Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Have you every had to break your family's rules?

    翻訳: Kazunori Akashi 校正: Naoko Fujii

  • Today, I'm breaking mine,

    家族のルールを破る必要に 迫られた経験は?

  • around money, secrecy and shame.

    私は今日 家族のルールを破ります

  • In 2006, on my brother Keith's 40th birthday, he called.

    お金と秘密と恥にまつわるルールを

  • "Tam, I'm in dire straits.

    2006年 40歳の誕生日を迎えた 兄のキースから電話がきました

  • I wouldn't ask unless I had to.

    「タム すごく困ってるんだ

  • Can I borrow 7,500 dollars?"

    本当は こんなこと 頼みたくないんだけど

  • This wasn't the first time he needed quick cash,

    7,500ドル貸してくれないか?」

  • but this time, his voice frightened me.

    兄が現金を無心するのは 初めてではありませんでしたが

  • I had never heard him so beaten down and shameful,

    この時は 声を聞いて 怖くなりました

  • and it was on his 40th birthday.

    あんなに疲れ果て 恥じ入った声は 初めて聞いたからです

  • After a few basic questions that we would all ask,

    40歳の誕生日だというのに

  • I agreed to loan him the money, but under one condition:

    誰でも尋ねるような 基本的な質問をいくつかして

  • that as the financial professional in the family,

    お金を貸す約束をしましたが 1つだけ条件を付けました

  • I wanted to meet with him and his wife

    お金の専門家として

  • to see what was really happening.

    兄と妻に会い 実際の状況を

  • Weeks later, we met at the local Starbucks,

    教えてほしいと言ったのです

  • and I started right in with the tough-love budget conversation.

    数週間後 地元のスターバックスで 落ち合い

  • "You should sell the house, downsize to something you can afford,

    すぐさま 心を鬼にして 家計の話をはじめました

  • sell the toys.

    「今の家は売って 収入に見合った家にすべきよ

  • And Starbucks?

    道楽で買ったものも売って

  • Give up the five-dollar-a-day coffee."

    スターバックス?

  • You know, all the trappings that we do to keep up with the Joneses.

    コーヒーに毎日5ドルも使うのはやめて」

  • Quickly, my brother and his wife went into a fearsome blame game,

    近所に見栄を張るためだけのものは 全部 捨てるのです

  • and it got messy.

    すぐに兄と妻の間で ひどい責任のなすり合いになり

  • I vacillated between therapist and pissed-off sister.

    手に負えなくなりました

  • I wanted them to be better than this.

    私はセラピストと頭にきた妹の 立場を行ったり来たりしました

  • "Come on, you two. Get your shit together.

    2人にはもっとましな姿で いてほしかったんです

  • You're parents.

    「ねえ 2人とも しっかりしてよ

  • Grow up and buck up."

    子どももいるんだから

  • After we left, I called my mom,

    大人になって がんばって」

  • but Keith beat me to it,

    2人と別れてから 母に電話すると

  • and he told her that I wasn't helpful.

    先に兄が電話していて

  • In fact, he was hurt and felt ganged-up on.

    私は助けてくれなかったと 言っていたそうです

  • Of course he did. I shamed him with my tough-love budget conversation.

    それどころか 兄は傷ついていて 袋叩きにされた気持ちになっていました

  • Two months went by when I received a call.

    当然です 私が厳しい口調で 家計の話をして辱しめたんですから

  • "Tam? I have bad news.

    2か月後 電話がかかってきました

  • Keith committed suicide last night."

    「タム? 悲しいお知らせよ

  • Days later, at his home, I went looking for answers,

    キースが昨日の晩 自殺した」

  • in his "office" -- the garage.

    数日後 私は答えを見つけるために 兄の家に行き

  • There, I found a stack of overdue credit card bills

    「オフィス」というか ガレージを見ました

  • and a foreclosure notice served to him on the day that he died.

    そこには滞納した クレジットカードの請求書の山と

  • My brother left behind his beautiful 10-year-old daughter,

    亡くなった日に届いた 差し押さえ通知がありました

  • his brilliant 18-year-old son, weeks before his high school graduation,

    兄には 可愛い10歳の娘と

  • and his wife of 20 years.

    高校卒業を数週間後に控えた 優秀な18歳の息子 そして

  • How did this happen?

    20年連れ添った妻がいました

  • My brother was caught in our family's money-shame cycle,

    どうしてこんなことに?

  • and he was far from alone in this.

    兄は 家族が持つ「お金にまつわる羞恥心」 の悪循環に囚われたのです

  • Suicide rates among adults ages 40 to 64

    これは兄だけの問題ではありません

  • have risen nearly 40 percent since 1999.

    40歳から64歳の自殺死亡率は 1999年以降

  • Job loss, bankruptcy and foreclosures

    4割近く増加しています

  • were present in nearly 40 percent of the deaths,

    失業、破産、差し押さえが 関連するケースは

  • with white middle-aged men accounting for seven out of 10 suicides.

    白人中年男性の場合 その4割近くに上ります

  • What I've learned

    そして自殺で亡くなる人の 10人に7人は 白人中年男性です

  • is that our self-destructive and self-defeating financial behaviors

    これまで分かってきたことは

  • are not driven by our rational, logical minds.

    自分の身を滅ぼすような お金の使い方は

  • Instead, they are a product of our subconscious belief systems

    合理的、論理的な思考から 生じるものではないということです

  • rooted in our childhoods

    そういうお金の使い方は 意識せずに染み付いた信念体系の産物で

  • and so deeply ingrained in us,

    子ども時代に端を発しています

  • they shape the way that we deal with money our entire adult lives,

    あまりに深く染み付いているため

  • and so many of you are left believing that you're lazy,

    その信念は 大人になってからもずっと お金の使い方を左右することになり

  • crazy or stupid -- or just bad with money.

    自分はお金に無頓着だとか 分別がないとか 無知だとか

  • This is what I call money shame.

    ただ お金の扱いが苦手だと 思い込んでいる人も多いのです

  • Dr. Brené Brown, a well-known shame researcher,

    私はこれを 「お金にまつわる羞恥心」と呼びます

  • defines shame as "the intensely painful feeling or experience

    恥の研究で有名な ブレネー・ブラウン博士は

  • of believing that we are flawed,

    恥を こう定義します

  • and therefore unworthy of love and belonging."

    「自分に欠点があるせいで

  • Based on this definition, here's how I'm defining money shame:

    愛情や所属感を得るには 値しないと信じ込んで

  • "the intensely painful feeling or experience

    強烈な苦痛を感じたり 経験したりすること」

  • of believing that we are flawed,

    この定義に従えば 「お金にまつわる羞恥心」とは

  • and therefore unworthy of love and belonging,

    「自分に欠点があるせいで

  • based on our bank account balances,

    愛情や所属感を得るには 値しないと信じ込んで

  • our debts, our homes, our cars

    強烈な苦痛を感じたり 経験したりすることであり

  • and our job titles."

    その原因が 預金残高や

  • Let me give you a couple of examples of what I mean.

    借金、家、車、

  • I believe that we all have money shame,

    職位にある状態」です

  • whether you earn 10,000 dollars a year or 10 million,

    いくつか例をあげて説明しましょう

  • and it's because we give money all of our power.

    お金にまつわる羞恥心は 誰にでもあると思います

  • Here's what it would look like if someone that you love, or you,

    年に1万ドル稼ごうと 1千万ドル稼ごうと関係ありません

  • might have money shame.

    これは私たちが お金に あらゆる権力を与えているからです

  • They play the big shot, always picking up the check,

    あなたの大切な人やあなた自身に お金にまつわる羞恥心があると

  • financially rescuing family and friends.

    こんな風に振る舞うでしょう

  • They are financially secure,

    大物を気取り いつも全員の勘定を払い

  • but they live in a state of chronic not-enoughness.

    家族や友人にお金の支援をします

  • They drive a Mercedes, but their budget really only can afford a Honda.

    収入は安定していても

  • And they're looking good at every cost.

    常に何か足りないと感じながら 暮らしています

  • I know that we can break free from the grips of money shame,

    本当はホンダ車を買うのがやっとなのに ベンツに乗っています

  • because I did.

    どんなにお金を掛けてでも 体裁を整えようとするのです

  • Shortly after my brother's death, the Recession hit.

    でも お金にまつわる羞恥心から 逃れることはできます

  • I lost my business and faced bankruptcy.

    私が証人です

  • Secretly, I was terrified.

    兄が亡くなった直後に 世界金融危機が起こり

  • I stayed in my home for a year, thinking I did something wrong,

    私は職を失い 破産寸前でした

  • told myself, "What did you do? What happened?"

    密かに怯えていました

  • I stayed silent, while all along, I went outside and smiled.

    1年間 自宅に引きこもり どこで間違ったのか自問しました

  • Nobody knew.

    「一体 何をしたんだろう 何が起こったんだろう」と

  • That's money shame.

    その間ずっと 何も言わず 外では笑顔で振る舞いました

  • So what I had to do was let go of the grip that I had

    誰にも知られずに

  • on knowing all the answers.

    これがお金にまつわる羞恥心です

  • I was the know-it-all in my family,

    そこでまず すべての答えを 知っているという感覚は

  • and I had to give up the idea that a new financial plan

    捨てなくてはなりませんでした

  • was the solution.

    家族には物知りで通っていましたが

  • And so just like everything in my life, for me,

    新たなファイナンシャルプランこそが 解決策である という考え方は

  • I was sent a human to help,

    やめる必要があったのです

  • and I accepted the help,

    それから 私の人生は いつでもそうでしたが

  • but I had to do major self-inquiry

    手を差し伸べてくれる人が現れて

  • about my family's money history

    私はそれを受け入れました

  • and my money beliefs.

    ただ お金に関する 家族の歴史や自分の考え方は

  • We have to start having this conversation.

    かなり掘り下げて 探究する必要がありました

  • Money can no longer be a taboo topic.

    みんなが そういう話を 始めなくてはなりません

  • We have to get honest with each other that we're suffering with money issues,

    お金の話は もはやタブーではありません

  • and let's get real -- we have to stop numbing out our pain.

    自分がお金の問題で困っていることを 率直に認め合い

  • In order to uncover the painful parts

    現実を直視すべきです 苦痛を紛らわせていてはいけません

  • of your money story and your money history,

    自分とお金にまつわる 出来事や経緯について

  • you can't be numb.

    嫌な部分までさらけ出すには

  • We have to let go of our past in order to be free.

    無関心ではいけないのです

  • Letting go of the past happens through surrender,

    自由になるには 過去から解放されなければなりません

  • faith and forgiveness.

    過去から解放されるには

  • Debt is the tangible manifestation of not forgiving.

    降伏と信頼と許しが必要です

  • If you have debt, you've not completely forgiven your past,

    借金とは 許そうとしない態度が 具体的な形をとったものです

  • so it's our work to forgive ourselves and others

    借金があるなら 自分の過去を 完全には許していないということです

  • so that we can live freely.

    だから 自由に生きるために 自分も他人も許すという作業が

  • Otherwise, our history will continue to repeat.

    必要になります

  • This is not a quick fix, and I know we all want one,

    さもなければ 私たちは 同じことを繰り返してしまいます

  • but it's a slow wake-up.

    でも簡単にはいきません すぐなんとかしたいのは分かりますが

  • This is another level of work.

    ゆっくりやっていくしかないのです

  • We have to go higher to get it,

    これは別次元の作業です

  • to get at it.

    なんとかするには 状況を俯瞰して捉える必要があります

  • So try this: follow your dollars.

    そこで試してほしいのが お金をたどること

  • Your money will show you right away what you value.

    お金は 自分が何に価値を見出すかを ストレートに示します

  • Where's it going?

    何にお金を使っているか?

  • And then ask yourself: Do I really value all this stuff?

    そして 考えてください 自分にとって どれも価値があるものか?

  • And get curious about what you're feeling when you're spending.

    お金を使っている時の気持ちに 関心を持ちましょう

  • Are you lonely?

    寂しさでしょうか?

  • Are you bored?

    退屈?

  • Or are you just excited?

    単なる興奮?

  • But there's deeper work that needs to happen.

    さらに より深く考える必要があります

  • How did you get all these money beliefs to begin with?

    そもそも そのお金に対する考え方は どういう経緯で身に付いたのか?

  • I call this your money autobiography,

    私はこれを「お金の自分史」と呼んでいて

  • and as a money coach, this is the first step I take with my clients.

    マネーコーチとして クライアントとたどる第一歩です

  • Think back to your earliest childhood money memory.

    お金にまつわる 子ども時代の 最初の記憶を思い出してください

  • What did it feel like when you got money?

    お金を手にした時 どんな気持ちでしたか?

  • Were you excited, proud or confused?

    ワクワクしましたか? 誇らしさ? 戸惑い?

  • And what did you do with the money?

    そのお金をどうしましたか?

  • Did you run with the candy store, or did you run to the bank?

    すぐさま お菓子を買いに? それとも銀行へ?

  • And what did you hear your parents say,

    両親はお金について どんな話をし

  • and what did you see your parents do with the money?

    どう扱っていましたか?

  • My brother and I heard,

    兄と私が両親から聞いていた言葉は

  • "More money will make us happy."

    「もっとお金があれば幸せになれる」

  • Every day.

    それも毎日です

  • "More money will make us happy."

    「もっとお金があれば幸せになれる」と

  • And we internalized that into the money belief

    それで 私たちは 自分の価値=純資産 という

  • that our self worth was equal to our net worth

    お金に対する考え方を 身に付けていったのです

  • as we watched our mom live in a state of chronic not-enoughness.

    母が いつも物足りなさを感じながら 生きるのを見ていたからです

  • And she numbed the pain with sugar and shopping.

    母は甘いものと買い物で 苦痛を紛らわせていました

  • So what did we do?

    では私たちは?

  • Keith played out my mother's life.

    キースは母の人生をなぞりました

  • He was an underearner, longed to be financially rescued,

    兄は低所得者で 経済面の救いを求め

  • and he numbed out the pain with alcohol.

    酒で苦痛を紛らわせていました

  • I did the opposite.

    私はその正反対でした

  • I became a high earner,

    高給取りで

  • rescuer,

    救う側になり

  • and I numbed the pain out with self-help books.

    自己啓発本で 苦痛を紛らわせたのです

  • But what we had in common was our money belief.

    でも私たちに共通していたのは お金に対する考え方でした

  • We both believed that our bank account balance

    2人とも 預金残高と自分の価値が

  • was equal to our self worth.

    イコールだと信じていたのです

  • Looking back at the Starbucks meeting with my brother ...

    兄とスターバックスで話した時のことを 振り返ると…

  • he didn't need a budget and my judgment.

    兄には家計プランも 非難もいらなかった

  • He needed a breakthrough from his suffering,

    必要だったのは 苦痛からの突破口と

  • and he needed my compassion.

    私からの思いやりでした

  • Keith was not able to be the one to speak up

    キースは私たち家族が陥った お金にまつわる羞恥心の悪循環を

  • and break our family money shame cycle,

    断つために声を上げられなかった

  • so he left me to do the work and share his legacy.

    だから そこは私に任せ 自分のやり残したことを引き継いでいきました

  • Change is difficult,

    変わるというのは大変なことですが

  • but in my family, not changing is fatal.

    私の家族の場合 変われないと破滅してしまいます

  • So I did the work,

    だから私は悪循環を断ちました

  • and I have experienced deep and profound forgiveness,

    とても寛大な許しを 経験してきて

  • and as I stand here today,

    今日 ここに立ち

  • I am living on purpose,

    目的を持って生きています

  • I serve, and money serves me.

    私は自分の役割を果たし お金は私に必要なものを与えます

  • It only takes one person in your family

    お金にまつわる羞恥心の 悪循環を断つには

  • to break through the money-shame cycle.

    家族のうち 誰か1人の力があれば 十分なんです

  • I want you to be the one.

    皆さんも その1人になってください

  • Thank you.

    ありがとうございました

  • (Applause)

    (拍手)

Have you every had to break your family's rules?

翻訳: Kazunori Akashi 校正: Naoko Fujii

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TED 苦痛 キース 家族 循環 スターバックス

TED】タミー・ラリー。Let's get honest about our money problems (Let's get honest about our money problems | Tammy Lally) (【TED】Tammy Lally: Let's get honest about our money problems (Let's get honest about our money problems | Tammy Lally))

  • 4092 198
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語