Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Say you've written a list and gone to the store.

    リストを書いてお店に行ったとしましょう。

  • But you quickly start buying things that you didn't plan on.

    でも、予定していなかったものをすぐに買い始めてしまう。

  • After all, fresh produce would be nice.

    やはり、新鮮なものがいいですよね。

  • And these look good.

    そして、これは良さそうです。

  • Half off?

    半額?

  • Why not!

    なんでだよ!

  • Wait.

    待って

  • Why is it so hard to stick to a shopping list?

    買い物リストにこだわるのはなぜ?

  • Researchers estimate that half of consumer spending is unplanned.

    研究者は、消費者支出の半分は無計画であると推定している。

  • Sometimes it's stuff you just forgot to put on your list.

    リストに入れ忘れていたものが出てくることもあります。

  • But there's another kind of purchase that consumer psychologists measure...

    しかし、消費者心理学者が測定する購入の種類はもう一つあります...。

  • That would be more of your impulse purchase where you see something.

    それはあなたが何かを見たところで衝動買いをすることの方が多いでしょう。

  • you think it's kind of a cool item.

    なんだかかっこいいアイテムだなと思ってしまいますよね。

  • I think I'll buy that.

    買ってみようかな。

  • The architecture of a store can impact consumer satisfaction, which in turn might spur impulse buys.

    店舗のアーキテクチャは消費者の満足度に影響を与え、その結果、衝動買いに拍車をかける可能性があります。

  • In the 20th century, the architect Victor Gruen used light and space to dramatically stage goods in storefront windows.

    20世紀、建築家ヴィクター・グリュエンは、光と空間を利用して、店頭の窓に商品をドラマチックに演出しました。

  • His designs tried to capture the attention of passersbyand convert them into customers.

    彼のデザインは通行人の注目を集め...顧客に変えようとした

  • Today, people refer to this as 'The Gruen Effect.'

    今日では「グリュエン効果」と呼ばれています。

  • It happens when a store (environment) takes you from shopping for a specific item to shopping for shopping's sake.

    お店(環境)が特定の商品を買うための買い物から、買い物のための買い物に持っていくときに起こります。

  • It's about the mindset and the environment that they try to create.

    それは、彼らが作ろうとするマインドセットと環境のことです。

  • Does this sound familiar?

    これは聞き覚えがありますか?

  • Think about your last trip to IKEA.

    前回のイケアへの旅行のことを考えてみてください。

  • They have the restaurant with the Swedish meatballs and all of this stuff. And that's not a coincidence.

    スウェーデンのミートボールとかのお店があるそうですしかもそれは<a href="#post_comment_2"><strong>偶然の一致</strong><i class="icon-star"></i>ではなく、<a href="#post_comment_2"><strong>偶然の一致</strong><i class="icon-star"></i>。

  • You're trying to build excitement because when people are excited and aroused, they're more likely to buy.

    人が興奮して覚醒すると買いやすくなるから興奮を煽ってるんだろ

  • Almost 20 percent of our buying decisions are based on logic and needs.

    私たちの購買決定のほぼ20%は、ロジックとニーズに基づいています。

  • 80 percent of our buying decisions are actually based on emotions.

    私たちの購買決定の80%は、実際には感情に基づいています。

  • And we try to make that connection or bridge that connection.

    そして、その繋がりを作ったり、橋渡しをしたりするようにしています。

  • Yeah, of course we are retailers so we try to make sure that you know, grab a thing or two.

    もちろん私たちは小売店ですから、何か一つや二つ手に取るようにしています。

  • My name is Richard La Graauw and I'm creative director for IKEA here in the US.

    私の名前はRichard La Graauwで、アメリカのイケアのクリエイティブディレクターをしています。

  • Which is an important job.

    重要な仕事だ

  • He's in charge of how the products are presented in the store.

    店頭での商品の見せ方を担当している。

  • That includes layout.

    それはレイアウトも含まれています。

  • Retailers pay close attention to how their floor plan can change in-store behavior.

    小売業者は、フロアプランが店舗内でどのように変化するかに注意を払っています。

  • Grid layouts emphasize speed and convenience.

    グリッドレイアウトはスピードと利便性を重視しています。

  • Where freeform layouts allow exploration, which can make customers visit more parts of the shop.

    自由形状のレイアウトは、顧客が店の多くの部分を訪問することができ、探索を可能にします。

  • And racetrack designs create a loop that exposes customers to a certain path of product.

    そして、レーストラックのデザインは、製品の特定の経路に顧客を露出させるループを作成します。

  • IKEA uses a fixed path through a maze of product displays.

    迷路のように入り組んだ商品陳列の中を、イケアは固定された道を使って進んでいきます。

  • And that can extend the distance travelled in store.

    そして、それは店舗での移動距離を伸ばすことができます。

  • So the more you travel, the more items by definition as a shopper you're going to be exposed to.

    だから、旅行に行けば行くほど、買い物客としての定義でアイテムが増えていく。

  • At the entrance, most customers will be drawn to a bright yellow bin of bags, placed next to the escalator.

    入口では、ほとんどのお客さんがエスカレーターの横に置かれた鮮やかな黄色の袋に目を奪われます。

  • Spots of light guide your eye to the entrance of the showroom.

    光の斑点がショールームの入り口へと視線を誘導します。

  • And before you know it, you're taking the scenic route.

    そして、いつの間にか景色の良い道を行くようになっています。

  • So with light, you can actually steer consumers towards different areas and toward different product selections.

    光があれば、実際に消費者を異なるエリアや異なる製品の選択に誘導することができます。

  • On average, customers only visit about a third of a retailer's floor area.

    平均して、顧客は小売店のフロア面積の約3分の1しか訪問していません。

  • And IKEA's layout forces customers to cover more ground.

    そしてイケアのレイアウトは、お客さまがより多くの場所をカバーすることを余儀なくされています。

  • IKEA was always designed as a place where you can see, touch, and try, no?

    イケアは常に、見て、触って、試すことができる場所としてデザインされていますよね。

  • So they can spend hours if they want to.

    だから、彼らはその気になれば何時間でも過ごせる。

  • But there's also consumers that know exactly what they want and just want to have it quick.

    しかし、自分の欲しいものをよく知っていて、早く手に入れたいと思っている消費者もいます。

  • So it's tailored to both.

    両方に合わせているんですね。

  • One researcher in London surveyed IKEA to hand-draw these pedestrians pathways.

    ロンドンのある研究者がイケアに調査を行い、これらの歩行者の通路を手描きで描いてもらいました。

  • This heat map of the showroom was generated using her data.

    このショールームのヒートマップは、彼女のデータを使って作成したものです。

  • It looks like the path guides are working.

    パスガイドが機能しているようです。

  • Where Victor Gruen simply used a hunch to invent window shopping, virtually any store from IKEA to your local grocery has a trove of big data at their fingertips.

    ビクター・グリュエンがウィンドウショッピングを発明するために直感を使ったのに対し、イケアから地元の食料品店まで、事実上どの店舗にもビッグデータが蓄積されています。

  • We used technology to measure actually the flow of consumers and where they're interested and in which areas they intend to go.

    実際に消費者がどこに興味を持ち、どの地域に行こうとしているのか、その流れを技術を使って計測しました。

  • And that works all based on Beacon technologies.

    そして、それはすべてビーコンの技術に基づいて動作します。

  • Which means retailers like IKEA will only get better at nudging you to spend time in more parts of the store.

    つまり、イケアのような小売業者は、店舗の多くの場所で時間を過ごすように誘導するのが上手になるだけなのです。

  • So, compulsive shoppers, the next time you go to the storeconsider taking the shortcut.

    強迫観念のある買い物客の皆さん 次にお店に行く時は近道を考えてください

  • Or, at least, don't forget what you came here for.

    せめて、何のために来たのか忘れないように。

  • Because it probably wasn't plants and a plate of meatballs.

    植物とミートボールではないだろうから。

  • You do you, though.

    あなたはあなただけどね。

  • Hi there! Thanks for watching the goods. And a big thanks to our sponsor American Express.

    グッズをご覧いただきありがとうございます。そして、スポンサーのアメリカン・エキスプレスにも感謝です。

  • Amex has a credit card feature that gives you choices for how to make payments bigger small, called Payitplanit. Payit helps you reduce your balance by making small payments throughout the month.

    アメックスにはPayitplanitと呼ばれる、支払いを大きく小さくする方法を選択できるクレジットカード機能があります。Payitは、あなたが月を通して小額の支払いを行うことによって、あなたの残高を減らすのに役立ちます。

  • And Planit can help you split purchases over 100 dollars up over time. You can check it out on americanexpress.com/payitplanit.

    Planitでは、100ドル以上のお買い物を時間をかけて分割することができます。americanexpress.com/payitplanitで確認できます。

  • And thanks again to American Express. Their support made this series possible.

    そして、アメリカン・エキスプレスに感謝します。このシリーズは彼らのサポートのおかげで実現しました。

Say you've written a list and gone to the store.

リストを書いてお店に行ったとしましょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox イケア 買い物 店舗 消費 小売

イケアではどのようにして衝動的に買い足すように仕向けているのでしょうか?

  • 28660 1163
    Liang Chen に公開 2018 年 10 月 17 日
動画の中の単語