Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • So, I want to talk to you about the forgotten middle.

    そこで、忘れ去られたミドルについてお話ししたいと思います。

  • To me, they are the students, coworkers and plain old regular folks

    私にとって、彼らは学生であり、同僚であり、普通の年寄りの普通の人たちです。

  • who are often overlooked

    見落としがちな人

  • because they're seen as neither exceptional nor problematic.

    なぜなら、彼らは例外的なものでも問題のあるものでもないと見られているからです。

  • They're the kids we think we can ignore

    彼らは私たちが無視できると思っている子供たちです。

  • because their needs for support don't seem particularly urgent.

    なぜなら、彼らの支援の必要性は特に緊急性が高いとは思えないからです。

  • They're the coworkers

    彼らは同僚

  • who actually keep the engines of our organizations running,

    私たちの組織のエンジンを実際に動かしている人たちです。

  • but who aren't seen as the innovators who drive excellence.

    しかし、そのような人たちは、卓越性を推進するイノベーターとして見られていません。

  • In many ways, we overlook the folks in the middle

    いろんな意味で中の人を見落としている

  • because they don't keep us up awake at night

    だって、夜も眠れないんだもん

  • wondering what crazy thing they're going to come up with next.

    次はどんなおかしなことを考えてくるのか気になります。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And the truth is that we've come to rely on their complacency

    そして真実は、私たちは彼らの自己満足に頼るようになってしまったということです。

  • and sense of disconnection

    と断絶感

  • because it makes our work easier.

    仕事が楽になるからです。

  • You see, I know a little bit about the forgotten middle.

    忘れ去られたミドルのことは少しは知っている。

  • As a junior high school student, I hung out in the middle.

    中学生の頃は、真ん中でぶらぶらしていました。

  • For a long time, I had been a good student.

    長い間、私は良い勉強をしていました。

  • But seventh grade was a game changer.

    でも、7年生の時にはゲームが変わっていた。

  • I spent my days gossiping, passing notes,

    噂話をしたり、メモを渡したりする日々を送っていました。

  • generally goofing off with my friends.

    友達とふざけています。

  • I spent my homework time on the phone, reviewing each day's events.

    宿題の時間は電話で毎日の出来事を復習しながら過ごしました。

  • And in many ways, although I was a typical 12-year-old girl,

    そして、いろんな意味で、典型的な12歳の女の子でしたが。

  • my ambivalence about my education led to pretty average grades.

    私の教育への野心は、かなり平均的な成績につながっています。

  • Luckily for me, my mother understood something important,

    私にとって幸運なことに、母は重要なことを理解していました。

  • and that was that my location was not my destination.

    と、私の居場所が目的地ではないということでした。

  • As a former research librarian and an educator,

    元研究図書館員であり、教育者でもある。

  • my mother knew that I was capable of accomplishing a lot more.

    母は、私がもっと多くのことを成し遂げることができることを知っていました。

  • But she also understood

    しかし、彼女はまた、理解していました。

  • that because I was a young black woman in America,

    それは私がアメリカの若い黒人女性だったからです。

  • I might not have opportunities out of the middle

    中途半端に機会がないかもしれませんが

  • if she wasn't intentional about creating them.

    彼女が意図的に作ったのでなければ

  • So she moved me to a different school.

    それで彼女は私を転校させました。

  • She signed me up for leadership activities in my neighborhood.

    彼女は私の近所でのリーダーシップ活動のためにサインをしてくれました。

  • And she began to talk to me more seriously

    そして、彼女はより真剣に私に話しかけてくるようになりました。

  • about college and career options I could aspire to.

    憧れの大学や進路について

  • My mother's formula for getting me out of the middle was pretty simple.

    私が真ん中から抜け出すための母の公式はとてもシンプルでした。

  • She started with high expectations.

    彼女は期待してスタートしました。

  • She made it her business to figure out how to set me up for success.

    彼女は私を成功に導く方法を考えて ビジネスにしたの

  • She held me accountable

    彼女は私に責任を負わせた

  • and, along the way, she convinced me that I had the power

    私には力があると確信させてくれた

  • to create my own story.

    自分の物語を作るために

  • That formula didn't just help me get out of my seventh grade slump --

    その公式は、私が7年生のスランプから抜け出すのを助けてくれただけではありませんでした。

  • I used it later on in New York City,

    後日、ニューヨークで使用しました。

  • when I was working with kids who had a lot of potential,

    可能性を秘めた子供たちと一緒に仕事をしていた時に

  • but not a lot of opportunities to go to and complete college.

    しかし、大学に行って大学を卒業する機会はそう多くはない。

  • You see, high-performing students

    ほら、成績優秀な生徒は

  • tend to have access to additional resources,

    は、追加のリソースにアクセスできる傾向があります。

  • like summer enrichment activities,

    夏の充実した活動のように

  • internships

    インターンシップ

  • and an expansive curriculum

    と充実したカリキュラム

  • that takes them out of the classroom and into the world

    教室から世界に連れ出してくれる

  • in ways that look great on college applications.

    大学の願書によく映えるように

  • But we're not providing those kinds of opportunities for everyone.

    しかし、すべての人にそのような機会を提供しているわけではありません。

  • And the result isn't just that some kids miss out.

    そしてその結果、一部の子供たちが失敗しただけではありません。

  • I think we, as a society, miss out too.

    私たちも、社会としては見逃していると思います。

  • You see, I've got a crazy theory about the folks in the middle.

    真ん中の人たちについて、私は狂った理論を持っています。

  • I think there are some unclaimed winning lottery tickets in the middle.

    中には未回収の宝くじもあると思います。

  • I think the cure for cancer and the path to world peace

    癌の治療法と世界平和への道を考える

  • might very well reside there.

    そこに住んでいるかもしれない

  • Now, as a former middle school teacher,

    今は、元中学校の先生として

  • I'm not saying that magically everyone is suddenly going to become an A student.

    魔法のようにみんながいきなりA判定の生徒になるとは言っていません。

  • But I also believe that most folks in the middle

    しかし、私はまた、ほとんどの人々が真ん中にいると信じています。

  • are capable of a lot more.

    はそれ以上の能力を持っています。

  • And I think people stay in the middle because that's where we relegated them to

    そして、人々は真ん中にいると思います。それは私たちが彼らを降格させた場所だからです。

  • and, sometimes, that's just where they're kind of chilling

    そして、時々、それは彼らが冷静になっているところです。

  • while they figure things out.

    彼らが物事を理解している間に

  • All of our journeys

    私たちの旅のすべて

  • are made up of a series of rest stops, accelerations, losses and wins.

    は、休場、加速、敗北、勝利の連続で構成されています。

  • We have a responsibility to make sure

    を確実にする責任があります。

  • that one's racial, gender, cultural and socioeconomic identity

    人種・性別・文化・社会経済的アイデンティティ

  • is never the reason you didn't have access out of the middle.

    は決してあなたが真ん中からアクセスを持っていなかった理由ではありません。

  • So, just as my mother did with me,

    だから、母が私にしてくれたように

  • I began with high expectations with my young people.

    若い人たちに期待して始めました。

  • And I started with a question.

    と、質問から始めました。

  • I stopped asking kids, "Hey, do you want to go to college?"

    子供に "大学に行きたいか?"と 聞かなくなった

  • I started asking them,

    と聞き始めました。

  • "What college would you like to attend?"

    "どこの大学に行きたい?"

  • You see, the first question --

    最初の質問は...

  • (Applause)

    (拍手)

  • The first question leaves a lot of vague possibilities open.

    最初の質問は、多くの曖昧な可能性を残しています。

  • But the second question

    しかし、2つ目の質問

  • says something about what I thought my young people were capable of.

    若者の能力がどうのこうのと言っているが

  • On a basic level,

    基本的なレベルで。

  • it assumes that they're going to graduate from high school successfully.

    それは、彼らが高校を無事に卒業することを前提としています。

  • It also assumed

    また、それは想定しています。

  • that they would have the kinds of academic records

    勉強をしていても、そのような成績を残すことはできません。

  • that could get them college and university admissions.

    それが大学の入学許可を得ることになるかもしれない

  • And I'm proud to say that the high expectations worked.

    そして、期待が大きかったことが功を奏したと自負しています。

  • While black and Latinx students

    黒人やラテン系の学生が

  • nationally tend to graduate from college in six years or less,

    全国的には6年以内に大学を卒業する傾向がある。

  • at a percent of 38,

    パーセントの38で。

  • we were recognized by the College Board

    カレッジボードに認定されました

  • for our ability not to just get kids into college

    子供たちを大学に入れるだけではなく

  • but to get them through college.

    でも大学に通わせるためには

  • (Applause)

    (拍手)

  • But I also understand that high expectations are great,

    でも、期待値が高いというのもよくわかります。

  • but it takes a little bit more than that.

    が、それにはちょっとした工夫が必要です。

  • You wouldn't ask a pastry chef to bake a cake without an oven.

    あなたはパティシエにオーブンなしでケーキを焼いてくれとは頼まないでしょう。

  • And we should not be asking the folks in the middle to make the leap

    そして、中の人に飛躍を求めるべきではない。

  • without providing them with the tools, strategies and support they deserve

    適したツール、戦略、サポートを提供することなく

  • to make progress in their lives.

    をして、人生を前進させていきたいと思います。

  • A young woman I had been mentoring for a long time, Nicole,

    私が長い間指導していた若い女性、ニコル。

  • came to my office one day,

    ある日、私のオフィスにやってきました。

  • after her guidance counselor looked at her pretty strong transcript

    指導カウンセラーが彼女のかなり強い成績表を見てから

  • and expressed utter shock and amazement

    驚愕の声

  • that she was even interested in going to college.

    彼女が大学に行くことに興味を持っていたのは

  • What the guidance counselor didn't know was that through her community,

    ガイダンスカウンセラーが知らなかったのは、彼女のコミュニティを通してのことでした。

  • Nicole had had access to college prep work,

    ニコルは大学の予備校に通っていた。

  • SAT prep and international travel programs.

    SAT準備と海外旅行プログラム。

  • Not only was college in her future,

    彼女の将来は大学だけではなかった。

  • but I'm proud to say that Nicole went on to earn two master's degrees

    しかし、私はニコルが2つの修士号を取得するために行ったと言うことを誇りに思っています。

  • after graduating from Purdue University.

    パデュー大学卒業後

  • (Applause)

    (拍手)

  • We also made it our business to hold our young people accountable,

    また、若い人たちに責任を持たせることを事業としました。

  • but also to instill a sense of accountability in those young people

    若者に説明責任感を植え付けるためにも

  • to themselves, to each other, to their families and their communities.

    自分自身に、お互いに、家族に、地域社会に。

  • We doubled down on asset-based youth development.

    資産ベースの青少年育成を倍増させました。

  • We went on leadership retreats

    私たちはリーダーシップのためのリトリートに行きました

  • and did high ropes courses and low ropes courses

    とハイロープコースとローロープコースをやっていました。

  • and tackled life's biggest questions together.

    と人生の最大の疑問に一緒に取り組んだ。

  • The result was that the kids really bought into the notion

    その結果、子供たちはその考えを本当に受け入れてくれました。

  • that they were accountable for achieving these college degrees.

    大学の学位を取得するための説明責任があるということでした。

  • It was so gratifying to see the kids calling each other and texting each other

    子供たちがお互いに電話をしたり、メールをしたりしている姿を見て、とてもうれしくなりました。

  • to say, "Hey, why are you late for SAT prep?"

    "なんでSATの予習に遅れるの?"と言うために

  • And, "What are you packing for the college tour tomorrow?"

    そして、"明日の大学見学会の荷物は?"

  • We really worked to kind of make college the thing to do.

    私たちは、大学でやるべきことのようなものを作るために、本当に働いていました。

  • We began to create programs on college campuses

    大学のキャンパスでプログラムを作り始めました。

  • and events that allow young people to really visualize themselves

    若者が自分のことをリアルにイメージできるようなイベントや

  • as college students and college graduates.

    大学生や大卒者として

  • Me and my staff rocked our own college gear

    私とスタッフは自分のカレッジギアをロックしました。

  • and had lots of fun, healthy competition about whose school was better than whose.

    と、誰の学校が誰の学校よりも優れているかを競う、楽しくて健康的な競争をたくさんしていました。

  • The kids really bought into it,

    子供たちは本当に夢中になっていました。

  • and they began to see that something more was possible for their lives.

    そして、彼らは自分たちの人生にもっと何かが可能であることに気付き始めたのです。

  • Not only that -- they could look around at that college-going community

    それだけでなく、彼らは大学に通うコミュニティを見て回ることができました。

  • and see kids who came from the same backgrounds

    と同じ境遇の子供たちを見て

  • and the same neighborhoods

    と同じ地域の

  • and who were aspiring to the same things.

    と同じことを目指していた人たちがいました。

  • That sense of belonging was really key,

    その帰属意識が本当に鍵を握っていました。

  • and it showed up in a remarkable, beautiful way one day

    ある日、それは驚くほど美しい方法で現れました

  • when we were in the Johannesburg airport, waiting to go through customs

    ヨハネスブルグ空港で税関通過を待っているときに

  • on our way to Botswana for a service learning trip.

    奉仕学習の旅のためにボツワナに向かう途中。

  • I saw a group of kids kind of huddled in a circle.

    子供たちのグループが円陣を組んでいるのを見ました。

  • Usually, with teens, that means something's going on.

    普通、10代の子は、何かが起こっているということですよね。

  • (Laughter)

    (笑)

  • So I kind of walked up behind the kids

    子供たちの後ろに歩いて行ったの

  • to figure out what they were talking about.

    彼らが何を話しているのか理解するために

  • They were comparing passport stamps.

    パスポートのスタンプを見比べていました。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And they were dreaming out loud about all the other countries

    そして、彼らは他の国のことを大声で夢見ていた

  • they planned to visit in the future.

    将来的に訪問する予定だったそうです。

  • And seeing these young people from New York City

    ニューヨークの若者たちを見て

  • go on to not just become college students

    大学生にならない

  • but to participate in study abroad programs

    が、留学に参加するため

  • and to then take jobs around the world

    そして、世界中の仕事に就くために

  • was incredibly gratifying.

    は非常にありがたいことでした。

  • When I think of my kids

    子供のことを考えると

  • and all the doctors, lawyers, teachers, social workers,

    そして医師、弁護士、教師、ソーシャルワーカーの皆さん。

  • journalists and artists

    記者・芸術家

  • who came from our little nook in New York City,

    ニューヨークの小さな部屋から来た人。

  • I hate to think of what would have happened

    どうなっていたかと思うと嫌になる

  • if we hadn't invested in the middle.

    もし我々が真ん中に投資していなかったら

  • Just think about all that their communities and the world

    彼らのコミュニティや世界のことを考えてみてください

  • would have missed out on.

    見逃していただろう

  • This formula for the middle doesn't just work with young people.

    この中間の公式は、若い人たちだけではうまくいきません。

  • It can transform our organizations as well.

    それは、私たちの組織をも変容させることができます。

  • We can be more bold

    もっと大胆になれる

  • in coming up and articulating a mission that inspires everyone.

    使命を明確にして、皆に感動を与えることができます。

  • We can authentically invite our colleagues to the table

    私たちは真正に同僚をテーブルに招待することができます。

  • to come up with a strategy to meet the mission.

    使命を果たすための戦略を練る。

  • We can give meaningful feedback to folks along the way,

    私たちは、その道の人々に有意義なフィードバックを与えることができます。

  • and -- and sometimes most importantly --

    そして、時には最も重要なのは

  • make sure that you're sharing credit for everyone's contributions.

    みんなの貢献を共有していることを確認してください。

  • What happened when my staff aimed high for themselves

    スタッフが自分に高い目標を掲げた時に起こったこと

  • is that what they were able to do for young people

    それが若者のためにできたことなのでしょうか?

  • was pretty transformational.

    はかなり変貌していました。

  • And it's been so wonderful to look back and see all of my former colleagues

    振り返ってみても、昔の同僚たちに会えたことは、とても素晴らしいことでした。

  • who've gone on to get doctorates

    博士号取得者

  • and assume leadership roles in other organizations.

    また、他の組織でもリーダーシップを発揮しています。

  • We have what it takes to inspire and uplift the folks in the middle.

    私たちは、中間の人々を鼓舞し、高揚させるために必要なものを持っています。

  • We can extend love to the people in the middle.

    真ん中の人に愛を伸ばせばいいんです。

  • We can challenge our own biases about who deserves a hand-up, and how.

    私たちは、誰がどのように手を差し伸べるに値するかについての自分の偏見に挑戦することができます。

  • We can structure our organizations, communities and institutions

    私たちは、組織や地域社会、制度を構成することができます

  • in ways that are inclusive and that uphold principles of equity.

    含めた方法で、公平性の原則を守るようにしています。

  • Because, in the final analysis, what is often mistaken for a period

    なぜなら、最終的な分析では、よく勘違いされているのは、期間

  • is really just a comma.

    は本当にただのカンマです。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • (Applause)

    (拍手)

So, I want to talk to you about the forgotten middle.

そこで、忘れ去られたミドルについてお話ししたいと思います。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 真ん中 子供 ニコル 若者 成績

TED】Danielle R. Moss: How we can help "忘れられたミドル" reach their full potential (How we can help "忘れられたミドル" reach their full potential | Danielle R. Moss)

  • 425 12
    林宜悉   に公開 2019 年 03 月 14 日
動画の中の単語