Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hey, guys. I'm Alex. Thanks for clicking, and welcome to this lesson on "5 Common New

    やあ、みんな私はアレックスです。クリックしていただきありがとうございます。このレッスンへようこそ。

  • English Learner Mistakes". So in this lesson, I'll be looking at mistakes that I have heard

    英語学習者の間違い」です。そこで今回のレッスンでは、聞いたことのある間違いについて

  • in my time as a teacher from students from various parts of the world. So these are mistakes

    私が講師をしていた時に 世界各地の生徒からですから、これらは間違い

  • that are made by Spanish speakers, Portuguese speakers, German speakers, Korean speakers,

    スペイン語話者、ポルトガル語話者、ドイツ語話者、韓国語話者が作ったもの。

  • and they might apply to you as well. These are mistakes that kind of cross over and that

    あなたにも当てはまるかもしれませんこれらの間違いは、ある種の横断的な間違いであり

  • are very common. So let's start with the first one. Let's look at No. 1.

    は非常によくあることです。そこでまずは1番から見ていきましょう1番を見てみましょう。

  • Okay, so this is, actually, a double mistake that I commonly hear when you're discussing

    これは二重の間違いで、あなたが議論する時によく耳にする

  • a subject and you want someone to give you an opinion on something. So for example, "Do

    あるテーマについて誰かに意見を求めていますですから、例えば、「Do

  • you prefer Coke or Pepsi?" Or "Do you prefer this or that?" And some people will say, "Well,

    "コーラとペプシどっちが好き?"とか "これとあれどっちが好き?" とかと言う人もいるでしょう "えっと

  • it's depend." Or "Hmm, it depends of (...)" So "It depends of the season." "It depends of

    "it's depend."または "ふむ、それは依存している(...)" だから "It depends of the season""It depends of

  • the person." "It depends of the society or the country" or something like this. So what

    その人の""社会や国による "とか、こんな感じです。で、何が

  • is wrong with this? Well, we don't say, "it's depend". We say "it depends", "it depends".

    のどこが悪いのでしょうか?まあ 私たちは "it's depend" とは言いません私たちは「依存している」「依存している」と言います

  • Okay? So we don't say, "it's depend". The correct form is: "it depends". And for this,

    いいですか?だから "it's depend "とは言わない。正しい形は "it depends" です。そして、これについては

  • this is okay: "it depends", right? The only problem is the preposition that you're using.

    これは大丈夫です。"it depends "ですよね。問題は使っている前置詞だけですね。

  • We don't say "of" in English; we say "it depends on", okay? So "it depends on the person."

    英語では "of "ではなく "it depends on "と言いますよね?"人による "ってことね

  • "It depends on the country." "It depends on the time of day." Whatever topic you're discussing.

    "国による""時間帯による"どんな話題でも

  • Okay, guys, let's move on to No. 2. So for the second one, this is, actually,

    では、みんな、2番に移りましょう。2番目は、実はこれです。

  • a verb choice error, and maybe languages, when you talk about eating, you use the verb

    動詞の選択ミスで、たぶん言語では、食べることについて話すときには

  • "take". So you can "take a Coke", or "take your coffee in the morning", or you "take

    "テイク"つまり、「コーラを飲む」とか、「朝のコーヒーを飲む」とか、あなたが「取る」ということです。

  • breakfast", "take dinner". In English, it's a little different. So here, we have two sentences.

    朝食をとる」「夕食をとる英語では少し違います。なので、ここでは2つの文があります。

  • The first one says: "I took a coffee this morning." Now, when you look at it, maybe

    最初は "今朝はコーヒーを飲みました "と書いてあります。今、見てみると、もしかしたら

  • you went to a coffee shop, and you say, "Yeah, I will take a coffee." Okay. Not too much

    コーヒーショップに行って "うん、コーヒーを飲むよ "って言うのねいいわよあまりにも

  • wrong with that. That's okay. However, when you're talking about the act of drinking the

    それじゃダメなんだそれはそれでいいんです。しかし、飲むという行為の話になると

  • coffee, we use the verb "have" in English. Okay? So you didn't "take" a coffee; you say

    コーヒーを飲むときは、英語では "持っている "という動詞を使います。いいですか?コーヒーを "持っている "のではなくて

  • "I had" in the past, right? "I had a coffee this morning." Same thing for the second one.

    "I had "って過去にもあったよね?"今朝はコーヒーを飲んだ"2つ目も同じ。

  • So this one says: "I take dinner around six." Well, in English, we don't really say, "I

    これは"6時頃に夕食を取る "と書いてある英語では「私は6時頃に夕食を取る」とは言いませんが

  • take dinner around six." We say, "I have dinner", okay? So when you're talking about food, you

    "6時頃に夕食を取る"私たちは "夕食を取る "と言いますよね?食べ物の話をしている時は

  • "have breakfast", "have lunch", "have dinner", "have coffee". You "have pizza". You "have

    "朝食をとる" "昼食をとる" "夕食をとる" "コーヒーをとる"あなたは "ピザを持っている"あなたは "持っている

  • a sandwich". Anything to do with food, use the verb "have". Now, let's move on to No.3.

    a sandwich」。食べ物に関することなら何でも、動詞 "have "を使いましょう。では、3番に移りましょう。

  • Okay, so this one is, actually, a preposition

    これは実は前置詞なんだけど

  • error, and it's when people use "for" when they mean to use an infinitive. So for example,

    エラーが発生するのは 不定詞を使いたいときに "for" を使うときですだから例えば

  • "I use it for go to work." Imagine you have a car, and people ask you, "What do you use

    "通勤に使っています"あなたが車を持っていると想像してみてください。そして、人々はあなたに「何を使うのか」と尋ねます。

  • your car for?" You know, do you drive around a lot, or you say, "No, no. I only use it

    "あなたの車は何のために?"よく車を運転するか "いやいや "と言いますよね?私はそれを使用するだけです

  • to go to work", right? So we don't say "for go", we use "to go". Now, why do we do this?

    to go to work」ですよね。だから "for go "ではなく "to go "を使います。さて、なぜこんなことをするのでしょうか?

  • Well, when you have a verb and you follow that verb with either a pronoun or an object

    動詞があって、その動詞の後に代名詞や目的語をつけると

  • of some kind, the verb afterwards has to be an infinitive, okay? So also, if you look

    の後の動詞は不定詞でなければなりません。だから、また、あなたが見た場合

  • down here, "I need glasses for read." Well, we know it's "to read". And: "She ran for

    "読書にはメガネが必要だ""読むために "だと分かっているそして"彼女は出馬した

  • catch the bus." "She ran to catch the bus." Again, there are some verbs, as you know,

    "バスに乗るために走った""彼女はバスを捕まえるために走った"繰り返しになりますが、ご存知のように動詞があります。

  • which are only followed by gerunds, some verbs which are only followed by infinitives. So

    は、動詞の後にしか続かない動詞、不定詞の後にしか続かない動詞があります。ということで

  • here, if you want to have a verb and you want to use another verb, another action after

    ここでは、動詞があって、別の動詞を使いたい場合は、別のアクションの後に

  • that verb -- so "she ran to catch the bus" -- it has to be a gerund or infinitive. An

    その動詞は、「彼女はバスに乗るために走った」というように、gerundか不定詞でなければなりません。冠詞か不定詞でなければなりません。

  • "infinitive" is "to" plus the base verb, okay? So don't say, "I use it for do", "for do something."

    "不定詞 "は "to "に基底動詞を加えたものだよ?だから "doのために使う" "何かをするために使う" とは言わないでね

  • "I use it to do something." "I need glasses to read", not "for read". Okay? So if you

    "何かをするために使う""読むにはメガネが必要" "読むためではなく"いいですか?だから、もしあなたが

  • ever have, you know, the desire to have a verb plus another action, either use a gerund

    已むに已まれず

  • or in this case, it's not "for do something", it's "to do" something. All right, guys. Let's

    またはこの場合は「何かをするために」ではなく「何かをするために」ですよし、みんなましょう。

  • look at No. 4. So this one is, actually, an adjective choice

    4番を見てくださいこれは、実は形容詞の選択です

  • error, and it's the difference between -ing and -ed adjectives. So when you feel something

    エラー、それは-ingと-edの形容詞の違いです。なので、何かを感じたときに

  • internally, inside -- it's a personal feeling -- you should be using an -ed adjective, not

    internal, inside -- 個人的な感覚です。

  • an -ing adjective. So all three examples on the board here are, actually, incorrect. So

    という形容詞があります。ですから ここの掲示板に書かれている 3つの例はすべて 実は不正確なのですということで

  • the first one says, "I am exciting about that." So if you have, like, high interest in something

    最初のものは "それについてワクワクしている "と言います何かに高い関心を持っているならば

  • that's coming up, like a concert, you are not exciting about it; you are excited,

    コンサートのように、それが近づいていると、あなたはそれに興奮しているのではなく、あなたは興奮しています。

  • all right? You say, "I am excited." It's an internal feeling, okay? The second one, "He is interesting

    いいですか?"興奮してる "って言うんだ内面的な感情だよ(徳井)"面白い人だな "って

  • in music." You want to say that he has interest in music. So "He is interested"; "he is personally

    "音楽の中で"彼が音楽に興味を持っていると言いたいのですね。だから "He is interested"; "he is personally

  • interested"; "he has an internal interest." And finally, "I feel so boring." This means

    "興味がある""内面的な興味がある"そして最後に "私はとてもつまらないと感じています"これは、次のような意味です。

  • that you are a boring person, and other people think you are boring, you are not interesting,

    自分がつまらない人間で、他の人からつまらないと思われているということは、自分が面白くないということではないでしょうか。

  • which is not a good thing to say about yourself. So you say, "Oh, my goodness, I feel so bored."

    自分のことを言うのは良くないだからあなたは "あらあら 退屈な感じがする "と言うのです

  • Okay? "I'm bored." That's it. Okay, guys, so again, if it's internal, it's an -ed adjective.

    (山里)いいですか?"退屈だ"それだけだみんな、もう一度言うけど、それが内的なものであれば-edの形容詞だよ

  • If it's external, it's -ing. So you say, "I am excited because the class is exciting."

    外的なものであれば、-ingです。だから "授業がワクワクするからワクワクする "と言うのですね。

  • "I am interested because the movie is interesting." So let's move on to the last one, No. 5.

    "映画が面白いから興味がある"では、最後の5番に移りましょう。

  • This final one is, actually, the difference between "it is" and "is". Now, I know in many

    この最後の1つは、実は「ある」と「ある」の違いです。さて、私は多くの

  • languages, you can start a sentence, a statement, with "is". In English, you can start a question

    言語では、文や文を "is "で始めることができます。英語では、質問を

  • with "is", a yes/no question, no problem. "Is it cold today?" "Is he here?" "Is it easy?

    "is "で イエスかノーかの質問で 問題ありません"今日は寒いですか?""彼はいますか?""簡単ですか?

  • Like, is it an easy test?" Okay? However, when you make a statement, you cannot say

    "簡単なテストなの?"とか?しかし、発言をするときには

  • "is good", "is easy", "is not a problem". You have to say "it is". In English, you need

    "が良い」「簡単」「問題ない」ということは"it is "と言わなければなりません。英語では

  • the subject, okay? So for these, we don't say "is good"; we say "It's good!" "It's easy!"

    主語を使って、いいですか?これは "良い "ではなく "良い!"と言うんだ"簡単だ!"

  • "It's not a problem!" Okay? And all of these mean "it is", "it is", "it is". So not "is

    "問題ない"いいですか?そしてこれらは全て「ある」「ある」「ある」という意味ですだから "それは "じゃなくて

  • good"; "It's good". Not "is easy"; "It's easy". Not "is not a problem"; "It's not a problem".

    良い」;「良い」。not "is easy"; "It's easy".not "is not a problem"; "It's not a problem".

  • All right, guys, so let's review these five common new English learner mistakes.

    それでは皆さん、この5つの新米英語学習者のよくある間違いをおさらいしましょう。

  • Okay, so No. 1: We say, "it depends" or "it depends on". We don't say "it's depend" or

    さて、ではその1:私たちは「依存する」「依存する」と言います。私たちは、"it's depend "や "it's depend on "とは言いません。

  • "it depends of". No. 2: We say, "I'm having sushi for dinner"; not "I'm taking sushi",

    "it depends of"その2:私たちは "I'm having sushi for dinner "と言います。"I'm taking sushi "ではなく、"I'm taking sushi "と言います。

  • okay? So anything with food, use the verb "have". No. 3: "I visit EngVid to improve

    分かった?だから食べ物のあるものは何でも動詞「持っている」を使いましょう。その3:「EngVidを訪問して改善する

  • my English". Not "for improve", but "to improve". And No. 4: "I am excited about that"; not

    私の英語」をfor improve」ではなく、「to improve」。そして4番:「私はそのことについて興奮している」;ではなく

  • "I am exciting for that." If it's internal, you are "excited"; you are "interested"; you

    "そのためにワクワクしている"内面的なものであれば "ワクワクしている";"興味がある";"興味がある";"興味がある

  • are "bored"; you are "horrified". Okay? And finally: "It's fantastic", not "is fantastic".

    は「退屈」であり、あなたは「恐怖」です。いいですか?最後に"It's fantastic "であって "is fantastic "ではありません。

  • If you'd like to test your understanding of these five very common new English learner

    この5つの非常に一般的な新英語学習者の理解度をテストしたい場合は

  • mistakes, as always, you can check out the quiz on www.engvid.com. And don't forget to

    の間違いは、いつものように、www.engvid.com でクイズをチェックしてみてください。を忘れないでください。

  • subscribe to my YouTube channel. Thanks, guys.

    私のYouTubeチャンネルを購読してください。ありがとう、みんな。

Hey, guys. I'm Alex. Thanks for clicking, and welcome to this lesson on "5 Common New

やあ、みんな私はアレックスです。クリックしていただきありがとうございます。このレッスンへようこそ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 動詞 コーヒー 英語 夕食 話者 間違い

英語学習者によくある5つの間違い

  • 21115 1878
    VoiceTube に公開 2013 年 10 月 14 日
動画の中の単語