Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Industrial Revolution 18th to 19th Century.

    18~19世紀にかけての産業革命

  • The economic developments of the 1800s saw the development of agrarian and handicraft economies in Europe and America transform into industrial, urbanized ones.

    1800年代の経済発達により、ヨーロッパやアメリカにおける農業・手工業主要の経済から産業・都市化された経済へと移り変わりました。

  • The term to describe this phenomenon would be known as the "Industrial Revolution," and was first used by French writers, but made popular by English economic historian Arnold Toynbee.

    この状況は「産業革命」として知られ、当初はフランス人のライターによって使われた言葉ですが、後にイギリスの経済歴史学者アーノルド・トインビーによって広められました。

  • The Industrial Revolution was underpinned by the Agricultural Revolution.

    産業革命は農業革命によって支えられ、

  • From the mid-18th century to the mid-19th century, agricultural production increased significantly.

    18世紀中ごろから19世紀中ごろにかけて、農業製品の生産量が大幅に増えました。

  • The huge increase in food output supported the expansion, and sustained a large population and boosted trade.

    食料品が一気に市場に出回ることで産業拡大をサポートし、人口増加を支えて農業経済が上昇カーブを描いていったのです。

  • The increased use of machines over human or animal power in farming also meant that less farm workers were needed, and they could leave the land for industrial towns.

    農機が次々と投入され、人間や動物に代わって作業をこなせるようになったため、その結果農家の人が次々と工業が盛んな都市部に移っていったのです。

  • Better metals and richer fuel also contributed to industrialization by creating the steam engine, an integral machine to industrialization, which powered factories, locomotives, and ships.

    金属の品質向上や豊富な燃料のおかげで、産業化にとって重要な役割を担った蒸気機関が発明され、工場や機関車、船舶などの動力として活躍しました。

  • The new steam engines used coal and iron, both in the construction and as fuel, increasing demand for these resources.

    新しい蒸気エンジンは石炭と鉄を建設と燃料の両方として使用したため、この2つの資源に対する需要が高まっていきました。

  • Roads, canals, and railways changed Britain dramatically, connecting Britain and allowing goods to be sent over long distances.

    道路網や運河、鉄道はイギリス社会を大きく変え、インフラが整備されたことで長距離の製品運搬も可能になってきたのです。

  • Visually, the revolution was clear in the new industrial towns, with smoking factories dominating the skyline.

    視覚的にも産業革命は新しい工業都市部で明らかに見て取れました。空を覆い尽くす煙突の煙がそれです。

  • The cities were horrible to live in.

    居住環境としては最悪でした。

  • Overcrowded, dirty, with dangerous conditions in the factories and strict rules and punishments.

    人工過多、不潔、そして工場における安全性欠如や厳しい社則や厳罰などが普通だったのです。

  • The Industrial Revolution saw mechanization in factories of the textile industry, which was previously manufactured in the home, creating the term "Cottage Industry."

    産業革命の結果、それまでは家内工業として各家庭で生産されていた織物の業界にも機械化をもたらしました。

  • Now, production could be increased on a large scale because of new inventions, such as the spinning mule and the power loom.

    それが、 ミュール紡績機や動力織機といった新発明によって、より多くのボリュームを一気に生産することができるようになったのです。

  • The iron industry developed with Henry Bessemer's inexpensive process for mass-producing steel.

    鉄鋼業はヘンリー・ベッセマーによる安価で鉄を生産できるプロセスの発明によって発達を遂げ

  • Iron and steel were key materials for constructing the tools in machinery, steam engines, and ships needed for the industrial progress.

    鉄や鋼は機械部品や蒸気エンジン、船舶といった産業進化に欠かせない要因の建造・生産に重宝されました。

  • Industrial labor opportunities drew people to the cities from the countryside to such an extent that in 1750 only 15% of the population of Britain lived in towns.

    工業の発達に伴う雇用機会の増加は地方の人々を都市部に引き寄せ、1750年にはイギリス人口のわずか15%しか都市部に住んでいませんでしたが

  • By 1850, over 50% of the entire population of Great Britain lived in either a town or a city, and by 1900, it was 85%!

    1850年にはイギリス全体の50%が都市部に住むようになり、1900年にはその数字は85%にまで上昇したのです!

  • London had 4.5 million people, Glasgow, 760,000, Liverpool, 685,000, and Manchester and Birmingham, 500,000.

    ロンドンには450万人、グラスゴーは76万人、リバプールに68万5千人、そしてマンチェスターとバーミンガムは50万人ずつです。

  • Great Britain was the birthplace of the Industrial Revolution, and was the only mature industrial economy for a long time.

    イギリスは産業革命発祥の地で、長期間に渡って成熟した工業経済を維持した唯一の例でした。

  • Historians have speculated that this was because as an island, there was relative peace and stability for Britain compared to mainland Europe.

    歴史の専門家の見解では、これはヨーロッパ本土に比べてイギリスは島国であるため、比較的平穏かつ安定が得られたからではないかとされています。

  • Rather than spending on a large defensive standing army, capital could be spent on other ventures, and there was confidence for investors.

    自国を防衛するために軍隊に予算をつぎ込む代わりに、事業へ投資をすることでき、投資家間における信頼度も高いものでした。

  • Native resources were also abundant, and readily available for initial technological developments and inventions.

    天然資源も豊富で、初期のテクノロジー発達や発明に際して簡単に手に入れることもできました。

  • Engineers and inventors were also respected and encouraged in British society, and were backed by wealthy patrons.

    エンジニアや発明家は尊重され、イギリス社会から背中を押されつつ裕福層から資金提供も受けていました。

  • A powerful navy and an empire bringing in vast wealth from its colonies also contributed to the catalyst for industrialization before others.

    強力な海軍や、帝国として植民地から取り込んだ巨額の富も他国に先駆けて産業化を実現させた大きな要素です。

  • Nevertheless, Germany, France, Switzerland, Belgium, and the United States soon emulated Britain's industrial change.

    それでも、ドイツ、フランス、スイス、ベルギー、そしてアメリカといったところがすぐさまイギリスの産業革命に続きました。

  • And by 1900, Britain would no longer be at the top with the United States as the world's leading industrial nation in the 20th century.

    そして1900年には産業リーダーとしての座をアメリカに明け渡し、その後アメリカが20世紀の世界産業をけん引していくようになったのです。

  • Subscribe for more history videos!

    チャンネル登録してもっと多くの歴史ビデオをチェックしてください!

  • Thank you for all your support on the Simple History YouTube channel.

    Simple HistoryのYoutubeチャンネルを応援していただいてありがとうございます。

  • If you enjoy the channel, please consider supporting us at Patreon.

    このチャンネルを気に入っていただけましたら、Patreonでサポートをお願いします。

Industrial Revolution 18th to 19th Century.

18~19世紀にかけての産業革命

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 産業 革命 イギリス 都市 経済 農業

よくわかる!産業革命を解説 (The Industrial Revolution (18-19th Century))

  • 14019 527
    April Lu に公開 2019 年 06 月 04 日
動画の中の単語