Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Wizarding World can be a complicated place.

    ウィザーディングワールドは複雑な場所になる可能性があります。

  • Welcome to WatchMojo UK and today we'll be counting down the Top Ten Harry Potter

    WatchMojo UKへようこそ、今日はトップテンのハリー・ポッターをカウントダウンします。

  • Fan Theories.

    ファンのセオリー。

  • For this list we are focussing on the wildest, most-thought provoking fan theories related

    このリストでは、私たちは関連する最も野生的な、最も思考挑発的なファンの理論に焦点を当てています。

  • to the Harry Potter universe.

    ハリー・ポッターの世界へ

  • So, wands at the ready, this is going to be interesting.

    杖の準備ができたら 面白くなりそうだな

  • Oh yes, and spoiler alert.

    そうそう、ネタバレも。

  • We've probably all heard this at some point, but what if Hogwarts never existed?

    誰もが一度は聞いたことがあると思いますが、もしホグワーツが存在しなかったら?

  • What if it was all in Harry's head and he never left the cupboard under the stairs?

    ハリーの頭の中だけで、階段下の食器棚から出なかったとしたら?

  • Given, this is a popular, throwaway theory, but in this case, it totally makes sense.

    これは一般的な投げやりな理論だが この場合は完全に筋が通っている

  • A young boy, constantly isolated and mistreated by his aunt and uncle - why wouldn't he create

    叔父と叔母から常に孤立し、虐待を受けている少年。

  • a fantasy world of friends and adventures he was never allowed to have.

    許されなかった仲間と冒険のファンタジー世界。

  • The weird thing is, even J.K.

    奇妙なことに、J.K.でさえも

  • Rowling has come out and admitted that this isn't the most ridiculous theory.

    ローリングが出てきて、これはとんでもない説ではないと認めています。

  • Wow, that's depressing.

    うわー、鬱陶しい。

  • Although there's no evidence of George hiding golden tickets in chocolate bars, this is

    ジョージが金券をチョコレートバーに隠していたという証拠はありませんが、これは

  • still an intriguing theory - and it's primarily fuelled by the fact that George uses a Time-Turner

    ジョージがタイム・ターナーを使っていることが主な原因です。

  • to travel to a different era and create a new life for himself.

    時代を旅して、自分の新しい人生を切り開くために。

  • Combine that with his pioneering talent for wacky sweets and the fact that he loses an

    それに加えて、彼の奇抜なお菓子の先駆者的な才能と、彼が負けているという事実を組み合わせると

  • ear - remember, Wonka struggles to hear out of one ear.

    「ウォンカは、片方の耳が聞こえなくて苦労しています。

  • There's also an unknown wizardry as to how some of Wonka's inventions work.

    ウォンカの発明品の一部がどのように機能するのか、未知の魔術もあります。

  • I wonder if everything in Wonka's office is split in two in homage to George's brother

    「ウォンカのオフィスにあるものは、ジョージの弟へのオマージュで、 全部、2つに分かれているのかな」

  • Fred?

    フレッド?

  • It's no secret that many Potter fans were unhappy with the Harry and Ginny love story,

    ハリーとジニーのラブストーリーに不満を持っていたポッターファンが多かったのは周知の事実。

  • with many feeling it came out of nowhere.

    どこからともなく出てきたと多くの人が感じています。

  • Well what if it did?

    もしそうだとしたら?

  • Maybe Ginny slipped Harry a love potion to win his affection.

    ジニーがハリーに惚れさせるために 惚れ薬を渡したのかもしれない

  • Love potions are mentioned throughout Harry potter, but particularly around the time of

    ハリーポッターの中でも、特にハリーポッターの頃には、恋のポーションの話が出てきます。

  • The Half Blood Prince”, where Harry and Ginny's romance blossoms.

    "ハーフ・ブラッド・プリンス "でハリーとジニーのロマンスが花開く

  • Even Molly Weasley, Ginny's mom, admits to using one in the past.

    ジニーの母親のモリー・ウィーズリーでさえ 過去に使っていたことを認めている。

  • Could this be why Harry suddenly feels jealous of Ginny kissing Dean?

    ジニーがディーンにキスをしていることにハリーが急に嫉妬してしまうのは、このせいかもしれませんね。

  • Or why he feels the need to promptly pursue her?

    あるいは、なぜ彼は早急に彼女を追いかける必要性を感じているのでしょうか?

  • It's commonly thought throughout both the books and films that only Harry or Voldemort can live, with Sybil Trelawney's prophecy statingeither must die at the hand of the other for neither can live while the other survives.”

    それは一般的にハリーやヴォルデモートだけが本と映画の両方で考えられています。

  • But surely this means that if Voldemort is dead and Harry is alive, there isn't anyone

    シビル・トレローニーの予言によると、「どちらかが死ななければならない」とのこと。

  • who can actually kill Harry - therefore Harry is effectively immortal?

    他方が生き残っている間は、どちらも生きられないからである。

  • One might think, wow, the legendary wizard will live forever and have many other wild

    ヴォルデモートが死んでハリーが生きていても 誰もいないということですね

  • adventures.

    誰が実際にハリーを殺すことができるのか、つまりハリーは事実上不死身なのか?

  • Sadly, if this is the case, he'd never get to be reunited with his mom and dad in the

    伝説の魔法使いは永遠に生きて、他の多くの野生を持っていると思うかもしれません。

  • afterlife.

    冒険をしています。

  • Now that might sound like some kind of badass tattoo, but it stems fromThe Tale of the

    悲しいかな、これが事実ならば、彼は両親と再会することはできないだろう。

  • Three Brothersas told inThe Deathly Hallows”.

    死後の世界

  • And although the tale is known to parallel the stories of Voldemort, Snape and Harry,

    今、それはいくつかの種類の悪いタトゥーのように聞こえるかもしれませんが、それは「物語の物語」から来ています。

  • it is Death's involvement that is particularly interesting.

    死の秘宝』で語られる「三兄弟」。

  • Believed to be representative of Dumbledore, Death is instrumental in the demise of two

    そして、この物語はヴォルデモート、スネイプ、ハリーの物語と平行していることで知られていますが。

  • of the brother's aka Voldemort and Snape.

    特に興味深いのはデスの関与です。

  • Death also gives the third brother, aka Harry, the invisibility cloak.

    ダンブルドアの代表と信じられている死は、2つの崩壊に貢献しています。

  • Not convinced?

    ヴォルデモートとスネイプの兄貴分だ

  • Well J.K.

    死はまた、3人目の弟、通称ハリーに透明マントを与えます。

  • Rowling has actually said that this theory is one of her favourites.

    納得できないのか?

  • Rowling never tells us exactly how Voldemort splits his soul into seven pieces, but the

    さて、J.K.

  • process of creating a horcrux is described as one of the darkest acts imaginable, and

    ローリングは、実はこの説は彼女のお気に入りの一つだと言っています。

  • involves murder, an insidious spell and another unknown ingredient.

    ローリングは、ヴォルデモートが彼の魂を7つの部分に分割する方法を正確に教えてくれません。

  • This theory hypothesizes that that may be cannibalism.

    ホークラックスを作成するプロセスは、想像上の最も暗い行為の一つと表現されており

  • Think about it - cannibalism is frequently referred to as one of the darkest acts of man, and is synonymous with gaining strength from a dead subject.

    殺人、陰湿な呪文、そして別の未知の成分が含まれています。

  • And I'm sure we can agree, something like that is hardly uncharacteristic of The Dark

    この説は、それがカニバリズムではないかと仮説を立てています。

  • lord.

    考えてみてください - カニバリズムは、しばしば、最も暗い行為の一つとして言及されています。

  • So we can all agree that Harry's surrogate family, The Dursley's, are pretty much the

    人であり、死んだ対象から力を得ることと同義である。

  • worst, constantly treating him as an unwanted outsider.

    そして、私たちは同意することができると確信しています、そのようなものは、ほとんどのダークの特徴ではありません。

  • Throughout the saga we are lead to believe this is mainly due to their detestation for

    閣下

  • witches and wizards in the family.

    ハリーの代理家族であるダーズリー家が

  • One theory however, suggests that Harry is actually the author of his own pain as him

    最悪なのは、常に彼を不要な部外者として扱うことです。

  • being a horcrux is the thing that actually makes The Dursley's so mean.

    武勇伝を通して、我々はこれが主に彼らの嫌悪感によるものであると信じています。

  • And to be fair, being in the same surroundings of a piece of Voldemort's soul is enough to

    魔女と魔法使いの家系

  • make anyone a little unpleasant.

    しかし、一説によると、ハリーは実際には彼自身の痛みの作者であると考えられています。

  • Just ask Ron.

    ホークラックスであることが、ダーズリーの意地悪なところだ。

  • With heroes and villains rallying together towards the end of the series, everyone seems

    ヴォルデモートの魂の一部と同じ環境にいるだけで

  • to have their place, be it for good or evil.

    誰かを少しでも不愉快にさせる

  • Young, socially-conscious Draco on the other hand, struggles to fit in and seems to spiral

    ロンに聞いてみて

  • further into uncertainty.

    シリーズの終盤に向けてヒーローと悪役が一堂に会して、誰もがそう感じている。

  • And a theory for this behaviour is because he is a werewolf.

    良いことも悪いことも、それぞれの場所がある。

  • With his father Lucius being in Voldemort's pocket, the theory goes that Voldemort got

    一方、若くて社会的意識の高いドラコは、フィットするように苦労しており、スパイラルしているようだ。

  • a little peeved off at Lucius and decided to punish him by sending his droog Fenrir

    不確実性をさらに高める

  • Grayback to turn Draco into a werewolf.

    そして、この行動の原因は人狼だからという説。

  • That still doesn't excuse your early years Draco.

    父親のルシウスがヴォルデモートの懐に入っていることから、説によるとヴォルデモートは

  • The foundations of this theory lie in the series' first entry, “The Philosopher's

    怒られたルシウスはフェンリルにお仕置きをすることにしました。

  • Stone”, and the similarities between Ron and Hogwarts' famous headteacher.

    ドラコを人狼にするグレイバック。

  • You see Ron's bravery in the famed chess game where he plays both a knight and king

    ドラコの初期の頃のことはまだ言い訳にならんな

  • when protecting Harry are reminiscent of Dumbledore's role in the war against dark magic.

    この理論の根底にあるのは、シリーズ第一回目の「哲学者の

  • But there's more.

    ストーン」と、ロンとホグワーツの有名な校長先生の共通点。

  • Both of them are described as looking similar, with similar hands, nose and physique - plus

    有名なチェスのゲームでは、ロンの勇敢さを見ることができます。

  • they both share a love for sweets, particularly Bertie Bott's Every Flavour Beans.

    ハリーを守るときのダンブルドアの役割は、暗黒魔法との戦いでのダンブルドアの役割を彷彿とさせます。

  • Not convinced?

    しかし、それだけではありません。

  • Dumbledore used to have red hair.

    どちらも似たような手、鼻、体格で、似ていると説明されています。

  • Spooky, right?

    お二人ともお菓子が大好きで、特にバーティ・ボッツの「エブリィ・フレーバー・ビーンズ」がお気に入りです。

  • Before we unveil our top pick, here are a few honorable mentions.

    納得できないのか?

  • One of the biggest questions in the Harry Potter series is why do wizards feel the need

    ダンブルドアは昔、赤毛だった。

  • to hide from non-magic muggles?

    不気味だよね?

  • Surely with powerful magic comes the freedom to do whatever you want.

    トップ・ピックを発表する前に、いくつかの佳作をご紹介します。

  • Well, one theory suggests that muggles defeated wizards in a war many years earlier, forcing

    ハリー・ポッターシリーズの最大の疑問の一つは、なぜ魔法使いは必要性を感じるのかということです。

  • witches and wizards to hide away and ultimately play by their rules.

    魔法を使わないマグルから隠れるために?

  • A big determiner for this theory comes at the end ofthe Goblet of Fire”, where

    確かに強力な魔法には、やりたいことを何でもできる自由がつきものです。

  • the Ministry of Magic declares to the British Prime Minister that they are bringing a dragon

    一説によると、マグルは何年も前に戦争で魔法使いを倒し、そのために

  • into the country.

    魔女や魔法使いが隠れて、最終的には自分たちのルールで勝負する。

The Wizarding World can be a complicated place.

ウィザーディングワールドは複雑な場所になる可能性があります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ハリー ヴォルデモート ジニー 魔法 ポッター ダンブルドア

ハリー・ポッターファンの説トップ10

  • 1588 49
    April Lu に公開 2018 年 11 月 19 日
動画の中の単語