Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Since their emergence over 200,000 years ago, modern humans have established homes and communities all over the planet.

    20万年以上前に出現して以来、現代人は地球上に家やコミュニティを築いてきました。

  • But they didn't do it alone.

    しかし、彼らは一人でやったわけではない。

  • Whatever corner of the globe you find homo sapiens in today, you're likely to find another species nearby: canis lupus familiaris.

    ホモ・サピエンスが地球上のどこにいても、近くに別の種を見つけることができるだろう。

  • Whether they're herding, hunting, sledding, or slouching, the sheer variety of domestic dogs is staggering.

    牧草にしても、狩りにしても、そりにしても、のろのろしても、家庭犬の種類の多さには目を見張るものがあります。

  • But what makes the story of man's best friend so surprising is that they all evolved from a creature often seen as one of our oldest rivals: canis lupus, or the gray wolf.

    しかし、人間の親友の物語をこれほど驚くべきものにしているのは、人間の最も古いライバルの1つとしてよく見られる生物、カニス・ループス、または灰色オオカミから進化したということです。

  • When our Paleolithic ancestors first settled Eurasia roughly 100,000 years ago, wolves were one of their main rivals at the top of the food chain.

    約10万年前、旧石器時代の祖先がユーラシア大陸に入植したとき、オオカミは食物連鎖の頂点に立つ主要なライバルの1つでした。

  • Able to exert over 300 lbs. of pressure in one bone-crushing bite and sniff out prey more than a mile away, these formidable predators didn't have much competition.

    1つの骨を砕く一口で圧力の300ポンド以上を発揮することができ、1マイル以上離れた獲物を嗅ぎ分ける、これらの恐ろしい捕食者は多くの競争を持っていませんでした。

  • Much like human hunter-gatherers, they lived and hunted in complex social groups consisting of a few nuclear families, and used their social skills to cooperatively take down larger creatures.

    人間の狩猟採集民のように、彼らはいくつかの核家族で構成される複雑な社会集団の中で生活し、狩りをし、その社会的スキルを使用して協力してより大きな生き物を倒すために使用していました。

  • Using these group tactics, they operated as effective persistence hunters, relying not on outrunning their prey, but pursuing it to the point of exhaustion.

    このような集団戦術を用いて、彼らは効果的な永続的なハンターとして活動し、獲物を逃げ出すことに頼らず、疲弊するまで追求していました。

  • But when pitted against the similar strengths of their invasive new neighbors, wolves found themselves at a crossroads.

    しかし、彼らの侵略的な新しい隣人の似たような強みと対戦したとき、オオカミは岐路に立って自分自身を発見しました。

  • For most packs, these burgeoning bipeds represented a serious threat to their territory.

    ほとんどのパックにとって、これらの急成長した二足歩行動物は、彼らの領土に深刻な脅威を表していました。

  • But for some wolves, especially those without a pack, human camps offered new opportunities.

    しかし、一部のオオカミ、特に群れを持たないオオカミにとっては、人間のキャンプは新たな機会を提供してくれました。

  • Wolves that showed less aggression towards humans could come closer to their encampments, feeding on leftovers.

    人間への攻撃性が低いオオカミは、残り物を食べて野営地に近づくことができました。

  • And as these more docile scavengers outlasted their aggressive brethren, their genetic traits were passed on, gradually breeding tamer wolves in areas near human populations.

    そして、これらのより従順なスカベンジャーが彼らの攻撃的な兄弟よりも長生きすると、彼らの遺伝的特徴は、徐々に人間の人口に近い地域で飼いならされたオオカミを繁殖させ、引き継がれました。

  • Over time humans found a multitude of uses for these docile wolves.

    時が経つにつれ、人間はこれらのおとなしいオオカミの多くの用途を発見しました。

  • They helped to track and hunt prey, and might have served as sentinels to guard camps and warn of approaching enemies.

    彼らは獲物を追跡して狩るのを助け、キャンプを守り、敵の接近を警告するセンチネルとしての役割を果たしていたかもしれません。

  • Their similar social structure made it easy to integrate with human families and learn to understand their commands.

    彼らの社会構造が似ているため、人間の家族との融合が容易で、命令を理解することを学ぶことができました。

  • Eventually they moved from the fringes of our communities into our homes, becoming humanity's first domesticated animal.

    やがて彼らは、私たちのコミュニティの端から私たちの家に移動し、人類初の家畜化された動物となりました。

  • The earliest of these Proto-Dogs or Wolf-Dogs, seem to have appeared around 33,000 years ago, and would not have looked all that different from their wild cousins.

    これらの原始犬やウルフ犬の最古のは、約33,000年前に登場しているようであり、彼らの野生のいとことは異なるすべてのことを見ていないだろう。

  • They were primarily distinguished by their smaller size and a shorter snout full of comparatively smaller teeth.

    彼らは主にそのサイズが小さく、短い鼻に比較的小さな歯があることで区別されていました。

  • But as human cultures and occupations became more diverse and specialized, so did our friends: short stocky dogs to herd livestock by nipping their heels; elongated dogs to flush badgers and foxes out of burrows; thin and sleek dogs for racing; and large, muscular dogs for guard duty.

    しかし、人間の文化や職業が多様化し、専門化するにつれ、私たちの仲間たちも多様化していきました。家畜の群れの中でかかとをくわえて家畜を追い払う短頭種の犬、アナグマやキツネを巣穴から追い出すための細長い犬、レース用の細くてなめらかな犬、警備用の大きくて筋肉質な犬などがいます。

  • With the emergence of kennel clubs and dog shows during England's Victorian era, these dog types were standardized into breeds, with many new ones bred purely for appearance.

    イギリスのヴィクトリア朝時代には、犬小屋クラブやドッグショーが出現し、これらの犬種は犬種に統一され、純粋に見た目だけで繁殖された新しい犬も少なくありませんでした。

  • Sadly, while all dog breeds are the product of artificial selection, some are healthier than others.

    悲しいことに、すべての犬種は人工的な選択の産物であるが、いくつかは他のものよりも健康的である。

  • Many of these aesthetic characteristics come with congenital health problems, such as difficulty breathing or being prone to spinal injuries.

    これらの審美的特徴の多くは、呼吸困難や脊髄損傷を受けやすいなど、先天的な健康問題を伴うものです。

  • Humanity's longest experiment in controlled evolution has had other side effects as well.

    制御された進化における人類最長の実験には、他の副作用もありました。

  • Generations of selection for tameness have favored more juvenile and submissive traits that were pleasing to humans.

    何世代にもわたって男らしさのために淘汰されてきた結果、人間にとって喜ばしい幼少性と従順性のある形質が好まれるようになりました。

  • This phenomenon of selecting traits associated with youth is known as neoteny, and can be seen in many domestic animals.

    このように若さに関連した形質を選択する現象は、ネオテニーと呼ばれ、多くの家畜に見られる。

  • Thousands of years of co-evolution may even have bonded us chemically.

    何千年もの共進化が化学的に私たちを結びつけたのかもしれません。

  • Not only can canines understand our emotions and body language, but when dogs and humans interact, both our bodies release oxytocin, a hormone commonly associated with feelings of love and protectiveness.

    犬は私たちの感情やボディランゲージを理解することができるだけでなく、犬と人間が交流すると、私たちの体は両方ともオキシトシンというホルモンを放出します。

  • It might be difficult to fathom how every Pomeranian, Chihuahua, and Poodle are descended from fierce wolves.

    ポメラニアンもチワワもプードルもみんな獰猛なオオカミの子孫なのは理解しがたいかもしれません。

  • But the diversity of breeds today is the result of a relationship that precedes cities, agriculture, and even the disappearance of our Neanderthal cousins.

    しかし、今日の品種の多様性は、都市や農業、さらにはネアンデルタール人のいとこの消滅に先立つ関係性の結果である。

  • And it's heartening to know that given enough time, even our most dangerous rivals can become our fiercest friends.

    そして、十分な時間が与えられれば、最も危険なライバルであっても、最も激しい友人になることができるということを知っているのは、心強いことです。

Since their emergence over 200,000 years ago, modern humans have established homes and communities all over the planet.

20万年以上前に出現して以来、現代人は地球上に家やコミュニティを築いてきました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed オオカミ 獲物 ライバル 形質 多様

犬の短い歴史 - デイビッド-イアン-ハウ

  • 17898 507
    shuting1215 に公開 2019 年 03 月 31 日
動画の中の単語