Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Finding an alternative to the EU customs union

    EU関税同盟の代替案を探す

  • has been one of the most convoluted jigsaw puzzles in the Brexit negotiations.

    は、Brexit交渉で最も複雑なジグソーパズルの一つとなっている。

  • So what has the UK government proposed, and why

    では、英国政府は何を提案しているのか、その理由は?

  • does it matter so much?

    そんなに重要なことなのか?

  • Let's first remind ourselves what the EU customs union actually is.

    まずは、EUの関税同盟の実態を思い起こしてみましょう。

  • This seemingly sensible trade agreement

    この一見良識的な貿易協定

  • allows goods to move freely among members.

    メンバー間で自由に商品を移動させることができます。

  • It cuts down on lengthy border checks and paperwork,

    長時間のボーダーチェックや事務処理を削減できます。

  • and creates a smooth supply chain for companies operating across the EU.

    と、EU域内で事業を展開する企業のためのスムーズなサプライチェーンを構築しています。

  • Sounds ideal, right?

    理想的だろ?

  • Well, there's a catch.

    まあ、キャッチがあります。

  • Everyone inside the union has to agree

    組合内の全員が同意しなければならない

  • to apply a common tariff on goods from outside the bloc,

    圏外からの商品に共通の関税を適用するために

  • and that's a red line for the UK government.

    と、イギリス政府にとっては赤線になってしまいます。

  • Theresa May wants Britain to be able to negotiate its own trade deals after Brexit.

    テレサ・メイは、英国がBrexit後に独自の貿易取引を交渉できるようにしたいと考えている。

  • The other challenge is to create a new regulatory area

    もう一つの課題は、新たな規制領域の創出

  • for customs and goods, avoiding a hard border between Ireland and Northern Ireland.

    税関と物品のために、アイルランドと北アイルランドの間の硬直した国境を回避する。

  • There are three, actually - or at least,

    実際には3つあります - 少なくとも。

  • there were, until recently.

    最近まであった

  • The first two UK proposals, a customs partnership and a maximum facilitation model,

    最初の2つの英国提案、関税パートナーシップと最大のファシリテーションモデル。

  • have both been rejected by Prime Minister Theresa May's own cabinet and the EU.

    は、いずれもテレサ・メイ首相自身の内閣とEUによって拒否されています。

  • The latest option is called the facilitated customs arrangement,

    最新のオプションは、通関手続きの円滑化と呼ばれるものです。

  • and it's a sort of hybrid of the first two options.

    最初の2つの選択肢のハイブリッドのようなものです。

  • It involves Britain collecting EU tariffs on goods arriving in the UK that are en route to the bloc's

    英国は、英国に到着した商品に対してEUの関税を徴収しており、その関税は欧州連合の加盟国に向かう途中のものである。

  • single market and sending those tariffs to Brussels.

    単一市場とそれらの関税をブリュッセルに送る。

  • Separate UK tariffs would apply to goods destined for Britain.

    英国向けの商品には個別の英国関税が適用されます。

  • And if the destination of goods is unclear,

    また、商品の行き先が不明瞭な場合。

  • then a higher tariff - likely to be the EU one - would apply.

    その場合、より高い関税が適用されることになります。

  • The whole plan essentially creates an EU-UK free trade area for industrial goods and agricultural products

    この計画は、工業製品と農産物のためのEU-UK自由貿易圏を実質的に創出するものである。

  • with a common rulebook.

    共通のルールブックを使って

  • That means no regulatory checks at the border between the UK and the EU, including Ireland.

    つまり、アイルランドを含む英国とEUの国境では規制チェックが行われていないということです。

  • So trade with the EU remains frictionless,

    だからEUとの貿易は摩擦がないままだ。

  • but the UK is also free to make its own trade deals with other countries.

    しかし、英国は他国との貿易取引を独自に行うことも自由です。

  • Isn't this the best of both worlds option, where Britain can have its cake and eat it?

    イギリスがケーキを食べて食べてもいいという、どちらの世界でも最高の選択肢ではないでしょうか?

  • Not quite.

    そうでもない

  • Under the plan, the UK would agree to regulatory alignment with the EU.

    この計画では、英国はEUとの規制の整合性に合意することになる。

  • So new rules created in Brussels about goods

    だから商品についてブリュッセルで作成された新しいルール

  • would be made into British law without London having any say.

    はロンドンが何も言わずにイギリスの法律になってしまいます。

  • The UK Parliament could reject a rule,

    英国議会がルールを否決する可能性がある。

  • but that would risk retaliation by the EU.

    しかし、それはEUによる報復の危険性があります。

  • And services, such as banking and insurance,

    そして、銀行や保険などのサービス。

  • will be part of a looser agreement.

    は、より緩やかな契約の一部となるでしょう。

  • Well, it's complicated.

    まあ、複雑なんだけどね。

  • The UK's plan relies on technology that doesn't exist yet.

    英国の計画は、まだ存在しない技術に頼っている。

  • Brussels worries that smugglers could beat the system

    ブリュッセルは、密輸業者がシステムを打ち負かす可能性を心配している

  • by paying a lower UK tariff at a British port

    イギリスの港でイギリスの低い関税を支払うことによって

  • and then moving their goods into the EU single market.

    そして、彼らの商品をEUの単一市場に移す。

  • The EU doesn't want to outsource something

    EUは何かを外注したくない

  • as important as collecting tariffs to a country outside of the bloc.

    圏外の国に関税を徴収するのと同じくらい重要なこと。

  • And then there's the Eurosceptics in the UK

    そして、イギリスのユーロセプティクは

  • who dislike the shift towards a softer Brexit.

    よりソフトなBrexitへのシフトを嫌う人たち。

  • Oh there's one more thing.

    ああ、もう一つある。

  • Even if Brussels agrees to the customs plan,

    ブリュッセルが関税計画に同意したとしても

  • it still needs the support of the UK Parliament.

    英国議会の支持を必要としている。

Finding an alternative to the EU customs union

EU関税同盟の代替案を探す

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 FinancialTimes 関税 eu ブリュッセル 商品 貿易

Brexit Files: 関税同盟の難問は解決できるか?

  • 2901 130
    Jessieeee に公開 2018 年 09 月 25 日
動画の中の単語