Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I'm not sick when I run.

    私は走っているときは元気です。

  • Like, I'm really, I'm just so normal.

    いたって普通の人です。

  • You wouldn't think someone who goes unconscious like 14 times a day runs.

    一日に 14 回も意識を失うような人が走るなんて思わないですよね。

  • Like, you just wouldn't put it that way.

    そんなこと考えもしないでしょう。

  • My name is Katie Cooke, I'm 20 years old;

    私はケイティ・クック、20 歳です。

  • I live in Dublin, Ireland, and I love running.

    アイルランドのダブリンに住んでいます。私は走ることが大好きです。

  • I was diagnosed with two types of epilepsy when I was nine years old.

    私は 9 歳の頃、2 種類のてんかんと診断されました。

  • One of which, which is frontal lobe epilepsy.

    一つは前頭葉てんかんです。

  • So at the moment I have 14 seizures in a 24 hour period.

    24 時間にてんかんを 14 回経験します。

  • They used to be 16, 17 so we're coming down slightly, which is woo.

    以前は 16、17 回だったので、少し減ってきています。やったー!

  • - [Narrator] You OK?

    - [ナレーター] 大丈夫ですか?

  • - I'm fine.

    - 大丈夫です。

  • I'm fine.

    平気。

  • I was getting really bad dizziness from my medicine.

    薬でひどいめまいがしていました。

  • So, we went into the hospital and they loaded me,

    病院に行き、loaded(強い薬で酔った状態)にされました。

  • which is a term for epileptics when you're going on like a new medicine, and I didn't wake up until six days later.

    この言葉はてんかん患者が新しい薬などを投与されることを言い、私は 6 日後にようやく目を覚ましました。

  • I was immobile for about (mumbles) of two years.

    私は 2 年ほど体を動かすことができませんでした。

  • I moved from being in a wheelchair to being in a Zimmer frame.

    やがて車椅子から歩行器を使用した生活に変わりました。

  • When I gradually started getting back into running,

    徐々に再び走れるようになった頃、

  • it kind of gave me this newfound energy, I don't know why.

    新たな活力を発見しました。理由はわかりません。

  • I put on my running boots and started running.

    ランニングシューズを履き、再び走り始めました。

  • I feel like, it's so cliched, but you kind of feel like on top of the world, that you could do anything.

    古くさく決まり文句のように聞こえるけど、最高の気分です、なんでもできるように思えるんです。

  • Like, I don't feel sick anymore, until I have a seizure, obviously.

    病気を持つことを忘れるんです。もちろん発作を起こすまでは。

  • Then I'll lie down with it.

    そのときは横になります。

  • You alright?

    大丈夫?

  • It's an amazing feeling, like all the endorphins like pulsing through your body, it's great.

    最高の気分です。幸福ホルモンが全部血管を通って体中に送りだされているかのようです。最高です。

  • It's honestly, like, amazing.

    本当にすごいんです。

  • I train alone for most of my runs, like, during the week,

    平日はほとんど一人で鍛えますが、

  • however, I do have a pal for my races, like official races, which is Dr. Colin Doherty.

    正式なレースでは相棒がいます。彼の名前はコーリン・ドハティ博士です。

  • So, I have two roles.

    私には二つの役割があります。

  • So first of all I'm her doctor, the other role I play, which is to be her partner in running.

    第一に私は彼女の医者で、もう一つの役割は彼女のランニングのパートナーであることです。

  • And my job is to make sure that when Katie has a seizure,

    私の仕事はケイティが発作を起こした時に、

  • if she's running, that nobody carts her off the course.

    彼女が走っている最中であれば、コースから誰も彼女を引き出さないようにします。

  • Oh, Katie's having a seizure.

    お、ケイティが発作を起こしてる。

  • So, before I knew Katie, she would run races,

    ケイティに出会う前から、彼女はレースで走っていました。

  • and if they were in public, people would, you know, quite reasonably, insist that she be carried off the course, much to her displeasure.

    公共の場なら、周りの人々は当然彼女をコースから運び出すように求めます。それは彼女にとっては大変不満ですが。

  • So, my job is to say no.

    ですから私の仕事はそれを防ぐことです。

  • Announce that I am her doctor and that she's fine, she'll recover,

    私が彼女の医者であり、彼女は大丈夫、回復すると周りの人々に知らせるのです。

  • and then she gets up and she runs.

    そして彼女は立ち上がり、走り出すのです。

  • I don't let anything really get in the way of living life at all.

    私は何であろうが決して自分の生き方の邪魔をさせません。

  • I just don't think it's the way to go.

    もっと良い方法があるはずです。

  • I suppose, yeah, I don't let epilepsy get in the way at all.

    私はてんかんを患うからといって決して諦めません。

I'm not sick when I run.

私は走っているときは元気です。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 GreatBigStory ケイティ 発作 走っ ランニング レース

てんかんはこのランナーを止めることができない (Epilepsy Can't Stop this Runner)

  • 603 19
    許大善 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語