Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • "It was a pleasure to burn. It was a special pleasure to see things eaten, to see things blackened and changed.”

    "燃やすことは特別な喜びだった食べられたものを見るのは 特別な喜びでした 黒く変色したものを見るのは 特別な喜びでした"

  • Fahrenheit 451 opens in a blissful blaze, and before long, we learn what' s going up in flames.

    華氏451は至福の炎の中で開き、いつの間にか炎の中で何が起こっているのかを知ることができます。

  • Ray Bradbury's novel imagines a world where books are banned from all areas of life and possessing, let alone reading them, is forbidden

    レイ・ブラッドベリの小説は、生活のあらゆる分野で本が禁止されている世界を想像しています。

  • The protagonist, Montag, is a fireman responsible for destroying what remains.

    主人公のモンタッグは、残されたものを破壊する責任を負う消防士です。

  • But as his pleasure gives way to doubt, the story raises critical questions of how to preserve one's mind in a society where free will, self-expression, and curiosity are under fire.

    しかし、彼の快楽が疑心暗鬼に変わっていく中で、この物語は、自由意志、自己表現、好奇心が炎上している社会の中で、いかにして自分の心を維持するかという批判的な問題を提起していく。

  • In Montag's world, mass media has a monopoly on information, erasing almost all ability for independent thought.

    モンターグの世界では、マスメディアが情報を独占し、自主的な思考の能力をほとんど消し去っています。

  • On the subway, ads blast out of the walls.

    地下鉄では、壁から広告が飛び出してくる。

  • At home, Montag's wife Mildred listens to the radio around the clock, and three of their parlor walls are plastered with screens.

    自宅では、モンタッグの妻ミルドレッドが24時間ラジオを聴き、応接間の壁のうち3つはスクリーンで埋め尽くされています。

  • At work, the smell of kerosene hangs over Montag's colleagues, who smoke and set their mechanical hound after rats to pass the time.

    職場では灯油の匂いがモンタッグの同僚たちに漂い、煙草を吸ったり、ネズミの後に機械的な猟犬をセットして暇つぶしをしたりしています。

  • When the alarm sounds they surge out in salamander-shaped vehicles, sometimes to burn whole libraries to the ground.

    警報が鳴ると、サンショウウオの形をした乗り物の中から飛び出してきて、時には図書館を丸ごと燃やしてしまう。

  • But as he sets tomes ablaze day after day like "black butterflies," Montag's mind occasionally wanders to the contraband that lies hidden in his home.

    しかし、「黒い蝶」のように毎日のように書物を燃やしているうちに、モンタッグの心は時折、彼の家に隠されている密輸品に目を奪われてしまいます。

  • Gradually, he begins to question the basis of his work.

    徐々に自分の仕事の根幹に疑問を持ち始める。

  • Montag realizes he's always felt uneasy, but has lacked the descriptive words to express his feelings in a society where even uttering the phrase "once upon a time" can be fatal.

    昔々不安を感じていたモンターグは、「むかしむかし」という言葉を口にすることすら命取りになりかねない社会で、自分の気持ちを表現するための描写力に欠けていた。

  • Fahrenheit 451 depicts a world governed by surveillance, robotics, and virtual reality, a vision that proved remarkably prescient, but also spoke to the concerns of the time.

    華氏451は、監視、ロボット工学、バーチャルリアリティに支配された世界を描いており、そのビジョンは非常に先見の明があることを証明していますが、同時に当時の懸念事項にも触れています。

  • The novel was published in 1953, at the height of the Cold War.

    この小説は1953年に出版されたもので、冷戦の真っ只中にあります。

  • This era kindled widespread paranoia and fear throughout Bradbury's home country of the United States, amplified by the suppression of information and brutal government investigations.

    この時代は、情報弾圧や政府の残忍な調査によって、ブラッドベリの母国であるアメリカ全土に被害妄想と恐怖が広がっていた。

  • In particular, this witch hunt mentality targeted artists and writers who were suspected of Communist sympathies.

    特に、この魔女狩りのメンタリティは、共産主義者のシンパを疑われた芸術家や作家を対象としていた。

  • Bradbury was alarmed at this cultural crackdown.

    ブラッドベリーはこの文化的な取り締まりに警鐘を鳴らしていた。

  • He believed it set a dangerous precedent for further censorship, and was reminded of the destruction of the Library of Alexandria and the book-burning of Fascist regimes.

    彼は、これがさらなる検閲の危険な前例を作ると考え、アレクサンドリア図書館の破壊やファシスト政権の本の焼却を思い起こさせた。

  • He explored these chilling connections in Fahrenheit 451, titled after the temperature at which paper burns.

    彼は、紙が燃える温度にちなんだタイトルで、華氏451号でこれらの冷たいつながりを探りました。

  • The accuracy of that temperature has been called into question, but that doesn't diminish the novel's standing as a masterpiece of dystopian fiction.

    その温度の正確さが問われているが、だからといってディストピア小説の傑作としての地位を低下させるものではない。

  • Dystopian fiction as a genre amplifies troubling features of the world around us and imagines the consequences of taking them to an extreme.

    ジャンルとしてのディストピア小説は、私たちを取り巻く世界の厄介な特徴を増幅させ、それを極端にした結果を想像させる。

  • In many dystopian stories, the government imposes constrictions onto unwilling subjects.

    多くのディストピアの物語では、政府は不本意な対象者に制約を課す。

  • But in Fahrenheit 451, Montag learns that it was the apathy of the masses that gave rise to the current regime.

    しかし、華氏451でモンタッグは、現在の政権を生み出したのは大衆の無関心であったことを知ります。

  • The government merely capitalized on short attention spans and the appetite for mindless entertainment, reducing the circulation of ideas to ash.

    政府は、短い注意力と無関心な娯楽への食欲を利用して、アイデアの循環を灰にしただけである。

  • As culture disappears, imagination and self-expression follow.

    文化がなくなると、想像力や自己表現がついてくる。

  • Even the way people talk is short-circuited, such as when Montag's boss Captain Beatty describes the acceleration of mass culture: "Speed up the film, Montag, quick. Click? Pick? Look, Eye, Now, Flick, Here, There, Swift, Pace, Up, Down, In, Out, Why, How, Who, What, Where, Eh? Uh! Bang! Smack! Wallop, Bing, Bong, Boom! Digest-digests, digest-digest-digests. Politics? One column, two sentences, a headline! Then, in mid-air, all vanishes!"

    モンタッグの上司であるキャプテン・ビーティが大衆文化の加速を語る時のように 人々の話し方さえも短絡的になっています。"モンタッグ、映画のスピードを上げろ、早く。クリック?ピッキング?Look, Eye, Now, Flick, Here, There, Swift, Pace, Up, Down, In, Out, Why, How, Who, What, Where, Eh?うー!バン!スマック!ワロップ, ビン, ボン, ブーム!ダイジェスト ダイジェスト ダイジェスト ダイジェスト政治か?1コラム

  • In this barren world, Montag learns how difficult it is to resist when there's nothing left to hold on to.

    この不毛の世界で、モンタッグは、何も残っていないときに抵抗することがいかに難しいかを学びます。

  • Altogether, Fahrenheit 451 is a portrait of independent thought on the brink of extinction, and a parable about a society which is complicit in its own combustion.

    華氏451は、絶滅の危機に瀕している独立した思想の肖像であり、自らの燃焼に加担している社会の例え話である。

"It was a pleasure to burn. It was a special pleasure to see things eaten, to see things blackened and changed.”

"燃やすことは特別な喜びだった食べられたものを見るのは 特別な喜びでした 黒く変色したものを見るのは 特別な喜びでした"

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 華氏 ディストピア 小説 喜び 燃やし

イゼルト・ガレスピーの『華氏451』を読むべき理由

  • 10355 450
    Raven Lin に公開 2019 年 02 月 01 日
動画の中の単語