Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • This is me at age seven.

    翻訳: Chiyoko Tada 校正: Masaki Yanagishita

  • And this is also me.

    この写真は7歳の私です

  • (Applause and cheering)

    この写真も私です

  • To be standing here in Kakuma refugee camp feels so surreal,

    (拍手)(歓声)

  • and I'm overcome with so much emotion.

    カクマ難民キャンプに今いること自体が とても現実とは思えないほどで

  • These very grounds are where I was born

    感極まり 様々な思いで胸がいっぱいです

  • and spent the first seven years of my life.

    まさにこの地で私は誕生し

  • I think many people are surprised to hear

    人生の最初の7年間を過ごしました

  • that I had a great upbringing here at Kakuma.

    私がここカクマで 素晴らしい幼少期を過ごしたと聞くと

  • But I was happy,

    多くの人がビックリするでしょう

  • I was smart, I had friends

    でも私は幸せでしたし

  • and above all, I had hope for a brighter future.

    勉強が得意で 友達もいて

  • That's not to say that we didn't have our obstacles.

    そして何よりも 明るい未来への希望を抱いていました

  • I mean, boy were there struggles.

    障害はなかったと 言っているわけではありません

  • I would sometimes get sick with malaria

    もちろん沢山の苦闘はありました

  • and didn't always know where our next meal would come from.

    マラリアにかかったこともありましたし

  • But the sense of community that is here in Kakuma

    次の食事はどこから来るのかさえ わからない時もありました

  • and the pride that everyone here possesses

    でもここカクマにある コミュニティー意識と

  • is simply unparalleled.

    ここにいる全ての人が持つ誇りは

  • When I was younger, I remember conflicts breaking out.

    他とは比べものになりません

  • That tends to happen when people come from different backgrounds

    小さい頃 住民同士の 衝突が生じたことも覚えています

  • and don't speak the same language.

    様々な過去を背負った人が集まり

  • Eventually, Swahili --

    共通の言語がないと よく起きることです

  • the main language here --

    結局のことろスワヒリ語が—

  • became our common ground.

    ここの主要言語です—

  • I made friends with the kids at the camp

    私たち共通の基盤となりました

  • and even started embracing some of their cultures,

    私はキャンプの子供達と友達になり

  • celebrating holidays like Christmas even though I was raised Muslim.

    彼ら独自の文化も 受け入れられるようになりました

  • The other kids would embrace my culture as well,

    イスラム教徒として育ったにもかかわらず 例えばクリスマスも祝いました

  • sometimes even praying right alongside me.

    同じ様に 他の子達も私の文化を受け入れて

  • It was easy, as children, to come together,

    時には私の隣で一緒に祈ったりもしました

  • blend all of our beliefs

    子供にとっては簡単なことでした

  • to form our own unique, multicultural environment.

    ともに集い 私たちの異なる信仰を融合させ

  • My name is Halima Aden

    私たち独自の多文化な環境を 作り上げることなんて

  • and I'm a black, Muslim, Somali-American from Kenya.

    私の名前はハリマ・アデンです

  • (Applause)

    私は黒人であり イスラム教徒であり ケニヤ出身のソマリ系アメリカ人です

  • Some have called me a trailblazer --

    (拍手)

  • I was the first Muslim homecoming queen at my high school,

    私のことを先駆者と呼ぶ人もいます

  • the first Somali student senator at my college

    高校ではイスラム教徒初の ホームカミング・クイーン

  • and the first hijab-wearing woman in many places,

    大学ではソマリ人初の 学生自治体の役員を務めました

  • like the Miss Minnesota USA beauty pageant,

    多くの場で初めての ヒジャブをまとった女性になりました

  • the runways of Milan and New York Fashion Weeks

    例えばミス・ミネソタ州を務めた 全米ミスコンテストや

  • and even on the historic cover of British "Vogue."

    ミラノやニューヨークで ファッション・ウィークスの舞台

  • As you can see,

    さらには英国版『ヴォーグ』誌の表紙に載って 新たな歴史まで刻みました

  • I'm not afraid to be the first, to step out on my own,

    ご覧のように

  • to take risks and seek change,

    私は恐れることなく 一番に自分の足で踏み出し

  • because that's what being a minority is about.

    リスクをとり チャレンジします

  • It's about using yourself as a vessel to create change

    それこそが少数派の 本来のあり方だからです

  • and being a human representation for the power of diversity.

    それは自分を媒体として 変化を促進させ

  • And now I use my platform to spread an important message of acceptance.

    多様性の力を代表する 人間になるということなんです

  • But it hasn't always been easy.

    そして私は 今の自分の立場から 「受容」という重要なメッセージを広めています

  • When we first arrived to the United States and made St. Louis, Missouri home,

    でも常に順調だった訳ではありません

  • I remember asking my mom, "Is this really America?"

    最初にアメリカに渡り ミズーリ州セントルイスに落ち着いた頃

  • There were things that were sadly familiar,

    私は母に聞いたことを覚えています 「これが本当にアメリカなの?」

  • like hearing gunshots at night

    悲しくも 馴染みのあることが そこにはありました

  • and the streets looking impoverished.

    例えば夜中に銃声が聞こえたり

  • But there were things that were also very different.

    貧困にあえぐ街中の様子

  • Like when I started first grade,

    でも大きく違うこともありました

  • I noticed how the kids played in groups.

    例えば1年生に進学すると

  • In America, we call them "cliques."

    子供達がどんなふうに グループで遊んでいるかに気付きました

  • Back here, we all played together.

    アメリカではこれを「派閥」と呼びます

  • Gender didn't matter,

    ここでは皆一緒に遊んでいました

  • and race most certainly never mattered.

    性別は関係ありませんでしたし

  • I remember asking myself,

    人種はもちろん関係ありませんでした

  • "Why don't they understand Swahili?

    私は不思議に思ったことを覚えています

  • Swahili is the language that brings people together."

    「どうしてスワヒリ語を使わないのかしら

  • To make matters worse,

    スワヒリ語は人々を結ぶ言語なのに」

  • the school I was enrolled in didn't have an English immersion program.

    さらに困ったことに

  • So everyday I would get up,

    入学した学校には 英語の集中プログラムがありませんでした

  • go to school, sit in my desk

    ですから私は毎朝起きると

  • and never learn a thing.

    学校に行き 机に向かいましたが

  • This is when I started losing hope,

    何も学べません

  • and I wanted nothing more than return to Kakuma,

    この頃の私は希望をなくし始め

  • a refugee camp.

    カクマに帰ることだけを 望んでいました

  • Soon, my mother learned that many Somalis found refuge

    たとえそこが難民キャンプであってもです

  • in a small town in Minnesota.

    そのうち母は ミネソタ州の小さな町に 多くのソマリ人が

  • So when I was eight, we moved to Minnesota.

    落ち着く居場所を見つけたと知りました

  • My life changed as I met other students who spoke Somali,

    そこで私が8歳の時 ミネソタ州に引っ越ししました

  • attended a school that had an English immersion program

    ソマリ語を話す生徒と出会い 私の生活も一転しました

  • and found teachers that would go above and beyond,

    英語の集中プログラムがある学校に通い

  • staying there after school hours and lunch breaks,

    私のために務めを超えた 努力を惜しまない教員に出会い

  • dedicated to helping me find success in the classroom.

    放課後も昼休みも 一緒に過ごしてくれ

  • Being a child refugee has taught me that one could be stripped of everything:

    私がいい成績をとれるように 一生懸命助けてくれました

  • food, shelter, clean drinking water,

    難民の子として私が学んだのは 全てを奪われることがあるということです

  • even friendship,

    食料や宿 清潔な飲み水や

  • but the one thing that no one could ever take away from you

    友情さえも

  • is your education.

    でも誰も奪えないのが

  • So I made studying my top priority

    教育です

  • and soon started flourishing within the classroom.

    そこで私は何よりも 勉強を優先させました

  • As I grew older, I became more aware of others

    すると間もなく教室でも 活躍できるようになっていきました

  • and how they viewed my race and background.

    大きくなるにつれ 他人の存在や

  • Specifically, when I started wearing the head scarf known as a hijab.

    私の人種や生い立ちがどう見られるか 気になりだしました

  • When I first started wearing it, I was excited.

    特に「ヒジャブ」と呼ぶスカーフを 頭にまとうようになってからです

  • I remember admiring my mother's, and I wanted to emulate her beauty.

    最初は私もヒジャブを着けることに 興奮しました

  • But when I started middle school,

    母のヒジャブに憧れを抱いていたので 私も母の美を見習おうとしていました

  • the students teased me about not having hair,

    ところが中学校に入学すると

  • so to prove them wrong,

    他の生徒から髪の毛がないのではと からかわれ

  • I started showing them my hair --

    そうではないことを示すために

  • something that goes against my beliefs, but something I felt pressured to do.

    自分の髪の毛を見せるようになりました

  • I wanted so badly to fit in at the time.

    私の信仰に逆らう行為ですが そうしなければというプレッシャーを感じました

  • When I reflect on the issues of race, religion, identity,

    あの当時はとにかく 周りに溶け込みたかったんです

  • a lot of painful memories come to mind.

    人種や宗教やアイデンティティーの 問題について振り返ると

  • It would be easy for me to blame those of another culture

    たくさんの辛い思い出がよみがえります

  • for making me feel the pain I felt,

    あの頃辛かったのは 違う文化の人のせいだと

  • but when I think deeper,

    責めるのは簡単なことですが

  • I also recognize that the most impactful,

    もっと深く考えてみると

  • positive, life-changing events that have happened to me

    私の人生に一番影響を与えたー

  • are thanks to those people who are different than me.

    肯定的で 人生の転機となるような出来事は

  • It was at this moment that I decided to step outside of my comfort zone

    私とは違う人のおかげだったとも 理解しています

  • and compete in a pageant wearing a hijab and burkini.

    そう悟った時点で私は 自分の安全圏から足を踏み出そうと決め

  • I saw it as an opportunity to be a voice for women

    「ヒジャブ」と「ブルキニ」を着用し ミスコンテストに参加しました

  • who, like myself, had felt underrepresented.

    私が感じていたのと同じように 少数派として自分を表現できないー

  • And although I didn't capture the crown,

    同じ境遇の女性の声に なれる機会だと思ったのです

  • that experience opened so many doors for me.

    優勝は逃しましたが

  • I was receiving emails and messages from women all over the world,

    この経験からたくさんの可能性が生まれました

  • telling me that I've inspired them by simply staying true to myself.

    世界中の女性からメールや メッセージが届きました

  • The other "firsts" kept coming.

    自分自身にただ忠実でいる私の姿に 共感したとのことでした

  • I was invited to New York City by fashion icon Carine Roitfeld

    また別の「初」のつく出来事が続きました

  • to shoot my very first editorial.

    ファッション界のアイコン カリーヌ・ロワトフェルドの誘いで

  • It was around this time that I became the first hijab-wearing model,

    私の初めての特集を ニューヨークで撮影しました

  • and in my first year,

    同じ頃私はヒジャブを着用した 初めてのモデルとなり

  • I graced the covers of nine fashion magazines.

    モデル1年目に

  • It was a whirlwind, to say the least.

    9つのファッション誌の 表紙を飾りました

  • But with all the overnight success,

    めまぐるしい展開だったと言っても おかしくありません

  • there was one thing that remained constant --

    一夜のうちに掴んだ成功の渦中で

  • the thought that this could be what brings me back here to Kakuma,

    あることだけは変わりませんでした

  • the place that I call home.

    このことがきっかけで カクマに戻れるかもしれないという思いです

  • And just a few months ago, something incredible happened to me.

    私が故郷と呼ぶ地にです

  • I was in New York City, on a photo shoot,

    ほんの数ヶ月前に ある素晴らしいことが起きました

  • when I met South Sudanese model Adut Akech,

    グラビア撮影のために滞在していた ニューヨーク市で

  • who also happened to be born right here in Kakuma.

    南スーダン人のモデル アドゥ・アケチに出会いました

  • That experience in itself is the definition of hope.

    偶然なことに彼女も ここカクマ生まれだったのです

  • I mean, just imagine:

    この奇遇はまさに 希望の表れです

  • two girls born in the same refugee camp,

    考えてみてください

  • reunited for the first time on the cover of British "Vogue."

    同じ難民キャンプで生まれた 2人の女性が

  • (Applause and cheering)

    英国版『ヴォーグ』誌の表紙で 初めて再会したことを

  • I was given the distinct pleasure of partnering up with UNICEF,

    (拍手)(歓声)

  • knowing firsthand the work that they do for children in need.

    私はユニセフとパートナーシップを結ぶ 光栄を授かりました

  • And I want you to remember

    ユニセフの恵まれない子供達への援助活動は 自らの肌身で感じていました

  • that although the children here may be refugees,

    ここで覚えておいてほしいのは

  • they are children.

    ここにいる彼らは たとえ難民であっても

  • They deserve every opportunity to flourish, to hope, to dream --

    子供であることに 変わりないことです

  • to be successful.

    彼らは全ての機会に値します

  • My story began right here in Kakuma refugee camp,

    活躍し 希望を持ち 夢を持ち 成功する全ての機会にです

  • a place of hope.

    私の人生はまさにここ カクマ難民キャンプで始まりました

  • Thank you.

    この希望の場所で

  • (Applause)

    ありがとうございました

This is me at age seven.

翻訳: Chiyoko Tada 校正: Masaki Yanagishita

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 難民 キャンプ ミネソタ 表紙 希望

TED】ハリマ・アデン。私はどのようにして子ども難民から国際モデルになったのか (私はどのようにして子ども難民から国際モデルになったのか|ハリマ・アデン) (【TED】Halima Aden: How I went from child refugee to international model (How I went from child refugee to international model | Halima Aden))

  • 1660 90
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語