Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A garrulous grandmother and a roaming bandit face off on a dirt road.

    ガリガリのおばあさんと徘徊する盗賊が未舗装路で対決。

  • A Bible salesman lures a one-legged philosopher into a barn.

    聖書のセールスマンが片足の哲学者を納屋に誘い込む。

  • A traveling handyman teaches a deaf woman her first word on an old plantation.

    旅の便利屋が、古い農園で耳の聞こえない女性に初めての言葉を教える。

  • From her farm in rural Georgia, surrounded by a flock of pet birds, Flannery O'Connor scribbled tales of outcasts, intruders and misfits staged in the world she knew best: the American South.

    ジョージア州の田舎の農場で、ペットの鳥の群れに囲まれながら、フラナリー・オコナーは、彼女が最もよく知っているアメリカ南部という世界を舞台に、追放者、侵入者、不幸な人たちの物語を書き綴っていた。

  • She published two novels, but is perhaps best known for her short stories, which explored small-town life with stinging language, offbeat humor, and delightfully unsavory scenarios.

    彼女は2つの小説を発表しましたが、おそらく彼女の短編小説で最もよく知られています。

  • In her spare time O'Connor drew cartoons, and her writing is also brimming with caricature.

    オコナーは暇な時に漫画を描いていて、文章も風刺画で溢れています。

  • In her stories, a mother has a face "as broad and innocent as a cabbage," a man has as much drive as a "floor mop," and one woman's body is shaped like "a funeral urn."

    彼女の話では、母親の顔は "キャベツのように広くて無邪気 "で、男は "フロアモップ "と同じくらいの運動神経で、一人の女性の体は "葬式の骨壷 "のような形をしています。

  • The names of her characters are equally sly.

    彼女の登場人物の名前も同様にずるい。

  • Take the story "The Life You Save May be Your Own," where the one-handed drifter Tom Shiftlet wanders into the lives of an old woman named Lucynell Crater and her deaf and mute daughter.

    片手の漂流者トムShiftletはLucynellクレーターという老婆と彼女の聴覚障害者と無言の娘の生活の中に迷い込んだ物語 "あなたが救う人生はあなた自身かもしれない "を取る。

  • Though Mrs. Crater is self-assured, her isolated home is falling apart.

    クレーター夫人は自信に満ち溢れていたが、孤立した家庭は崩壊していく。

  • At first, we may be suspicious of Shiftlet's motives when he offers to help around the house, but O'Connor soon reveals the old woman to be just as scheming as her unexpected guest, and rattles the reader's presumptions about who has the upper hand.

    彼は家の周りを助けるために提供していますが、オコナーはすぐに彼女の予期しないゲストと同じように陰謀であることが老婆を明らかにし、優位性を持っている人についての読者の推定をガラガラにしたときに最初に、我々はShiftletの動機の疑いがあるかもしれません。

  • For O'Connor, no subject was off limits.

    オコナーにとっては 禁断のテーマはなかった

  • Though she was a devout Catholic, she wasn't afraid to explore the possibility of pious thought and unpious behavior co-existing in the same person.

    彼女は敬虔なカトリック教徒でしたが、敬虔な思想と敬虔でない行動が同一人物の中に共存している可能性を探ることを恐れませんでした。

  • In her novel "The Violent Bear it Away," the main character grapples with the choice to become a man of God, but also sets fires and commits murder.

    彼女の小説「暴力的なベア・イット・アウェイ」では、主人公は神の男になるという選択を迫られながらも、火を放ち、殺人を犯してしまう。

  • The book opens with the reluctant prophet in a particularly compromising position: "Francis Marion Tarwater's uncle had been dead for only half a day when the boy got too drunk to finish digging his grave.”

    この本の冒頭では、消極的な預言者が特に妥協した立場にあることが描かれている。 "フランシス・マリオン・ターウォーターの叔父が死んで半日しか経っていないのに、少年が酔って墓穴を掘り終えなかった"

  • This leaves a passerby to "drag the body from the breakfast table where it was still sitting and bury it with enough dirt on top to keep the dogs from digging it up.”

    これは通行人が "朝食のテーブルから死体を引きずり出し、犬が掘り起こさないように十分な土を上に乗せて埋める "というものだ。

  • Though her own politics are still debated, O'Connor's fiction could also be attuned to the racism of the South.

    彼女自身の政治は今も議論されているが、オコナーのフィクションもまた、南部の人種差別に同調しているのかもしれない。

  • In "Everything that Rises Must Converge," she depicts a son raging at his mother's bigotry.

    上昇するものはすべて収束しなければならない」では、母親の偏屈さに怒り狂う息子の姿を描いている。

  • But the story reveals that he has his own blind spots and suggests that simply recognizing evil doesn't exempt his character from scrutiny.

    しかしこの物語は、彼には彼自身の盲点があることを明らかにし、単に悪を認識しているだけでは、彼の性格を精査することを免れないことを示唆している。

  • Even as O'Connor probes the most unsavory aspects of humanity, she leaves the door to redemption open a crack.

    オコナーが人間性の最も不愉快な側面を探りながらも、彼女は贖罪への扉に亀裂を入れる。

  • In "A Good Man is Hard to Find," she redeems an insufferable grandmother for forgiving a hardened criminal, even as he closes in on her family.

    いい男は見つけにくい」では、家族に近づいても、固くなった犯罪者を許すために、我慢できない祖母を贖う。

  • Though we might balk at the price the woman pays for this redemption, we're forced to confront the nuance in moments we might otherwise consider purely violent or evil.

    私たちはこの贖罪のために女性が支払う代償に嫌悪感を抱くかもしれませんが、私たちはそうでなければ純粋に暴力的または悪と考えるかもしれない瞬間のニュアンスに直面することを余儀なくされています。

  • O'Connor's mastery of the grotesque and her explorations of the insularity and superstition of the South led her to be classified as a Southern Gothic writer.

    オコナーのグロテスクの達人ぶりと、南部の偏狭さと迷信の探求は、彼女を南部ゴシック作家に分類しました。

  • But her work pushed beyond the purely ridiculous and frightening characteristics associated with the genre to reveal the variety and nuance of human character.

    しかし、彼女の作品は、そのジャンルから連想される純粋に滑稽で恐ろしい特徴を押しのけて、人間の性格の多様性とニュアンスを明らかにしています。

  • She knew some of this variety was uncomfortable, and that her stories could be an acquired taste, but she took pleasure in challenging her readers.

    彼女は、このバラエティが不快なものであることや、自分の物語が後天的なものであることを知っていたが、読者に挑戦することに喜びを感じていた。

  • O'Connor died of lupus at the age of 39, after the disease had mostly confined her to her farm in Georgia for twelve years.

    オコナーは、病気のほとんどが12年間ジョージア州の彼女の農場に閉じこめられていた後、ループスで39歳で死亡しました。

  • During those years, she penned much of her most imaginative work.

    その間、彼女は最も想像力豊かな作品の多くを書き上げた。

  • Her ability to flit between revulsion and revelation continues to draw readers to her endlessly surprising fictional worlds.

    彼女の能力は、その反発と啓示の間を行き来することで、限りなく驚くべきフィクションの世界に読者を引き込み続けている。

  • As her character Tom Shiftlet notes, the body is "like a house: it don't go anywhere, but the spirit, lady, is like an automobile: always on the move.

    彼女のキャラクタートムShiftletのノートのように、体は "家のようなものです:それはどこにも行かないが、精神、女性は、自動車のようなものです:移動中に常に。

A garrulous grandmother and a roaming bandit face off on a dirt road.

ガリガリのおばあさんと徘徊する盗賊が未舗装路で対決。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 南部 読者 小説 クレーター 女性

フラナリー・オコナーを読むべき理由は?- イソー・ガレスピー

  • 9944 432
    Raven Lin に公開 2019 年 02 月 01 日
動画の中の単語