Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In December, President Trump made an extraordinary declaration about U.S. involvement in Syria: "We have won against ISIS. Now, it's time for our troops to come back home."

    12 月にトランプ大統領はシリアに駐留している米軍部隊について、「われわれは IS を打倒した。米軍兵士が本国に戻る時だ」と表明しました。

  • Ignoring advice from his generals and advisers, Trump said that the U.S. would leave Syria.

    トランプ氏は軍司令官と顧問官の助言がありながらも、シリアからアメリカが撤退することを決めました。

  • Defense Department officials said that they were ordered to do it within 30 days.

    アメリカ国防総省は 30 日以内に撤収させるよう命じられたと伝えました。

  • [explosion]

    [爆発音]

  • Then came a flurry of criticism, even from inside his own party.

    その結果として批判が相次いでいて、彼の所属する党からも非難を受けました。

  • "I believe it is a catastrophic mistake."

    「これは壊滅的な間違いだと考えています」

  • "This is very disappointing."

    「とてもがっかりです。」

  • "It needs to be reconsidered."

    「再検討が必要です。」

  • Then, the resignations.

    そして、いくつかの辞任も表明されました。

  • First, Defense Secretary Jim Mattis quit.

    最初はジェームズ・マティス国防長官が辞任しました。

  • And America's chief diplomat in the fight against ISIS, Brett McGurk, soon followed.

    そして ISIS と戦う有志連合の調整役を務めてきた米大統領特使(有志連合調整担当)、ブレット・マクガーク氏も辞任しました。

  • But now, the timeline is unclear.

    しかし不明な状況も。

  • "I never said we're doing it that quickly."

    「そんなに速く施行するとは言わなかった。」

  • He went on to say that the U.S. will leave at a proper pace while continuing to fight ISIS, a shift from — “They're all coming back, and they're coming back now.”

    彼は「適切な速度でシリアを撤退しながらイスラム国と戦う」と語り、「彼ら全員が帰る。今すぐ帰ってくる。」という元の立場を変更しました。

  • The nearly eight-year-long war in Syria has left hundreds of thousands of people dead.

    シリアでの戦争はもう 8 年続いて多くの人が犠牲になってしまいました。

  • [explosion]

    [爆発音]

  • So, how did we get here and what are U.S. forces doing in Syria?

    では、この状態に陥るまでの過程、そしてアメリカはシリアでなにをしているのでしょうか?

  • In 2011, uprisings rippled through the Middle East.

    2011 年に、中東で暴動が相次いで起こりました。

  • Leaders fell in Tunisia, Libya and Egypt.

    チュニジア、リビアとエジプトの政府が倒れました。

  • And after months of anti-government protests in Syria, the U.S. had a message for President Bashar al-Assad: "This morning, President Obama called on Assad to step aside."

    シリアでの反政府抗議運動が数か月続いた後、アメリカはシリアのバッシャール・アル=アサド大統領にメッセージを送りました。「今朝、オバマ大統領はアサド氏の退陣を要求しました。」

  • He didn't and the conflict escalated.

    しかし彼は辞任せず、衝突も激しくなりました。

  • In 2012, Obama warned Assad against using Syria's stockpile of chemical weapons against his own people.

    2012 年に、オバマ氏は国民に対して備蓄する化学兵器を使うべきではないとアサド氏に警告しました。

  • "That's a red line for us, and that there would be enormous consequences if we start seeing the use of chemical weapons."

    「これは我々の越えてはならない一線だ。もし彼らは化学兵器を使い続ければ、重大な結果を招き、その責任を負うことになる」

  • A year later, Assad's army launched a chemical attack on a Damascus suburb, killing 1,400 people.

    一年後、アサド氏の軍隊はダマスカス郊外で化学攻撃を始め、約 1400 人が犠牲になりました。

  • [screaming]

    [叫び声]

  • In response, the U.S. debated airstrikes, but they were avoided when Syria agreed to give up its chemical weapons.

    それに応じて、アメリカは空襲について議論しましたが、シリア政権が化学兵器の使用をやめることに同意したため、空襲は免れました。

  • But a new threat was also emergingISIS.

    一方、新たな脅威が現れていました。それは ISIS です。

  • In 2014, the U.S. began supporting rebel groups to fight extremists, while also conducting airstrikes as part of an international coalition.

    2014 年に、アメリカは反乱軍が過激派と戦うために支援を与え、同時に国際的連立の国として空襲を行いました。

  • These efforts expanded and the U.S. troop numbers grew from hundreds to the low thousands.

    これら努力の結果として、駐留する米軍の人数は何百から何千に増加しました。

  • In 2016, U.S.-supported fighters took control of the ISIS stronghold of Manbijand in 2017 their de facto capital, Raqqa.

    2016 年に、アメリカが支える反乱軍はマンビジにある ISIS の拠点を支配しました。そして 2017 年に、彼らの事実上の首都であるラッカも支配しました。

  • There are now around 2,000 American forces in Syria who are largely fighting alongside the Kurdish groups.

    今はシリアで約 2000 人の米軍はクルド人と協力して戦っています。

  • This has been a problem for America's ally Turkey, which has a long-standing conflict with the Kurds.

    これはアメリカの同盟国であるトルコにとって問題になります。トルコとクルド人の間に長期紛争があるからです。

  • U.S. troops have had run-ins with Assad's forces as well as groups backed by Russia and Iran.

    米軍はアサドの軍隊やロシアとイランが支える組織などと衝突しました。

  • Since taking office, Trump has ordered two strikes on areas controlled by Assad in response to chemical weapons attacks.

    就任してから、化学兵器の対応としてトランプ氏はアサドが支配している地域 2 つに攻撃を与えました。

  • "We are prepared to sustain this response, until the Syrian regime stops its use of prohibited chemical agents."

    「シリア政権が禁止されている化学物質の使用をやめるまで、我々はこの対応を持続する用意がある。」

  • U.S. officials and allies dispute the claim that ISIS has been defeated.

    イスラム国が倒れるかどうかについて、アメリカとその同盟国は議論し続いています。

  • They warn that an American departure will weaken U.S. influence in the region and may embolden Russia, Iran and Turkey, who are also on the ground.

    彼らの警告によると、アメリカの撤退はその地域への影響が弱くなり、そこにいるロシア、イランとトルコの影響を強くさせるかもしれないとのこと。

  • The other worry? The move may inspire some ISIS fighters to return to Syria.

    また、もう 1 つの懸念としては、ISIS の支持者がシリアに帰ってくるかもしれないということです。

In December, President Trump made an extraordinary declaration about U.S. involvement in Syria: "We have won against ISIS. Now, it's time for our troops to come back home."

12 月にトランプ大統領はシリアに駐留している米軍部隊について、「われわれは IS を打倒した。米軍兵士が本国に戻る時だ」と表明しました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TheNewYorkTimes シリア アサド 米軍 isis 辞任

アメリカ軍、シリア関与の裏側と、撤退 (A Timeline of U.S. Military Involvement in Syria | NYT News)

  • 9506 432
    April Lu   に公開 2019 年 02 月 03 日
動画の中の単語