Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You know, my friends, I look at this photograph

    友よ、この写真を見て

  • and I have to ask myself,

    と自問自答しなければなりません。

  • you know, I think I've seen this somewhere before.

    前にどこかで見たことがあるような気がするんだけど

  • People marching in the street for justice.

    正義のために行進する人々。

  • But I know it's not the same photograph that I would have seen,

    でも、私が見たであろう写真とは違うことはわかっています。

  • because I wouldn't take my oath to be a police officer until 1989.

    1989年まで警察官になることを誓っていなかったからです。

  • And I've been in the business for over 25 years.

    そして、私は25年以上このビジネスに携わってきました。

  • And identifying as an African-American woman,

    アフリカ系アメリカ人女性であることも

  • I know things have gotten better.

    状況が良くなってきたのは分かっています。

  • But even as I learned about public safety,

    しかし、公安について学んでも

  • I wondered if what I was doing on the street

    路上で何をしているのかと思ったら

  • was hurting or harming the community.

    が地域社会を傷つけたり、傷つけたりしていた。

  • And I often wondered if, you know, how did they perceive me,

    私はよく疑問に思っていたのですが、彼らは私のことをどう思っているのでしょうか?

  • this woman in uniform?

    この女性が制服を着ているのか?

  • But there is one thing that I knew.

    しかし、一つだけ知っていることがありました。

  • I knew there was a way that we could do this, probably, different or better.

    多分、違うか、もっといい方法があると思っていました。

  • A way that preserved dignity and guaranteed justice.

    尊厳を守り、正義を保証した方法。

  • But I also knew that police could not do it alone.

    しかし、警察だけではできないことも知っていました。

  • It's the coproduction of public safety.

    それは公安の共産です。

  • There is a lot of history with us.

    私たちとの歴史はたくさんあります。

  • You know, we know loss.

    損失を知っている

  • The relationship between

    の関係性

  • the African American community and the police is a painful one.

    アフリカ系アメリカ人コミュニティと警察の関係は痛快です。

  • Often filled with mistrust.

    不信感でいっぱいになることが多い。

  • It has been studied by social scientists,

    社会科学者によって研究されてきました。

  • it has been studied by government,

    それは政府によって研究されてきました。

  • all both promising, you know, hopeful new ways and long-term fixes.

    両方とも有望で、希望に満ちた新しい方法と長期的な修正を知っています。

  • But all we want is to be safe.

    しかし、私たちが望むのは安全であることだけです。

  • And our safety is intertwined.

    そして、私たちの安全が絡み合っています。

  • And that we know, in order to have great relationships

    そして、私たちが知っているように、素晴らしい人間関係を築くためには

  • and relationships built on trust,

    と信頼関係の上に成り立っています。

  • that we're going to have to have communication.

    コミュニケーションを取る必要があります。

  • And in this advent and this text of the world that we've got going on,

    そして、この降臨とこの世界のテキストの中で、私たちは、この世界に向かって進んでいるのです。

  • trying to do this with social media,

    ソーシャルメディアでやろうとしている

  • it's a very difficult thing to do.

    それは非常に難しいことです。

  • We also have to examine our current policing practices,

    また、現在の取り締まりのあり方についても検証していかなければなりません。

  • and we have to set those things aside that no longer serve us.

    そして、私たちは、もはや私たちのためにならないものを脇に置いておく必要があります。

  • So, in New York, that meant "stop, question and frisk."

    ニューヨークでは "停止、質問、身柄検査 "って意味だったのね

  • That meant really holding up the numbers as opposed to relationships.

    それは、人間関係とは対照的に、本当に数字を維持することを意味していました。

  • And it really didn't allow the officers the opportunity

    そして、それは本当に役員に機会を与えることができませんでした。

  • to get to know the community in which they serve.

    奉仕している地域社会を知るために。

  • But you see, there is a better way.

    でもね、もっといい方法があるんだよ。

  • And we know -- it's called coproduction.

    これを共産と呼ぶんだ

  • So in the 1970s, Elinor Ostrom came up with this theory,

    そこで、1970年代にエリノア・オストロムはこの説を思いついた。

  • really called coproduction, and this is how it works.

    本当にコプロダクションと呼ばれるもので、これがその仕組みです。

  • You bring people into the space that come with separate expertise,

    別々の専門性を持った空間に人を連れてくるんですね。

  • and you also come with new ideas and lived experience,

    そして、あなたもまた、新しいアイデアと生きた経験を持って来てください。

  • and you produce a new knowledge.

    と新しい知識を生み出します。

  • And when you produce that new knowledge,

    そして、その新しい知識を生み出すとき

  • and you apply this theory to public safety,

    この理論を公共の安全に応用して

  • you produce a new type of public safety.

    新しいタイプの公安をプロデュースしているのですね。

  • And so, in New York, it feels like this.

    で、ニューヨークではこんな感じです。

  • It is called building relationships, literally one block at a time.

    それは関係性の構築と呼ばれるもので、文字通り一度に一つのブロックである。

  • And it's "Build the Block."

    そして、それは "ブロックを構築する "ことです。

  • So this is how it works.

    こんな感じですね。

  • You go to buildtheblock.nyc, you put in your address.

    ビルド・ザ・ブロック・ニューヨークに行って 住所を入力してくれ

  • And up pops location, date and time of your neighborhood meeting.

    そして、アップポップは、あなたの近所の会議の場所と日時を表示します。

  • The important part of this is you've got to go to the meeting.

    大事なのは会議に行くことです。

  • And once you go to that meeting,

    そして、一度その会議に行くと

  • there, of course, will be NYPD,

    もちろんニューヨーク市警がいるだろう

  • along with officers and other community members.

    役員や他のコミュニティのメンバーと一緒に。

  • What's important about bringing, now, the lived experience into this space

    今、生きた体験をこの空間に持ち込むことで大切なことは何か?

  • to produce new knowledge

    新しい知識を生み出す

  • is that we have to have a new way of delivering it.

    というのは、新しい届け方をしなければならないということです。

  • So the new way of delivering it

    ということで、新しい配信方法は

  • is through what we call neighborhood coordinating officers, or NCOs.

    それは、私たちが近隣の調整役、またはNCOと呼ばれるものを介しています。

  • And so, also in this meeting are the NCOs,

    で、この会議にもNCOが参加しています。

  • the what we call 911 response cars,

    私たちが911応答車と呼んでいるもの

  • sector cars, detectives,

    セクターカー、刑事

  • all of us working together to collaborate in this new way

    みんなで協力して新しい形で協力していく

  • to reduce crime.

    犯罪を減らすために

  • And what's interesting about this is that we know that it works.

    そして、何が面白いかというと、それが機能していることがわかっているということです。

  • So, for example, in Washington Heights.

    だから例えばワシントンハイツでは

  • At a community meeting, there was a bar, up in Washington Heights,

    ワシントンハイツに バーがありました

  • and the neighbors were complaining about outcry and noises.

    と近所の人が大騒ぎしたり騒いだりして文句を言っていました。

  • So in their conversations with their NCO,

    だから、彼らのNCOとの会話の中で。

  • they talked about, you know, sound barriers,

    音の壁の話をしていました。

  • different ways to sort of approach this.

    これにアプローチするための様々な方法があります。

  • Is there a different way we can direct traffic?

    トラフィックを誘導する方法は違うのかな?

  • And of course now they have relatively quieter bar nights.

    そしてもちろん今では比較的静かなバーでの夜を過ごしています。

  • So, another issue that always comes up in neighborhoods is speeding.

    そこで、近所で必ず出てくるもう一つの問題がスピード違反です。

  • How many of you in here have ever had a speeding ticket?

    ここにいる何人がスピード違反をしたことがあるんだ?

  • Raise your hand.

    手を挙げて

  • Oh, higher, come on!

    もっと高く!

  • There's more than that, this is New York.

    それだけではありません、ここはニューヨークです。

  • So those are other issues that brought to the NCO.

    だから、それらはNCOに持ってきた他の問題です。

  • Speeding -- what the NCOs do

    スピード違反...

  • is they collaborate with the Department of Transportation,

    彼らは運輸省と協力しています。

  • they look at issues such as speed bumps and signage and all types of things.

    彼らはスピードバンプや標識などの問題やあらゆるタイプのものを見ています。

  • And when we come together to create this different type of policing,

    そして、私たちが集まって、このような異なるタイプの警察官が誕生したとき。

  • it also feels different.

    また違った感じがします。

  • The coproduction of public safety also means

    公安のコプロダクションも意味する

  • that officers need to understand

    士官も理解しなければならない

  • the history and the power of their uniforms.

    彼らのユニフォームの歴史と力。

  • They're going to have to set aside old historical narratives

    彼らは、古い歴史的な物語を脇に置く必要があります。

  • that do not serve them well.

    彼らのためにならない

  • And that means they have to learn about implicit bias.

    つまり、彼らは暗黙のバイアスについて学ばなければならないということです。

  • Implicit biases are shortcuts the brain makes

    暗黙のバイアスは脳が作るショートカット

  • without us really knowing it.

    私たちが知らないうちに

  • They're stereotypes that often influence our decision making.

    彼らはしばしば私たちの意思決定に影響を与える固定観念です。

  • And so, you can imagine,

    と、想像してみてください。

  • for police officers who have to make split-second decisions

    一瞬一瞬の判断を迫られる警察官のために

  • can be a very detrimental decision-making point.

    は、非常に不利な意思決定ポイントになる可能性があります。

  • That's why the NYPD, along with other departments throughout the United States,

    それが、ニューヨーク市警が、全米の他の部署と一緒に、その理由です。

  • are training all of their officers in implicit bias.

    は役員全員に暗黙のバイアスの訓練をしています。

  • They have to understand that learning about their implicit biases,

    彼らは、彼らの暗黙のバイアスについて学ぶことを理解しなければならない。

  • having good training, tactics and deescalation

    鍛錬と戦術とディスカレーションが上手い

  • and understanding how it impacts your decision making

    意思決定にどのような影響を与えるかを理解する

  • makes us all safer.

    私たちをより安全にしてくれます。

  • We also know how officers are treated inside the organization

    役員が組織の中でどのように扱われているかも知っています。

  • impacts how they're going to behave with the community at large.

    それは、彼らが地域社会全体でどのように振る舞おうとしているかに影響を与えます。

  • This is critical.

    これは重要なことです。

  • Especially if you want to have a new way forward.

    特に、新たな道を切り開いてほしいと思っている方にはおすすめです。

  • And we know that we have to care for those folks that are on the frontline.

    最前線にいる人たちの世話をしなければならないのは分かっています。

  • And they have to recognize their own trauma.

    そして、彼らは自分のトラウマを認識しなければならない。

  • And in order to do that, us as leaders have to lift them up

    そのためには、リーダーである私たちが彼らを持ち上げなければなりません。

  • and let them know that the narratives of being strong men and women --

    そして、強い男と女であることの物語があることを彼らに知らせてあげてください。

  • you can set those aside, and it's OK to say you need help.

    あなたはそれを脇に置いて、それはあなたが助けを必要としていると言っても構いません。

  • And we do that by providing peer support,

    そして、私たちはピアサポートを提供することで、それを実現しています。

  • employee assistance, mental health services.

    従業員支援、精神衛生サービス

  • We make sure all of those things are in place,

    それらのことをすべて確認しています。

  • because without it --

    それがなければ...

  • it's a critical component to the coproduction of public safety.

    公共の安全を守るための重要な要素です。

  • Equally as important is that we also have social issues

    同じくらい重要なのは、社会的な問題もあるということです。

  • that are often laid at the feet of law enforcement.

    法執行機関の足元に敷かれていることが多い。

  • So, for example, mental health and education.

    だから、例えばメンタルヘルスと教育。

  • Historically, we've been pulled into those spaces

    歴史的に、私たちはそれらのスペースに引っ張られてきました。

  • where we have not necessarily provided public safety

    必ずしも公共の安全を確保していないところ

  • but have enforced long, historical legislative racial desegregation.

    しかし、歴史的に長い立法による人種隔離を施行してきました。

  • We have to own our part in history.

    歴史の中で自分たちの役割を自分たちで果たさなければならない。

  • But we also have to have those folks at the table

    しかし、私たちはまた、テーブルにそれらの人々を持っている必要があります。

  • when we're talking about how do we move forward with coproduction.

    コプロダクションをどうやって進めていくかという話をしているときです。

  • But understanding this,

    しかし、これを理解すること。

  • we also have to understand that we need to have voices come to us

    声が届く必要があることも理解しておかなければならない

  • in a different way.

    を別の意味で。

  • We also have to recognize

    私たちはまた、認識しなければなりません。

  • that the community may not be willing or ready

    地域社会の意思と準備がないかもしれない

  • to come to the table to have the conversation.

    テーブルに来て会話をする。

  • And that's OK.

    そして、それでいいんです。

  • We have to be able to accept that.

    それを受け止められるようにしないといけない。

  • By acknowledging it, it also means that we care for the community's health

    それを認めることは、地域の健康を気遣うということでもあります。

  • and for their resiliency as well.

    そして、彼らの回復力のためにも。

  • That's another key component.

    これも重要な要素です。

  • We also have to acknowledge

    私たちも認めなければなりません

  • that there are those folks that are in our community that are here --

    私たちのコミュニティには ここにいる人たちがいて...

  • they do want to do us harm.

    彼らは我々に危害を加えようとしている

  • We also have to recognize that we have community members

    また、コミュニティのメンバーがいることも認識しなければなりません。

  • who did not get the benefits of a long-ago dream.

    懐かしい夢の恩恵を受けられなかった人は

  • We also have to acknowledge

    私たちも認めなければなりません

  • that we have put faith in a system that sometimes is broken,

    時には壊れてしまうシステムに信頼を置いていることを

  • hoping that it would give us solutions for better.

    より良い解決策を提供してくれることを期待しています。

  • But we cannot walk away.

    しかし、私たちは立ち去ることができません。

  • Because there is a better way.

    もっと良い方法があるからです。

  • And we know this because the NYPD's neighborhood policing philosophy

    そして、私たちはニューヨーク市警の近隣の警察の哲学があるので、これを知っています。

  • is grounded in the coproduction of public safety.

    は、公安の共産主義に基づいています。

  • And in order for us to move forward together,

    そして、一緒に前に進むためには

  • with our family, our friends and for our health,

    家族と、友人と、そして健康のために。

  • we have to make sure that we focus this way.

    このように集中するようにしなければなりません。

  • And in order to do that,

    そして、そのためには

  • there are three fundamental ideologies that we must all agree to.

    私たちが同意しなければならない3つの基本的なイデオロギーがあります。

  • Are you ready?

    準備はいいか?

  • Oh, I'm sorry, one more time -- are you ready?

    あ、すみません、もう一回だけ......準備はいいですか?

  • Audience: Yes!

    観客の皆さん。はい!

  • Tracie Keesee: Now, that's better, alright.

    トレイシー・キーシーさて、それでいいわね。

  • The first one: There's no more wallowing in the why.

    最初のもの。理由に悩むことはもうありません。

  • We know why.

    理由は分かってる

  • We must move forward together. There's no more us versus them.

    一緒に前に進まなければなりません。私たちと彼らの間には、もう何もない。

  • Number two:

    2番だ

  • We must embrace the lived experience and our histories,

    私たちは、生きた経験と自分の歴史を受け入れなければなりません。

  • and we must make sure we never go back to a place where we cannot move forward.

    と、前に進めない場所には絶対に戻らないようにしなければなりません。

  • And number three:

    そして3番。

  • We must also make sure

    私たちはまた、確認しなければなりません。

  • that truth and telling facts is painful.

    真実と事実を語ることは苦痛であることを

  • But we also know that no action is no longer acceptable.

    しかし、どんな行動も許されなくなっていることも知っています。

  • And agree?

    同意する?

  • Audience: Yes.

    観客の皆さんはい

  • TK: Oh, I'm sorry, I can't hear you, do you agree?

    TK: あ、ごめんなさい、聞こえないんですけど、いいですか?

  • Audience: Yes!

    観客の皆さん。はい!

  • TK: So we do know there is a better way.

    手越: だから、もっといい方法があることはわかっています。

  • And the better way is the coproduction of public safety.

    そして、より良い方法は、公安のコピペです。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • (Applause)

    (拍手)

You know, my friends, I look at this photograph

友よ、この写真を見て

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TED なけれ 警察 ニューヨーク 暗黙 バイアス

TED】Tracie Keesee.警察と公共はどのようにしてより安全な地域を一緒に作ることができるのか (警察と公共はどのようにしてより安全な地域を一緒に作ることができるのか|Tracie Keeseeee)

  • 653 14
    林宜悉   に公開 2018 年 10 月 16 日
動画の中の単語