Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This lesson covers the dreaded "tell me about yourself"

    このレッスンでは、「自分のことを教えてください」のお悩みをカバーしています。

  • question.

    の質問をしています。

  • You hate this question, all of my clients hate this question,

    あなたはこの質問を嫌っている、私のクライアントはみんなこの質問を嫌っている。

  • but it's a question that starts off 99% of job interviews.

    しかし、それは99%の就職面接の最初の質問です。

  • I highly recommend spending some time on this question

    この質問に時間をかけることを強くお勧めします

  • because it's going can make a world of difference

    なぜなら、それが行くことは違いの世界を作ることができるからです。

  • to your interview performance and your results.

    面接の成績と結果に

  • Let's get started.

    始めましょう。

  • Why does every interviewer ask this question?

    なぜ面接官はみんなこの質問をするのでしょうか?

  • Along with variations like walk me through your background,

    あなたの背景を探るようなバリエーションと一緒に。

  • tell me more about you, it sounds like a harmless way

    あなたのことをもっと教えてくれないか、それは無害な方法のように聞こえる

  • to start a job interview.

    をクリックして面接を開始します。

  • It's very open-ended, not particularly difficult,

    それは非常にオープンエンドで、特に難しいことではありません。

  • everybody should know a little something about themselves

    己の心の一端を知れ

  • that they can talk about, right?

    話すことができますよね?

  • From the interviewer's perspective,

    面接官の目線で。

  • it's an easy way to get the conversation going.

    会話を盛り上げる簡単な方法です。

  • They just want to get you talking and dive

    彼らはあなたに話をさせてダイブさせたいだけです。

  • into the relevant information.

    を関連する情報に変換します。

  • For the candidate, the dread comes from the fact

    候補者にとっては、ドレッドは事実に由来します。

  • that question is so open-ended.

    その質問は非常にオープンエンドです。

  • You could answer in so many different ways,

    いろんな答え方ができるんですね。

  • and people aren't quite sure what the best way is.

    と、人々は最善の方法が何であるかを確信していません。

  • What does this person want to know about me?

    この人は私の何を知りたいの?

  • They stumble, they falter, they talk too much

    つまずき、くじけ、しゃべりすぎ

  • about ancient history, and that's a terrible way

    古代史のことで、それはひどい方法です。

  • to start an interview-- by fumbling around and sounding

    面接を始めるには

  • confused, or worse, boring your interviewer.

    混乱している、または悪いことに、あなたの面接官を退屈させます。

  • Instead, I want you to embrace this question,

    その代わりに、この問いを受け入れてほしい。

  • because answering this question well

    なぜなら、この質問にうまく答えることができるからです。

  • is one of the most affective things you

    は、あなたが最も影響力のあるものの一つです。

  • can do in the entire interview.

    は、インタビュー全体の中で行うことができます。

  • It allows you to set the tone.

    トーンを設定することができます。

  • It gives you some power and autonomy in this interview

    それはこのインタビューであなたにいくつかの力と自律性を与えます。

  • situation, where you may otherwise

    そうでなければ

  • feel nervous and at the mercy of your interviewer.

    緊張して面接官に翻弄されているように感じます。

  • By starting strong, you make a great first impression

    強くスタートすることで、第一印象が良くなります。

  • and shape the dialogue that comes next.

    そして、次に来る対話を形にしていく。

  • Take the time to prepare how you want to tell your story

    伝えたいことをどのように伝えるか、時間をかけて準備する

  • and ensure you make a first impression that

    そして、あなたが第一印象を作ることを確認してください

  • leads to a job offer.

    内定につながる。

  • Here's how you should craft your "tell me about yourself"

    ここでは、どのようにあなたの "自分について教えてください "を作成する必要があります。

  • response.

    レスポンス。

  • Think about it as an elevator pitch-- a focused overview

    エレベーターのピッチとして考えてみてください - 焦点を絞った概要

  • that's concise enough to deliver during an elevator ride.

    エレベーターに乗っている間にも十分に簡潔に伝えることができます。

  • Your elevator pitch as a job candidate

    就活生としてのあなたのエレベーターピッチ

  • should include your top selling points for the position.

    ポジションのトップセールスポイントを含める必要があります。

  • Your top selling points are going

    あなたのトップセールスポイントは次のようになります。

  • to be a little bit different from job to job.

    仕事と仕事が少しずつ違ってくるように

  • You want to give a little bit of your personality

    自分の個性を少しだけ出したいという方

  • and your interest in the opportunity

    と機会にご興味をお持ちの方

  • along with your selling points.

    あなたのセールスポイントに沿って

  • You want to sound natural and spontaneous while also

    自然で自然なサウンドを求めていると同時に

  • covering the points that you want to communicate to make

    伝えたいポイントをカバーして

  • the best possible impression.

    最高の印象を与えてくれます。

  • I'm going to teach you to outline a standard answer that

    私は、あなたに標準的な答えの概要を教えるつもりです。

  • can also be customized for different opportunities.

    また、さまざまな機会に合わせてカスタマイズすることができます。

  • I recommend a bullet point approach, not

    箇条書きのアプローチをお勧めするのではなく

  • a scripted approach.

    スクリプト化されたアプローチ。

  • Scripted answers tend to sound stiff and artificial.

    台本通りの回答は、硬くて人工的に聞こえがちです。

  • Interviewers don't feel like they're

    面接官は、自分たちがしているようには感じません。

  • getting to know the real you.

    本当の自分を知るために

  • Instead, I suggest that you outline the bullet points

    その代わりに、箇条書きの概要を提案します。

  • that you want to cover and leave room for spontaneity

    網羅したいところと余裕のあるところ

  • in terms of exactly how you deliver the points each time.

    毎回のポイントを正確に伝えるという意味では

  • Then with a little practice, you'll

    その後、少しの練習で、あなたは'll

  • find that your answers will naturally

    あなたの答えが自然と出てくることに気づく

  • evolve as you get comfortable with what you want to say.

    言いたいことに馴染んで進化する

  • Once you know your key speaking points,

    スピーキングのポイントがわかったら

  • you'll have room to be flexible and deliver differently

    あなたは柔軟に対応し、別の方法で提供することができます。

  • in every single interview.

    面接のたびに

  • It's not unlike how a celebrity prepares with a publicist

    それは、有名人が広報担当者と準備する方法と似ていません。

  • before hitting the talk show circuit.

    トークショーに出る前に

  • They want to sound genuine and likable,

    彼らは本物で好感が持てるような声を出したいと思っています。

  • so they don't script their remarks,

    だから彼らは発言を台本にしない。

  • but they do have an idea of the topics they

    しかし、彼らは自分たちのトピックのアイデアを持っています。

  • want to cover-- promoting the new movie,

    新しい映画の宣伝をしたいんだ

  • telling a funny story about their coworker,

    同僚の話を面白おかしく語る

  • you know how it goes.

    どうなるか知っているだろう

  • So let's get started with outlining your elevator pitch.

    それでは、あなたのエレベーターピッチの概要を説明することから始めましょう。

  • We've got a great three-step formula for you.

    私たちは、あなたのための素晴らしい3つのステップの公式を持っています。

  • Step one-- who you are.

    ステップ1 自分が何者であるか

  • The first key component is a confident, compelling statement

    最初の重要な要素は、自信を持って説得力のある文章です。

  • of who you are professionally.

    プロとしての自分を知ることができます。

  • The most common mistake I see is a candidate

    私がよく目にする間違いは、候補

  • starting this answer by going back

    遡って答えを出す

  • to the beginning of the resume and walking

    をレジュメの先頭にして歩く

  • through their experience chronologically

    経験から年代順に

  • and often in way too much detail.

    と、多くの場合、あまりにも詳細すぎることがあります。

  • This approach is weak because it leads

    このアプローチは、それを導くために弱い

  • with out-of-date and irrelevant information instead

    かわりに、時代遅れの情報で

  • of leading with what's most impressive about you right now.

    今のあなたの中で最も印象的なものでリードすること。

  • For most candidates, this includes

    ほとんどの候補者にとって、これには以下が含まれます。

  • a reference to their current position,

    は、現在の位置を参照しています。

  • as well as an overview of the breadth and depth

    広さと深さの概要と同様に

  • of their related experience.

    関連する経験のうち

  • Let's take a look at a couple of examples

    いくつかの例を見てみましょう。

  • to give you a sense of what I'm talking about here.

    ここで話していることの意味を理解してもらうために。

  • So here's our first candidate.

    第一候補はこれだ

  • Who are you? "Well, I'm a recent Columbia MBA

    あなたは誰ですか?"私は最近のコロンビア大学のMBAです

  • graduate with a strong background

    卒アル

  • in the pharmaceutical industry."

    製薬業界では"

  • This puts the emphasis on that shiny new MBA

    これは、そのピカピカの新しいMBAに重点を置いています。

  • and the candidate's industry experience.

    候補者の業界経験を考慮します。

  • Here's another approach from a different candidate.

    ここに、別の候補者からの別のアプローチがあります。

  • "I'm an experienced HR executive who

    "私は経験豊富な人事担当者です。

  • has managed all aspects of the HR function

    人事機能のすべての側面を管理しています。

  • from recruiting to training to benefits."

    採用から研修、福利厚生まで"

  • This is a nice big picture, high-level introduction

    これはいい感じの大画面、ハイレベルな紹介です。

  • for someone who has a diverse skill set within the HR

    人事部内で多様なスキルセットを持っている方を対象にしています。

  • function.

    関数を使用しています。

  • It concisely summarizes a diverse background.

    多様な背景を簡潔にまとめています。

  • Now let's look at a not-so-good example.

    では、あまり良くない例を見てみましょう。

  • "Well, I grew up in Cincinnati.

    "シンシナティで育ったんだ

  • As a child, I originally wanted to be a fireman,

    子供の頃、元々は消防士になりたいと思っていました。

  • then later became quite interested in dinosaurs.

    その後、恐竜に興味を持つようになりました。

  • I excelled in the sciences from early on,

    早くから理系に秀でていました。

  • placing first in my fourth grade science fair.

    4年生の科学フェアで1位になった

  • You know, funny story about that--"

    面白い話があるんだが...」

  • OK, way TMI.

    分かったわ

  • Sadly, the interviewer does not really care.

    悲しいことに、面接官は本当に気にしていません。

  • And I realize this is an exaggerated example,

    そして、これは誇張された例だと理解しています。

  • but, trust me, I have heard a lot of people go the TMI route.

    しかし、私を信じて、私は多くの人がTMIルートに行くと聞いたことがあります。

  • The idea here is to start strong and grab their attention

    ここでのアイデアは、強く開始し、彼らの注意をつかむことです。

  • before getting into the details.

    詳細に入る前に

  • Tell them how you want them to see you.

    会ってほしいと思っていることを伝えましょう。

  • Step two-- why you're qualified.

    ステップ2--なぜあなたは資格があるのか?

  • Step two is kind of like the meat

    ステップ2は肉のようなもの

  • in the sandwich of your "tell me about yourself" answer.

    あなたの「自分のことを教えて」という答えのサンドイッチの中に

  • The idea here is to plan in advance which details to share

    ここでの考え方は、事前にどの詳細を共有するかを計画することです。

  • that are most likely to knock the socks off

    靴下を脱ぎ捨てたような

  • of this interviewer.

    このインタビュアーの

  • Remember, your interviewer doesn't

    覚えておいてください、あなたの面接官は

  • have endless amounts of time.

    は無限の時間を持っています。

  • Focus on two to four, maybe five,

    2~4人、多分5人に絞って

  • points that you'd like to make.

    したいところ。

  • The goal is to keep it under two minutes

    目標は2分以内に抑えること

  • total, so think about it.

    トータルで、考えてみてください。

  • What are those two to four points?

    その2~4点とは?

  • There will be more time for detail

    細かいところでは時間の余裕があるだろう

  • later, so focus on the biggest selling points-- the stuff

    後で、最大のセールスポイントに焦点を当てます。

  • that you think-- if you were the interviewer-- would

    もしあなたが面接官だったら...

  • make you perk up your ears and say, ah, this is interesting.

    耳を尖らせて、ああ、これは面白い、と言わせる。

  • This could be a classic reverse chronological

    これは古典的な逆時系列かもしれない

  • overview of your last few positions

    直近のポジションの概要

  • or it could be a list of key accomplishments tailored

    または、重要な業績のリストにすることもできます。

  • to the job requirements.

    を求人要項に記載しています。

  • So let's look at an example here of how

    ここでは、次のような例を見てみましょう。

  • you might present that middle piece of the answer.

    あなたはその答えの真ん中の部分を提示するかもしれません。

  • "I spent the last six years developing my skills

    "私はこの6年間で自分のスキルを磨いてきました

  • as a customer service manager for Megacompany, Inc,

    株式会社メガカンパニーでカスタマーサービスマネージャーとして勤務。

  • where I won several performance awards

    いくつかのパフォーマンス賞を受賞しました。

  • and I've been promoted twice.

    と2回も昇進したことがあります。

  • I love managing teams and solving customer problems."

    チームを管理したり、顧客の問題を解決したりするのが好きです。"

  • This is a very concise example, and yours can certainly

    これは非常に簡潔な例であり、あなたのものは確かに

  • have a bit more detail.

    をもう少し詳しく

  • Just keep in mind that the overall answer should

    ただ、全体的な答えは

  • be no longer than two minutes.

    は2分を超えないようにしてください。

  • What's good about this answer?

    この回答の何が良いのか?

  • Well, the emphasis is on relevant experience, and not

    まあ、関連性のある経験を重視しているのであって

  • just that, but proof of performance.

    ただ、それだけではなく、パフォーマンスの証明になります。

  • It's not a summary of job duties.

    職務概要ではありません。

  • A lot of people make that mistake-- both on the resume

    多くの人がそのような間違いを犯す - 履歴書の両方で

  • and in the interview.

    とインタビューに答えています。

  • When asked about what you did somewhere,

    どこかで何をしたのかと聞かれると

  • you're not just going to rattle off

    くだらないことを言っている場合ではない

  • the duties that any human would have done in the position.

    人間であれば誰もがその職に就いていたであろう職務を

  • You're going to focus on what you

    あなたは、あなたが何をするかに集中するつもりです。

  • did that was above and beyond-- accomplishments, competencies,

    それは成果や能力を超えたものでした。

  • all of it tailored to what's relevant for the job

    すべては仕事に関連したものに合わせて調整されています。

  • description.

    の説明をしています。

  • Step three-- why you're here.

    第三段階--あなたがここにいる理由

  • This is your chance to express enthusiasm

    意気込みを伝えるチャンスです

  • for the position in one, maybe two, sentences.

    一文か二文で位置を指定します。

  • Keep it short and sweet here.

    ここでは短く、甘くしておきましょう。

  • Here's an example of one way to do

    以下は、その方法の一例です。

  • this. "Although I love my current role,

    これですね。"今の役は大好きだけど

  • I feel I'm now ready for a more challenging assignment,

    今では、よりチャレンジングな仕事ができるようになったと感じています。

  • and this position really excites me."

    "このポジションは私を興奮させてくれます"

  • This is very general.

    これは非常に一般的です。

  • You could use it for a lot of different positions.

    いろんなポジションに使えそうですね。

  • If you can make it a bit more specific for the job,

    仕事内容をもう少し具体的にしてくれれば

  • even better, but something along these lines will work well.

    さらに良いですが、これらの線に沿って何かがうまく機能するでしょう。

  • You'll have time to get into more detail

    あなたは、より詳細に取得する時間があるでしょう

  • later-- to show that you researched

    あとで--あなたが研究したことを示すために

  • the company, to show why you're a great fit for the role.

    の会社に連絡して、あなたがその役割に適している理由をアピールしてください。

  • The goal in this moment is to wrap up

    この瞬間のゴールは、包み込むこと

  • your pitch in a concise, confident way

    簡潔かつ自信に満ちた言い回し

  • and show your enthusiasm.

    と意気込みを見せてください。

  • Once you've got bullet points for each of the three steps,

    3つのステップをそれぞれ箇条書きにしたら

  • it's time to put them all together

    まとまったもんじゃない

  • into a polished, powerful elevator pitch.

    洗練されたパワフルなエレベーターピッチに

  • The key is to practice a bit and find your rhythm,

    少し練習して自分のリズムを見つけるのがポイントです。

  • find your flow.

    自分の流れを見つける。

  • You can practice a time or two with your notes handy.

    手持ちのノートで1~2回の練習ができます。

  • Then once you've internalized the general outline,

    そして、一度大まかな概要を内面化してみましょう。

  • it's going to feel more natural, and your personality

    それはより自然に感じられるようになるだろうし、あなたの性格も

  • is going to come through.

    が通りそうです。

  • To give you an idea of how it can all come together,

    どうやってまとまるのかをイメージしてもらうために

  • I want to share an example answer.

    回答例を共有したいと思います。

  • Here's a candidate with their version of the answer

    ここでは、彼らのバージョンの答えを持つ候補者です。

  • to "tell me about yourself."

    "自分のことを話して"

  • "I have more than five years experience

    "5年以上の経験がある

  • as a technical project manager at top Wall Street companies.

    ウォール街のトップ企業でテクニカルプロジェクトマネージャーとして活躍。

  • Most recently, I helped develop an award-winning new trading

    最近では、受賞歴のある新しい取引システムの開発を支援しました。

  • platform.

    プラットフォームを使用しています。

  • I'm a person who thrives in a fast-paced environment,

    私は、ペースの速い環境で成功する人です。

  • so right now, I'm looking for an opportunity

    だから今は機会を探しています

  • to apply my technology expertise,

    私の技術的な専門知識を応用するために

  • along with my creative problem-solving skills,

    私の創造的な問題解決能力と一緒に

  • at an innovative software company."

    "革新的なソフトウェア会社で"

  • Your version will be even stronger, but more detailed,

    あなたのバージョンはさらに強くなりますが、より詳細になります。

  • tailored for the particular type of opportunity.

    機会の特定のタイプに合わせて調整されています。

  • Now that you know what you need to do to ace this answer,

    この答えのエースになるために何をすればいいのかわかったでしょう。

  • it's time to outline your own bullet

    いざとなれば自分の弾丸の概要を説明する時が来た

  • points for each of the three parts and start practicing.

    3つのパートごとにポイントをつけて、練習を開始します。

  • Big Interview has more sample answers

    ビッグインタビューには、より多くの回答例があります。

  • and a fantastic practice tool to help

    を支援するための素晴らしい練習ツールです。

  • you make the best possible first impression with

    で第一印象を良くする

  • "tell me about yourself."

    "自分のことを話してくれ"

This lesson covers the dreaded "tell me about yourself"

このレッスンでは、「自分のことを教えてください」のお悩みをカバーしています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC 面接 ポイント 答え エレベーター セールス

答え方自分のことを教えてください。

  • 3284 178
    Emily に公開 2018 年 09 月 26 日
動画の中の単語