Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Our society routinely makes decisions

    私たちの社会は日常的に意思決定をしています。

  • without consulting a quarter of the population.

    人口の4分の1にも相談せずに

  • We're making choices about land use, energy production and natural resources

    私たちは、土地利用、エネルギー生産、天然資源についての選択をしています。

  • without the ideas and experiences of the full community.

    コミュニティ全体の考えや経験を抜きにして

  • The car, an inanimate object, has more say over public policy

    無生物である車の方が公共政策に発言力がある

  • than this group of citizens.

    この市民グループよりも

  • Can you guess which group I'm talking about?

    どのグループのことかわかるかな?

  • It's children.

    それは子供たちです。

  • I work in urban design, and not surprisingly,

    アーバンデザインの仕事をしていますが、意外とそうではありません。

  • most cities are designed by adults.

    ほとんどの都市は大人が設計しています。

  • Urban planners, architects, developers, politicians,

    都市計画家、建築家、開発者、政治家。

  • and occasionally, a few loud citizens.

    と、時折うるさい市民の声が聞こえてきます。

  • Rarely do you consider the voices of a group of four-year-olds,

    4歳児の集団の声を考慮することは稀です。

  • barely tall enough to reach the podium at city council chambers.

    市議会の演壇に立つのがやっとの身長。

  • But today, I want to ask you this:

    でも、今日はこれを聞きたい。

  • What would happen if we asked children to design our cities?

    子どもたちに街のデザインをお願いしたらどうなるのか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Back in 2009, I was introduced to a small group of people

    2009年のことですが、私が紹介されたのは少人数のグループでした。

  • who wanted to start a child-friendly city initiative in Boulder, Colorado.

    コロラド州ボルダーで子どもに優しい街づくりを始めたいと考えていた人が

  • I come from a family of civil rights advocates,

    私は公民権擁護派の家系から来ました。

  • and I had spent my career until that point

    と、それまでのキャリアを振り返ってみました。

  • working with low-income children and families.

    低所得の子供たちや家族と一緒に働いています。

  • But I had never heard of a child-friendly city initiative before.

    しかし、子どもに優しい街づくりの取り組みというのは、今まで聞いたことがありませんでした。

  • So I figured its purpose would be to address some of the frustrations

    だから、その目的は、いくつかの不満に対処することだと考えました。

  • I had encountered as the parent of a young child.

    幼い子供の親としての出会いがありました。

  • Perhaps we would advocate for more changing tables in restaurants.

    もしかしたら、飲食店ではもっとテーブルを変えることを提唱するかもしれません。

  • Or create indoor play spaces for those cold and rainy days.

    寒い日や雨の日のための室内の遊び場を作ることもできます。

  • In other words, make the city more hospitable to children and families.

    つまり、子どもや家族に優しい街にしましょう。

  • It wasn't until after I committed to this project

    私がこのプロジェクトにコミットした後までは

  • that I realized I had it all wrong.

    自分が勘違いしていたことに気がついたのです。

  • We wouldn't be designing better cities for children.

    私たちは子供たちのために、より良い都市を設計することはできないでしょう。

  • Children would be designing better cities for themselves,

    子供たちは自分たちのためにより良い都市を設計するだろう。

  • and for the rest of us, too.

    と、それ以外の人のためにも

  • Now, I bet you're skeptical about this idea.

    さて、あなたはこの考えに懐疑的なのではないでしょうか。

  • And honestly, I was, too.

    正直、私もそうでした。

  • I mean, there must be a reason the voting age is 18.

    投票年齢が18歳になったのには理由があるはずだが

  • (Laughter)

    (笑)

  • How could children possibly understand complex ideas

    子供が複雑な考えを理解するにはどうしたらいいのか

  • such as the affordable housing crisis

    手ごろな価格の住宅危機など

  • or how to develop a transportation master plan?

    あるいは、交通マスタープランの作成方法は?

  • And even if they had ideas, wouldn't they be childish?

    仮にアイデアがあったとしても、幼稚なのではないでしょうか?

  • Or unreasonable?

    それとも理不尽?

  • Do our cities really need a park made out of candy?

    私たちの街には本当にアメで作られた公園が必要なのでしょうか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Or a bridge with water cannons

    または水鉄砲のある橋

  • that fire water onto unsuspecting kayakers below?

    カヤックの下に水を撒き散らすのか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • While these concerns sound legitimate,

    これらの懸念は正当に聞こえるが

  • I realized that not including children in city planning

    まちづくりに子どもを入れないことに気がついた

  • was a bigger design problem.

    は、より大きな設計上の問題でした。

  • After all, shouldn't we include end users in the design process?

    結局のところ、設計プロセスにエンドユーザーを含めるべきではないでしょうか?

  • If we're building a park to be largely used by kids,

    子供が主に使う公園を作るなら

  • then kids should have a say in the park's design.

    ならば、子供たちは公園の設計に発言権を持つべきだ。

  • So with all of this in mind,

    それを踏まえた上で

  • we formed a program called "Growing Up Boulder,"

    グローイング・アップ・ボルダーというプログラムを結成しました。

  • and my job is to work with children ages zero through 18

    私の仕事は0歳から18歳までの子供たちと一緒に仕事をすることです。

  • to come up with innovative city-design solutions.

    革新的な都市設計のソリューションを提案します。

  • How do we do this, you might ask?

    どうやってやるんだ?

  • Let me give you a real example.

    実例を挙げてみましょう。

  • In 2012, the city of Boulder decided to redesign a large downtown park,

    2012年、ボルダー市はダウンタウンの大規模な公園を再設計することを決定しました。

  • known as the Civic Area.

    シビックエリアとして知られています。

  • This space is bounded by a farmers' market on one end,

    このスペースの一端はファーマーズマーケットに囲まれています。

  • Boulder Public Library on the other end,

    反対側にはボルダー公共図書館があります。

  • and by Boulder Creek, which runs through the middle.

    と中央を流れるボルダー・クリークのそばにある。

  • The space needed a new design

    新しいデザインを必要としていた空間

  • to better handle the creek's inevitable flash floods,

    避けられない鉄砲水にも対応できるようにするためです。

  • restore a sense of safety to the area

    安心感を取り戻す

  • and support an expanded farmers' market.

    と、ファーマーズマーケットの拡大を支援しています。

  • So from 2012 through 2014,

    だから2012年から2014年まで

  • we engaged more than 200 young people in the process,

    200人以上の若者が参加しました。

  • ranging from preschool through high school students.

    未就学児から高校生まで。

  • Now, how did we do this?

    さて、どうやってこんなことをしたのでしょうか?

  • Let me explain.

    説明させてください。

  • First, we visited children in their classrooms

    まずは、子どもたちの教室を訪問

  • and presented the project:

    と発表しました。

  • what it was, why their ideas mattered

    それが何なのか、なぜ彼らの考えが重要なのか

  • and what would happen with their recommendations.

    と、彼らの提言で何が起こるかを考えてみました。

  • Before we could influence them, we asked children to record their ideas,

    影響を与える前に、子どもたちに自分たちの考えを記録してもらいました。

  • based on their own lived experiences.

    自分の生きた経験に基づいて

  • Then we asked children to go on a field trip with us,

    そして、子どもたちに一緒に遠足に行ってもらいました。

  • to document what they liked and didn't like about the space,

    気に入ったこと、気に入らなかったことを記録しました。

  • using photography.

    写真を使って

  • Through green picture frames,

    緑の額縁を通して

  • students highlighted what they liked about the space,

    生徒たちは、その空間の好きなところを強調していました。

  • such as college students, tubing down the creek.

    大学生など、小川をチューブで下っていく。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Then they flipped those frames over and used the red side

    そして、それらのフレームを裏返して、赤い面を使用します。

  • to highlight things they didn't like, such as trash.

    ゴミのように、彼らが好きではなかったものを強調しています。

  • Our sixth-grade students studied the Civic Area

    小学6年生がシビックエリアを学習しました

  • by researching sites with similar challenges

    同じような課題を抱えているサイトを調査することで

  • from around the world.

    世界中から

  • Then, we invited the kids to combine their original ideas

    その後、子どもたちにオリジナルのアイデアを組み合わせてもらいました。

  • with their new inspiration,

    彼らの新しいインスピレーションで

  • to synthesize solutions to improve the space.

    空間を改善するためのソリューションを合成します。

  • Each class invited adult planners, city council and community members

    各クラスでは、社会人プランナー、市議会議員、地域の方々をお招きしました。

  • into the classroom, to share and discuss their recommendations.

    を教室に取り入れ、推奨事項を共有し、話し合うことができます。

  • Boulder's senior urban planners stepped over blocks and stuffed animals

    ボールダーのシニア都市計画担当者は、ブロックやぬいぐるみを踏んでいます。

  • to explore preschool students' full-size classroom recreation of the Civic Area.

    未就学児を対象としたシビックエリアの実物大の教室を再現しています。

  • Adult planners marveled at the students' ideas

    大人の企画担当者は、学生のアイデアに感嘆の声を上げていました。

  • as they shared a park constructed out of a jelly bracelet.

    ゼリーのブレスレットで作られた公園を共有していました。

  • It was supposed to be an ice-skating rink.

    アイススケートリンクになるはずだった。

  • And then, public art constructed from animal-shaped plastic beads.

    そして、動物の形をしたプラスチックビーズで構成されたパブリックアート。

  • And while this may seem ridiculous,

    馬鹿げていると思われるかもしれませんが

  • it isn't so different from the models that architects create.

    建築家が作成するモデルとは、それほど違いはありません。

  • Now, fast-forward four years, and I am pleased to report

    さて、4年前に早送りして、私が報告できることを嬉しく思います。

  • that many of the children's ideas are being implemented in the Civic Area.

    子どもたちのアイデアは、シビックエリアでも多く実践されています。

  • For example,

    例えば

  • there will be improved access to Boulder Creek,

    ボルダー・クリークへのアクセスが改善されます。

  • so kids can play safely in the water.

    子供たちが水の中で安全に遊べるように

  • Lighting in previously dark underpasses,

    以前は暗かった地下道の照明。

  • so high school students can walk home safely after school at night.

    高校生が夜の放課後に安全に歩いて帰れるように

  • And separated biking and walking paths,

    そしてセパレートされた自転車道と散策路。

  • so speeding bikers won't hit young people as they stroll by the creek.

    だからスピード違反のバイカーは、彼らが小川のそばを散歩するように若者を打つことはありません。

  • My daughter and I even skated on a new, child-requested ice-skating rink,

    娘と私は、子供の希望で新しくできたアイススケートリンクで滑ったりもしました。

  • last winter.

    去年の冬

  • So, were all of the kids' ideas implemented at the Civic Area?

    ということは、子供たちのアイデアはすべてシビックエリアで実施されたのでしょうか?

  • Of course not.

    もちろん、そんなことはない。

  • Democracy is a messy process.

    民主主義は面倒くさい。

  • But just as a reasonable and well-informed adult

    しかし、理路整然とした大人のように

  • does not expect all of her ideas to be utilized,

    は、彼女のアイデアがすべて活かされるとは思っていません。

  • neither does a nine-year-old.

    9歳児もそうだ

  • We've now been using this process for eight years,

    私たちは、このプロセスを8年前から使っています。

  • and along the way, we've found some incredible benefits

    と途中で、我々はいくつかの信じられないほどの利点を発見しました。

  • to designing cities with children.

    子どもたちと一緒に街をデザインするために。

  • First of all, kids think differently from adults.

    まず、子供は大人とは違う考え方をしています。

  • And that's a good thing.

    そして、それは良いことです。

  • Adults think about constraints,

    大人は制約について考える。

  • how much time will a project take,

    プロジェクトはどのくらいの時間がかかります。

  • how much money will it cost and how dangerous will it be.

    どれくらいのお金がかかるのか、どれくらいの危険性があるのか。

  • In other words, "Are we going to get sued?"

    つまり、"訴えられるのでは?"ということです。

  • (Laughter)

    (笑)

  • It's not that these constraints aren't real,

    これらの制約がないわけではありません。

  • but if we kill off ideas from the beginning,

    が、最初からアイデアを殺してしまえば

  • it limits our creativity and dampens the design process.

    それは創造性を制限し、デザインプロセスを減衰させます。

  • Kids, on the other hand, think about possibilities.

    一方、子供たちは可能性を考えます。

  • For kids, the sky is the limit.

    子供にとっては、空が限界です。

  • Literally.

    文字通り

  • When we worked with middle-school students to design teen-friendly parks,

    中学生と一緒にティーンに優しい公園を設計した時のこと。

  • they drew pictures of skydiving, hang gliding,

    スカイダイビングやハンググライダーの絵を描いていました。

  • (Laughter)

    (笑)

  • and jumping from trampolines into giant foam pits.

    とトランポリンから巨大な泡の穴に飛び込む。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Some of this sounds far-fetched,

    いくつかは、遠回しに聞こえます。

  • but the commonalities among the activities revealed an important story.

    しかし、その活動の共通点から重要な物語が見えてきました。

  • Our adolescents wanted thrill-seeking opportunities.

    私たちの思春期の子供たちは、スリルを求める機会を求めていました。

  • Which makes perfect sense, given their developmental stage in life.

    人生の発達段階を考えれば完璧に筋が通っている。

  • So our task, as connectors between inspiration and reality,

    だから私たちの仕事は、インスピレーションと現実の間のコネクターとして。

  • was to point them towards activities and equipment

    は、彼らに活動や設備の方向性を示すためのものでした。

  • that actually could be installed in a park.

    実際に公園に設置することができました。

  • This is exactly what parks in Australia have done,

    これはまさにオーストラリアの公園がやっていることです。

  • with their extensive zip lines and their 30-foot-tall climbing towers.

    充実したジップラインと30フィートの高さのクライミングタワーがあります。

  • When kids dream up a space,

    子供が空間を夢見るとき

  • they almost always include fun, play and movement in their designs.

    彼らのデザインには、ほとんどの場合、楽しさ、遊び、動きが含まれています。

  • Now, this is not what adults prioritize.

    さて、これは大人が優先することではありません。

  • But research shows that fun, play and movement

    しかし、研究によると、楽しさ、遊び、動き

  • are exactly what adults need to stay healthy, too.

    は、まさに大人も健康でいるために必要なものです。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Who wouldn't enjoy a tree house containing a little lending library

    誰が少し貸し出し図書館を含むツリーハウスを楽しむことはありません

  • and comfortable beanbag chairs for reading?

    と快適なビーンバックチェアで読書?

  • Or what about a public art display

    あるいは、パブリックアートの展示はどうでしょうか。

  • that sprays paint onto a canvas each time you walk up the steps?

    階段を上るたびにキャンバスに絵の具を吹き付けるのか?

  • In addition to fun and play, children value beauty in their designs.

    子どもたちは、遊びや遊びだけでなく、デザインの美しさも大切にしています。

  • When tasked with designing dense affordable housing,

    密集した手頃な価格の住宅の設計を任された場合。

  • kids rejected the blocks of identical, beige condominiums

    子供たちは、同じベージュのマンションのブロックを拒否しました。

  • so many developers favor,

    多くの開発者に支持されています。

  • and instead, put bright colors on everything,

    と、その代わりに、すべてのものに明るい色を付けてください。

  • from housing to play equipment.

    住宅から遊具まで。

  • They placed flowers between biking and walking paths,

    自転車道と散歩道の間に花を置いてくれました。

  • and placed benches along the creek,

    と小川に沿ってベンチを配置しました。

  • so kids could hang out with their friends

    子供が友達と一緒に遊べるように

  • and enjoy the tranquility of the water.

    と水の静けさを楽しむ。

  • Which leads me to nature.

    それが私を自然に導く

  • Children have a biological need to connect with nature,

    子どもは自然とつながりたいという生物学的な欲求を持っています。

  • and this shows up in their designs.

    それが彼らのデザインに表れています。

  • They want nature right in their backyards,

    彼らは自分の家の裏庭に自然を求めています。

  • not four blocks away.

    4ブロックも離れていない

  • So they design communities that incorporate water,

    だから、水を取り入れたコミュニティを設計しているのです。

  • fruit trees, flowers and animals into their common spaces on site.

    敷地内の共有スペースに果樹、花、動物を配置しています。

  • For better or worse, this is logical,

    良くも悪くもこれは論理的です。

  • because five-year-olds today are rarely allowed to walk four blocks

    今の5歳児は4ブロックも歩けないから

  • to access a park by themselves.

    を利用して、自分で公園にアクセスすることができます。

  • And nature in one's immediate environment benefits everyone,

    そして、身の回りの自然は誰にでも恩恵を与えてくれます。

  • since it has been shown to have restorative effects for all ages.

    すべての年齢層に修復効果があることが示されているため。

  • It may come as a surprise,

    意外と来るかもしれません。

  • but we even take into consideration the desires or our littlest citizens,

    しかし、私たちは欲望や私たちの小さな市民を考慮に入れることさえしています。

  • babies and toddlers.

    赤ちゃんと幼児。

  • From toddlers, we learned that the joy of walking

    幼児から、歩くことの楽しさを学んだ

  • comes from what you discover along the way.

    その道中で発見したことがきっかけとなります。

  • When they evaluated the walkability of Boulder's 19th Street corridor,

    彼らがボルダーの19番街回廊の歩きやすさを評価したとき。

  • toddlers spent long stretches exploring leaves in a ditch

    溝の葉探り

  • and sparkles in the sidewalk.

    と歩道でキラキラしています。

  • They reminded us to slow down

    スピードを落とさないといけないことを 思い出させてくれた

  • and design a path where the journey is as important as the destination.

    と、旅が目的地と同じくらい重要なパスを設計します。

  • In addition to trees and plants,

    草木の他にも

  • kids almost always include animals in their designs.

    子供たちはほとんどの場合、自分たちのデザインに動物を入れています。

  • Insects, birds and small mammals

    昆虫・鳥類・小型哺乳類

  • figure prominently into children's pictures.

    子供たちの絵の中に目立つように描かれています。

  • Whether it's because they're closer to the ground

    地面に近いからかどうかは別として

  • and can see the grasshoppers better than we can,

    私たちよりもバッタをよく見ることができます。

  • or simply because they have a greater sense of empathy for other beings,

    あるいは、単に他の存在への共感が大きいからだと思います。

  • children almost always include non-human species in their ideal worlds.

    子供たちはほとんどの場合、理想の世界に人間以外の種を入れています。

  • Across the board, children are inclusive in their city planning.

    子どもたちのまちづくりには、全庁的に、子どもたちが包括的に関わっています。

  • They design for everyone, from their grandmother in a wheelchair

    車椅子のおばあちゃんから、みんなのためにデザインしてくれます。

  • to the homeless woman they see sleeping in the park.

    公園で寝ているホームレスの女性に

  • Children design for living creatures,

    子どもたちは、生き物のためにデザインをします。

  • not for cars, egos or corporations.

    車やエゴや企業のためではなく

  • The last and perhaps most compelling discovery we made

    最後の、そしておそらく最も説得力のある発見をしました。

  • is that a city friendly to children is a city friendly to all.

    は、子供に優しい街は、みんなに優しい街であるということです。

  • Bogota, Colombia mayor Enrique Peñalosa

    コロンビア、ボゴタ エンリケ・ペニャローサ少佐

  • observed that children are a kind of indicator species.

    子どもは一種の指標種であることを観察した。

  • If we can build a successful city for children,

    子どもたちのために成功する街を作ることができれば

  • we will have a successful city for all people.

    すべての人のために成功した街を目指します。

  • Think about it.

    考えてみてください。

  • Kids can't just hop in a car and drive to the store.

    子供たちは車に乗ってお店に行くことはできません。

  • And most kids can't afford an expensive lunch at the nearby cafe.

    そして、ほとんどの子供たちは、近くのカフェで高価なランチを食べる余裕がありません。

  • So if we build cities that take into the consideration

    だから、それを考慮した都市づくりをすれば

  • their needs for alternative forms of transportation

    代替交通手段のニーズ

  • and for cheaper food venues,

    と、より安い食事会場のために。

  • we meet the needs of many other populations, too.

    私たちは他の多くの人々のニーズにも応えています。

  • The more frequent and more affordable bus service,

    バスの便数が増えて、お得になっています。

  • so desired by our youth,

    若者が望むような

  • also supports the elderly who wish to live independently,

    また、自立した生活を希望する高齢者を支援しています。

  • after they can no longer drive cars.

    車を運転できなくなってから

  • Teens' recommendations for smooth, protected walking and skateboarding paths

    ティーンエイジャーにおすすめのスムーズで安全な散歩道とスケートボードの道

  • also support the person in a wheelchair who wishes to go smoothly down the path,

    また、車いすの方のスムーズな道のりを希望する方へのサポートも行っています。

  • or the parent pushing a new stroller.

    または新しいベビーカーを押している親御さん。

  • So to me, all of this has revealed something important.

    だから、私にとっては、このすべてが重要なことを明らかにしてくれた。

  • An important blind spot.

    大切な盲点。

  • If we aren't including children in our planning,

    子供たちを計画に入れていないのであれば

  • who else aren't we including?

    他に誰が含まれていないのでしょうか?

  • Are we listening to people of color, immigrants,

    有色人種や移民の話を聞いているのか?

  • the elderly and people with disabilities, or with reduced incomes?

    高齢者や障害者、収入が減っている人は?

  • What innovative design solutions are we overlooking,

    私たちが見落としている革新的なデザインソリューションとは

  • because we aren't hearing the voices of the full community?

    それは、コミュニティ全体の声を聞いていないからでしょうか?

  • We can't possibly know the needs and wants of other people

    私たちは、おそらく他の人のニーズやウォンツを知ることはできません。

  • without asking.

    聞かなくても

  • That goes for kids and for everyone else.

    それは子供にもみんなにも言えることです。

  • So, adults, let's stop thinking of our children as future citizens

    だから、大人の皆さん、子供たちを未来の市民と考えるのはやめましょう。

  • and instead, start valuing them for the citizens they are today.

    その代わりに、今日の市民のために彼らを大切にすることを始めましょう。

  • Because our children

    私たちの子供たちは

  • are designing the cities that will make us happier and healthier.

    は、私たちをより幸せに、より健康にする都市をデザインしています。

  • Cities filled with nature, play, movement, social connection and beauty.

    自然、遊び、動き、社会とのつながり、美しさに満ちた都市。

  • Children are designing the cities we all want to live in.

    子どもたちは、みんなが住みたい街をデザインしています。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • (Applause)

    (拍手)

Our society routinely makes decisions

私たちの社会は日常的に意思決定をしています。