Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • It's AumSum Time

    それはAumSum時間です

  • How do miracle fruits work?

    奇跡の果実はどのように機能しますか?

  • By performing miracles.

    奇跡を実行することによって。

  • No.

    いいえ

  • Miracle fruit is a red berry also known as Synsepalum dulcificum.

    奇跡の果実は、Synsepalum dulcificumとしても知られる赤い果実です。

  • The fantastic quality about this berry is that after eating it.

    このベリーの素晴らしい品質はそれを食べた後です。

  • Acidic foods which should be sour, taste sweet.

    酸っぱい、酸味のあるはずの酸性食品。

  • The secret behind this is a protein called Miraculin found in these fruits.

    この背後にある秘密は、これらの果物に含まれるミラクリンというタンパク質です。

  • However, experts are not sure how miraculin actually works.

    しかし、専門家は、ミラクリンが実際にどのように機能するのかわからない。

  • But there are three popular theories.

    しかし、3つの人気のある理論があります。

  • First theory states that miraculin temporarily suppresses sour taste receptors.

    最初の理論は、ミラクリンが一時的に酸味受容体を抑制することを述べています。

  • Hence, when we eat acidic foods, they dont taste sour.

    したがって、酸性食品を食べるとき、彼らは酸っぱい味がしません。

  • Second theory states that miraculin rewires the sweet receptors.

    第二の理論は、ミラクリンが甘い受容体を再配線すると述べています。

  • Such that they begin to identify acids as sugars.

    それらが酸を糖として識別し始めるようなもの。

  • Thus making sour foods taste sweet.

    酸っぱい食べ物を甘くするのです。

  • Whereas third theory states that acids cause miraculin to change its shape.

    第三の理論は、酸はミラクリンの形状を変化させると述べています。

  • Causing it to bind to the sweet receptors more strongly.

    それを甘い受容体により強く結合させる。

  • Making them over activated, producing a sweet taste.

    それらを過剰に活性化し、甘い味を生み出します。

  • Neutralization reaction.

    中和反応

  • How to treat a bee sting?

    蜂の刺されを治療する方法?

  • Hey.

    こんにちは。

  • Hold On.

    つかまっている。

  • Do not go near that honeycomb.

    そのハニカムの近くに行かないでください。

  • Please listen to me.

    聞いてください。

  • It is quite dangerous.

    とても危険です。

  • Fine.

    いいですね。

  • Go ahead.

    先に行く。

  • See, I told you.

    ほら、私はあなたに言った。

  • Okay.

    はい。

  • Now, do not worry.

    今、心配しないでください。

  • Put this baking soda solution on the bee stung area.

    この重曹溶液を蜂の刺した場所に置きます。

  • You got some relief, right?

    ほんの少し安心しましたね。

  • Do you know why you got relief?

    なぜあなたが安心したのか知っていますか?

  • This happened because a neutralization reaction took place.

    これは中和反応が起きたために起こりました。

  • When we applied baking soda on the stung area.

    焼いた場所に重曹をかけたとき。

  • The venom of a honey bee contains formic acid.

    ミツバチの毒にはギ酸が含まれています。

  • When it stings us, it injects that acid into our skin.

    それが私たちを刺すとき、それは私たちの肌にその酸を注入します。

  • Formic acid causes immense pain and irritation.

    ギ酸は莫大な痛みと刺激を引き起こします。

  • However, when we apply baking soda solution, which is a mild base, on the stung area.

    しかし、刺激の少ない場所にベーキングソーダ溶液を適用すると、それは温和なベースです。

  • It neutralizes the formic acid and cancels its effect.

    ギ酸を中和し、その効果を打ち消します。

  • As a result, the sensation of pain and irritation decreases and we get some relief.

    その結果、痛みや刺激の感覚が減少し、私たちはいくらかの安心感を得ます。

  • Such a reaction between an acid and a base is called neutralization.

    酸と塩基との間のこのような反応は中和と呼ばれる。

  • In neutralization, both acidic and basic solutions neutralize the effect of each other.

    中和では、酸性溶液と塩基性溶液の両方が互いの影響を中和します。

  • The nature of both acids and bases gets destroyed.

    酸と塩基の両方の性質が破壊されます。

  • Hey, Wait.

    ねえ、ちょっと待って。

  • What are you doing?

    何してるの?

  • Do not tease that insect.

    その虫をいじらないでください。

  • It is not a honey bee.

    ミツバチではありません。

  • It looks similar to a honey bee but it is a bit longer.

    それはミツバチに似ていますが、もう少し長いです。

  • It is called a wasp.

    それはスズメバチと呼ばれます。

  • At least this time listen to me.

    少なくとも今回は私の言うことを聞きなさい。

  • Okay.

    はい。

  • Don't listen and bear the consequences.

    聞いてはいけませんし、結果を負いません。

  • Applying the baking soda is not going to help.

    重曹を適用することは助けにはならないでしょう。

  • See, nothing is happening.

    ほら、何も起きていません。

  • I will tell you what to do.

    私はあなたに何をすべきか教えます。

  • Pour this vinegar on the stung area, you will get some relief.

    この酢を刺された場所に注ぐと、安心感が得られます。

  • Why do you think the baking soda solution did not help in this case?

    この場合、なぜ重曹は解決しなかったと思いますか?

  • Earlier, in case of the honey bee, we learnt that its venom is acidic.

    先に、ミツバチの場合、その毒液が酸性であることを知りました。

  • Hence, baking soda, being a basic solution helped to neutralize the effect.

    したがって、基本的な解決策であるソーダを焼くことは、効果を中和するのに役立ちました。

  • Now, in case of a wasp, the nature of its venom is basic.

    さて、スズメバチの場合、その毒の性質は基本的なものです。

  • When it stings us, it injects that venom into our skin.

    それが私たちを刺すとき、それはその毒を私たちの肌に注入します。

  • This venom causes us pain and itching.

    この毒は私たちに痛みとかゆみを引き起こします。

  • Now, baking soda is also a basic solution.

    今、重曹も基本的な解決策です。

  • Hence, it will not provide any sort of relief.

    したがって、それはいかなる種類の救済も提供しません。

  • However, when we pour vinegar, which is a mild acid, on the stung area.

    しかし、弱酸性の酢を刺された場所に注ぐと。

  • The acid, that is, vinegar and the base, that is, the wasp's venom get neutralized.

    酸、つまり酢と塩基、つまりスズメバチの毒は中和されます。

  • As a result, the sensation of pain and itching decreases and we feel better.

    その結果、痛みやかゆみの感覚が減少し、気分が良くなります。

  • Metals and acids.

    金属と酸

  • Why is curd not stored in copper containers?

    カードはなぜ銅の容器に保存されないのですか?

  • Hey wait.

    ねえ、ちょっと待って。

  • What are you doing?

    何してるの?

  • Do not eat that curd.

    そのカードを食べてはいけません。

  • It was stored in a copper container.

    それは銅の容器に保管された。

  • Please listen.

    聞いて下さい。

  • Fine, then bear the consequences.

    それで結構です。

  • I had warned you.

    私はあなたに警告しました。

  • Do you know why this happened?

    なぜこれが起こったのか知っていますか?

  • This happened because curd contains lactic acid in it.

    これは、カードに乳酸が含まれているために起こりました。

  • When curd is stored in containers made up of metals like copper or brass.

    カードが銅や真鍮のような金属製の容器に保管されている場合。

  • The lactic acid present in it, reacts with the metal and forms metallic salts.

    その中に存在する乳酸は、金属と反応して金属塩を形成します。

  • These metallic salts are harmful.

    これらの金属塩は有害です。

  • They make the curd unfit for human consumption.

    彼らはそのカードを人間の消費に適さないものにする。

  • Therefore, to prevent metals from reacting with acids present in food.

    したがって、金属が食品中に存在する酸と反応するのを防ぐこと。

  • The metal containers are coated with a thin layer of tin.

    金属容器は錫の薄層でコーティングされています。

  • Tin is also a metal.

    錫も金属です。

  • However, it does not react with acids as rapidly as other metals do.

    しかしながら、それは他の金属がするほど急速には酸と反応しない。

  • Thus keeping the food in the container safe.

    したがって、容器内の食品を安全に保ちます。

  • Sublimation.

    昇華

  • Why do mothballs disappear over time?

    なぜモスボールは時間とともに消えるのですか?

  • You have a nice collection of clothes.

    あなたは素敵な服のコレクションを持っています。

  • But have you kept mothballs to protect them?

    しかし、あなたはそれらを保護するために防虫剤を保管しましたか?

  • Yes.

    はい。

  • I had kept them a few months back below these clothes.

    私は数ヶ月前にこれらの服の下に置いておいた。

  • Oh no.

    あらいやだ。

  • Where did the mothballs go?

    モスボールはどこに行きましたか。

  • I had placed them right here.

    私はそれらをここに配置しました。

  • Did you steal them?

    あなたはそれらを盗みましたか?

  • No, no.

    いいえ、いいえ。

  • I have not stolen anything.

    私は何も盗まなかった。

  • Mothballs disappear over time.

    モスボールは時間とともに消えます。

  • Do you know why?

    なぜなのかご存知ですか?

  • It is because of a process called sublimation.

    それは昇華と呼ばれるプロセスのためです。

  • During sublimation, a solid on heating, converts directly into vapor.

    昇華中、加熱すると固体が直接蒸気に変わります。

  • Without passing through the intermediate liquid state.

    中間液体状態を通らずに。

  • Do not lie.

    嘘をつかない。

  • How is that even possible?

    それはどのように可能ですか?

  • See, I also hid a burger here many days ago.

    ほら、私も何日も前にここでハンバーガーを隠しました。

  • It did not disappear.

    消えませんでした。

  • Oh gross.

    おおおお

  • Just throw that burger in the dustbin.

    そのハンバーガーをゴミ箱に捨てるだけです。

  • Not all substances sublimate.

    すべての物質が昇華するわけではありません。

  • Mothballs are made up of naphthalene.

    防虫剤はナフタレンでできています。

  • Naphthalene has very weak intermolecular forces.

    ナフタレンは非常に弱い分子間力を持っています。

  • Because of these weak forces, the mothball which is made up of naphthalene sublimates.

    これらの弱い力のために、ナフタレンからなる防虫剤は昇華します。

  • It changes its state from solid to vapor.

    それはその状態を固体から蒸気に変える。

  • Now, this vapor is either absorbed by the fabric or it escapes into the atmosphere.

    さて、この蒸気は布に吸収されるか、あるいは大気中に逃げるかのどちらかです。

  • Causing the mothballs to disappear over time.

    モスボールが時間とともに消える原因となります。

  • Wavelength.

    波長。

  • Why red is used as a danger signal?

    なぜ赤が危険信号として使われているのですか?

  • Oh well, becasue my teacher said so.

    まあ、私の先生はそう言ったので。

  • As usual, you are wrong.

    いつものように、あなたは間違っています。

  • The major reason for red to be used as a danger signal is its wavelength.

    危険信号として赤を使用する主な理由はその波長です。

  • Yes, I know.

    はい、知っています。

  • Wavelength is the distance between two sea waves.

    波長は2つの海の波の間の距離です。

  • No.

    いいえ

  • In the wave theory of light,

    光の波動理論では、

  • The distance between successive crests or troughs is called wavelength.

    連続する山または谷の間の距離は波長と呼ばれます。

  • Longer the wavelength, lesser will be the scattering of light.

    波長が長いほど、光の散乱は少なくなります。

  • Now, among the colors of visible light, red has the longest wavelength.

    現在、可視光の色の中で、赤が最も長い波長を持っています。

  • Hence, it is least scattered by the atmospheric particles.

    それ故、それは大気粒子によって最も散乱されない。

  • As a result whether it is fog or smoke, red light passes comparatively easily through them.

    それが霧または煙であるかどうかの結果として、赤い光はそれらを比較的容易に通過します。

  • Thus, it can be seen from maximum distance.

    したがって、それは最大距離から見ることができます。

  • Making red color the right choice to convey any danger.

    危険を知らせるために、赤い色を正しい選択にする。

  • Auroras.

    オーロラ

  • Why are auroras formed?

    なぜオーロラが形成されるのですか?

  • Maybe because the earth forgets to switch off the lights.

    地球が明かりを消すのを忘れているからかもしれません。

  • No.

    いいえ

  • Let me explain.

    説明させてください。

  • Our sun is a giant burning star.

    私たちの太陽は巨大な燃える星です。

  • It expels tons of solar wind into space.

    それはたくさんの太陽風を宇宙に放出します。

  • Solar wind consists of super hot charged particles which are fatal.

    太陽風は致命的なスーパーホット荷電粒子で構成されています。

  • So, should we use a big umbrella to protect ourselves from these particles?

    それで、私たちはこれらの粒子から身を守るために大きな傘を使うべきですか?

  • No.

    いいえ

  • The earth's magnetic field acts like a shield and protects us.

    地球の磁場はシールドのように機能し、私たちを保護します。

  • Its field lines appear to emerge from the south pole and merge into the north pole.

    その磁力線は、南極から出て北極に合流するように見えます。

  • Now, when the charged particles hit our magnetic field, most of them get deflected.

    さて、荷電粒子が私たちの磁場にぶつかると、それらのほとんどは偏向されます。

  • However, some of them flow along the earth's magnetic field lines to the poles.

    しかし、それらのいくつかは地球の磁力線に沿って極に流れます。

  • Thus reach our upper atmosphere.

    このようにして私達の上層大気に到達する。

  • Here, these particles collide with oxygen and nitrogen.

    ここで、これらの粒子は酸素と窒素と衝突します。

  • This causes them to give off various colors of light which are called auroras.

    これにより、彼らはオーロラと呼ばれる様々な色の光を放ちます。

  • Human bones.

    人骨。

  • How does a bone heal?

    骨はどのように癒しますか?

  • Simple, by a bandage.

    包帯で簡単です。

  • No.

    いいえ

  • Bones are one of the most important parts of our body.

    骨は私たちの体の最も重要な部分の一つです。

  • They not only provide structural support but also produce red blood cells.

    それらは構造的支持を提供するだけでなく、赤血球をも生成する。

  • What?

    何?

  • Our bones produce red blood cells?

    私たちの骨は赤血球を産生する?

  • Absolutely.

    もちろんです。

  • Hence, when we crack or break a bone, it is very important to heal it.

    したがって、私たちが骨を割ったり折ったりするとき、それを癒すことは非常に重要です。

  • In the healing process, cells called chondrocytes produce collagen which forms cartilage.

    治癒過程では、軟骨細胞と呼ばれる細胞が軟骨を形成するコラーゲンを生成します。

  • This cartilage bridges the gap between the broken bones, thus producing a soft callus.

    この軟骨は骨折した骨の間の隙間を埋めるため、やわらかいカルスができます。

  • Then, special cells called osteoblasts create a hard bony callus using collagen.

    その後、骨芽細胞と呼ばれる特殊な細胞がコラーゲンを使って硬い骨カルスを作ります。

  • Minerals like calcium and phosphorus, thus forming our new bone.

    カルシウムやリンなどのミネラルは、このように私たちの新しい骨を形成します。

  • However, this new bone is irregular in shape.

    しかし、この新しい骨は不規則な形をしています。

  • Hence, cells called osteoclasts start remodelling the bone.

    それゆえ、破骨細胞と呼ばれる細胞が骨のリモデリングを始めます。

  • Resulting in the formation of bone similar to the original shape.

    元の形状に似た骨の形成をもたらす。

  • Dandruff.

    フケ。

  • Why do we get dandruff?

    フケになるのはなぜ?

  • Tearing of pages.

    ページの引き裂き

  • No.

    いいえ

  • Dandruff is a condition in which our scalp sheds skin cells in the form of white flakes.

    フケは、私たちの頭皮が白いフレークの形で皮膚細胞をはがす状態です。

  • A yeast called Malassezia globosa, is one of the mostly accepted reasons for causing dandruff.

    Malassezia globosaと呼ばれる酵母は、フケの原因として最も一般的に認められている理由の1つです。

  • What a classy name it has.

    それがどんな上品な名前を持っているか。

  • Indeed.

    確かに。

  • Malassezia globosa is naturally present on our scalp.

    Malassezia globosaは、頭皮に自然に存在します。

  • It feeds on sebum and releases oleic acid.

    それは皮脂を食べてオレイン酸を放出する。

  • Now, some people are sensitive to this oleic acid.

    今、何人かの人々はこのオレイン酸に敏感です。

  • When it penetrates into the upper layers of their skin, it causes inflammation.

    それが彼らの皮膚の上層に浸透するとき、それは炎症を引き起こします。

  • Hence, in response to this inflammation.

    したがって、この炎症に反応して。

  • Their skin sheds a large number of skin cells at a higher rate.

    彼らの皮膚はより高い割合で多数の皮膚細胞を放出する。

  • These cells then join together forming white flakes, thus causing dandruff.

    その後、これらの細胞は一緒になって白いフレークを形成し、したがってふけを引き起こします。

  • Why do we stretch in the morning?

    なぜ私たちは午前中にストレッチするのですか?

  • So that we can sleep for two more hours.

    私たちはあと2時間寝ることができるように。

  • No.

    いいえ

  • Wait, I will explain.

    待って、説明します。

  • When we wake up in the morning, we yawn and stretch our arms and legs.

    朝起きると、私たちはあくびをして腕と脚を伸ばします。

  • This coordinated yawning and stretching is referred to as pandiculation.

    この協調的なあくびとストレッチは、パニック表現と呼ばれます。

  • I thought it is referred to as calculation.

    私はそれが計算と呼ばれると思いました。

  • Just listen.

    ただ聞いて。

  • When we are asleep, we do not perform any activities.

    私たちが眠っているとき、私たちは何の活動も行いません。

  • Hence, our heart rate becomes slow and the blood flow is decreased.

    したがって、私たちの心拍数が遅くなり、血流が減少します。

  • Also, as many people lie in the same position for long hours.

    また、多くの人が長時間同じ場所にいる。

  • Their muscles become stiff and tight.

    彼らの筋肉は堅くそして堅くなります。

  • Thus, a good stretch in the morning awakens our body.

    したがって、午前中の良いストレッチは私たちの体を目覚めさせます。

  • It brings our heart rate back to normal, improving the blood flow to various body parts.

    それは私たちの心拍数を正常に戻し、様々な体の部分への血流を改善します。

  • Stretching also loosens and realigns our stiff muscles.

    ストレッチはまた、私たちの硬い筋肉をほぐし、再調整します。

  • Making them more flexible and ready for the day ahead.

    彼らをより柔軟にし、前日の準備を整えます。

  • Why does hot air balloon float?

    熱気球はなぜ浮かぶのですか?

  • Because it has invisible wings.

    それは目に見えない翼を持っているからです。

  • No.

    いいえ

  • It is because of density.

    それは密度のせいです。

  • Density is the measure of mass present per unit volume.

    密度は、単位体積あたりに存在する質量の尺度です。

  • Lesser the density, lighter will be the object.

    密度が小さいほど、明るくなります。

  • Now, density varies with temperature.

    さて、密度は温度とともに変化します。

  • Oh.

    ああ。

  • It is so complicated.

    とても複雑です。

  • Alright.

    大丈夫です。

  • I will explain.

    説明します。

  • When a hot air balloon is on ground.

    熱気球が地面に着いているとき。

  • The air inside and outside the balloon is of same temperature and density.

    バルーンの内側と外側の空気は同じ温度と密度です。

  • However, when we turn on the burner of the balloon.

    しかし、私たちが風船のバーナーをつけるとき。

  • The air inside the balloon starts getting hot.

    バルーン内部の空気が熱くなり始めます。

  • The molecules of air move faster and spread apart, taking up more space.

    空気の分子はより速く動いて広がり、より多くの空間を占めます。

  • Hence, the air inside the balloon becomes less dense than the air outside.

    したがって、バルーンの内側の空気は外側の空気よりも密度が低くなります。

  • As less dense air is lighter, the hot air balloon rises and thus, begins to float.

    密度の低い空気が軽いほど、熱気球は上昇して浮上し始めます。

  • Why does airplane food taste bad?

    なぜ飛行機の食べ物が悪いのか?

  • I do not know.

    私は知らない。

  • Wait, I will explain.

    待って、説明します。

  • Our ability to perceive taste is affected by a few factors such as humidity, air pressure, etc.

    私たちの味覚能力は、湿度、空気圧などのいくつかの要因の影響を受けます。

  • In an airplane, the humidity is less as compared to that on the ground.

    飛行機の中では、湿度は地上と比較して低い。

  • This makes the air in the airplane quite dry.

    これは飛行機の中の空気をかなり乾燥させる。

  • Also, to maintain the air pressure inside and outside the airplane.

    また、飛行機の内外の空気圧を維持するために。

  • The air pressure inside it is decreased.

    内部の気圧が下がります。

  • Decreased air pressure and dry air, dries our nose and mouth.

    空気圧とドライエアーを下げ、鼻と口を乾燥させます。

  • Dry nose cannot properly smell odors.

    乾燥した鼻は適切に臭いを嗅ぐことができません。

  • Yes.

    はい。

  • I am not abe to smell the burger.

    私はハンバーガーの匂いを嗅いではいけません。

  • Now, smell of food helps us to understand the flavor and ingredients of the food.

    今、食物の匂いは私達が食物の風味と成分を理解するのを助けます。

  • Thus, the food which we cannot smell properly appears unappealing.

    したがって、私たちがきちんと匂うことができない食物は魅力的ではないように見えます。

  • Also, dry mouth reduces the sensitivity of our taste buds.

    犬はなぜ自分の傷をなめるのですか?

  • As a result, we cannot perceive the taste of food properly.

    猫、チンパンジー、げっ歯類などの動物を含む犬

  • Why do dogs lick their wounds?

    適切な治療を受けられない。

  • Dogs including animals like cats, chimpanzees, rodents, etc.

    それ故、少しなめることは傷を直し、きれいにするのを助けます。

  • Do not have access to a proper medical treatment.

    何?

  • Hence, a little licking helps to heal and clean the wound.

    しかし、どうですか?

  • What?

    犬がなめるとき、彼らは彼らの傷に唾液を塗る。

  • But how?

    この唾液はリゾチームと呼ばれる酵素のような抗ウイルス性と抗菌性の化合物を持っています。

  • When dogs lick, they apply saliva on their wounds.

    リゾチームは特定のバクテリアの細胞壁を破壊し、それらを殺し、感染を防ぎます。

  • This saliva has antiviral and antibacterial compounds like an enzyme called lysozyme.

    唾液には組織因子と呼ばれるタンパク質も含まれています。

  • Lysozyme destroys cell walls of certain bacteria and helps kill them, thus preventing infection.

    これは血液凝固を促進して出血を止める。

  • The saliva also contains a protein called tissue factor.

    これに加えて、なめることはまた傷から汚れを取除く。

  • Which promotes blood clotting and thus stops bleeding.

    だから、犬はいつも自分の傷をなめるべきです。

  • Besides this, licking also removes dirt from the wound.

    いいえ

  • So, dogs should always lick their wounds.

    過剰なめることは有益ではありません。

  • No.

    これは、犬の唾液にも有害な病原体が含まれている可能性があるためです。

  • Excess licking is not beneficial.

    彼らは創傷を悪化させ、そしてそれをより痛いものにする可能性がある。

  • This is because a dog's saliva can also contain harmful pathogens.

    したがって、今日では、犬は舐めるのを防ぐためにエリザベスカラーを身につけるように作られています。

  • They could aggravate the wound and