Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Krystian Aparta Reviewer: Camille Martínez

    うまくできていれば その音は

  • If you do it right, it should sound like:

    チッタッチッタッチッタッ みたいな感じですが

  • TICK-tat, TICK-tat, TICK-tat, TICK-tat, TICK-tat, TICK-tat.

    まずいやり方だと

  • If you do it wrong, it sounds like:

    チッダッ チッダッ チッダッ みたいになります

  • Tick-TAT, tick-TAT, tick-TAT.

    小さなことの 大きなアイデア

  • [Small thing. Big idea.]

    キラ・ゴーントの縄跳びの話

  • [Kyra Gaunt on the Jump Rope]

    跳び縄というのは すごくシンプルなものです

  • The jump rope is such a simple object.

    それはロープや 洗濯ひもだったり 麻ひもだったりしますが

  • It can be made out of rope, a clothesline, twine.

    ひねりのあるものです (笑)

  • It has, like, a twirl on it. (Laughs)

    なんて言うのか わかりませんけど

  • I'm not sure how to describe that.

    重要なのは ある程度の重みがあり

  • What's important is that it has a certain weight,

    鞭のような 音を立てることです

  • and that they have that kind of whip sound.

    縄跳びの起原は はっきりしませんが

  • It's not clear what the origin of the jump rope is.

    古代のエジプトかフェニキアで 始まったらしい痕跡があります

  • There's some evidence that it began in ancient Egypt, Phoenicia,

    そして北米には オランダ移民がもたらしたようです

  • and then it most likely traveled to North America with Dutch settlers.

    縄跳びが広く 行われるようになったのは

  • The rope became a big thing when women's clothes became more fitted

    女性の服が体にぴったりしたものになり ズボン型の下着が登場したときです

  • and the pantaloon came into being.

    スカートがロープに絡まらず

  • And so, girls were able to jump rope

    女の子が縄跳びを できるようになりました

  • because their skirts wouldn't catch the ropes.

    家庭教師は子供の運動のために 縄跳びをさせ

  • Governesses used it to train their wards to jump rope.

    南北戦争前の南部にいた 元奴隷の黒人の子供でさえ

  • Even formerly enslaved African children in the antebellum South

    縄跳びをしていました

  • jumped rope, too.

    1950年代のハーレムやブロンクス ブルックリンやクイーンズでは

  • In the 1950s, in Harlem, Bronx, Brooklyn, Queens,

    道端で たくさんの女の子たちが 縄跳びをするのが見られました

  • you could see on the sidewalk, lots of girls playing with ropes.

    時にはロープを2本使い 一緒にして1本のロープにしたり

  • Sometimes they would take two ropes and turn them as a single rope together,

    2本を別々に泡立て器のように 回したりします

  • but you could separate them and turn them in like an eggbeater on each other.

    縄跳びのリズムは

  • The skipping rope was like a steady timeline --

    チッチッチッチッと規則的で

  • tick, tick, tick, tick --

    韻やリズムやかけ声を 付けることができます

  • upon which you can add rhymes and rhythms and chants.

    このロープが作り出す空間で

  • Those ropes created a space

    私たちは地域を 遙かに超えた

  • where we were able to contribute to something

    大きなものを 生み出せたのです

  • that was far greater than the neighborhood.

    ダブルダッチは 黒人女性にとって

  • Double Dutch jump rope remains a powerful symbol of culture and identity

    文化的アイデンティティの 力強い象徴であり続けています

  • for black women.

    1950年代から 70年代の頃には

  • Back from the 1950s to the 1970s,

    女の子はスポーツを しないものとされていました

  • girls weren't supposed to play sports.

    男の子は野球やバスケや アメフトをしますが

  • Boys played baseball, basketball and football,

    女の子は入れて もらえません

  • and girls weren't allowed.

    多くのことが 変わりましたが

  • A lot has changed, but in that era,

    当時 遊び場を支配していたのは 女の子でした

  • girls would rule the playground.

    男の子は入れなかったんです

  • They'd make sure that boys weren't a part of that.

    そこは女の子の空間であり

  • It's their space, it's a girl-power space.

    女の子が輝ける場所だったんです

  • It's where they get to shine.

    でも男の子たちも

  • But I also think it's for boys,

    聞き耳を立てていました

  • because boys overheard those,

    だからこんなにも多くの ヒップホップのアーティストが

  • which is why, I think, so many hip-hop artists

    黒人の女の子の遊びの歌を 取り入れているんです

  • sampled from things that they heard in black girls' game songs.

    ・・・フライドポテトに 冷たいシェイク 歩き方を知っているフリをして

  • (Chanting) ... cold, thick shake, act like you know how to flip,

    フィレオフィッシュ クォーターパウンダー フライドポテトに 冷たいシェイク

  • Filet-O-Fish, Quarter Pounder, french fries, ice cold, thick shake,

    ジャンプのしかたを 知っているフリをして

  • act like you know how to jump.

    ネリーの曲『カントリー・グラマー』が 大ヒットしたのは

  • Why "Country Grammar" by Nelly became a Grammy Award-winning single

    みんな馴染みが あったからです

  • was because people already knew

    “[I'm] going down down baby your street in a Range Rover …”

  • "We're going down down baby your street in a Range Rover ... "

    この出だしは “Down down, baby, down down the roller coaster,

  • That's the beginning of "Down down, baby, down down the roller coaster,

    sweet, sweet baby, I'll never let you go.” と同じです

  • sweet, sweet baby, I'll never let you go."

    都市部の黒人コミュニティで 育った人なら

  • All people who grew up in any black urban community

    誰でも知っている曲です

  • would know that music.

    人気は織り込み済み だったんです

  • And so, it was a ready-made hit.

    ダブルダッチは こういう歌や

  • The Double Dutch rope playing helped maintain these songs

    かけ声や振りを伝える 役割を果たしましたが

  • and helped maintain the chants and the gestures that go along with it,

    これは私が “kinetic orality (動きによる語り)” と呼ぶもので

  • which is very natural to what I call "kinetic orality" --

    「口コミ」ならぬ「体コミ」です

  • word of mouth and word of body.

    それは世代を越えて 受け継がれていくもので

  • It's the thing that gets passed down over generations.

    ある意味 跳び縄のおかげで 伝えられているんです

  • In some ways, the rope is the thing that helps carry it.

    記憶を残し伝えるには 何か物が必要です

  • You need some object to carry memory through.

    跳び縄は 様々なことに使え

  • So, a jump rope, you can use it for all different kinds of things.

    文化を越えるものです

  • It crosses cultures.

    それが生き続けているのは 人は体を動かす必要があるからでしょう

  • And I think it lasted because people need to move.

    最もシンプルな物が 最も創造的な使い方を生み出すんです

  • And I think sometimes the simplest objects can make the most creative uses.

Translator: Krystian Aparta Reviewer: Camille Martínez

うまくできていれば その音は

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 縄跳び 女の子 ロープ 黒人 シェイク

TED】Kyra Gaunt: How the jump jump the rhythm got its rhythm (How the jump the rhythm got its rhythm | Small Thing Big Idea, a TED series) (【TED】Kyra Gaunt: How the jump rope got its rhythm (How the jump rope got its rhythm | Small Thing Big Idea, a TED se

  • 674 32
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語