Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, I'm Oli.

    こんにちは、オーリーです。

  • Welcome to Oxford Online English!

    オックスフォード・オンライン・イングリッシュへようこそ

  • Do you need band seven in IELTS?

    IELTSにバンド7は必要ですか?

  • Are you maybe stuck at band six or 6.5?

    もしかしてバンド6か6.5で止まってる?

  • If you've taken the IELTS exam many times, and you can't seem to get higher than six

    IELTS試験を何度も受けている方は 六つより上には上がれないようだ

  • in the writing exam, this video is for you.

    筆記試験では、この動画がお勧めです。

  • If you're stuck at band six, then it's likely that you have some bad habits and ineffective

    バンド6で動けなくなったのであれば 悪い癖がある可能性が高い

  • approaches to the writing exam.

    筆記試験へのアプローチ

  • These are things that might work well at band six, but they won't help you to get band

    こういうのはバンドでも通用しそうなもの 六つにしてもバンドを手に入れることはできない

  • seven.

    7

  • I'll show you what these ineffective habits are, and how you can change them.

    これらの効果のない習慣を教えてあげよう と、それをどのように変えることができるのか。

  • One point: I'll be focusing on the academic IELTS exam in this video, because most of

    一点、学術的なことを重視して このビデオでは、IELTS試験のほとんどが

  • the students I meet need academic IELTS.

    私が出会う学生は、アカデミックなIELTSを必要としています。

  • If you're taking general IELTS, most of the advice in this video is still very relevant

    一般的なIELTSを受験する場合、ほとんどの このビデオのアドバイスは、まだ非常に関連性の高い

  • for you.

    あなたのために

  • Also, one more thing: there's nothing wrong with getting band six!

    あと、もう一つ。 バンド6をゲットして

  • I'm not trying to be rude or discouraging to anyone.

    失礼なことを言ったり、落胆させたりするつもりはない 誰にでも

  • When I say that something is a bad habit, or that you need to change something, I mean

    何かを悪い癖と言ってしまうと 何かを変える必要があるのではないか、ということです。

  • if you want to get band 7.0 in the IELTS writing exam.

    IELTSライティングでバンド7.0を取得したいなら 試験を受けることができます。

  • But first

    その前に...

  • Do you know how IELTS scoring works?

    IELTSのスコアリングの仕組みを知っていますか?

  • You should.

    そうすべきだ

  • Here's why:

    これがその理由です。

  • The IELTS scoring system is very specific.

    IELTSの採点システムは非常に具体的です。

  • The examiners don't just look at your writing and say, “Hmmm, this feels like a… six!”

    試験官はあなたの文章だけを見ているのではありません。 "うーん、これは...6のような気がする!"と言って

  • If you get band six in the IELTS writing exam, there are specific reasons why.

    IELTSのライティング試験でバンド6を取得した場合。 具体的な理由があります。

  • There are specific things which you did or didn't do which explain your score.

    あなたがしたことや、したことの中には具体的なものがあります。 あなたのスコアを説明するためにやっていませんでした。

  • Similarly, to get band seven, there are specific things you need to do, and not do!

    同様に、バンド7を取得するためには、特定の しなければならないこと、してはいけないこと

  • Most importantly: these things are very different between bands six and seven.

    何よりも重要なのは、これらのものは全く違うということです。 バンド6とバンド7の間に

  • If you keep taking IELTS, and you keep getting band six in the writing, then you can't

    IELTSを受け続けていると 文章中のバンド6は、その時は

  • keep doing the same things and expect to get a different score.

    飽く迄も同じ事を繰り返す 別のスコアになります。

  • You need to change what you do.

    やることを変える必要があります。

  • The things you need to do to get band seven in your IELTS writing aren't magic or some

    バンド7を手に入れるために必要なこと IELTSのライティングでは、魔法のようなものではありません。

  • kind of dark secret.

    暗い秘密のようなもの

  • They're publicly available.

    公開されています。

  • You can read what they are.

    それらが何であるかを読み取ることができます。

  • You can do it right now!

    今すぐにでもできる!

  • There's a link underneath the video.

    動画の下にリンクがあります。

  • I highly recommend you read the scoring criteria and think about what band seven means.

    採点基準を読むことを強くお勧めします と、バンド7の意味を考えてみてください。

  • At the very least, you need to understand that your IELTS writing score is made up of

    最低限、以下のことを理解する必要があります。 あなたのIELTSライティングのスコアは

  • four different parts: task achievement, coherence and cohesion, lexical resource (which means

    4つの異なる部分:タスクの達成度、一貫性 と結束力、語彙資源(つまり

  • vocabulary) and grammar.

    語彙)と文法。

  • Think now: where are you weakest?

    今考える:あなたが一番弱いのはどこですか?

  • What do you need to work on from these four areas?

    この4つから何に取り組むべきか エリアは?

  • In the rest of this lesson, we'll talk about each of these four areas.

    このレッスンの残りの部分では これらの4つの領域のそれぞれに対応しています。

  • You'll see common examples of 'band six thinking', and you'll see how you can

    バンド6」の一般的な例を見ることができます。 考える」ことで、どのようにして

  • improve your approach to get a higher IELTS writing score.

    高いIELTSを取得するためのアプローチを改善する 譜面を書くこと。

  • Let's start with task achievement.

    まずはタスク達成から始めてみましょう。

  • Here are the some ideas that are great for getting band six:

    ここでは、いくつかのアイデアをご紹介します。 バンド6を手に入れる

  • In task one, I need to include every statistic and piece of data.”

    "タスク1では、すべての統計を含める必要がある とデータの一部"

  • In task two, I just need to write something about the general topic in the question.”

    "タスク2では、何かを書くだけでいいんです 質問の中の一般的な話題について"

  • By the way, to save myself saying 'task achievement' again and again, I'm going

    ところで、自分が「タスク」と言っているのを省くために 達成」を何度も何度も繰り返しながら、私は

  • to call it 'TA'.

    TA」と呼ぶことにします。

  • Getting band 7 for TA is both easy and hard.

    TAのバンド7を取得するのは簡単なことでもあり、難しいことでもあります。

  • Here's why it's easy: you just need to do everything which the question asks you

    簡単な理由はここにあります。 聞き漏らす

  • to do, and nothing else.

    をするためのもので、それ以外のものはありません。

  • Here's why it's hard: most people can't do that without a lot of practice.

    難しい理由はここにあります。 練習しなくてもできる

  • TA is also slightly different for task one and task two, so we'll talk about those

    タスク1ではTAも微妙に違う とタスク2の話をします。

  • separately.

    を別にしています。

  • Let's start with task one.

    タスク1から始めよう

  • Here's a sample question:

    ここに質問のサンプルがあります。

  • The graph below shows the sales of five different food products in the UK between 1980 and 2010.

    下のグラフは、5種類の 1980年から2010年の間の英国の食品

  • Summarise the information by selecting and reporting the main features, and make comparisons

    選択して情報を要約し 主な特徴を報告し、比較を行う

  • where relevant.

    関連する場所。

  • If you want some time to look at the question, pause the video.

    質問を見る時間が欲しいなら ビデオを一時停止します。

  • If you're watching on YouTube, you can see the question on the full version of this lesson

    YouTubeで見ている方は このレッスンの完全版の問題

  • on our website: Oxford Online English dot com.

    当社のウェブサイトに掲載されています。オックスフォード・オンライン・イングリッシュ・ドット comに掲載されています。

  • Getting a good TA score depends a lot on what you do before you start writing.

    良いTAのスコアを取得するには、多くの場合、何に依存しています。 あなたが書き始める前にすること

  • You need to analyse the task and make a clear plan.

    課題を分析して明確にする必要がある を計画しています。

  • If you start writing without a clear plan, it's very hard to get a good TA score.

    明確な計画がないまま書き始めたら TAの点数を取るのが大変なんです。

  • In task one, it's important to find connections or trends in the information you're given.

    タスク1では、つながりを見つけることが重要です。 または与えられた情報の傾向。

  • For example, in this question, how could you connect the data?

    例えば、この質問では、どのようにして データを接続しますか?

  • Here's one idea: you could group the five products into, first, products whose sales

    ここに一つのアイデアがあります。 製品は、まず、売上高が

  • fell over the period (ice cream and frozen burgers), secondly, products whose sales rose

    期間中に降ってきた(アイスやフローズン ハンバーガー)、2番目に売上が増加した商品

  • (tofu and chili sauce) and finally, products whose sales stayed the same (salted peanuts).

    豆腐とチリソース)、最後に商品 売り上げが変わらない(塩漬けピーナッツ)。

  • Here's another suggestion: group the five products into big sellers (ice cream, frozen

    ここにもう一つの提案があります。 売れ筋商品(アイスクリーム、フローズン

  • burgers, and also chili sauce at the end of the period), and small sellers (tofu, salted

    ハンバーガーはもちろんのこと、最後にはチリソースも 時代)、小売り(豆腐、塩辛

  • peanuts, chili sauce at the beginning of the period).

    ピーナッツ、冒頭のチリソース ピリオド)。

  • Which way do you think is better?

    どっちがいいと思いますか?

  • Actually, there isn't one correct way to do this, but you need to do something.

    実は、正しい方法は一つではありません。 これをするには、何かをする必要があります。

  • You can't just write about each product, one after another.

    商品ごとに書くだけではダメなんです。 次々と

  • Well, you can, but you'll probably get band six for TA!

    まあ、できるけど、たぶんバンドをやることになる。 6 for TA!

  • Whatever data you're given, you need to find connections and put the information into

    与えられたデータが何であれ つながりを見つけて、情報を

  • groups which you create.

    グループを作成します。

  • These groups will be separate paragraphs in your answer.

    これらのグループは あなたの答えを

  • This is how your answer will have structure, which is also important for your coherence

    このように、あなたの回答には構造があります。 これは、あなたのまとまりにも重要です。

  • and cohesion score.

    と結束力のスコアを表示しています。

  • What about task two?

    タスク2は?

  • Let's look at a sample question:

    質問例を見てみましょう。

  • The most common problem in task two is leaving something out or not covering something fully.

    タスク2で最も一般的な問題は 何かを出したり、何かを完全にカバーしていない。

  • To get band 7 for TA, you need to do all of the things the question is asking you to do,

    TAでバンド7を取得するためには、以下のことをすべて行う必要があります。 質問があなたに求めていることを

  • and only the things the question is asking you to do.

    問われているものだけを あなたがすべきこと

  • What does that mean here?

    ここでは何を意味するのか?

  • The task says, 'discuss both of these viewpoints.'

    課題は「これらの視点の両方を議論しなさい」というものです。

  • First, you need to discuss the idea 'that young people benefit from working while studying

    まず、「その」という考えを議論する必要があります。 働きながら学べる若者のメリット

  • at school or university.'

    "学校や大学で

  • One word here is particularly important.

    ここで特に重要な言葉があります。

  • Do you know which one?

    どれか知ってますか?

  • 'Benefit' is a key word here.

    'ベネフィット'がここではキーワードになっています。

  • What does 'benefit' mean?

    ベネフィット」とは何を意味するのでしょうか?

  • How do you understand it in this question?

    この質問ではどのように理解していますか?

  • Next, you need to discuss the idea, 'young people will achieve more by focusing on their

    次に、「若い」という考えを議論する必要があります。 に焦点を当てることで、人々はより多くのことを達成するでしょう。

  • studies.'

    "研究

  • Again, there's a key phrase here: 'achieve more'.

    繰り返しになりますが、ここにキーワードがあります。達成 もっと'

  • What does this mean?

    これは何を意味するのか?

  • You need to have answers to these questions.

    これらの質問に対する答えを持っている必要があります。

  • IELTS tasks often contain abstract, general words like advantages, benefits, problems,

    IELTSの課題には、抽象的で一般的な メリット、メリット、問題点などの言葉

  • success, etc.

    成功など

  • To write a good answer, you need to analyse and interpret these words yourself.

    良い答えを書くためには、分析する必要があります。 と、この言葉を自分で解釈してみてください。

  • Here, think about 'achieve more'.

    ここでは、「もっと達成する」ことについて考えてみましょう。

  • How do you understand this term in this question?

    この質問では、この用語をどう理解していますか?

  • Does it mean getting good exam results, learning more knowledge, learning practical skills,

    受験で良い結果が出る、勉強になる、ということでしょうか? より多くの知識、実践的なスキルを学ぶ。

  • getting a better job, living a full, satisfying life, or something else?

    働きがいのある生活 人生、それとも何か他のもの?

  • Again, there isn't one right answer here, but you need to have your own ideas about

    繰り返しになりますが、正解は一つではありません。 について、自分なりの考えを持つ必要がありますが

  • this.

    これだよ

  • Next, the task says, 'give your own opinion'.

    次に、課題には「自分の意見を言え」とあります。

  • So, you need to explain which side you agree with.

    だから、あなたはどちらの側に同意するかを説明する必要があります。 と一緒に。

  • Finally, the task tells you to give reasons and include examples.

    最後に、タスクでは理由を述べるように指示されています。 と例を挙げています。

  • This means that you need to support your ideas.

    つまり、自分の考えをサポートする必要があるということです。

  • You can't just say something like:

    みたいなことを言ってもしょうがないですよね。

  • Young people who focus on their studies will achieve more.

    勉強に集中する若者は より多くのことを達成する。

  • If you make a point like this, you need to support it somehow.

    このような主張をする場合は どうにかしてサポートします。

  • How will they achieve more?

    彼らはどのようにしてそれ以上のことを達成していくのでしょうか?

  • What examples can you give to show that this is true?

    このことを示すために、どのような例を挙げることができますか? が本当なのか?

  • Let's review: for this question, you need to do four things to get a good TA score:

    復習しよう:この質問には、以下のものが必要です。 TAで良い点数を取るためには、4つのことをする必要があります。

  • 1.

    1.

  • Discuss the idea 'that young people benefit from working while studying at school or university,'

    若者が恩恵を受けるという考えについて話し合う 学校や大学に通いながら仕事をしていたこともあります。

  • and analyse what 'benefit' means.

    と、「利益」が何を意味するのかを分析してみましょう。

  • Discuss the idea that, 'young people will achieve more by focusing on their studies,'

    若者は、"という考えを議論する 勉強に集中することで、より多くのことを達成することができます。

  • and analyse what 'achieve more' means.

    そして、「より多くのことを達成する」とは何かを分析してみましょう。

  • Give your own opinion and reach a clear conclusion.

    自分の意見を述べ、明確な結論を出しましょう。

  • Support your ideas with reasons or examples.

    理由や例を挙げて、あなたの考えをサポートしてください。

  • If you can do these four things, you can get band 7 for TA in your IELTS writing exam.

    この4つのことができれば IELTSライティング試験のTAのためのバンド7。

  • Remember though, it's not as simple as it looks.

    しかし、それはそれほど単純ではないことを覚えておいてください に見えます。

  • You will probably need to practise to get this right.

    を得るためには練習が必要でしょう。 この権利を

  • Next, let's look at your coherence and cohesion score.

    次に、あなたの結束力と結束力を見てみましょう。 点数。

  • I'm going to refer to coherence and cohesion as C&C, to keep things simple.

    凝集力と結束力を参考にすると C&Cとして、物事をシンプルに保つために。

  • Here are the habits which can limit your C&C score to six:

    あなたのC&Cを制限する可能性のある習慣は以下の通りです。 点数を6点にする。

  • “I need to use more linking words to get a higher score.”

    "もっとリンクワードを使って "高得点"

  • My essay should have an introduction, two body paragraphs and a conclusion.”

    "私の小論文は導入部があるべきであり、2つの "本文と結論"

  • Let's look at each point separately.

    それぞれのポイントを分けて見ていきましょう。

  • Oh, hey, Oli!

    オーリー!

  • How was your IELTS exam?

    IELTS試験はいかがでしたか?

  • Amazing!

    スゴイ!

  • I totally nailed it.

    私は完全にそれに釘付けになった。

  • I used nevertheless, furthermore, however, in spite of the fact that, AND in addition.

    私はnevertheless, furthermore, howeverを使いました。 にもかかわらず、andにもかかわらず。

  • My band 7 score is GUARANTEED!

    私のバンド7のスコアは保証されています!

  • No, it doesn't work like that.

    いや、そうはいかないんですよ。

  • First of all, linking isn't just about linking words.

    まず第一に、リンクはリンクするだけではありません。 という言葉があります。

  • It's about the logic and flow of your ideas.

    あなたの考えの論理と流れのことです。

  • Look at a sentence:

    文章を見てください。

  • Air pollution is a serious problem.

    大気汚染は深刻な問題です。

  • However, food prices are higher than ten years ago.

    しかし、食料品の価格は10年前よりも高くなっている 前に

  • Using however here doesn't magically make these ideas connected.

    ここでhoweverを使っても、魔法のように これらの考えはつながっています。

  • These two ideas aren't connected, and you can't create a connection by using a word

    この2つの考えはつながっていないし、あなたは 語呂合わせでは繋がらない

  • like however.

    しかし、そのような

  • Next, there's nothing in the IELTS scoring system which says you get a higher score for

    次に、IELTSの採点には何もありません。 の方がスコアが高いというシステム

  • using more linking words.

    より多くのリンクワードを使用しています。

  • It's more important to make sure you use linking words accurately.

    を使うようにすることの方が重要です。 単語を正確にリンクします。

  • Using more linking words won't get you band seven.

    繋ぎ言葉を増やしてもバンドにはならない 7

  • However, using linking words incorrectly will get you band six.

    しかし、リンクワードの使い方を間違えると バンド6を頼む

  • So, don't use linking words just to use linking words.

    なので、リンクワードを使うだけではなく 単語をリンクしています。

  • Use them because they fit your ideas.

    自分のアイデアに合っているから使ってください。

  • Don't think, “I have to use nonetheless to get a high score!”

    それにもかかわらず使わなければならない」と思わないでください。 高得点を取るために!"

  • You don't.

    お前には無理だ

  • Next, let's look at our second point: paragraphing.

    次に、2つ目のポイントであるパラグラフを見てみましょう。

  • Many IELTS candidates use the same structure for everything they write.

    多くのIELTS受験者は同じ構造を使っています。 彼らが書くすべてのもののために

  • For example, for task two, most people write an introduction, two body paragraphs, and

    例えば、タスク2の場合、ほとんどの人は以下のように書きます。 序文、本文二段落、そして

  • a conclusion.

    結論から言うと

  • That might be fine.

    それはそれでいいかもしれません。

  • However, to get band 7 for C&C, you need topresent a clear central topic within each

    ただし、C&Cでバンド7を取得するには "それぞれの中で明確な中心的なトピックを提示する

  • paragraph.”

    段落"

  • Those aren't my words.

    それは私の言葉ではありません。

  • That's straight from the IELTS scoring scheme.

    それは、IELTSの採点方式のストレートです。

  • Many students, especially in task two, write paragraphs like this:

    多くの生徒が、特に課題2では、次のように書いています。 こんな感じの段落です。

  • There are many advantages toFirstly, … Secondly, … Thirdly, …

    に多くの利点があります...まず第一に。 二の次三の次

  • This kind of writing is likely to get a score of 6 for C&C.

    この手の文章は点数を取る可能性が高い C&Cは6人中。

  • Why?

    なぜ?

  • Because, if you do this, you're trying to put too much in one paragraph.

    なぜなら、このようなことをすると、あなたは 一段落に入れすぎ

  • That means your paragraph won't have a clear central topic.

    つまり、あなたの段落には明確な 中心となる話題です。

  • So, what's the solution?

    で、解決策は?

  • First, plan your essay carefully.

    まず、小論文の計画を丁寧に立てましょう。

  • Make sure you know exactly what you're putting in each paragraph before you start writing.

    何を入れているかを正確に把握してください。 を、書き始める前に各段落に入れておきましょう。

  • Secondly, make sure your paragraph starts with a clear topic sentence.

    第二に、あなたの段落が始まることを確認してください。 は、明確なトピック文で

  • Your topic sentence should be relatively short and simple.

    トピック文は比較的短くしてください。 とシンプルに。

  • If your topic sentence is very long and complicated, then your topic probably isn't clear.

    話題の文章が非常に長くてややこしい場合。 の場合、あなたのトピックはおそらく明確ではありません。

  • Then, after your topic sentence, spend the rest of the paragraph developing and extending

    そして、あなたのトピック文の後に 後段落

  • your main idea.

    あなたの本音。

  • This means that you aren't adding any new ideas or changing the topic in the middle

    これは、新しい アイデアや途中で話題を変える

  • of your paragraph.

    あなたの段落の

  • Also, this means you might need different numbers of paragraphs depending on how many

    また、これは、異なる 段落の数に応じて

  • main ideas you have.

    あなたが持っている主なアイデア

  • Do you have two body paragraphs in your essay?

    小論文の本文は2段落になっていますか?

  • That means you have two main ideas.

    つまり、主に2つの考えを持っているということです。

  • Do you have three main ideas?

    主に3つの考え方がありますか?

  • Then you need three paragraphs!

    ならば三段落必要だ!

  • Another point: paragraphs don't have a minimum length.

    もう一つのポイントは、段落には最小値がありません。 の長さになります。

  • There's no such thing as a paragraph which is too short.

    そんな段落はありません。 は短すぎます。

  • Paragraphs can be any length.

    段落の長さは問いません。

  • So, let's review this section.

    ということで、この部分をおさらいしておきましょう。

  • To get band seven C&C in your IELTS writing exam, you need to focus on using linking words

    IELTSライティングでバンド7のC&Cを取得するには 試験では、リンクする言葉を使うことに重点を置く必要があります。

  • accurately and appropriately.

    正確に、適切に。

  • You also need to make sure every paragraph has a clear central topic, which means you

    また、すべての段落を確認する必要があります。 明確な中心的なテーマを持っています。

  • shouldn't try to put many different ideas in one paragraph.

    思惑が違う を一行にまとめてみました。

  • Next, let's look at vocabulary and how you can get to band seven.

    次に、語彙を見てみましょう。 はバンド7まで行けます。

  • Here's a band six idea that students often have:

    学生がよくやるバンド6のアイデアはこちら を持っています。

  • “I need to learn lots of synonyms and uncommon vocabulary.

    " 類義語や珍しいものをたくさん学ばなければならない ボキャブラリー。

  • If my vocabulary is bigger, I'll get a higher score.”

    ボキャブラリーが増えれば "スコア"

  • There's one important difference between band six and seven for vocabulary.

    との間には重要な違いが一つあります。 語彙力のためのバンド6と7。

  • At band six, you need two things: range and clarity.

    バンド6では2つのことが必要です:レンジと を明確にすることができます。

  • That means, if you at least try to use some more advanced or uncommon vocabulary, you can get six if

    つまり、せめてもう少し高度な語彙や珍しい語彙を使おうとすれば、6つの

  • your meaning is clear, even if you make mistakes, even if you make lots of mistakes.

    間違えても意味ははっきりしている。 たくさん失敗しても

  • However, for band seven, you need three things: range, clarity and accuracy.

    しかし、バンド7には3つのことが必要です。 レンジ、明快さ、正確さです

  • It's no longer enough just to try.

    もはややってみるだけでは足りない。

  • You need to use vocabularywith flexibility and precision”—again, this is a quote

    柔軟性を持って」というボキャブラリーを使う必要がある と精度」-これもまた、これは引用です。

  • from the official scoring scheme.

    公式の採点方法から

  • You can't make many mistakes for band seven.

    バンド7にしてはミスが多いですね。

  • You can produce 'occasional errors' and still get band seven.

    時折発生するエラー」や まだバンド7を手に入れたばかりだ

  • What does this mean for you?

    これは何を意味しているのでしょうか?

  • It means that your priority should be avoiding mistakes.

    を避けることを優先すべきだということです。 誤りです。

  • I see many IELTS students trying to learn lots of idioms, phrases, academic vocabulary

    多くのIELTSの学生が勉強しようとしているのを目にします。 慣用句多め

  • and so on.

    といったようなことを言っています。

  • But then, they often don't know how to use this vocabulary well.

    でも、その時には、使い方がわからないことが多いので この語彙はよくできています。

  • They use it in their writing, because they think it sounds nice, and their meaning might

    彼らが文章に使うのは、彼らが 響きが良くて、意味があるかもしれません。