Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hello there, today I'm going to teach you how to use the preposition "at," "on," and "in."

    皆さん、こんにちは。今日は前置詞の "at"、 "on"、 "in" の使い方をお教えします。

  • I know it is usually confusing which one to use in different scenarios.

    様々な状況に応じて、どの前置詞を使うのかって、分かりにくいものですよね。

  • Here are the best situations and general rules.

    最もよくある場面と、一般的なルールはこんな感じです。

  • When talking about time, "in" is used to refer to a general, long period of time, such as months, years, decades, or centuries.

    時間に関して話す場合、"in" は大まかで、長期にわたる時間のことをいいます。"month/s (=月)"、"year/s (=年)"、"decade/s (=10年)"、あるいは "century/ies (=世紀)" などです。

  • For example, "in April," "in 2015," "in the 21st century."

    例えば、"in April ( = 4月に )"、"in 2015 ( =2015年に)"、 "in the 21st century (=21世紀に)" といった感じ。

  • "On" is used to talk about particular days, dates, and holidays.

    "on" は、特定の日や日時、休日などに使われます。

  • For example, "I went to work on Monday."

    例えば、「私は月曜日に (=on Monday) 仕事に行きました。」 のような感じです。

  • "At" is used to refer to hours, minutes, or very specific times.

    "at" は、時刻や特定の時間帯の事をいいます。

  • For example, "The train will come at 10 a.m.," "He's still working at midnight."

    例えば、「列車は午前10時に(at 10 a.m.) 来ます。」や、「 彼は深夜に (=at midnight) まだ働いている。」 など。

  • When talking about space and address, "in" is used to refer to a large land-like area like city, states, countries, etc., while "on" is used to talk about street-level locations like road, avenue, etc.,

    空間や住所について話す場合、"in" は広い地域について用いられます。都市や州、国などです。一方 "on" は、街中の場所などについて話す際に用いられます。道路や通りなどです。

  • "At" is used to refer to a specific or concrete address, like street number.

    "at" は特定の、あるいは具体的な住所に用いられます。番地などですね。

  • For example, "Michael lives on 12th street in New York City."

    例文:「 マイケルはニューヨーク市の 12 番街に (=on 12th street in New York) 住んでいる。」

  • "Her office is "at" 250 Market Street in San Francisco."

    「彼女の会社は、サンフランシスコのマーケットストリート 250 番地に (=at 250 Market Street in San Francisco) ある。」

  • "Brazil is in South America."

    「ブラジルは南米に ( =in South America) ある。」

  • You can see, "in" normally refers to a large space or long period, "on" is relatively smaller, shorter, but still not a concrete location or time, while "at" is the smallest and shortest: It often refers to a very specific location or time.

    お分かりになりましたね。"in" は広い地域や長期にわたる期間、"on" は比較的狭い範囲ではあるけれど大まかな場所、あるいは短いけれど具体的ではない時間、そして "at" は (3つの前置詞の中で) 最も狭い、あるいは短い範囲や時間、特定の場所や時間をよく表します。

  • With this information, you can handle 95 percent of the use-cases, but you know, there're always exceptions in English, like when talking about surface, we always use "on."

    この知識があれば、実際に使われる表現の 95 %は何とかなりますよ。ただし、英語には例外がつきもの。何かの表面や外面について話す際などは、常に "on" を使います。

  • While we use "on" when referring to days, "in" is used for parts of days, like "in the morning," "in the afternoon," etc.

    また、"on" は日付を表す時に用いますが、1 日の中の一部については "in" が使われます。 "in the morning (= 午前に)"、 "in the afternoon (=午後に )" などのようにです。

  • We hope now you can use "at," "on," and "in" more confidently.

    これで皆さんも "at"、"on"、"in" をもっと自信を持って使えるようになると良いです。

  • Thanks for watching.

    ご覧くださりありがとうございました。

Hello there, today I'm going to teach you how to use the preposition "at," "on," and "in."

皆さん、こんにちは。今日は前置詞の "at"、 "on"、 "in" の使い方をお教えします。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 on 前置 話す 特定 時間 午前

もう迷わない!前置詞「in」「on」「at」の違いと使い分け方

  • 1080 85
    高天誠 に公開 2021 年 04 月 11 日
動画の中の単語