • The problem with plastic is that, most of the time, it never fully disintegratesoften, it's specifically designed that way.

    プラスチックの問題は、ほとんどの場合、完全には分解されないことです。多くの場合、プラスチックはそのように特別に設計されています。

  • And, given that many plastic products are single-use items, we're producing more and more and more of a material that'll never go away.

    そして、多くのプラスチック製品が使い捨てであることを考えると、私達は消えることのない素材をどんどん製造しているのです。

  • True, some plastics can be recycled, but that doesn't mean that everyone does soleaving wrappers, water bottles, pieces of packaging, and everything else to clog up ecosystems.

    確かに、リサイクルできるプラスチックもありますが、だからと言ってみんながそうしているわけではありません。包み紙や水筒、梱包材など何でも散らかして、生態系を詰まらせています。

  • Around 8 million tons of plastic winds up in the ocean every year.

    年間約 800 万トンのプラスチックが海に流れ着きます。

  • It's predicted that this type of pollution will triple in the next decade, and that by 2050, there could be even more plastic in the water than fish,

    このタイプの汚染は今後 10 年間で 3 倍になると予測されており、2050 年までには魚の数よりもはるかに多数のプラスチックが水中に存在する恐れがあると予測されています

  • which is devastating news for all marine life, with aquatic creatures either mistaking plastic for food and ingesting it, or getting trapped in casually discarded human trash.

    これは海洋生物すべてにとって衝撃的な知らせであり、水生生物はプラスチックを食べ物と間違えて摂取したり、何気なく捨てられた人間のゴミに閉じ込められたりします。

  • According to recent figures, almost half of marine vertebrates were wiped out between 1970 and 2012, but if plastic use continues as it has done, the stats will get worse.

    最近の数値によると、1970 年から 2012 年の間で海洋脊椎動物のほぼ半分が絶滅しましたが、プラスチックの使用が今までどおりに続いた場合、統計値はさらに悪化するでしょう。

  • We'll see entire species forced to extinction and increasingly severe knock-on effects across the food chain as predators consume plastic via their prey.

    捕食者は獲物を介してプラスチックを摂取するため、生物種が絶滅を余儀なくされ、食物連鎖全体でますます深刻な連鎖反応を目の当たりにするでしょう。

  • The amount of plastic in the ocean is now so immense that at least five huge garbage islands have formed around the world.

    現在、海のプラスチック量は非常に多く、世界中で少なくとも巨大なゴミの島が5つ形成されています。

  • Made up only of the more buoyant plastics, these floating trash heaps are set to grow and grow.

    浮力の高いプラスチックのみで構成されたこれらの浮遊ゴミの山は、どんどん成長していきます。

  • The Great Pacific Garbage Patch is the largest of all.

    太平洋ゴミベルトは最大級のゴミ大陸です。

  • Also known as the GPGP, it floats between California and Hawaii and takes up an area twice the size of Texas, holding around 1.8 trillion pieces of plastic, including some dating back to the 1970s.

    GPGPとしても知られ、カリフォルニアとハワイの間に浮遊しており、テキサスの 2 倍の面積を占め、1970 年代にさかのぼる約 1.8 兆ものプラスチック片があります。

  • And remember, these patches are only made up of plastic on the ocean's surface.

    そして覚えておいてください。これらのゴミ大陸は海の表面にあるプラスチックのみで構成されています。

  • It's estimated that 99% of all plastic in the water is unaccounted for below the waves,

    水中にあるプラスチックの 99 %は波に飲まれて明らかになっていません。

  • and these often-smaller pieces pose an even more sinister threat.

    そして、微小であることが多いこれらの破片は、さらに不吉な脅威をもたらします。

  • At 5 millimeters long or less, microplastics are small enough to go unnoticed to the human eye,

    長さが5ミリメートル以下であるマイクロプラスチックは、肉眼では見えないくらい小さいものです。

  • but these tiny particles that never truly break down like organic matter does can remain in the sea for centuries.

    しかし、有機物のように本当の意味で分解されない微細な粒子は、何世紀にもわたって海にとどまることができるのです。

  • It's no longer a mistake on behalf of the fish to eat this type of plastic, but an unavoidable accident.

    この種のプラスチックを食べることは魚にとっては間違いどころではない、避けられない事故です。

  • In fact, microplastics are so small they can be absorbed into an animal's body simply through respiration, or even via tiny plankton carriers.

    実際、マイクロプラスチックは非常に小さいため、単に呼吸によって、または小さなプランクトン捕食者からであっても動物の体内に吸収されてしまいます。

  • Again, microplastics can make their way up the food chain even as far as seafood-eating humans, so plastic pollution directly impacts human health.

    繰り返しますが、マイクロプラスチックは魚介類を食べる人間にまで食物連鎖を進む可能性があるため、プラスチック汚染は人間の健康にも直接影響を及ぼします。

  • And it's not only the oceans we should worry about, either.

    そして私達が心配すべきは海だけではありません。

  • Landfills overflowing with plastic are concerningly normal nowadays.

    プラスチックがあふれる埋立地は、今は見慣れたものです。

  • And, as these areas encroach into other natural environments, the spread of non-biodegradable litter widens.

    そして、このような地域が他の自然環境に侵入するにつれて、生物分解ができないゴミが広がっていきます。

  • It can even affect our drinking water supply, with plastics leaching toxic chemicals into the groundwater in some areas.

    一部の地域では、プラスチックから有毒な化学物質が地下水にしみ出すため、飲料水の供給にさえも影響を与える可能性があります。

  • At the very least, these materials wind up in rivers, and eventually end up in the oceans again.

    少なくとも、こういった物質が川に流れつき、最終的には再び海にたどり着きます。

  • Finding a solution to the issue, beyond simply not using plastic, is a problem, too.

    単にプラスチックを使わないというだけでなく、課題への解決策を見つけることも問題です。

  • Simply incinerating plastic is plain dangerous for anyone nearby.

    プラスチックをただ単に焼却することは、周囲の誰に対しても危険なのは明らかです。

  • And more broadly speaking, it contributes to air pollution, the depletion of the ozone layer, and climate change.

    広い意味で言うと、大気汚染、オゾン層の破壊、気候変動の原因となります。

  • And it throws microplastics into the air, inflicting on us the same problem that sea animals face,

    それはマイクロプラスチックを空中に投げ、海洋生物が直面する問題を私達にも課すことになり、

  • meaning every breath you take risks microplastics in your lungs, possibly your bloodstream, and eventually other parts of your body.

    つまり呼吸をするたびに、マイクロプラスチックが肺、おそらくは血流、そして最終的には体の他の部分にも入り込む危険にさらされるということです。

  • Completely cleansing the environment of the plastic that's already here currently seems an almost impossible task that will at least take a very long time.

    すでに存在するプラスチックの環境を完全に清浄化することは、現在では少なくとも非常に長い時間がかかる、ほぼ不可能な作業に思えます。

  • But preventing the problem from getting worse is doable.

    しかし、問題が悪化するのを防ぐことはできます。

  • It rests on changing habits, increasing recycling, and reducing our reliance on plastic in general, both individually and as a society.

    それは個人や社会として、習慣を変える、リサイクルを増やす、プラスチックへの依存を減らすことにかかっています。

  • Right now, plastic pollution stretches to almost every corner of Earth.

    現在、プラスチック汚染は地球のあらゆるところに広がっています。

  • But, as long as it's mass-produced and irresponsibly disposed of, the garbage heaps, landfills, and floating islands of yesterday's trash will continue to grow, and the negative effects will continue to pile up.

    しかし、プラスチックが大量生産され、無責任に廃棄される限り、過去のゴミ山、埋め立て地、浮島は成長を続け、悪影響は増え続けます。

  • And that's what will happen if plastic pollution gets worse.

    そして、それこそがプラスチック汚染が悪化した時に起こることです。

  • What do you think?

    どう思いますか?

  • Is there anything we missed?

    何か私達が忘れたことはありますか?

  • Let us know in the comments, check out these other clips from Unveiled, and make sure you subscribe and ring the bell for our latest content.

    コメント欄でお知らせください。Unveiledの他の映像をチェックしてください。登録お願いします。最新のコンテンツをお見逃しなく。

What if plastic pollution gets worse?

プラスチック汚染が悪化するとどうなるでしょう?

字幕と単語

B1 中級 日本語 プラスチック ゴミ 悪化 生物 連鎖 海洋

プラスチック汚染が悪化するとどうなるのか ( What Happens When Plastic Pollution Gets Worse? )

  • 5526 1981
    Jessieeee   に公開 2019 年 04 月 15 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す