Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • My name is Steve Bush, and I am a professional zookeeper.

    私の名前はスティーブ・ブッシュ、動物園の飼育係をしています。

  • Have you ever seen a group of birds flying overhead and wondered where they're going?

    私たちの上空を飛ぶ鳥をみて、どうやって飛んでいるのか不思議に思ったことはありませんか?

  • Why can birds fly hundreds or thousands of miles to a feeding ground, while I get lost on the way to the store?

    私はお店に行くまでに迷ってしまう一方で、鳥は空中でなぜ何千マイルも餌場まで飛ぶことができるのでしょうか?

  • How do they know which way is north or south?

    どうやって北と南の方角を知るのでしょうか?

  • I looked into this question and found some surprising answers.

    私はこの疑問を調査し、そしてその答えは驚くべきものでした。

  • Let's look at the interesting ways that birds navigate.

    それでは鳥が航行する興味深い方法を見ていきましょう!

  • Many birds fly between areas with lots of food.

    多くの鳥は食料が多くある場所の間を行き来しています。

  • Parrots fly a few hundred miles.

    オウムは数百マイルもの距離を飛び、

  • Canada geese fly 2 to 3 thousand miles in their annual migration.

    カナダガンは 2000 から 3000 マイルも毎年移動するのです。

  • And Arctic Terns take the prize for most ridiculously long migration by flying a 12,000 mile migration from the Arctic to the Antarctic circle.

    キョクアジサシは北極から南極圏へ 12,000 マイルを飛び、とんでもない長距離を飛行する点では一番でしょう。

  • But we're not here to talk about migration.

    ですが、移動(渡り)の話は今回はしません。

  • We're here to talk about how they maintain the sense of direction as they travel.

    飛行中にどうやって方向性を保っているのかについて話したいと思います。

  • Dead Reckoning. First off, and most simple, is the White Crowned Sparrow.

    推測航法。第一に最も分かりやすいのはミヤマシトドです。

  • They use dead reckoning.

    ミヤマシトドは推測航法を使います。

  • That means they know which direction to travel, and they know how long to travel that direction.

    それは、ミヤマシトドが飛ぶ方向と飛ぶ距離を知っていることを意味します。

  • But they don't know what their destination is.

    しかし、目的地は把握していません。

  • Some researchers did an experiment.

    ある研究者が実験を行いました。

  • They captured White-crowned Sparrows migrating due south between Washington and Southern California.

    ワシントンと南カリフォルニアの間の真南を移動するミヤマシトドを捕まえ、

  • They loaded them onto airplanes and flew them across the country to New Jersey.

    飛行機に乗せ、国の向こう側であるニュー・ジャージーまで運んだのです。

  • The birds continued migrating.

    ミヤマシトドは移動をしつづけました。

  • Juvenile sparrows that had never migrated before just continued flying south as if nothing happened.

    まだ渡ったことのない若いミヤマシトドは、何も起きなかったかのように南へ飛び続けました。

  • So we are pretty sure that they have a built-in set of migration instructions.

    なので私たちは鳥には組み込み式の飛行命令系統が備わっているに違いないと考えました。

  • Fly south for roughly so long, you'll end up where you need to be with all the other White-crowned sparrows.

    南まで大まかに長距離を飛び、最後は他のミヤマシトドのいる目的地へとたどり着くのです。

  • An interesting effect was noticed in that experiment.

    その実験から興味深い現象が発見されました。

  • While juvenile white-crowned sparrows did not react to their plane flight, adults almost universally noticed that something happened.

    若いミヤマシトドは飛行機による移動になんの反応も見せませんでしたが、成鳥はほとんどが何かが起こったと反応を示しました。

  • So adults either headed southwest, correctly compensating for their cross-country detour and aiming toward Southern California.

    つまり成鳥は南西、国を横断する経路を正確に補い、南カリフォルニアに向うか、または

  • Or they went due west, which aimed them back toward their original migration path.

    もともとの飛行経路につながる真西へ移動しました。

  • So what did the adult sparrows use to determine that they were in the wrong place?

    では成鳥は間違った方角にいるとどのように判断したのでしょうか?

  • Scientists have looked at several different possible answers.

    科学者は可能性のある答えをいくつか検討しました。

  • Sun compass. Birds can look at the sun and figure out which direction to go.

    太陽コンパス。鳥は太陽をみてどの方向へ行くべきか判断することができるのです。

  • This is more difficult than it sounds, because obviously the sun changes position throughout the day.

    これは想像よりも大変難しいものです、なぜなら、お分かりのように太陽は1日の間にその位置を変えますから。

  • So for this to work, birds need both the ability to see the sun and an internal clock so they know exactly what time it is and therefore where the sun should be.

    なので、これを実行するには鳥は太陽を見る能力と太陽がどこに位置しているかを正確に把握するための体内時計をもちあわせている必要があります。

  • Researchers trained European Starlings to get food from a feeder in a particular compass direction.

    研究者はホシムクドリを特定の方角にある餌箱から餌を食べるよう調教しました。

  • Then, using a mirror, they flipped the apparent position of the sun.

    そして、次に鏡を使い、太陽の視位置を反転させました。

  • The bird responded by checking the feeder in the opposite direction of what it was trained.

    ホシムクドリは調教された餌箱と反対の方角にある餌箱へ移動をしました。

  • Further experiments like this found that birds are able to compensate for time of day, latitude, and season.

    同様の実験により、鳥はその日の時間、緯度、季節を補うことができると分かっています。

  • So, looking good that birds have a sun compass.

    なので、鳥が太陽コンパスを備えていることは間違いなさそうです。

  • Star compass. Not only do birds use obvious information like the sun, they are able to use the position of stars to navigate!

    スター・コンパス。太陽といった目に見えてわかる情報を使用するだけでなく、鳥は星の位置で飛行することができます。

  • Researchers put birds in a planetarium and projected a starry sky for the birds to look at.

    研究者は鳥をプラネタリウムに移動させ、星空の投影を行いました。

  • But the stars in their projection were rotated, meaning that the northern constellations were in the East.

    しかし鳥の捉える星位置は回転した状態であったため、つまり北の星座は東に位置していました。

  • The birds may have been confused, but they adapted quickly and oriented in the new "correct" direction and moved toward the new "south" for their migration.

    鳥はこれにより混乱を見せましたが、順応は早く、新しい「正しい」方角を把握すると新しい「南」の方角へ移動をしました。

  • Birds didn't seem to use the North Star, but did use constellations.

    鳥は方角を判断するのに北極星を使用していないようでしたが、星座は判断の基準となっていたようです。

  • The use of constellations means that they could use this ability even in the southern hemisphere, where they can't see the north star.

    星座の使用は、北に位置する星が見えない南半球でも方角を判断できることを意味します。

  • Unfamiliar constellations were useless to the birds, which means that they learn constellations as they migrate and use them to navigate on future migrations.

    把握していない星座は鳥にとって役に立ちません。つまり、鳥は移動(渡り)を行いながら星座を学び、その先の移動(渡り)の飛行に活用しているのです。

  • Magnetic compass. We use magnetic compasses like this one all the time, and so do birds.

    磁気コンパス。こういったような磁気コンパスは私たちでも使いますが、鳥も同じです。

  • Magnetic compasses respond to the Earth's magnetic field.

    磁気コンパスは地球の磁場に反応します。

  • Researchers put birds in weak artificial magnetic fields and the birds reacted as it changed direction and intensity.

    研究者は人工的に弱く設定された磁場に鳥を移動させたところ、鳥は方角の変化と磁気の強度の変化に反応を示しました。

  • We're not sure exactly how birds sense the Earth's magnetic field at this time.

    今のところ、私たちは鳥がどのように地球の磁場を感知するのかまだ分かりません。

  • There's evidence to support the sense as located in their beak, ears or eyes.

    その感覚器官は鳥のくちばし、耳、または目にあるという証拠があります。

  • Personally, I like the idea of them seeing magnetic fields with special eye cells, because it would be such a cool sense to have.

    個人的には、磁場が見える特別な視細胞を持つという発想が好きです。そのような感覚器官を持つことは格好いいからです。

  • But for now, we don't know for sure.

    しかし今のところ、私たちはまだはっきりとは分かりません。

  • Scientists have discovered other methods used by birds.

    科学者たちは鳥が使っている他の方法を発見しました。

  • Landmarks are important.

    目印は重要です。

  • Birds use rivers, mountains, and forests to find their way along a migration route.

    鳥は川、山、そして森林を利用して、移動経路を確かめます。

  • Some birds appear to use smell landmarks, sniffing their way across a map of familiar smells.

    一部の鳥は道の匂いの目印を使い、おなじみの匂いに沿って自分の道を探し出しているようです。

  • They also use polarized light that passes through clouds if they can't see the sun or stars due to weather.

    ときどき、太陽や星が見えない場合は、雲を通過する偏光も参考します。

  • There may be even more senses that we don't know about.

    私たちが未だ知らない感覚が存在するかもしれません。

  • Thanks for taking the time to learn about bird navigation.

    鳥の航行について聞いていただきありがとうございました。

  • I hope you enjoyed your time here.

    動画を楽しんでくれたら嬉しいです。

  • If you did, navigate to the subscribe button below so you don't miss future videos.

    楽しんでもらえたら、下のボタンからチャンネル登録をお願いします、これから投稿する動画を見逃さず見ることができますよ。

  • Thanks and have a great day!

    ありがとうございます、良い1日を!

My name is Steve Bush, and I am a professional zookeeper.

私の名前はスティーブ・ブッシュ、動物園の飼育係をしています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B2 中上級 日本語 方角 移動 コンパス 太陽 星座 飛行

渡り鳥は迷わない!?――驚くべきナビゲーションの能力 (How do Birds Navigate? - Sun, Stars, and Magnetic Senses)

  • 4054 572
    April Lu   に公開 2019 年 05 月 30 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す