Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Netflix has become a staple on American households.

    Netflixはアメリカの家庭では定番になってきています。

  • So it might be hard to believe that the majority of its 137 million subscribers are international.

    そのため、その1億3700万人の加入者の大半が海外の方だとは考えにくいかもしれません。

  • The streaming giant has expanded to over a 190 countries, but one country where Netflix has had difficulty breaking through is India.

    ストリーミング大手は190カ国以上に進出しているが、Netflixが突破に苦労している国の一つがインドだ。

  • Both Netflix and Amazon Prime Video launched in India in 2016.

    NetflixもAmazonプライムビデオも2016年にインドでサービスを開始しました。

  • Thanks in part to the drastic drop in mobile data prices.

    モバイルデータの料金が大幅に下がったおかげもあります。

  • Streaming services which were once considered a luxury suddenly became increasingly more appealing to Indians.

    かつては贅沢品とされていたストリーミングサービスは、突然、インド人にとって魅力的なものになった。

  • India is now the second largest internet market in the world following China.

    インドは現在、中国に次ぐ世界第2位のインターネット市場となっています。

  • More than 35 different streaming services have launched or expanded their businesses in India in the last three-and-a-half years.

    インドでは過去3年半の間に35種類以上のストリーミングサービスが立ち上がったり、事業を拡大したりしています。

  • One company that streams Cricket and Indian movies and shows called Hotstar is leading the race.

    Hotstarと呼ばれるクリケットやインドの映画やショーをストリーム配信している会社が1社、レースをリードしています。

  • Research firm Jana estimates Hotstar holds about 70% of the on-demand local streaming services market.

    調査会社のJanaは、Hotstarがオンデマンドローカルストリーミングサービス市場の約70%を占めていると推定しています。

  • Even Amazon Prime video is bigger than Netflix in India.

    インドではAmazonプライムビデオですらNetflixより大きい。

  • And India's online video market valued at over $700 million is expected to grow to $2.4 billion in value by 2023.

    そして、インドのオンライン動画市場の評価額は7億ドル以上で、2023年には24億ドルにまで成長すると予想されています。

  • But according to analysts, Netflix is not grabbing a huge piece of that pie.

    しかしアナリストによると、Netflixはそのパイの巨大な部分を掴んでいないという。

  • We think that Netflix likely has somewhere between half a million and a million paid streaming subs in India right now.

    我々は、Netflixはおそらくどこか50万から100万の有料ストリーミングサブを今インドで持っていると考えています。

  • Pricing might be one reason Hotstar has had an edge on Netflix.

    HotstarがNetflixに優位に立っている理由の一つに価格設定があるかもしれません。

  • Hotstar offers its premium service for about $3 a month in India and about 80% of its catalog is free to begin with.

    Hotstarはインドでは月3ドル程度でプレミアムサービスを提供しており、カタログの約8割はそもそも無料です。

  • Amazon Prime costs about a $1.90 a month including access to Prime Music.

    Amazonプライムは、プライムミュージックへのアクセスを含めて月に約1.90ドルかかります。

  • Compare that to the cheapest plan that Netflix offers which is a little over $7 a month.

    Netflixが提供している最も安いプランと比較すると、月に7ドル以上の少しです。

  • Hotstar also offers streaming rights to the majority of Cricket tournaments in India, the country's most popular sport.

    また、Hotstarは、インドで最も人気のあるスポーツであるクリケットのトーナメントの大部分のストリーミング権を提供しています。

  • Earlier this year, 10.3 million viewers tuned into Hotstar to watch the finale of the Indian Premier League tournament.

    今年の初めには、インド・プレミアリーグのフィナーレを見るために、1,030万人の視聴者がHotstarにチューンインしました。

  • Facebook even offered to pay more than $600 million for the IPL's digital rights but lost out to Star India which owns Hotstar.

    Facebookも、IPLのデジタル権利のために6億ドル以上を支払うことを申し出たが、Hotstarを所有しているスターインドに負けた。

  • It's worth noting that Netflix has purposefully stayed away from streaming live sports in the United States.

    注目すべきは、Netflixが意図的に米国でのスポーツのライブストリーミングから遠ざかっていることです。

  • It's a strategy that's worked well so far domestically but it remains to be seen if it will work in India.

    これまでのところ国内ではうまくいっている戦略だが、インドでうまくいくかどうかはまだわからない。

  • Then there's the hunger for local content, here again Hotstar has an advantage.

    その後、ローカルコンテンツへの飢餓がありますが、ここでもHotstarは優位性を持っています。

  • Because it's been able to provide shows in regional languages which it borrows from channels operated by Star India, its parent .

    スター・インディアが運営するチャンネルから借りている地域の言語でのショーを提供することができたので、その親 .

  • But Netflix has taken note of the demand.

    しかし、Netflixはその需要に注目しています。

  • We'll go from expanding, you know, beyond English into Hindi and then into many more languages, more pricing options, more bundling, all of those things are possible.

    私たちは、英語を超えてヒンディー語に、さらに多くの言語に、より多くの価格オプション、より多くのバンドル、それらのすべてのことが可能になります。

  • So we'll take it, you know, a million at a time and figure out how to expand the market as we grow.

    それを100万ずつ、どうやって市場を拡大していくかを考えていくんです。

  • Despite India's challenges, part of the reason investors have given Netflix its God evaluation is precisely because it has room to expand.

    インドの課題にもかかわらず、投資家がNetflixに神の評価を与えた理由の一部は、まさにNetflixに拡大の余地があるからです。

  • It's been an awesome growth story and it will continue to be an awesome global growth story as they expand into Asia, India and some of the international markets.

    これは素晴らしい成長物語であり、彼らがアジア、インド、そして国際市場の一部に進出していく中で、世界的にも素晴らしい成長物語であり続けることでしょう。

  • So our evaluation right now is $420 a share, that's progressed upward over time.

    今の評価は1株420ドルで、時間の経過とともに上昇しています。

  • And we think that given that global runway it's likely to continue to go in that direction.

    そして、世界的な滑走路を考えると、今後もその方向に進む可能性が高いと考えています。

  • It'll take time for Netflix to build up its presence.

    Netflixが存在感を増すには時間がかかるだろう。

  • We have generally seen historically it take about three years for Netflix to achieve 10% household broadband penetration.

    私たちは一般的に、Netflixが家庭のブロードバンド普及率10%を達成するには3年ほどかかると歴史的に見てきました。

Netflix has become a staple on American households.

Netflixはアメリカの家庭では定番になってきています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 インド ストリーミング プライム ドル 市場 サービス

Netflixがインドで苦戦している理由

  • 12458 597
    Liang Chen に公開 2018 年 12 月 13 日
動画の中の単語