Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I really love color.

    翻訳: Mizuho Kanai 校正: Moe Shoji

  • I notice it everywhere and in everything.

    私は本当に色を愛しています

  • My family makes fun of me

    どこでも 何にでも 色を見いだします

  • because I like to use colors with elusive-sounding names,

    家族によくからかわれます

  • like celadon ...

    私が分かりにくい名前の色を 使いたがるからです

  • (Laughter)

    例えば 青磁色

  • ecru ...

    (笑)

  • carmine.

    生成り色

  • Now, if you haven't noticed, I am black, thank you --

    洋紅色

  • (Laughter)

    さて お気づきでなければ 私は黒人です どうも

  • and when you grow up in a segregated city as I have,

    (笑)

  • like Chicago,

    そして シカゴのように 人種が分離された街で育つと

  • you're conditioned to believe that color and race can never be separate.

    「色と人種は不可分だ」と 考えるようになります

  • There's hardly a day that goes by

    ほぼ毎日と言ってもいいくらいに

  • that somebody is not reminding you of your color.

    自分が黒人であることを 思い起こさせられます

  • Racism is my city's vivid hue.

    人種主義は私の街に はっきりと表れています

  • Now, we can all agree that race is a socially constructed phenomenon,

    さて 人種は社会的に作られたものだと いうことは明らかですが

  • but it's often hard to see it in our everyday existence.

    日々の生活で そう理解するのは難しいものです

  • Its pervasiveness is everywhere.

    あまりに広く浸透しているからです

  • The neighborhoods I grew up in

    私が育った界隈は

  • were filled with a kind of culturally coded beauty.

    文化的に記号化された美に 溢れていました

  • Major commercial corridors were lined with brightly painted storefronts

    主だった商店街には 明るい色の店構えが並び

  • that competed for black consumer dollars.

    黒人の客を引きつけるべく 競っていました

  • The visual mash-ups of corner stores and beauty supply houses,

    街角の雑貨店や美容用品店 外貨両替店などは

  • currency exchanges,

    視覚的な混交をなし

  • are where I actually, inadvertently learned the foundational principles

    私は思いがけず基本的な原理を 学ぶことになりました

  • of something I would later come to know is called color theory.

    後に色彩理論として認識したものです

  • I can remember being pretty intimidated by this term in college --

    大学では この色彩理論という言葉に

  • color theory.

    気圧されていました

  • All these stuffy old white guys with their treatises

    古臭くて年老いた白人男性たちや 彼らの論文

  • and obscure terminologies.

    そして不明瞭な用語を 恐れていたのです

  • I'd mastered each one of their color palettes and associated principles.

    私は それらの色彩と関連する原理を すべて習得しました

  • Color theory essentially boils down to the art and science

    色彩原理は 端的に言えば

  • of using color to form compositions and spaces.

    色を用いて構成や空間を 形づくるアートとサイエンスです

  • It's not so complicated.

    そんなに複雑ではありません

  • This was my bible in college.

    これは大学での私のバイブルでした

  • Josef Albers posited a theory about the color red,

    ヨゼフ・アルバースが立てた 赤色に関する仮説は

  • and it always has stuck with me.

    ずっと強く印象に残っています

  • He argues that the iconic color of a cola can is red,

    彼が言うには コーラ缶の象徴的な色は赤色であり

  • and that in fact all of us can agree that it's red

    そして実際に赤色だと 皆が同意できるものの

  • but the kinds of reds that we imagine

    私たちが「赤色」と聞いて 想像する色は

  • are as varied as the number of people in this room.

    人の数だけ 様々な種類があるのです

  • So imagine that.

    考えてみてください

  • This color that we've all been taught since kindergarten is primary --

    私たちが幼稚園以降 ずっと原色だと教えられてきた―

  • red, yellow, blue --

    赤色 黄色 青色―

  • in fact is not primary,

    これらは実は原色ではなく

  • is not irreducible,

    最も単純化されてもおらず

  • is not objective but quite subjective.

    客観的でもなく かなり主観的なのです

  • What?

    どういうこと?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Albers called this "relational."

    アルバースは これを「関係的」と呼びました

  • Relational.

    関係的

  • And so it was the first time

    この時 初めて

  • that I was able to see my own neighborhood as a relational context.

    自分の育った界隈を関係的な文脈で 見ることができました

  • Each color is affected by its neighbor.

    それぞれの色が 隣の色に影響されているのです

  • Each other is affected by its neighbor.

    それぞれの人が 隣人に影響されるように

  • In the 1930s,

    1930年代に

  • the United States government created

    米国政府は

  • the Federal Housing Administration,

    連邦住宅局を作りました

  • which in turn created a series of maps

    連邦住宅局は地図を作成し

  • which were using a color-coding system to determine which neighborhoods

    体系的に色分けすることによって どの地域が

  • should and should not receive federal housing loans.

    政府からの住宅ローンを 受けるべきか否かを示したのです

  • Their residential security map was its own kind of color palette,

    この居住安全性地図には 独自の色彩があり

  • and in fact was more influential than all of those color palettes

    私が大学で勉強してきた 全ての色彩を合わせたものよりも

  • that I had been studying in college combined.

    大きな影響力を持っていました

  • Banks would not lend to people who lived in neighborhoods like mine.

    私の住むような界隈の人には 銀行は融資しませんでした

  • That's me in D86.

    私の地域は D86 です

  • Their cartographers were literally coloring in these maps

    地図制作者は 文字通り これらの地図に色を塗ることで

  • and labeling that color "hazardous."

    その色に「危険」というレッテルを 貼ったのです

  • Red was the new black,

    赤が新たに使われるようになり

  • and black neighborhoods were colored.

    黒人の住む地域は 赤色に塗られました

  • The problem persists today,

    この問題は今も続き

  • and we've seen it most recently in the foreclosure crisis.

    最近では 差し押さえの頻発に見られます

  • In Chicago, this is best symbolized by these Xs

    シカゴで この問題が 象徴的に表されているのは

  • that are emblazoned on the fronts of vacated houses

    サウスサイドとウェストサイドの空き家の 正面に派手に描かれたXの印です

  • on the South and West Side.

    現実には 他の人の色彩によって 私の身体的な存在と

  • The reality is that someone else's color palettes were determining

    芸術的存在が決められていたのです

  • my physical and artistic existence.

    ばかばかしい

  • Ridiculous.

    私は自分の色彩を作ることにしました

  • I decided that I'd create my own color palette

    私の住む地域の人と話して

  • and speak to the people who live where I do

    他人に色彩を決められてきた現実を 変えることにしたのです

  • and alter the way that color had been defined for us.

    この色彩は 幅広く探したり

  • It was a palette that I didn't have to search far for

    論文を調べたりする必要はなく

  • and look for in a treatise,

    既に知っていたものでした

  • because I already knew it.

    この現実からは どのような画家が生まれるのか?

  • What kind of painter emerges from this reality?

    都市部は何色なのか?

  • What color is urban?

    スラム街は何色なのか?

  • What color is ghetto?

    特権は何色なのか?

  • What color is privilege?

    ギャングに関連する色は?

  • What color is gang-related?

    下層住宅地の高級化の色は?

  • What color is gentrification?

    警察官に殺されたフレディ・グレイや

  • What color is Freddie Gray?

    マイク・ブラウンは何色なのか?

  • What color is Mike Brown?

    ようやく私は

  • Finally, I'd found a way

    人種に影響された色の認識と 理論的な色の認識を

  • to connect my racialized understanding of color

    繋ぐ方法を見つけました

  • with my theoretical understanding of color.

    そして3人目の我が子を 産み落としました

  • And I gave birth to my third baby:

    「(有)色理論」です

  • "Color(ed) Theory."

    (笑)

  • (Laughter)

    「(有)色理論」は2年間の 芸術プロジェクトで

  • "Color(ed) Theory" was a two-year artistic project

    独自の方法で 私独自の色彩を 私が住む地域に

  • in which I applied my own color palette to my own neighborhoods

    適用したものです

  • in my own way.

    今 79番街を歩いて

  • Now, if I walked down 79th Street right now

    50人に青緑色より 少し緑がかった色の名前を尋ねたら

  • and I asked 50 people for the name of the slightly greener shade of cyan,

    不審な目で見られるでしょう

  • they would look at me sideways.

    (笑)

  • (Laughter)

    でも「ヘアケア製品の ウルトラ・シーンは何色か」と聞けば

  • But if I say, "What color is Ultra Sheen?" --

    みんなが笑顔になって

  • oh, a smile emerges,

    お祖母さんの家の 浴室の話をしてくれます

  • stories about their grandmother's bathroom ensue.

    誰にとってもターコイズ色より ウルトラ・シーンでしょう

  • I mean, who needs turquoise when you have Ultra Sheen?

    誰にとっても青緑色より ウルトラ・シーンでしょう

  • Who needs teal when you have Ultra Sheen?

    誰にとっても群青色よりー

  • Who needs ultramarine when you have ...

    (観客)ウルトラ・シーンでしょう

  • (Audience) Ultra Sheen.

    (笑)

  • (Laughter)

    このようにして私は 独自の色彩を作りました

  • This is exactly how I derived my palette.

    家族や友人

  • I would ask friends and family

    自分と似た生い立ちの人に

  • and people with backgrounds that were similar to mine

    このような話や思い出を聞きました

  • for those stories and memories.

    幸せな話ばかりでは ありませんが

  • The stories weren't always happy

    いつでも製品自体より 色の方が共感を呼びました

  • but the colors always resonated more than the product itself.

    私はこの理論を持って 街に出ました

  • I took those theories to the street.

    「ウルトラ・シーン」

  • "Ultra Sheen."

    「ピンク・オイル保湿液」

  • "Pink Oil Moisturizer."

    シカゴ出身なら知ってる 「ハロルドのチキン・シャック」

  • If you're from Chicago, "Harold's Chicken Shack."

    (笑)

  • (Laughter)

    「両替店+安全な通路」

  • "Currency Exchange + Safe Passage."

    「火を吹く激辛味」

  • "Flamin' Red Hots."

    「ばら売りのタバコ」

  • "Loose Squares" ...

    「クラウン・ロイヤルの布袋」

  • and "Crown Royal Bag."

    私はエングルウッドという 悪評高い地域の

  • I painted soon-to-be-demolished homes

    解体直前の家々を塗りました

  • in a much-maligned area called Englewood.

    車のトランクに入るだけの塗料を集め

  • We'd gather up as much paint as I could fit in my trunk,

    最も信頼のおける アーティスト仲間を呼び

  • I'd call my most trusted art homies,

    素晴らしい夫を 常にそばに

  • my amazing husband always by my side,

    外壁を隅から隅まで 単色で塗りました

  • and we'd paint every inch of the exteriors in monochromatic fashion.

    規模を今までにない形で 理解したかったのです

  • I wanted to understand scale in a way that I hadn't before.

    想像する限り 一番大きなキャンバスである 家屋に色を塗りたかったのです

  • I wanted to apply the colors to the biggest canvas I could imagine ...

    私は自分が育った馴染みのある通りを 熱心に往復しては

  • houses.

    家々を市のデータと照らし合わせて

  • So I'd obsessively drive up and down familiar streets that I'd grown up on,

    解体とタグ付けされ 救われもせず

  • I'd cross-reference these houses with the city's data portal

    朽ちるままになっていることを 確認しました

  • to make sure that they'd been tagged for demolition --

    私は色に自由にさせるとは どういうことかを実感として理解し

  • unsalvageable, left for dead.

    自分の直感を信じ

  • I really wanted to understand what it meant to just let color rule,

    許可を求めることを やめようと思ったのです

  • to trust my instincts,

    市役所職員との会議もせず

  • to stop asking for permission.

    地域からの支持も得ようとせず

  • No meetings with city officials,

    ただ色が支配するままにさせました

  • no community buy-in,

    サウスサイドに違うイメージを 与えたいという思いゆえです

  • just let color rule

    これらの家々はきれいに揃った家屋とは 正反対のものです

  • in my desire to paint different pictures about the South Side.

    この環境の中で モノポリーの駒のように目立つように

  • These houses sit in stark contrast to their fully lined counterparts.

    色を塗ったのです

  • We'd paint to make them stand out like Monopoly pieces

    日曜日の早朝に出かけて

  • in these environments.

    塗料がなくなるか 誰かに文句を言われるまで塗り続けました

  • And we'd go on these early Sunday mornings

    「おい あんたが塗ったのか?」

  • and keep going until we ran out of that paint or until someone complained.

    ある日 この写真の撮影中に 運転している人に聞かれました

  • "Hey, did you paint that?"

    私は緊張して答えました

  • a driver asked as I was taking this image one day.

    「はい」

  • Me, nervously:

    すると彼の表情が変わりました

  • "Yes?"

    「残念 歌手のプリンスが 来るのかと思ったのに」

  • His face changed.

    (笑)

  • "Aw, I thought Prince was coming."

    彼はこの一角で育ったので

  • (Laughter)

    車で通りがかって

  • He had grown up on this block,

    廃屋の色が不思議にも ひと晩で変わったのを見て連想したのは

  • and so you could imagine when he drove past

    クラウン・ロイヤルの布袋ではなく

  • and saw one of its last remaining houses mysteriously change colors overnight,

    プリンスからの 秘密の合図だったのです

  • it was clearly not a Crown Royal bag involved,

    (笑)

  • it was a secret beacon from Prince.

    すべてがほぼ消えかけている界隈にあって

  • (Laughter)

    思いがけない場所に プリンスが突然現れ

  • And though that block was almost all but erased,

    音楽業界も社会も 今や無価値と見なしている地域で

  • it was the idea that Prince could pop up in unexpected places

    無料の公演をしてくれるかもという 発想です

  • and give free concerts in areas that the music industry and society

    彼にとっては

  • had deemed were not valuable anymore.

    この家の様子から プリンスが来てもおかしくないと

  • For him,

    思いつくこと それ自体が

  • the idea that just the image of this house

    可能性だったのです

  • was enough to bring Prince there

    その瞬間に

  • meant that it was possible.

    エグルストンの一角が 気高さと同義になったのです

  • In that moment,

    たとえほんの一瞬でも

  • that little patch of Eggleston had become synonymous with royalty.

    エリック・ベネットの住む界隈が 価値を取り戻しました

  • And for however briefly,

    私たちはお互いを 知らないにもかかわらず

  • Eric Bennett's neighborhood had regained its value.

    どの高校に通ったか

  • So we traded stories despite being strangers

    どこで育ったか

  • about which high school we'd gone to

    何々さんのお菓子屋さんなどの

  • and where we'd grown up,

    サウスサイドでの 子供時代の話をしました

  • and Mrs. So-and-so's candy store --

    そして 私が

  • of being kids on the South Side.

    このプロジェクトはプリンスと 全く関係ないと教えると

  • And once I revealed

    エリックは 合意したようにうなずき

  • that in fact this project had absolutely nothing to do with Prince,

    別れ際に 車を発車させながら

  • Eric nodded in seeming agreement,

    「でも 来るかもよ!」 と言いました

  • and as we parted ways and he drove off,

    (笑)

  • he said, "But he could still come!"

    彼はこのプロジェクトを 完全に自分のものにして

  • (Laughter)

    作者である私の手にさえ

  • He had assumed full ownership of this project

    渡そうとしませんでした

  • and was not willing to relinquish it,

    このことが私にとっての 成功でした

  • even to me, its author.

    このプロジェクトによって この地域が変貌を遂げて

  • That, for me, was success.

    職の増加 犯罪の減少 アルコール依存症の消滅といった

  • I wish I could tell you that this project transformed the neighborhood

    我々が重視する指標を劇的に変化させたと 言えればいいのですが

  • and all the indices that we like to rely on:

    現実はもっと曖昧です

  • increased jobs, reduced crime, no alcoholism --

    「(有)色原理」は 黒人であることの価値に関する

  • but in fact it's more gray than that.

    新たな対話をもたらしました

  • "Color(ed) Theory" catalyzed new conversations

    「(有)色原理」は 厄介な問いを はっきりと視覚化させました

  • about the value of blackness.

    現在のやり方を続ける理由について 組織や政府が自ら問う必要のある問いです

  • "Color(ed) Theory" made unmistakably visible the uncomfortable questions

    そして同じく私や 似たような境遇の近所の人々にも

  • that institutions and governments have to ask themselves

    私たちの価値観と

  • about why they do what they do.

    集合的な代理に向けた道筋が いかにあるべきかを問いかけました

  • They ask equally difficult questions of myself and my neighborhood counterparts

    色は 許可や肯定や仲間に入れてもらうのを 待つ必要のない自由を

  • about our value systems

    私にもたらしてくれました

  • and what our path to collective agency needs to be.

    色は 私が今 支配できるものになったのです

  • Color gave me freedom in a way that didn't wait for permission

    近所に住む色塗り部隊の一員が うまく言い表してくれました

  • or affirmation or inclusion.

    「このプロジェクトで 界隈は変わらなかったけれど

  • Color was something that I could rule now.

    住んでいる地域の可能性についての 人々の意識を多かれ少なかれ変えた」と

  • One of the neighborhood members and paint crew members said it best

    通りすがりの人によく聞かれました

  • when he said, "This didn't change the neighborhood,

    「取り壊されると知っているのに なぜその家を塗るのか」と

  • it changed people's perceptions about what's possible for their neighborhood,"

    当時は その答えが 全く分かりませんでした

  • in big and small ways.

    ただ何かしなければならないと 思っていました

  • Passersby would ask me, "Why are you painting that house

    私はすべてを投げうってでも 色彩を媒体として

  • when you know the city's just going to come and tear it down?"

    そして社会で認識される不可避な方法として 理解したかったのです

  • At the time, I had no idea,

    もし私にこの世界を少しでも 良くすることができるなら

  • I just knew that I had to do something.

    私はこの両方の認識のされ方を 愛し活用する必要があります

  • I would give anything to better understand color as both a medium

    そこには価値という名の明度と 考え方という名の色調があるのです

  • and as an inescapable way that I am identified in society.

    ありがとうございました

  • If I have any hope of making the world better,

    (拍手)

  • I have to love and leverage both of these ways that I'm understood,

  • and therein lies the value and the hue.

  • Thank you.

  • (Applause and cheers)

I really love color.

翻訳: Mizuho Kanai 校正: Moe Shoji

字幕と単語

B1 中級 日本語 色彩 界隈 ウルトラ プリンス 地域 何色

【TED】アマンダ・ウィリアムズ: シカゴの廃屋をアートに変えた理由 (Why I turned Chicago's abandoned homes into art | Amanda Williams)

  • 742 8
    林宜悉   に公開 2019 年 03 月 20 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す