Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This video was made possible by Skillshare.

    このビデオは Skillshare の提供でお送りします。

  • Learn for free for two months by being one of the first 500 to sign up at skl.sh/hai20.

    skl.sh/hai20 に登録する最初の 500 人になると、2 カ月間無料でお楽しみいただけます。

  • North Korea: the real world equivalent of what happens when you give a kid a Minecraft server.

    北朝鮮:マインクラフトのサーバーを子どもに買い与えるとどうなるかということが実世界で起きているのがこの国です。

  • This country is just, you know, not great.

    この国は、簡単に言って、なかなかうまくいっていないんです。

  • It is almost universally recognized as a real country, though, unlike plenty of other maybe countries, and Kim Jong-un is its real, legitimate leader.

    世界的には国家としてほぼ認められていますが、他の国もどきの国家とは違って金正恩という正式なリーダーがいます。

  • Despite being more closed as a country than a salad restaurant in Alabama, North Korea's leaders do occasionally need to leave the country most often to make sure that big daddy China still has their backs.

    アラバマのサラダレストランよりも国家としては外部との接触を閉じた状態ですが、バックに控える巨大な国家である中国との友好を維持するために、北朝鮮のリーダーは定期的に外遊をする必要があります。

  • This can be occasionally tricky considering that there are many people worldwide who want Kim Jong-un to be Kim Jong-dead.

    しかし世界中に「金正恩」を「金正死」にしてやりたいと思っている人がたくさんいるので、この外遊を実施するのはなかなか難しいものです。

  • Now, not much is known about Kim's early life prior to taking office.

    金正恩の最高指導者就任前の暮らしぶりについてはあまり知られていません。

  • In fact, before 2010, there was only one single confirmed photo of him in existence.

    実際のところ、2010年以前には彼が写っていると確認出来る写真はわずか1枚しかありませんでした。

  • It's believed, though, that back when he was a Kim Jong-youngling he was educated in Switzerland and therefore he almost certainly did travel abroad before taking office.

    それでも、幼少時にはスイスで教育を受けていたので、最高指導者になる前に海外を旅して回っていたのは確かです。

  • Considering that he officially was just any other North Korean schoolboy in Switzerland, though, he likely travelled normally on commercial planes.

    スイス時代は、彼は一般的にただの北朝鮮人の学生の1人としてみなされていましたから、普通の飛行機で移動していたと思われます。

  • Since becoming supreme leader in 2011, though, he has only left the country seven times.

    ところが2011年に最高指導者に就任してからは、7回しか国から外に出ていません。

  • Obviously he's not taking commercial flights anymore so there are two major ways in which he's gotten to his destinations.

    もちろん商業飛行機には乗りませんから、目的地にまでの移動手段としては2つの主な方法があります。

  • Most often, Kim rides the rails.

    ほとんどの場合、列車を使います。

  • This is now a bit of a tradition among DPRK leaders started largely because the previous leader, Kim Jong-Il, was reportedly deafly afraid of flying after surviving a helicopter crash in 1976.

    これは北朝鮮の国家主席における伝統の様になっていますが、前国家主席の金正日が1976年にヘリコプターの墜落で生きながらえて以来、飛行機を極度に怖がるようになったことに端を発しています。

  • Therefore, he would almost always go by train.

    ですから、金正日はほぼ毎回列車を使ったのです。

  • He even once took his train all the way to eastern Europe during the days of the Soviet Union.

    1度、ソビエト連邦時代に東ヨーロッパまでひたすら列車で移動したことすらあります。

  • In the end, in a giant twist of irony, he ended up dying on his train but then this new guy came along and he too has almost always traveled by train.

    ただ、とてつもなく皮肉な事に、彼は結局列車での移動中に亡くなってしまいましたが、金正恩も同じく列車での移動を引き継いでいます。

  • His private train is made up of 21 green, bulletproof carriages.

    プライベート列車は21両編成で、緑色をしていて防弾処理が施されています。

  • Due to its enormous weight, —the train, not Kimit travels at a maximum of 37 miles or 60 kilometers per hour.

    ものすごく重量があるので、-列車の話で金正恩のことではないですけどー最高時速は37マイルもしくは60キロにとどまります。

  • And, from everything we've seen, the train carries all the comforts of homeall it lacks is the starving townspeople.

    そして見た限りでは、まるで動く自宅のような豪華な内装を誇っています。唯一足りないのは、自国で飢餓に苦しむ国民だけです。

  • When traveling internationally, though, the train becomes more of a trainer-cade.

    しかし、海外に出向く際には列車群が一団となって走行します。

  • A security train will lead about 20 minutes ahead of the leader's to check that tracks and stations are intact and safe.

    まずセキュリティ列車が20分ほど先に出発して、線路や駅に異常がないかチェックします。

  • This also carries plenty of security officers who could ward off a threat if one arose. Kim Jung-Un's train follows that one and then directly after would be a third support train carrying more bodyguards and supplies.

    この列車にはセキュリティカードも大勢乗り込んでおり、危険が生じた場合に対処します。金正恩自身の乗った列車はその後に続き、その後にはさらに別のボディガードや供給物資を積んだ列車が付いていく形になります。

  • It was exactly this method of travel that was used by Kim Jong-un on his longest train journey to date when traveling to Vietnam for his second summit with the US president—a 60 hour trek by train.

    これと全く同じ形で金正恩はベトナムまでアメリカ大統領との2度目のサミット会議に出掛けましたが、これは自身における過去最長の移動距離で移動時間は60時間を計測しました。

  • South of Vietnam, though, is Singapore.

    ところがベトナムの南側にはシンガポールがあります。

  • Now, one of the many parts of Singapore is its lack of proximity to the dictator Disneyland but that made it difficult for Kim to get to the city-state when meeting the US president for their first summit.

    シンガポールの国土はほとんどが独裁政権国家から距離が離れており、そのためにアメリカ大統領との最初の会談が行われた際にはなかなか市内に入ることが難しい状況になっていたんです。

  • They thought about using a rocket to make a splashy entrance but then figured that would be overdoing it, just like this joke.

    カッコよく登場するにはロケットに乗ってくるのが良いのではと考えたのですが、ちょっとそれはやり過ぎだろう(この冗談みたいに)とうことで取りやめにしました。

  • He could have hypothetically taken the train there but it would have been a more than 110 hour trip passing through some countries that might not be happy to see Kimmost particularly, Malaysia.

    理論上列車でやって来ることもできたのですが、そうなると合計110時間もの長旅となり、しかも特にマレーシアをはじめとする反金正恩派の国を通り抜けていかなければならない状況にあります。

  • At the time, Malaysia wasn't all that happy with Kim after he had his half-brother assassinated in Kuala Lumpur Airport.

    当時は、マレーシアはクアラルンプール国際空港で金正恩の異母兄弟が暗殺されたことに対して、良い感情を持っていませんでした。

  • Quick fun-side note, this half-brother, who was once considered to be the DPRK's heir apparent, began his falling out with his father when he tried to fly to Japan and visit Tokyo Disneyland on a fake passport.

    ちなみに話はちょっとそれますが、この異母兄弟は一時は北朝鮮の次期幹部候補として見られていましたが、東京ディズニーランドに行きたいがために偽造パスポートを使って日本に入国しようとして捕まったことで、父親の怒りを買って表舞台から消えていきました。

  • But back on track, when going to Singapore, the supreme leader made the fantastic and innovative choice to fly.

    さて、話は戻って、シンガポールに向かう際には最高指導者キムさんは飛行機を使うというとても素晴らしい方法を選びました。

  • Only problemthe country is under a whole heap of embargoes so it can't buy any modern planes.

    唯一の問題と言えば、北朝鮮は輸出入禁止処分を受けまくっていますから近代飛行機を購入することができません。

  • They do have a few old and unreliable Soviet and Russian planes laying around but Kim's not about having a broken plane while on the world stage.

    ソ連・ロシアの昔の壊れやすい飛行機なら数機持っているのですが、世界の舞台に立つ際に壊れた飛行機で登場するわけにはいきません。

  • In addition, only a few of the country's planes could make the trip non-stop and they needed four.

    加えて、国内の飛行機のうちわずか数機しかノンストップで着くことができない中で、4機必要だったのです。

  • Therefore, they borrowed two from China.

    ですから2機を中国から借りました。

  • An Air China A330 first flew from Pyongyang to Singapore likely carrying members of the security force followed the next morning by an Air Koryo, the North Korean airline, cargo plane carrying Kim's limousine.

    中国国際航空A330が平壌からシンガポールに先にセキュリティチームを乗せて飛び立ち、翌日の朝に北朝鮮の国営航空会社、高麗航空の貨物機が金正恩のリムジンを積んで飛び立ちました。

  • Then the leader took off from Pyongyang on the specially configured Air China 747 that Chinese leaders fly on for the trip down south.

    そして金正恩は中国の要人が使用する中国国際航空747特別機で平壌から飛び立ちました。

  • Finally, another Air Koryo plane followed carrying the rest of the DPRK delegation.

    最後に、北朝鮮の政府関係者を乗せて高麗航空の飛行機が出国したのです。

  • Obviously there's very little precedent considering that this was the only time in decades that a North Korean leader travelled internationally by plane, but it's likely that Kim Jong-un would probably use China's jets again for any future long-distance trips especially if he were to make a trip to the mainland United States for negotiations.

    これは過去数十年間で唯一、北朝鮮の最高指導者が海外への移動に飛行機を利用したケースですので先例は少ないのですが、金正恩は長距離移動に中国のジェット機を再度利用する可能性はあると思われますし、特に交渉のためアメリカ本土を訪問する時には間違いないでしょう。

  • If the leader does make the trip to the US, he'll, of course, have to deal with the long flight but he can make that time productive.

    その際には長時間のフライトに耐えなくてはいけませんが、その時間を有効活用することはできます。

  • He could use the Skillshare iOS or Android app to watch their course on negotiations offline.

    つまり、Skillshare iOSやAndroidのアプリでビジネス交渉のコースをオフラインで受講することができるのです。

  • This great course teaches you the skills needed to get a raise, reach better business deals, leverage your country's thermonuclear weapons development program to remove economic sanctions, and buy things for less.

    この素晴らしいコースでは様々なスキルを学ぶことができ、ビジネスシーンでの交渉術や熱核兵器の開発プログラムを最大活用して経済制裁を解除させる方法、そしてより安く購入する方法などが例として挙げられます。

  • With over 22,000 courses, if there's something you want to learn, you can almost certainly learn it on Skillshare.

    22,000 種類ものコースが用意されていますので、何かを学びたいと思ったその時、Skillshare で間違いなくそれを勉強することができるようになっています。

  • It's a great engaging and fun way to use downtime for personal development.

    空いた時間を利用して、楽しく集中して自己啓発にトライするには最適です。

  • Best of all, by being one of the first 500 to sign up at skl.sh/hai20, you can learn for free for your first two months.

    そして1番良いのは、何といっても skl.sh/hai20 に登録する最初の 500 人になると、2 カ月間無料でお楽しみいただけるという点です。

This video was made possible by Skillshare.

このビデオは Skillshare の提供でお送りします。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 列車 北朝鮮 飛行 移動 航空 指導

金正恩の移動手段の裏側 (How Kim Jong-un Travels)

  • 12446 384
    April Lu に公開 2019 年 06 月 09 日
動画の中の単語