Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In 2004, 2 robotic geologists named Spirit and Opportunity landed on opposite sides of

    2004年に、2つのロボット地質学者の反対側に着陸したスピリットとオポチュニティの名前

  • the red planet. With far greater mobility than the 1997 Mars Pathfinder, these robotic

    赤い惑星。 1997マーズ·パスファインダー、これらのロボットよりもはるかに大きい移動度を持つ

  • explorers have trekked for miles across the Martian surface, conducting field geology

    探検家は、フィールド地質学を実施し、火星の表面を横切ってマイルにtrekkedた

  • and making atmospheric observations. During the roverslandings parachutes deployed

    と大気観測を行う。ローバー "着陸時にパラシュートが展開

  • to slow the descending spacecraft, rockets fired to slow them still more just before

    降順宇宙船を遅くするために、ロケットは直前にさらにそれらを遅らせるために発砲

  • impact, and airbags inflated to cushion their landing.

    影響、およびそれらの着陸を緩和するために膨張エアバッグ。

  • After bouncing and rolling to a halt, a protective structure of petals opened and brought the

    停止へのバウンスと圧延後、花弁の保護構造は、開いてき

  • landers to an upright position, providing a platform from which the rovers drove onto

    ローバーは、上に運転し、そこからプラットフォームを提供する直立の位置に着陸、

  • the Martian surface. Since leaving their landing sites, the twin

    火星の表面。彼らの着陸地点を残して以来、ツイン

  • rovers have sent more than 100,000 spectacular, high-resolution, full-color images of the

    ローバーは、100,000以上の壮大な、高解像度、フルカラーの画像を送信した

  • Martian terrain as well as detailed microscopic images of rocks and soil surfaces to Earth.

    火星の地形だけでなく、地球の岩石や土壌表面の詳細な顕微鏡画像。

  • Each rover weighs nearly 400 pounds. Their initial warranties of 90 days on Mars has,

    それぞれのローバーは、ほぼ400ポンドを重量を量る。火星の90日の彼らの初期保証はあり、

  • to everyone’s surprise and delight, has turned into years.

    みんなの驚きと喜びに、年になっています。

  • It can take nearly 20 minutes for radio signals sent from earth to reach Marsso the Rovers

    それは火星に到達するために、地上から送信される無線信号の約20分かかることがあります...だからバーン

  • couldn’t be driven in real time. Typical speed was just yards per hourbut Rover

    リアルタイムで駆動することができませんでした。典型的な速度は単に時間当たりヤードだった...しかし、ローバー

  • driving was always a white knuckle experience. After an 8-week, mile and a half trek through

    運転は、常に白いナックル経験でした。 8週間、マイル半のトレッキングを通じた後、

  • a desert of broken lava, Spirit finally reached the Columbia Hills. After reaching the Columbia

    壊れた溶岩の砂漠、霊がついにコロンビア·ヒルズに達した。コロンビアに達した後

  • Hills Spirit found a variety of rocks indicating that early Mars was characterized by impacts,

    ヒルズスピリットは、初期の火星は影響によって特徴づけされたことを示す岩の様々な発見

  • explosive volcanism, and subsurface water….but it had become a monumental challenge for Spirit

    爆発的火山活動と地下水....しかしそれは心のために記念碑的な課題となっていた

  • because its solar panels….its only source of energy had gotten dusty and produced just

    その太陽電池パネルは、エネルギーの唯一のソースは、ほこり得て生産していた....​​ので、ちょうど

  • half as much power as they used to. Over 1,300 commands were sent to Spirit in

    彼らが使用されるように多くの電力の半分。 1300以上のコマンドがでスピリットに送られた

  • an attempt to elicit a response but no communication has been received from Spirit since March

    応答がないコミュニケーションを誘発する試みは、3月以来スピリットから受信した

  • 22, 2010. Its total mileage remains unchanged at 4.80 miles. A series of attempts to revive

    22、2010。その総走行距離は4.80マイルで変わりません。復活しようとする一連の

  • Spirit finally ended. What is really important is not only how long Spirit worked or how

    精神がようやく終了しました。何が本当に重要なことは、仕事や方法だけどのくらいの精神ではありません

  • far Spirit drove, but how much exploration and scientific discovery Spirit accomplished.

    はるかに霊が運転しますが、どのくらいの探査や科学的発見の精神を達成。

  • Opportunity however continues to function.

    機会がしかし、機能し続けます。

  • The next generation Rover however is ready to carry on with even more advanced instrumentation……and

    次世代のローバーは、しかし、さらに高度な計測器とで伝送する準備ができている......と

  • its name is CURIOSITY. Curiosity is almost twice as long and five

    その名は好奇心です。好奇心はほぼ倍の長さと5です。

  • times heavier (2,000 pounds) as Spirit and Opportunity. But before Curiosity can explore

    スピリットとオポチュニティー倍重い(2000ポンド)。しかし、好奇心を探求する前に

  • Mars, it has to get there. The nose cone, or fairing, carrying the Mars

    火星、そこを取得する必要があります。火星を運ぶノーズコーンや、フェアリング、

  • Science Laboratory (Curiosity) falls open like a clamshell and falls away. After this,

    科学研究所(好奇心)はクラムシェルのようなオープン低下し、離れて落ちる。この後、

  • the rocket’s first stage cuts off and drops into the Atlantic Ocean.

    ロケットの第一段階は、遮断し、大西洋に落下。

  • The rocket’s second stage, a Centaur engine, is started and boosts the spacecraft out of

    ロケットの第二段階では、ケンタウルスエンジンが開始され、外宇宙船を高めている

  • Earth orbit and sends it toward Mars. Once the spacecraft is in cruise stage toward

    地球は軌道と火星に向かって送信されます。一度宇宙船に向かって巡航段階にある

  • Mars, it begins communicating with Earth. The last stage gives the spacecraft a final

    火星は、地球との通信を開始します。最後のステージでは、宇宙船の最終決定権を与える

  • push for its 8 ½ month cruise to the red planet.

    その8½赤い惑星の月のクルーズのためにプッシュします。

  • Hitting the atmosphere at about 13,000 miles per hour, the spacecraft begins to slow down.

    時速約13,000 kmで雰囲気を打つ、宇宙船は減速し始めます。

  • While slowing down, the spacecraft uses thrusters to help steer toward the landing site.

    減速しながら、宇宙船が着陸地点に向かって舵を取るためにスラスタを使用しています。

  • It throws off weights to rebalance the spacecraft, so that it is lined up for the parachute deployment.

    それはパラシュートの展開に並んでいるように、宇宙船をリバランスするための重みをオフにスローされます。

  • Once it is below the speed of sound, the heat shield separates and the spacecraft looks

    一度は音の速度を下回っている、熱シールドが分​​離し、宇宙船に見える

  • for the ground with the landing radar. Once it reaches an altitude of about 1 mile,

    着陸レーダを用いた接地用。一度それが約1マイルの高度に達すると、

  • the spacecraft drops out of the back-shell at about 200 miles an hour. It then fires

    宇宙船は約200マイル時速バックシェルの外にドロップします。その後、起動します

  • up the landing engine to slow it down even further.

    さらにそれを遅くするために着陸エンジンが。

  • Once it has descended to about 60 feet above the ground, and going only about 2 miles per

    一度それが地上約60フィートに降りており、約2マイルごとに行く

  • hour, the rover separates from the descent stage. As the rover is lowered, the wheels

    時間、ローバーは降下段階から分離されています。ローバーが低下するので、車輪

  • deploy in preparation for landing. Once the rover is safely on the ground, and

    着陸態勢に入って展開します。ローバーは地面に安全であり、いったん

  • touchdown has been detected, the descent stage cuts the rover loose. It flies away leaving

    タッチダウンが検出された、降下ステージは探査緩みをカットします。それは残して離れて飛ぶ

  • Curiosity safe on the surface of Mars. One of the first things Curiosity does after

    火星の表面上の安全な好奇心。最初のものの好奇心の一つは、後のない

  • landing is to deploy the mast, which supports many cameras and instruments.

    着陸は、多くのカメラや機器をサポートしているマストを展開することである。

  • The Curiosity rover has 10 science instruments including:

    好奇心ローバーを含む10の科学機器を持っている

  • A gas chromatograph, a gas spectrometer, and a tunable laser spectrometer to identify a

    ガスクロマトグラフ、ガス分析計、および識別するための波長可変レーザー分光

  • wide range of organic compounds. An x-ray diffraction and fluorescence instrument

    有機化合物の広い範囲。 X線回折および蛍光測定器

  • named CheMin designed to identify and quantify minerals in rocks and soils.

    岩石や土壌中の鉱物を同定および定量するために設計さシュマンという。

  • A Hand Lens Imager to take extreme close-up pictures of rocks and soil revealing details

    岩の極端なクローズアップ写真や土壌一目瞭然の詳細を取る手のレンズイメージャ

  • smaller than the width of a human hair. An Alpha Particle X-Ray Spectrometer to detect

    人間の髪の毛の幅よりも小さい。アルファ粒子は、X線分光器を検出する

  • different elements in rocks and soils. A Camera mounted on the Mast capable of capturing images

    岩石や土壌中のさまざまな要素。画像を取り込むことができるマストに取り付けられたカメラ

  • of the rover’s surroundings in high resolution and color.

    高解像度と色のローバーの周囲の。

  • An instrument named ChemCam capable of vaporizing thin layers of material from rocks or soil

    岩石や土壌からの材料の薄層を気化させることができるChemCamという楽器

  • designed to identify atoms and capture detailed images of the area.

    原子を識別し、地域の詳細な画像をキャプチャするために設計されています。

  • The drill on the arm allows it to grab some of that rock and deliver it to the laboratory

    腕のドリルは、その岩の一部を取得し、研究室にそれを提供することができます

  • instruments inside the body of the rover. And the Radiation Assessment Detector to analyze

    ローバーの本体内部の機器。放射線評価Detectorは、分析する

  • the radiation environment at the surface. This information will be necessary for planning

    表面での放射線環境。この情報は、計画のために必要になります

  • human exploration of Mars and its ability to sustain life.

    人間の火星の探査と生命を維持する能力。

  • Those instruments can get us even closer to understanding whether life could have existed

    それらの機器は寿命が存在しているかどうかにも近い理解するために私達を得ることができます

  • on Mars.

    火星上で。

  • Curiosity will be exploring the red planet for at least 2 years ……and ….there’s

    好奇心は、少なくとも2年間は赤い惑星を探索......と....そこされます。

  • no telling what we will discover.

    我々は発見するでしょうかわからない。

In 2004, 2 robotic geologists named Spirit and Opportunity landed on opposite sides of

2004年に、2つのロボット地質学者の反対側に着陸したスピリットとオポチュニティの名前

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ローバー 火星 着陸 好奇 宇宙 土壌

女性ドキュメンタリー・ナレーター - マーズ・ローバーズ 精神と機会から好奇心へ - SUBTITLES (Female Documentary Narrator - Mars Rovers From Spirit & Opportunity To Curiosity - SUBTITLES)

  • 33 6
    Maurice Han に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語