Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The way we tell stories has naturally changed

    翻訳: Yuko Yoshida 校正: Naoko Fujii

  • since Aristotle defined the rules of tragedy

    物語の語り方は 自然と変わってきています

  • about 2,500 years ago.

    アリストテレスが 悲劇とは何かを定義して以来

  • According to him,

    およそ2千5百年の間にです

  • the role of storytelling is to mimic life and make us feel emotions.

    彼によれば 物語を語ることの役割とは

  • And that's exactly what storytelling as we know it

    人の生き様を再現することで 聞き手に感情を呼び起こすというものでした

  • has done very well since then.

    ご承知のとおり 以来 物語はその役割を

  • But there is a dimension of life

    非常によく果たしてきました

  • that storytelling could never really reproduce.

    しかし 人生には

  • It is the notion of choices.

    物語には決して 真に再現しえない側面があります

  • Choices are a very important part of our lives.

    それは 選択するということです

  • We as individuals are defined by the choices we make.

    選択は 日々生きていく上で とても重要なものです

  • Some of our decisions can have very significant consequences

    私たち 1人1人は 自らの選択によって特徴づけられています

  • and totally change the courses of our lives.

    私たちが行う選択の中には 非常に重大な結果をもたらし

  • But in a play, a novel or a film,

    その後の人生を 一変させるものもあります

  • the writer makes all the decisions in advance for the characters,

    しかし 演劇や小説 映画の中では

  • and as the audience,

    登場人物は 作者があらかじめ決めた 選択をするだけで

  • we can only watch, passively,

    聞き手たる私たちは

  • the consequences of his decisions.

    その作者の選択がもたらす結末を

  • As a storyteller, I've always been fascinated

    なす術もなく ただ見守ることしかできません

  • with the idea of recreating this notion of choices in fiction.

    私が 物語の作り手として ずっと惹かれてきた考えがあります

  • My dream was to put the audience in the shoes of the main protagonists,

    それはフィクションの分野で この選択のあり方を再創造することです

  • let them make their own decisions,

    聞き手が 主人公の立場に立って 自ら選択を行い

  • and by doing so, let them tell their own stories.

    そうすることで

  • Finding a way to achieve this is what I did in the past 20 years of my life.

    自分なりの物語を語れるようにする それが私の夢でした

  • Today, I would like to introduce you to this new way of telling stories,

    これを実現するため 私は この20年を捧げてきました

  • a way that has interactivity at its heart.

    今日 皆さんには この新しい 物語の語り方をご紹介したいと思います

  • Rather than exposing the theory behind it,

    本質的にインタラクティブな語りです

  • which could have been kind of abstract and probably a little bit boring,

    その背後にある理論を ご披露しても良いのですが

  • I thought it would be a great opportunity to do a little experiment.

    抽象的なところもあり おそらく少々退屈でもありますから

  • I would like you, the people here at TED,

    ちょっと実演をしてみましょう

  • to tell your own story.

    TEDの会場にお越しの皆さんに

  • So I came with an interactive scene that we are going to play together.

    実際に皆さん独自の物語を 語っていただきたいと思います

  • I've asked Vicky --

    インタラクティブなシーンを用意しましたので 一緒にプレーしましょう

  • hello, Vicky --

    ヴィッキーが―

  • to control the main character for us.

    ヴィッキー よろしく―

  • And your role -- you, the audience --

    私たちの代わりに 主人公を操作してくれますので

  • will be to make the choices.

    ここにいる皆さんは

  • So Vicky and I don't know what's going to happen,

    選択をしてください

  • because it will all be based on your decisions.

    どんなことが起こるのか ヴィッキーも私も知りません

  • This scene comes from our next game, called "Detroit: Become Human,"

    すべては 皆さんの選択に かかっているのですから

  • and we are in the near future,

    こちらは『Detroit: Become Human』 という新作の1シーンです

  • where technology made possible the creation of androids

    舞台は近未来で

  • that look exactly like human beings.

    技術の進展により 人間と同じ姿かたちの

  • We are in the shoes of this character called Connor,

    アンドロイドが作れるように なった世界です

  • who is an android,

    私たちは こちらの コナーという登場人物になります

  • and he can do very fancy things with coins, as you can see.

    彼はアンドロイドで

  • He has this blue triangle on this chest,

    さっきのように器用に 硬貨を操ることもできます

  • as all androids do,

    胸に青い三角形の印がありますが

  • and now Vicky is in control of this character.

    これは すべてのアンドロイドに 付けられているものです

  • She can walk around, she can go anywhere, she can look around,

    では ヴィッキーに 操作してもらいましょう

  • she can interact with her environment,

    歩き回って どこにでも行け ぐるっと見渡したり

  • and now she can tell her own stories by making choices.

    周囲にあるものと 触れ合ったりもでき

  • So here we have our first choice.

    さまざまな選択をすることで 自分なりの物語ができるのです

  • There is a fish on the ground.

    さあ ここで最初の選択です

  • What should we do?

    魚が地面に落ちていますね

  • Should we save it or should we leave it?

    どうしますか?

  • Remember, we are under time pressure,

    助けるか 放っておくか?

  • so we'd better be fast.

    時間は限られています

  • What should we do?

    早く決めなければいけません

  • Audience: Save it!

    どうしますか?

  • David Cage: Save it? Save the fish?

    (聴衆)助ける!

  • (Video) (Fish plops)

    (ケージ)助ける? 魚を助けるんですね?

  • DC: There we go.

    (ポチャンという音)

  • OK, we have an android who likes animals.

    (ケージ)はい 助けました

  • OK, let's move on.

    動物好きのアンドロイドですね

  • Remember, we have a hostage situation.

    先に進みましょう

  • (Video) Woman: Please, please, you've got to save my little girl!

    今 人質事件が起きています

  • Wait -- you're sending an android?

    (女性)お願い 娘を助けて!

  • Officer: All right, ma'am, you need to go.

    え アンドロイドなの?

  • W: You can't do that!

    (職員)さあ 行きますよ

  • Why aren't you sending a real person?

    (女性)ひどいわ

  • DC: OK, she's not really happy.

    なんで本物の人間を寄こさないのよ

  • Her daughter's been taken hostage by an android,

    (ケージ)彼女はご不満なようですね

  • and of course, she's in a state of shock.

    娘がアンドロイドに 人質に取られていますから

  • Now we can continue to explore this apartment.

    当然 ショック状態にあるんです

  • We see all the SWAT forces in place.

    では この建物の探索を続けましょう

  • But we need to find this Captain Allen first.

    SWAT部隊が任務に就いていますね

  • That's the first thing we need to do.

    まずは アレン隊長を 見つけましょう

  • So, again, we can go anywhere.

    それが最優先です

  • Vicky's still in control of the character.

    いいですか 私たちは自由に動けますよ

  • Let's see -- oh, I think this is Captain Allen. He's on the phone.

    ヴィッキーが操作して くれていますからね

  • (Video) Connor: Captain Allen, my name is Connor.

    ああ こちらがアレン隊長のようです 電話中ですね

  • I'm the android sent by CyberLife.

    (コナー)アレン隊長 私はコナーです

  • Captain Allen: Let's fire at everything that moves.

    サイバーライフ社から送られた アンドロイドです

  • It already shot down two of my men.

    (アレン)動くものすべてを撃て

  • We could easily get it, but they're on the edge of the balcony --

    仲間が2人もやられたんだ

  • it if falls,

    ヤツを捕まえるのは簡単だが ベランダの端にいる

  • she falls.

    もし ヤツが落ちたら

  • DC: OK, now we need to decide what we want to ask the captain.

    人質も落ちる

  • What should be our choice?

    (ケージ)さあ ここで 隊長に何を尋ねるか決めましょう

  • Deviant's name? Deviant's behavior? Emotional shock?

    何を選択しますか?

  • (Video) C: Has it experienced an emotional shock recently?

    変異体の名前? 変異体の行動? 精神的ショック?

  • Capt A: I haven't got a clue. Does it matter?

    (コナー)ヤツは 最近何か 精神的ショックを受けたのでしょうか?

  • C: I need information to determine the best approach.

    (アレン)知らない 関係あるか?

  • DC: OK, a second choice. Maybe we can learn something.

    (コナー)最適なアプローチを探るため 情報が必要なんです

  • What should we choose?

    (ケージ)では2度目の選択です 何か情報が得られるかもしれません

  • Audience: Behavior.

    何を選びますか?

  • DC: OK, deviant behavior, Vicky.

    (聴衆)行動

  • (Video) C: Do you know if it's been behaving strangely before this?

    (ケージ)では 変異体の行動を

  • Capt A: Listen ... saving that kid is all that matters.

    (コナー)以前にも ヤツは おかしな行動を取っていたんでしょうか?

  • DC: OK, we are not going to learn anything from this guy.

    (アレン)なあ 大事なのは 子どもを助けることだ

  • We need to do something.

    (ケージ)どうも彼からは 情報を得られそうにありません

  • Let's try to go back in the lobby.

    何かしなければいけません

  • Oh, wait -- there's a room over there on your right, Vicky, I think.

    ロビーに戻ってみましょう

  • Maybe there's something we can learn here.

    おや 右側に部屋があるようですよ

  • Oh, there's a tablet.

    ここで 何か情報が 得られるかもしれません

  • Let's have a look.

    タブレットがありますね

  • (Video) Girl: This is Daniel, the coolest android in the world.

    見てみましょう

  • Say "Hi," Daniel.

    (女の子)これはダニエル 世界で一番カッコいいアンドロイドなの

  • Daniel: Hello!

    ダニエル ご挨拶して

  • G: You're my bestie, we'll always be together!

    (ダニエル)こんにちは

  • DC: That was just one way of playing the scenes,

    (女の子)親友よ ずっと一緒だからね [変異体の名 ダニエル]

  • but there are many other ways of playing it.

    (ケージ)これはプレー方法の1例に過ぎず

  • Depending on the choices you make,

    もっと多くの やり方があります

  • we could have seen many different actions,

    どんな選択をするかによって

  • many different consequences,

    さまざまな行動や結果

  • many different outcomes.

    さまざまな結末を 見ることができます

  • So that gives you an idea of what my work is about as an interactive writer.

    インタラクティブ作家としての私の作品が どんなものかお分かりいただけたでしょう

  • Where a linear writer needs to deal with time and space,

    一方向作品の作家は 時間と空間を考えれば良いですが

  • as an interactive writer,

    インタラクティブ作家は

  • I need to deal with time, space and possibilities.

    時間 空間 そして可能性を 扱う必要があります

  • I have to manage massive tree structures,

    巨大なツリー構造を 操らねばなりません

  • where each branch is a new variation of the story.

    ツリー構造の枝の1本1本が 物語の新たな筋書きなのです

  • I need to think about all the possibilities in a given scene

    そのシーンで起こりうる すべての可能性を考えて

  • and try to imagine everything that can happen.

    起こりうる すべてを 想像しようとします

  • I need to deal with thousands and thousands of variables,

    無数の変数や条件 可能性を 考えねばならないのです

  • conditions and possibilities.

    その結果として 映画の脚本なら百ページくらいのところ

  • As a consequence, where a film script is about 100 pages,

    このようなインタラクティブ作品では 4、5千ページにもなります

  • an interactive script like this is between four and five thousand pages.

    私の作品がどんなものか ご覧いただけたと思いますが

  • So that gives you an idea of what this work is about.

    つまり ここでは唯一無二の経験が できるということなんです

  • But I think, in the end, the experience is very unique,

    というのも これはコラボレーションの結果だからです

  • because it is the result of the collaboration

    作家が 筋書きの大枠を作り上げ

  • between a writer creating this narrative landscape

    プレーヤーが自分なりの決断を下し

  • and the player making his own decisions,

    自らの物語を作って 物語の共同作家 かつ

  • telling his own story and becoming the cowriter

    共同役者 共同ディレクターと なるからです

  • but also the coactor and the codirector of the story.

    インタラクティブな物語は 物語の語り方における変革です

  • Interactive storytelling is a revolution in the way we tell stories.

    インタラクティブ・テレビや 仮想現実、ビデオゲームといった―

  • With the emergence of new platforms like interactive television,

    新たなプラットフォームの誕生と共に

  • virtual reality and video games,

    これは エンターテイメントの新たな形 さらには

  • it can become a new form of entertainment

    アートの新たな形とさえ なりうるのです

  • and maybe even a new form of art.

    私は確信しています

  • I am convinced that in the coming years,

    近い将来 次世代の才能によって もっと感動的で意義深い

  • we will see more and more moving and meaningful interactive experiences,

    インタラクティブな経験が できるようになるでしょう

  • created by a new generation of talents.

    そのような媒体が待っているのは オーソン・ウェルズや

  • This is a medium waiting for its Orson Welles

    スタンリー・キューブリック のような存在で

  • or its Stanley Kubrick,

    間違いなく そうした才覚はすぐに現れ

  • and I have no doubt that they will soon emerge

    活躍することになるでしょう

  • and be recognized as such.

    インタラクティブな物語は

  • I believe that interactive storytelling can be

    20世紀における映画のように

  • what cinema was in the 20th century:

    時代を大きく変えるアートになりうると 信じています

  • an art that deeply changes its time.

    ありがとうございました

  • Thank you.

    (拍手)

  • (Applause)

The way we tell stories has naturally changed

翻訳: Yuko Yoshida 校正: Naoko Fujii

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED インタラクティブ ケージ アンドロイド コナー アレン

TED】David Cage: How video games turn players into storytellers (How video games turn players into storytellers | David Cage) (【TED】David Cage: How video games turn players into storytellers (How video games turn players into storytellers | David Cage))

  • 691 23
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語