Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I'm here to tell you not just my story

    翻訳: Misato Noto 校正: Riaki Poništ

  • but stories of exceptional women from India whom I've met.

    ここでお伝えするのは 私の物語だけでなく

  • They continue to inspire me,

    私がこれまでにインドで出会った 非常に素晴らしい女性たちの物語です

  • teach me, guide me in my journey of my life.

    私の人生の旅路において

  • These are incredible women.

    私を勇気づけ 指導し 導き続けてくれている—

  • They never had an opportunity to go to school,

    とてつもなく素晴らしい女性たちです

  • they had no degrees,

    学校に通う機会は一度もなく

  • no travel, no exposure.

    学位は持っていませんし

  • Ordinary women who did extraordinary things

    旅行もしないし 外の世界も知りません

  • with the greatest of their courage,

    平凡な女性でありながら 非凡なことを

  • wisdom and humility.

    この上ない勇気と知恵と

  • These are my teachers.

    謙虚な心を以って 成し遂げた人たちです

  • For the last three decades,

    私が師と仰ぐ女性たちです

  • I've been working, staying and living in India

    これまでの30年間にわたり

  • and working with women in rural India.

    私はずっとインド国内で 活動しており

  • I was born and brought up in Mumbai.

    農村部の女性たちと接しています

  • When I was in college,

    私はムンバイで生まれ育ちました

  • I met Jayaprakash Narayan,

    大学生の頃に

  • famous Gandhian leader

    有名なガンディー主義者リーダーの

  • who inspired youth to work in rural India.

    ジャヤプラカシ・ナラヤン と会いました

  • I went into the villages to work in rural India.

    若者たちがインドの農村部で働く きっかけになった人物です

  • I was part of land rights movement,

    私も農村部で働こうと 村での活動に参加しました

  • farmers' movement

    土地の所有権に関する運動や

  • and women's movement.

    農民運動や

  • On the same line,

    女性運動です

  • I ended up in a very small village,

    その流れで

  • fell in love with a young, handsome, dynamic young farmer-leader

    とても小さな村に辿り着き

  • who was not very educated,

    若くてハンサムで行動力のある 農民運動のリーダーと恋に落ちました

  • but he could pull the crowd.

    あまり教育を受けていない人でしたが

  • And so in the passion of youth,

    カリスマ性がありました

  • I married him

    そして 若さに身を任せて

  • and left Mumbai,

    彼と結婚し

  • and went to a small village which did not have running water

    ムンバイを去り

  • and no toilet.

    小さな村に引っ越しましたが そこは水道水もなければ

  • Honestly, my family and friends were horrified.

    トイレもありませんでした

  • (Laughter)

    正直な話 私の家族や友人は 相当なショックを受けていました

  • I was staying with my family,

    (笑)

  • with my three children in the village,

    私はこの村で暮らし

  • and one day,

    家族と3人の子供がいましたが

  • a few years later one day,

    ある日のこと

  • a woman called Kantabai came to me.

    結婚後 数年経ったある日

  • Kantabai said, "I want to open a saving account.

    カンタバイという女性が 私の元を訪れました

  • I want to save."

    カンタバイは言いました

  • I asked Kantabai:

    「貯蓄用の口座を開きたい お金が貯めたいの」

  • "You are doing business of blacksmith.

    私は尋ねました

  • Do you have enough money to save?

    「あなたは鍛冶屋でしょ

  • You are staying on the street.

    貯めるほどのお金はある?

  • Can you save?"

    住むところもないのに

  • Kantabai was insistent.

    お金を貯められる?」

  • She said, "I want to save because I want to buy a plastic sheet

    カンタバイは譲りません

  • before the monsoons arrive.

    「モンスーンの季節までに ビニールのシートが必要だから

  • I want to save my family from rain."

    お金を貯めたいの

  • I went with Kantabai to the bank.

    家族が雨に濡れないように」

  • Kantabai wanted to save 10 rupees a day --

    私はカンタバイと銀行に行きました

  • less than 15 cents.

    カンタバイが貯めようとしていたのは 1日15ルピー

  • Bank manager refused to open the account of Kantabai.

    15セントにも満たない額です

  • He said Kantabai's amount is too small

    銀行の支店長は カンタバイの申請を却下しました

  • and it's not worth his time.

    カンタバイの貯蓄額が 低すぎるため

  • Kantabai was not asking any loan from the bank.

    相手にするだけ時間の無駄なのだと

  • She was not asking any subsidy or grant from the government.

    カンタバイは ローンを組みたいのではありません

  • What she was asking was to have a safe place

    政府から補助金や助成金を 求めているのでもありません

  • to save her hard-earned money.

    一生懸命稼いだお金を 安全に蓄えられる場所が欲しいと

  • And that was her right.

    お願いしているだけなのです

  • And I went --

    それは 当然の権利です

  • I said if banks are not opening the account of Kantabai,

    そこで私は言いました

  • why not start the bank

    銀行がカンタバイの口座を 開いてくれないのなら

  • which will give an opportunity for women like Kantabai to save?

    私が銀行を立ち上げればいい

  • And I applied for the banking license to Reserve Bank of India.

    そうすれば彼女のような女性が 貯蓄できる機会が作れる と

  • (Applause)

    そして 私はインド準備銀行に 銀行設立の許可を申請しました

  • No, it was not an easy task.

    (拍手)

  • Our license was rejected --

    でも 簡単な話ではありませんでした

  • (Laughter)

    申請は却下されてしまいました

  • on the grounds --

    (笑)

  • Reserve Bank said that we cannot issue a license

    却下の理由として

  • to the bank who's promoting members who are nonliterate.

    インド準備銀行は こう述べました

  • I was terrified.

    読み書きのできない人たちのための 銀行など許可できないと

  • I was crying.

    私はショックでした

  • And by coming back home,

    涙が止まりませんでした

  • I was continuously crying.

    そして 家に帰ってからも

  • I told Kantabai and other women

    泣き続けました

  • that we couldn't get the license because our women are nonliterate.

    許可が下りなかった理由は

  • Our women said, "Stop crying.

    村の女性が読み書きできないからだ とカンタバイたちに伝えると

  • We will learn to read and write

    こう言われました 「泣くのはやめて

  • and apply again, so what?"

    読み書きをこれから学ぶわ

  • (Applause)

    それからまた申請すればいいだけよ」

  • We started our literacy classes.

    (拍手)

  • Every day our women would come.

    私たちは読み書きの授業を始めました

  • They were so determined that after working the whole day,

    毎日 村の女性たちが授業に参加しました

  • they would come to the class and learn to read and write.

    彼女たちの意志はとても強く 一日中働いた後でも

  • After five months,

    授業にやってきて 読み書きを学んでいました

  • we applied again,

    そして 5ヶ月後

  • but this time I didn't go alone.

    再び 申請を行いました

  • Fifteen women accompanied me to Reserve Bank of India.

    この時 私は1人ではありませんでした

  • Our women told the officer of Reserve Bank,

    15人もの女性が インド準備銀行に付き添ってくれました

  • "You rejected the license because we cannot read and write.

    女性たちはインド準備銀行の 行員に向かって言いました

  • You rejected the license because we are nonliterate."

    「私たちが読み書きができないからと 申請を却下しましたね

  • But they said, "There were no schools when we were growing,

    識字能力がないからという理由で 申請を却下しましたね

  • so we are not responsible for our noneducation."

    私たちが子供の頃は 通える学校がなかったんです

  • And they said, "We cannot read and write,

    だから 学歴がないのは 私たちのせいではありません」

  • but we can count."

    女性たちは続けて言いました

  • (Laughter)

    「読み書きはできないけれど 計算はできます」

  • (Applause)

    (笑)

  • And they challenged the officer.

    (拍手)

  • "Then tell us to calculate the interest of any principal amount."

    そして 行員にこう持ちかけました

  • (Laughter)

    「何でもいいから元本金額の 利子を計算させてください」

  • "If we are unable to do it,

    (笑)

  • don't give us license.

    「もし 私たちが 計算できなければ

  • Tell your officers to do it without a calculator

    許可しなくて結構です

  • and see who can calculate faster."

    行員にも電卓を使わずに計算させて

  • (Applause)

    どっちが早く計算できるか 確かめてください」

  • Needless to say,

    (拍手)

  • we got the banking license.

    言うまでもない話ですが

  • (Laughter)

    銀行開設の許可は下りました

  • (Applause)

    (笑)

  • Today, more than 100,000 women are banking with us

    (拍手)

  • and we have more than 20 million dollars of capital.

    私たちの銀行を利用する女性は 今や10万人以上となり

  • This is all women's savings,

    20億ドル以上の資本を抱えています

  • women capital,

    これは すべて 女性の貯蓄によるもので

  • no outside investors asking for a business plan.

    女性による資本です

  • No.

    外部の投資家に事業計画を 求められることもありません

  • It's our own rural women's savings.

    本当です

  • (Applause)

    農村部の女性による貯蓄です

  • I also want to say that yes,

    (拍手)

  • after we got the license,

    それから こんな話もあります

  • today Kantabai has her own house

    銀行開設の許可が下りた後

  • and is staying with her family

    今ではカンタバイも 自分の家を所有しています

  • in her own house for herself and her family.

    自分と家族のために買った家に 家族と住んでいるのです

  • (Applause)

    (拍手)

  • When we started our banking operations,

    銀行の操業が開始してから

  • I could see that our women were not able to come to the bank

    気がついたのは 女性たちが銀行に足を運べないこと

  • because they used to lose the working day.

    労働時間が短くなるからです

  • I thought if women are not coming to the bank,

    私はこう考えました 女性たちが銀行に来ないのなら

  • bank will go to them,

    銀行の方から赴こうと

  • and we started doorstep banking.

    それで 訪問型のサービスを始めました

  • Recently, we starting digital banking.

    最近では デジタルバンキングも始めました

  • Digital banking required to remember a PIN number.

    デジタルバンキングには 暗証番号の記憶が必要です

  • Our women said, "We don't want a PIN number.

    女性たちは言いました

  • That's not a good idea."

    「暗証番号なんていらない ないほうがいい」と

  • And we tried to explain to them

    そこで 説得を試みました

  • that maybe you should remember the PIN number;

    暗証番号は覚えた方がいいし

  • we will help you to remember the PIN number.

    覚えられるように手伝うから と

  • They were firm.

    しかし女性たちは頑なで

  • They said, "suggest something else,"

    「代案を出して」と言い

  • and they --

    そして—

  • (Laughter)

    (笑)

  • and they said, "What about thumb?"

    「親指はどう?」と言いました

  • I thought that's a great idea.

    名案だと私は思いました

  • We'll link that digital banking with biometric,

    デジタルバンクを 生体認証機能と連動させて

  • and now women use the digital financial transaction

    今では 電子取引を行うのに 女性たちは

  • by using the thumb.

    親指を使っています

  • And you know what they said?

    彼女たちが言うには

  • They said, "Anybody can steal my PIN number

    「暗証番号は 誰にでも盗めるから

  • and take away my hard-earned money,

    一生懸命稼いだお金を 盗られてしまうかもしれない

  • but nobody can steal my thumb."

    親指なら誰も盗めない」

  • (Applause)

    (拍手)

  • That reinforced the teaching which I have always learned from women:

    女性たちから常々学んできた教えを 再確認させられる出来事でした

  • never provide poor solutions to poor people.

    貧しい(poor)人々に粗末な(poor) 提案をしてはいけないということ

  • They are smart.

    聡明な人々ですから

  • (Applause)

    (拍手)

  • A few months later,

    数ヶ月後

  • another woman came to the bank --

    別の女性が銀行を訪れました

  • Kerabai.

    ケーラバイです

  • She mortgaged her gold and took the loan.

    彼女は金のアクセサリーを担保に ローンを組みました

  • I asked Kerabai, "Why are you mortgaging your precious jewelry

    私は尋ねました

  • and taking a loan?"

    「大切なアクセサリーを担保に出して ローンを組むのはなぜ?」

  • Kerabai said, "Don't you realize that it's a terrible drought?

    ケーラバイは言いました

  • There's no food or fodder for the animals.

    「ひどい干ばつがあったじゃないの 食べ物もないし 家畜用の飼料もないの

  • No water.

    水もないわ

  • I'm mortgaging gold to buy food and fodder for my animals."

    金を担保にして 食べ物と家畜用の飼料を買うの」

  • And then she asks me, "Can I mortgage gold and get water?"

    そして 私に聞きました 「金を担保に水が買える?」

  • I had no answer.

    私は答えられませんでした

  • Kerabai challenged me: "You're working in the village

    ケーラバイに問われました

  • with women and finance,

    「あなたは村で女性に接し 資金管理をしているけど

  • but what if one day there's no water?

    いつか水がなくなったら どうなるの?

  • If you leave this village,

    もしあなたがいなくなったら

  • with whom are you going to do banking?"

    誰と銀行取引をすればいいの?」

  • Kerabai had a valid question,

    もっともな問いかけでした

  • so in this drought,

    そこで 干ばつが続く中

  • we decided to start the cattle camp in the area.

    私たちは 家畜用のテントを 作ることにしました

  • It's where farmers can bring their animals to one place

    農家の人々が家畜を一箇所に集めて

  • and get fodder and water.

    飼料や水を与える場所です

  • It didn't rain.

    雨は降りませんでした

  • Cattle camp was extended for 18 months.

    家畜用のテントは 18ヶ月延長されました

  • Kerabai used to move around in the cattle camp

    ケーラバイは家畜用のテントを周り

  • and sing the songs of encouragement.

    励ましの歌を歌っていました

  • Kerabai became very popular.

    ケーラバイは人気者になりました

  • It rained and cattle camp was ended,

    雨が降って 家畜用のテントは閉鎖しましたが

  • but after cattle camp ended,

    家畜用テントの閉鎖後

  • Kerabai came to our radio --

    ケーラバイはラジオ局を訪れました

  • we have community radio

    その地域にはラジオ局があり

  • which has more than 100,000 listeners.

    リスナー数は10万人以上です

  • She said, "I want to have a regular show on the radio."

    ケーラバイはレギュラー番組を持ちたいと ラジオ局に言いました

  • Our radio manager said, "Kerabai, you cannot read and write.

    ラジオ局長は言いました

  • How will you write the script?"

    「あなたは読み書きができないのに どうやって台本を書くつもり?」

  • You know what she replied?

    ケーラバイの答えはこうでした

  • "I cannot read and write,

    「読み書きはできないけれど

  • but I can sing.

    私には歌が歌える

  • What's the big deal?"

    何が問題なの?」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And today,

    そして 今

  • Kerabai is doing a regular radio program,

    ケーラバイは ラジオのレギュラー番組を持ち

  • and not only that,

    それだけではなく

  • she's become a famous radio jockey

    有名なラジオパーソナリティとなり

  • and she has been invited by all of the radios,

    あらゆるラジオ局に 呼ばれています

  • even from Mumbai.

    ムンバイにも行きます

  • She gets the invitation and she does the show.

    招待を受けて 番組に出るのです

  • (Applause)

    (拍手)

  • Kerabai has become a local celebrity.

    ケーラバイは地元の有名人になりました

  • One day I asked Kerabai,

    ある日 私は彼女に尋ねました

  • "How did you end up singing?"

    「なぜ歌を歌うようになったの?」

  • She said, "Shall I tell you the real fact?

    彼女は言いました

  • When I was pregnant with my first child,

    「本当の事が知りたい?

  • I was always hungry.

    第一子を妊娠していた時 私は常に空腹だったの

  • I did not have enough food to eat.

    満足に食べられる物がなくて

  • I did not have enough money to buy food,

    食べ物を買うお金もなかった

  • and so to forget my hunger, I started singing."

    だから 空腹を忘れるために 歌を歌い始めたの」

  • So strong and wise, no?

    なんて強くて賢明な人でしょう

  • I always think that our women overcome so many obstacles --

    女性たちは数多くの困難を 乗り越えていると私は常に思っています

  • cultural, social, financial --

    文化的なものや社会的なもの 金銭的なものにいたるまでです

  • and they find out their ways.

    それでも 解決策を見つけるのです

  • I would like to share another story:

    また別の人の話をします

  • Sunita Kamble.

    スニタ・カンブレという女性です

  • She has taken a course in a business school,

    ビジネススクールに通ったこともあり

  • and she has become a veterinary doctor.

    今は獣医として働いています

  • She's Dalit;

    ダリットという

  • she comes from an untouchable caste,

    不可触民のカースト出身ですが

  • but she does artificial insemination in goats.

    ヤギの人工授精を仕事にしています

  • It is a very male-dominated profession

    男性が圧倒的に多い職業ですし

  • and it is all the more difficult for Sunita

    スニタにとっては より一層 難しくもあります

  • because Sunita comes from an untouchable caste.

    不可触民カーストの生まれだからです

  • But she worked very hard.

    しかし 懸命に働き

  • She did successful goat deliveries in the region

    地域でヤギの出産を成功させてきたため

  • and she became a famous goat doctor.

    ヤギのお医者さんとして有名になりました

  • Recently, she got a national award.

    最近は 国から賞を授与されました

  • I went to Sunita's house to celebrate --

    私はスニタの家を訪れました

  • to congratulate her.

    お祝いの言葉を伝えるためです

  • When I entered the village,

    村に着くと

  • I saw a big cutout of Sunita.

    スニタの大きな看板があり

  • Sunita was smiling on that picture.

    笑顔の彼女が写っていました

  • I was really surprised to see an untouchable,

    私はとてもびっくりしました

  • coming from the village,

    その村出身である不可触民の 大きな立て写真が

  • having a big cutout at the entrance of the village.

    村の入り口に立っていることにです

  • When I went to her house,

    スニタの家に着くと

  • I was even more amazed

    もっと驚かされました

  • because upper caste leaders --

    なぜなら 上位カーストの 男性指導者たちが

  • men -- were sitting in the house, in her house,

    彼女の家を訪れ

  • and having chai and water,

    お茶を飲んでいたからです

  • which is very rare in India.

    これはインドで 非常に稀な光景です

  • Upper caste leaders do not go to an untouchable's house

    上位カーストの指導者たちが 不可触民の家を訪れ

  • and have chai or water.

    お茶を飲むなんてありえません