Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • As dawn breaks over a movable city of ten thousand yurts, Queen Boraqchin is in for a rude awakening.

    夜明けには1万軒のユルトの移動可能な都市の上で夜明けを告げるように、ボラクチン女王は無礼な目覚めのために入っています。

  • A rogue sheep has slipped past her servants and guards and bolted into her yurt, where he springs into bed and bleats in her ear.

    悪党の羊が使用人や見張りの前をすり抜け、彼女の山小屋に逃げ込んできました。

  • Although she's the formidable khatun of the Golden Horde, a huge kingdom in the Mongolian Empire, Boraqchin has a hands-on approach to ruling.

    モンゴル帝国の巨大王国「ゴールデン・ホード」の手ごわいカトゥンでありながら、ボラクチンの支配には手を焼いている。

  • She's been married to Batu Khan, the fearsome grandson of Genghis Khan himself, since she was fifteen, and while her husband is out on his raids, she juggles the duties of flocks, family and empire at home.

    彼女は15歳の時からチンギスハーンの恐るべき孫であるバトゥ・カーンと結婚していたが、夫が襲撃に出ている間、彼女は家庭で群れ、家族、帝国の任務をこなす。

  • This makes her the manager and the mover of a city of thousands.

    これで彼女はマネージャーであり、何千もの街の引っ越し業者になった。

  • Twice a year, Boraqchin moves the city between two seasonal camping grounds.

    ボラクチンは年に2回、季節ごとに2つのキャンプ場の間を移動します。

  • This ensures constant water and lush grass in summer, and protection from harsh winds in winter.

    これにより、夏には一定の水と青々とした草を、冬には厳しい風から守ることができます。

  • The whole operation requires weeks of strict planning, liaising with the other camps in her domain, strategic delegation, and the patience to move at the speed of dawdling animals.

    全体の作戦には数週間に及ぶ厳しい計画が必要で、彼女の領域内の他の陣営と連絡を取り合い、戦略的な委任を行い、そして動物のようなスピードで移動する忍耐力が必要です。

  • Today is moving day, and she'll have to direct throngs of her ladies, commanders, slaves and animals up the river Volga for the summer.

    今日は感動の日で、彼女は夏の間、大勢の女性、司令官、奴隷、動物たちをヴォルガ川に誘導しなければなりません。

  • As Boraqchin steps outside, she's greeted by a commotion, her unwanted visitor is now running circles around her stewards.

    ボラクチンが外に出ると、彼女は騒動に迎えられ、彼女の不要な訪問者は今、彼女の執事の周りをぐるぐる回っています。

  • They're attempting to stow her possessions securely into wagons.

    彼女の持ち物をしっかりとワゴンに収納しようとしています。

  • Boraqchin orders them to get it under control, but she's the only one quick enough to catch the stray.

    ボラクチンはそれを制御するためにそれらを取得するように命令しますが、彼女だけが迷子をキャッチするのに十分な速さを持っています。

  • She next supervises her ladies who are unpinning her yurt and lifting it onto its custom wagon.

    彼女は次に、自分のヤルトを固定していたものを外し、そのカスタムワゴンの上に持ち上げている女性たちを監督します。

  • It requires a team of twenty oxen to pull, and Boraqchin wouldn't trust anyone to steer it but herself.

    20頭の牛のチームで引っ張る必要がありますが、ボラクチンは自分以外には誰にも任せられないでしょう。

  • Next, Boraqchin and her woolly companion meet with the guards.

    次はボラクチンと毛むくじゃらの仲間が看守と合流。

  • She orders them to keep close watch on her husband's special reception yurt and portable throne during the journey.

    彼女は、旅の間、夫の特別なレセプション用のヤルトと携帯用の玉座を見張るように彼らに命令する。

  • They'll also act as outriders, and she tells them how to secure the route, surround her for safety, and keep the animals in check.

    外回りもしてくれるし、ルートの確保や安全のための囲い方、動物たちの様子を教えてくれる。

  • But when the sheep finally breaks free and makes for the fields, the guards can barely keep up as it scampers through crowds packing up their yurts.

    しかし、ついに羊が自由になって野原に向かったとき、羊は小屋を詰め込んだ群衆の中をうろついているので、警備員は追いつくことができませんでした。

  • Exasperated, Boraqchin rides down to the pastures herself.

    憤慨したボラクチンは、自ら牧草地へと降りていく。

  • When she gets there, she catches sight of the troublesome sheep wriggling into the middle of a flock.

    そこに辿り着いた彼女は、群れの中に蠢く厄介な羊の姿を目にする。

  • When she follows him in, he's nestled next to a ewe, his mother.

    追いかけてくると、母親である雌羊の隣に寄り添っています。

  • She's pregnant, and seems to be in pain.

    妊娠していて、苦しそうにしています。

  • With a start, Boraqchin realizes that this ewe's impending delivery has been forgotten in the flurry of moving day.

    スタートで、Boraqchinは、この雌羊の差し迫った出産が、引っ越しの日のバタバタの中で忘れ去られていることに気づく。

  • There's no time to find a shepherd; instead, Boraqchin rolls up her sleeves, greases her arm and helps the ewe give birth to two new additions to the empire.

    羊飼いを見つける時間はありません。代わりに、Boraqchinは彼女の袖をロールアップし、彼女の腕に油を塗って、雌羊が帝国に2つの新しい追加を出産するのに役立ちます。

  • Leaving the lambs and their mother, Boraqchin dashes back to the camp.

    子羊とその母親を残して、ボラクチンはダッシュでキャンプに戻ります。

  • Here the final touches have been put to packing, and vehicles are starting to line up.

    ここで最後の仕上げが行われ、車両が並び始めています。

  • This vast procession starts with the queen and two hundred wagons filled with her treasures.

    この広大な行列は、女王と彼女の宝物を満載した200台の馬車から始まります。

  • Next up are the junior wives and crew, then the concubines, and this is only Boraqchin's camp.

    次は後輩の嫁と乗組員、その次は妾、ここはボラクチンの陣営だけです。

  • After this comes the second imperial camp led by another senior wife, then two more camps, also led by wives.

    この後、別の年長の妻によって第二帝国camppled、その後2つのより多くのキャンプは、また、妻たちによって導かれる。

  • Boraqchin has been checking in with them for weeks to ensure a smooth departure and orderly queue.

    ボラクチンは、スムーズな出発と整然とした行列を確保するために、何週間も前から彼らにチェックインしています。

  • But they only make up the royal portion of the line, behind them winds the entire civilian city, which includes holy men with portable chapels and mosques, families, tradesmen, and shepherds.

    しかし、彼らはラインの王室の部分を構成するだけで、彼らの後ろには、携帯用の礼拝堂やモスク、家族、商人、羊飼いを持つ聖なる男たちを含む、全体の民間都市の風が吹いています。

  • Finally, Boraqchin settles into her wagon.

    ようやくボラクチンがワゴンに落ち着く。

  • It'll take weeks to reach their destination, but over the course of the journey, she'll keep everyone expertly in check, from her proud children and attentive subjects, to the most meandering sheep at the back of line.

    目的地に到着するまでには数週間かかりますが、旅の間、彼女は誇り高き子供たちや気配り上手な被験者から、列の最後尾にいる蛇行した羊まで、すべての人を巧みにコントロールしてくれます。

As dawn breaks over a movable city of ten thousand yurts, Queen Boraqchin is in for a rude awakening.

夜明けには1万軒のユルトの移動可能な都市の上で夜明けを告げるように、ボラクチン女王は無礼な目覚めのために入っています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ワゴン キャンプ 夜明け 小屋 群れ

モンゴルの女王の一日 - アン・F・ブロードブリッジ

  • 12079 491
    April Lu に公開 2019 年 01 月 21 日
動画の中の単語