Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hi, I'm Justin.

    こんにちは、私はジャスティンです。

  • Welcome to Oxford Online English!

    オックスフォード・オンライン・英語へようこそ!

  • In this lesson, you can see what you need to do to get band seven in the IELTS speaking

    このレッスンでは、IELTSスピーキングテストで7.0を取るために何をすればいいかわかります。

  • exam.

  • To get band seven in the IELTS speaking exam, you need to speak at a high level.

    IELTS スピーキングテストで 7.0 を取るためには、高いレベルで話さなければなりません。

  • There's no other way; no one gets band seven for IELTS without speaking really good English.

    他の方法はありません。本当に良い英語を話さずして、IELTS で 7.0 を取ることはできません。

  • However, you also need to know how the exam works, how the scoring works, and how to prepare

    しかしながら、試験がどのように行われるのか、採点方法はどのように行われるのか、そして IELTS スピーキングテストに

  • for your IELTS speaking test.

    どのように準備するかも加えて知っておかなければなりません。

  • In this video, you'll see exactly what to do to get band seven in the four parts of

    この動画では、IELTS スピーキング採点の 4 つのパートにおいて、7.0 を取るために何をすればいいか、確実にわかるようになります。

  • your IELTS speaking score.

  • You'll also see some common problems that IELTS candidates have, and we'll share some

    また、IELTS 受験者にありがちないくつかの共通問題についてもわかります。そして、私たちは、

  • practical exercises to help you prepare for your speaking exam and improve your IELTS

    スピーキングテストの準備と IELTS スピーキング点数の改善に役に立ついくつかの実用的な練習問題を扱って

  • speaking score!

    いきます!

  • But first, I just mentionedthe four parts of your IELTS speaking score.”

    でもまず初めに、「IELTSスピーキング点数の 4 つのパート」について話しましたが、

  • Do you know what those are?

    それが何を指すかわかりますか?

  • Your final IELTS speaking score is actually an average of four different scores.

    最終的な IELTS スピーキング点数は、実は、4 つの異なる点数の平均なのです。

  • First is fluency and coherence.

    第一に、流暢さと首尾一貫性。

  • This means whether you can speak without pausing or hesitating, and whether you can answer

    この意味は、止まったり、ちゅうちょせずに話せているかどうか、問題を確実、直接的に

  • questions fully and directly.

    答えられているかどうかです。

  • Next is lexical resource.

    次は、語彙のリソースです。

  • This basically means 'vocabulary'.

    これは基本的に「語彙力」のことを示します。

  • This score focuses on your ability to use a wide range of vocabulary accurately.

    この点数は、幅広い語彙を正確に使う能力に重心をおいています。

  • Third is grammatical range and accuracy.

    第三は、文法的幅広さと正確さです。

  • To get a high score here, you need to use a wide range of grammar structures without

    ここでは高い点数を取るために、間違いをせずに幅広い文法的構造を使うことが求められます。

  • making mistakes.

  • Finally, you get a score for pronunciation.

    最後に、発音に対する点数です。

  • This depends both on how clear your pronunciation is, and whether you use features of native

    これは、発音がどれくらいはっきりしているか、自然なイントネーションといった、ネイティブスピーチの特徴をおさえられているかによります。

  • speech, like natural intonation.

  • We'll look at these four scores in more detail during this class.

    この授業では、これら 4 つの点数をより細かく見ていきましょう。

  • If you want to read the scoring system, you can, and you should!

    もし採点システムを読みたい場合は、できます、というかするべきです!

  • There's a link underneath the video.

    動画の下にリンクがあります。

  • Let's start with your fluency and coherence score, and what you can do to improve it.

    では、流暢さと首尾一貫性、そしてそれを改善するのに何ができるか、から始めていきましょう。

  • To get band seven in your fluency and coherence score, you need to speak without hesitating

    流暢さと首尾一貫性の点数で 7.0 を取るためには、ちゅうちょせずに、トピックから脱線せず、連結語をうまく使って

  • much, stay on topic, and use linking words well.

    話す必要があります。

  • It's okay to hesitate occasionally, for example because you need one or two seconds

    時たま躊躇することは大丈夫です。例えば、単語を覚えるのに 1 ~ 2 秒必要であったり。

  • to remember a word.

  • However, if you hesitate often, then getting band seven is difficult.

    しかしながら、高い頻度で躊躇してしまうと。7.0 を取るのは難しくなります。

  • 'Linking words' here includes very simple connectors, like and, but or for example.

    ここでいう「連結語」とは、and、but や for example のようなとても簡単な繋げ語を含みます。

  • You don't need to use formal or academic language in your IELTS speaking test.

    IELTS スピーキングテストにおいてフォーマルもしくは、学術的な言語を使うことは必要ありません。

  • In fact, it could even hurt your score.

    実際、それが点数に響く可能性もあります。

  • So, what should you do?

    では、何をするべきでしょうか?

  • First, identify your biggest weaknesses.

    まず、あなたの最大の弱点を特定してください。

  • Here are some common problems which could stop you getting band seven:

    次のが、7.0 を取れなくしてしまういくつかの共通の問題点です。

  • You pause and hesitate a lot when you speak You give short answers.

    話すときに多く止まってしまったり、躊躇してしまうことです。短い答えを与えてしまうことです。

  • You go off-topic.

    トピックから外れてしまうことです。

  • You speak in short, simple sentences, without using linking words.

    連結語を使わずに、短く、簡単な文で話すことです。

  • What do you think; what's your number one problem?

    どうですか?あなたの一番の問題は何ですか?

  • It's important to choose one.

    一つ選ぶことは重要です。

  • To improve, it's better to focus on one thing at a time.

    改善するためには、1 回に 1 つのことに重点を置く方がいいです。

  • Got an idea?

    分かりましたか?

  • So, here's what you do.

    では、次のがあなたがすることです。

  • Choose a common IELTS speaking topic.

    一般的な IELTS スピーキングトピックを選びます。

  • Choose one topic and record yourself talking about it for one minute.

    1 つのトピックを選んで、1 分間それについて話すのを録音します。

  • Listen to the recording.

    録音を聞きます。

  • Next, check for problems.

    次に、問題点を確認します。

  • For example, if you said your biggest weakness is hesitating and pausing, then listen to

    例えば、もしあなたの最大の弱点が躊躇することや止まってしまうことであれば、

  • your recording and count the number of times you pause.

    自身の録音を聞いて、何回止まってしまうか数えください。

  • Count every time you stop, every time you say 'um', 'er' or something like that.

    止まってしまう毎度、「えっと」、「うーん」のように言ってしまう毎度、数えてください。

  • Then, repeat the task, and try to improve.

    そして、それを繰り返して、改善してみてください。

  • For example, if you're working on hesitations and pauses, then try to get fewer hesitations

    例えば、躊躇や止まってしまうことに対して取り組んでいるのであれば、2 回目に躊躇したり止まってしまう回数を

  • and pauses the second time.

    より少なくなるようにしてみてください。

  • If you're working on giving longer answers, then try to get closer to one minute.

    長文回答するのに取り組んでいる場合は、1 分に近づけいるようにしてみてください。

  • After you improve your answer, set yourself a new challenge.

    あなたの回答を改善した後、新たなチャレンジをセットしてください。

  • For example, you can choose a different topic, or you can try to talk for longer.

    例えば、違うトピックを選んだり、より長く話すのを試すのもいいです。

  • Try to talk for two minutes without hesitating, or three.

    躊躇せずに 2 分や 3 分間話せるようにしてみてください。

  • You might need some help here.

    ここではちょっとした助けが必要になるかもしれません。

  • For example, students who go off topic generally don't realise they're going off topic;

    例えば、トピックから脱線してしまう生徒は一般的に、自分が脱線していることに気づきません。

  • that's part of the problem.

    それが問題の一部なのです。

  • In this case, you might need feedback from a friend or a teacher.

    この場合、友達や先生からのフィードバックが必要かもしれません。

  • Use of linking words is more difficult to practice by yourself, but here's a simple

    連結語の使用は自分自身ではもっと難しいです、ただ次のがあなたができる簡単な

  • exercise you can do: write down a list of simple linking words, like this:

    練習(方法)です。:このように、簡単な接続詞を書き出します

  • Do the same activity: choose a topic and speak for one minute.

    同じことをしてください。トピックを選び、 1 分間話してください。

  • Try to use all of the linking words on your list.

    書き出した接続詞すべてを使えるようにしてください。

  • Listen to your recording, and cross off the linking words when you use them.

    あなたの録音を聞いて、使う度にその接続語を線を引いて消してください。

  • If you don't use them all, try again.

    全部使っていなければ、もう一度試します。

  • If you can use them all, make the task more difficult: make your list longer, and try

    全部使えれば、タスクをもっと難しくします。書き出す量を増やして、

  • to speak for more time.

    さらに長い時間話せるように試します。

  • Practice regularly with different topics, and your fluency should improve.

    違うトピックで定期的に練習すれば、あなたの流暢さは改善するはずです。

  • Next, what about your vocabulary score?

    次は、語彙力の点数はどうでしょうか?

  • To get band seven for your vocabulary score in your IELTS speaking test, you need to:

    IELTS スピーキングテストの語彙力の点数で 7.0 を取るためには、次のことをしてください。

  • use vocabulary to talk about different topics, use some less common vocabulary, use collocations,

    語彙を使って違うトピックについて話して、より少ない一般的な語彙を使い、連語を使い、

  • use register appropriately, and use paraphrase.

    使用域を正しく使い、言い換えを使いましょう。

  • Let's see what these things mean!

    それではこれらが何を意味するのかを見ていきましょう。

  • 'Collocations' are word combinations.

    「連語」とは単語の組み合わせです。

  • For example, think about the word complex.

    例えば、単語の複合です。

  • What things can be complex?

    どんなものが複合になるでしょうか?

  • You could have a complex situation, a complex question, a complex personality, or a complex

    複雑な状況、複雑な問題、複雑な性格、複雑な

  • idea.

    アイデアがあるでしょう。

  • There are others, but that's not the point.

    他にもあります。でも、そういうことではありません。

  • It's not enough to know a word, like complex, you also need to know how to combine the words

    複雑のような単語を知るだけでは足りません、知っている単語をどのように組み合わせるかを知る必要があります。

  • you know.

  • 'Register' means whether the language you use is formal or informal.

    「使用域」は、使う言葉が堅苦しいか砕けているかを指します。

  • In the IELTS speaking test, the most common mistake is trying to speak much too formally.

    IELTS スピーキングテストでは、最も一般的な間違いは、堅苦しく話過ぎようとすることです。

  • If you use words in an unnatural way, it will hurt your score.

    変に単語を使ってしまうと、点数に響きます。

  • Your goal is to communicate clearly and naturally, not formally.

    あなたの目標は、はっきりと自然に話すことです。堅苦しくすることではありません。

  • Finally, 'paraphrase' means using a range of language to avoid repetition.

    最後に、「言い換え」とは同じ単語の使用を避けるための言語の広範囲な使用を意味します。

  • Let's look at an example.

    例を見ていきましょう。

  • The examiner asks: Tell me about your free time.

    試験官がこう聞きます。あなたの暇な時について教えてください。

  • You say:

    あなたは次のように言います。

  • In my free time, I enjoy reading books.

    暇な時は、本を読むことを楽しんでいます。

  • Whenever I have free time, I like to read different kinds of books, especially historical

    暇な時はいつでも、特に歴史もの、フィクション、ファンタジーのような、違う種類の本を読むのが好きです。

  • fiction or fantasy.

  • I usually have free time at the weekends, so I read books as much as I can.

    普段は週末に暇な時があります。なので、できるだけ多く本を読みます。

  • In many ways, this is a good answer.

    いろんな意味で、これは良い答えです。

  • However, there's a problem; can you see it?

    しかしながら、問題があります。何かわかりますか?

  • It's too repetitive.

    繰り返しすぎです。

  • The candidate uses the words free time and read books too much.

    受験者は暇な時、本を読むという単語を使いすぎです。

  • Paraphrase means that you use different language to avoid this.

    言い換えとは、これを避けるために異なる言葉を使うことです。

  • For example:

    例えば、

  • In my free time, I enjoy reading books.

    暇な時は、本を読むのを楽しみます。

  • Whenever I have some time to myself, I like to sit down with a good book, especially historical

    自分に時間があるときはいつも、特に歴史もの、フィクション、ファンタジーのような、良い本と座るが好きです。

  • fiction or fantasy.

  • I don't have to work at the weekends, which lets me read as much as I want.

    週末には仕事がありません。それが私が欲しいだけ多くの本を読めるようにします。

  • This answer has the same ideas as the first answer you saw, but it uses a wider range

    この答えは、最初に見たアイデアと同じですが、繰り返しを避けるために、幅広い言葉を使っています。

  • of language to avoid repetition.

  • So, now you know what you need to do to get band seven for vocabulary.

    では、語彙については 7.0 を取るために何をしなければいけないかがわかりましたね。

  • But, how can you improve?

    しかし、どのように改善すればいいでしょうか?

  • First, focus on collocations.

    まず、連語に注目しましょう。

  • Most IELTS students who we meet have enough vocabulary to get band seven, but they can't

    私たちが会う、ほとんどの IELTS の学生は、7.0 を取るための十分な語彙があります。しかし、知っている単語を

  • combine the words they know correctly.

    正しく組み合わせられません。

  • Here's an exercise: read something in English every day.

    次のが練習です。毎日英語でなにかを読んでください。

  • It can be anything: a news article, a blog post, part of a story

    何でも構いません。ニュース記事、ブログ、物語の一部などなど。

  • Anything is fine.

    なんでも構いません。

  • In the text, try to find 5-10 new collocations using only words you already know.

    文中で、あなたが既に知っている単語だけを使っている 5 から 10 の新たな連語を見つけるようにしてみてください。

  • The idea is not to learn new words; instead, your goal is to find new ways to use your

    アイデアは、新たな単語を学ぶことではありません。代わりに、あなたの目標は、自信が持っている語彙を使う新たな方法

  • existing vocabulary.

    を見つけることです。

  • You can also use a dictionary to find new collocations.

    新たな連語を見つけるために辞書を使うこともできます。

  • For example, imagine that you're reading a news article and you see the phrase energy

    例えば、こう考えてください。あなたは、ニュース記事を読んでいて、energy use(エネルギーの使い方)というフレーズを見つけたとします。

  • use.

  • You already know the words energy and use, so you learn this collocation.

    あなたはすでに energy(エネルギー)と use(使い方)という単語を知っています。そして、この連語を学びます。

  • Next, look up the word energy in the dictionary, and find 2-3 more collocations, like:

    次は、辞書で energy という単語を調べます、そして 2 , 3 多く連語を見つけます、例えば、、、

  • energy consumption green energy

    energy consumption や green energy

  • conserve energy

    conserve energy です。

  • Keep track of your new collocations using digital flashcard apps like Quizlet or Anki.

    クイズレットやアンキといったデジタル暗記帳アプリを使って、新たな連語を追います。

  • By improving your knowledge of collocations, you'll be able to use a wider range of vocabulary

    連語の知識を改善することで、あなたは IELTS スピーキングテストにおいて、より幅広い語彙を使えるようになるでしょう。

  • in your IELTS speaking exam, and this will also help you to paraphrase.

    そして、これが言い換えをするのに役立つでしょう。

  • It's also important to read and listen in English regularly to build your vocabulary,

    また、語彙力を高めるために定期的に英語で読んだり聞いたりするのも重要です。

  • although this is a long process.

    これは長い過程ですけどね。

  • Next, what about your grammar score?

    次は、あなたの文法の点数についてはどうでしょうか?

  • To get band seven for grammar, you need to do two things.

    文法で 7.0 を取るためには、2 つのことをしなければなりません。

  • One: you need to use a range of 'complex grammatical structures'.

    第一:幅広い「複雑な文法構造」を使う必要があります。

  • Two: you need to make 'frequent error-free sentences'.

    第二:「頻繁的な間違いをなくす文」を作る必要があります。

  • 'Complex structures' here does not mean that you need to use very formal or academic

    ここでの「複雑な構造」とは、先ほど述べたように、とても堅苦しかったり学術的な言葉を使わなければならないという

  • language, as we mentioned before.

    わけではありません。

  • It means that you need to use different verb tenses, sentence structures, conjunctions

    異なる動詞の時制、文構造、接続詞などを使う必要があるという意味です。

  • and so on.

  • For example, imagine the examiner asks you:

    例えば、試験官があなたに次のように質問したと想像してください。

  • What kind of food do you prefer?

    どんな食べ物を好みますか?

  • You answer:

    あなたの答えは、

  • I prefer Asian food.

    アジアン料理を好みます。

  • I like strong flavours and spicy food, so I particularly like Thai food, Indian food,

    私は、強い味や辛い食べ物が好きなので、タイ料理、インド料理などが特に好きです。

  • and so on.

  • I'm quite keen on Japanese food as well.

    日本食にもとてもハマっています。

  • I think Indian food is probably my favourite.

    私はインド料理は多分私の好物だと思います。

  • This is a good answer in many ways, but it does not have enough grammatical range to

    これはいろんな意味でよい答えですが、7.0 を取るための十分な文法的な幅広さがありません。

  • get band seven.

  • Can you see why?

    なぜだかわかりますか?

  • There are four sentences all starting with the same word: I.

    同じ単語、I(私)から始まる文が 4 つもあるからです。

  • All of the verbs are in the present tense.

    すべての動詞が現在形です。

  • Also, only one sentence has a conjunction.

    さらに、 1 つだけの文に接続詞があります。

  • To get a higher score, you need to use a wider range of grammar, like this:

    高い点数を取るためには、次のようにより幅広い文法を使う必要があります。

  • I prefer Asian food, such as Thai, Indian, and so on, because I've always been a big

    私は、タイ、インドなどのアジア料理が好きです。なぜなら、私は、強い味がついた

  • fan of spicy food with strong flavours.

    辛い食べ物に対して常に大きなファンだからです。

  • I tried Japanese food a few weeks ago, and I like it, although I'd say that Indian

    数週間前に日本食を試してみて、好きでした。インド料理が

  • food is probably my favourite.

    多分私の好みですけれども。

  • Think about two things here.

    2 のことをここでは考えてみてください。

  • One: the meaning is the same.

    第一:意味は同じです。

  • You're expressing the same ideas.

    同じアイデアを表現しています。

  • Two: you're not using very complicated or formal language.

    第二:とても複雑であったり、堅苦しい言葉を使ってはいません。

  • What changed?

    何が変わったでしょうか?

  • We combined the four sentences into two, using words like because and although.

    because(なぜなら)や although(だけれでも)のような単語を使って、4 文から2 文に組み合わせました。

  • This will also help your fluency and coherence score!

    これは、流暢さや首尾一貫性の点数にも助けになります。

  • We've also used a wider range of verb forms, such as the present perfect,

    現在完了形、過去形若しくは would などの助動詞といった、より幅広い動詞の形を使いました。

  • the past simple, or the modal verb would

  • However, for most IELTS candidates, accuracy is more important for band seven.

    しかしながら、ほとんどの IELTS 受験者にとって、正確さは 7.0 のために更に重要になります。

  • Remember that for band seven, you have to produce 'frequent error-free sentences'.

    7.0 のためには、「頻繁的に間違う部分をなくす文」を作り出す必要があるということを覚えておいてください。

  • Think about the words 'error-free'.

    「間違いがない」という言葉を考えてください。

  • That means no mistakes.

    それは間違いがないということを意味します。

  • No mistakes with prepositions, no mistakes with the, no mistakes with verb tenses; no

    前置詞に間違いがない、the の用法に間違いがない、動詞の時制に間違いがない

  • mistakes at all, even small ones.

    小さなものでさえも、全く間違いがない

  • If you've been studying English for a long time, you probably have some bad habits.

    長期間英語を勉強しているならば、いくつかの悪い習慣があるでしょう。

  • For example:

    例えば、

  • You forget the 's' on 3rd person verbs, so you say 'she go' instead of 'she

    3 単元の S を忘れてしまいます。よって、「she GOES」ではなく「she GO」と言ってしまいます。

  • goes'.

  • You forget to use past forms, so you use present verbs to talk about the past.

    過去形を使うのを忘れてしまいます。よって、現在形を使って過去のことについて話してしまいます。

  • You make mistakes with prepositions, like using at, in or on to talk about time.

    時について話す際、at、in、on のような前置詞を間違ってしまいます。

  • You use will to talk about everything in the future, instead of using going to or the present

    未来形 going to や現在進行形を使わなければならないところを、未来形 will を使って未来のすべてのことについて

  • continuous when you need to.

    話してしまいます。

  • These are some of the most common examples, but there are more!

    これらは最も一般的な例の中のいくつかですが、(実際は)もっとあります!

  • The point is: you probably make more mistakes than you realise.

    大事な点は、あなたが気づいている以上に多くの間違いをしているだろうということです。

  • To get band seven for IELTS speaking, you need to get rid of these bad habits.

    IELTS スピーキングで 7.0 を取るためには、こういった悪い習慣から脱出しなければなりません。

  • So, what should you do?

    では、何をするべきでしょうか?

  • First, identify five common mistakes which you make.

    まず、間違ってしまう 5 つの一般的な間違いを特定してください。

  • If you don't know, you might need to ask a teacher for feedback.

    分からなければ、先生にフィードバックをお願いする必要があるかもしれません。

  • Next, choose one mistake to work on, then choose a topic and record yourself speaking,

    次に、1 つ取り組む間違いを選び、トピックを選んで、先ほどしたように、自身が話すのを録音してください。

  • like you did before.

  • Choose a topic which fits the grammar you're practicing.

    あなたが練習している文法にあったトピックを選んでください。

  • For example, if you forget to use past tenses, choose a topic which is about the past.

    例えば、過去形を使うのを忘れてしまうならば、過去に関するトピックを選んでください。

  • Listen to the recording and count the mistakes you make.

    録音を聞いて、してしまった間違いを数えてください。

  • Only focus on one grammar mistake at one time.

    1 回につき、1 つだけの文法間違いに重点を置いてください。

  • Repeat until you can speak for one minute without mistakes.

    間違いをせずに 1 分間話せるようになるまで繰り返してください。

  • Then, try again with a different mistake, or a different topic.

    そして、違う間違いや違うトピックで再びやってみてください。

  • In this way, you can learn to speak more accurately, and get a better IELTS speaking score for

    このようにすれば、もっと正確に話せるよう習得でき、文法でより高い IELTS スピーキング点数を

  • your grammar.

    取ることができます。

  • Finally, what about pronunciation?

    最後に、発音はどうでしょうか。

  • To get band seven for pronunciation, you need to be easy to understand and use 'features

    発音で 7.0 を取るためには、「ナチュラルスピーチの特徴」を簡単に理解し、使えなければなりません。

  • of natural speech'.

  • What does that mean?

    どういう意味でしょうか?

  • For IELTS, this mostly means: intonation, weak forms, word stress, sentence stress,

    IELTS においてこれはほとんどの場合において、イントネーション、弱形、単音・文節語における強勢の配置、

  • and linking.

    組み合わせを意味します。

  • An important point: your accent does not matter for your IELTS score, so long as you're

    重要なポイント:理解できる限り、IELTS の点数においてアクセントは関係ありません。

  • easy to understand.

  • You don't have to speak with a British accent or an American accent.

    イギリスアクセントやアメリカアクセントで話す必要はありません。

  • Pronunciation is hard to improve by yourself.

    発音は自身で改善するのは難しいです。

  • You need feedback from a professional teacher to work on pronunciation.

    発音に取り組むために専門的な先生からのフィードバックが必要になります。

  • However, there are some things you can do in your own time.

    しかしながら、自分自身の時間にできるいくつかのことがあります。

  • First, think about the list of pronunciation features we mentioned:

    まず、述べましたように発音の特徴の数々について考えてください。

  • intonation weak forms

    イントネーション、弱形

  • word stress sentence stress

    単音・文節語における強勢の配置

  • and linking

    そして、組み合わせです。

  • Do you know what these are?

    これらがなにかわかりますか?

  • If not, find out!

    でなければ、見つけ出しましょう!

  • There are many resources online to help you.

    援助するための資料がインターネット上にはたくさんあります。

  • You can also find many free videos on our website and our channel which can help you

    私たちのウェブサイトやチャンネルにはまたこういった発音のポイントを練習するのに助かるたくさんの無料動画があります。

  • to practice these pronunciation points.

  • Next, choose the point you find most difficult, and work on that with your teacher.

    次に、一番難しいと思うポイントを選び、先生と一緒に取り組みましょう、

  • If you can only study by yourself, this will be difficult.

    自分自身でしか勉強できない場合は、難しくなります。

  • But, here are some tips that could help you: Find English songs, and sing along to them

    ただ、あなたを助けれるいくつかの裏技はこれらです。英語の曲を見つけ、歌詞と曲と一緒に歌いましょう。

  • with the lyrics.

  • Find videos or recordings of famous speeches, and try to copy them.

    有名な演説の動画や録音を見つけ、真似してみましょう。