Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • As China's economic growth slows, people are looking for the next big driver of growth.

    中国の経済成長が鈍化する中、人々は次の大きな成長ドライバーを探しています。

  • And India seems to fit the bill.

    そして、インドはそれに当てはまるようです。

  • The IMF estimates that India will be the fastest- growing major economy in the world this year,

    IMFは、インドが今年、世界で最も急速に成長する主要経済国になると予測している。

  • which is why companies like Walmart are paying top dollar for business deals in India.

    ウォルマートのような企業がインドでのビジネス取引に最高額を支払っている理由です。

  • It's projected to expand by 7.4%, putting it ahead of China.

    7.4%の拡大を見込んでおり、中国に先んじている。

  • So, what's driving India's growth?

    では、インドの成長を牽引しているのは何か?

  • India has a population of 1.3 billion, making it the second most populous country in the world.

    インドの人口は13億人で、世界で2番目に人口の多い国です。

  • It's on track to grow faster, even surpassing China's population by 2024.

    2024年には中国の人口を上回るまでに成長を続けています。

  • And that big population is also really young.

    そして、その大きな人口も本当に若い。

  • India is on track to reap a handsome demographic dividend.

    インドは人口統計学的な配当を得るために軌道に乗っている。

  • This effect happens when a country's working age population

    この効果は、国の生産年齢人口が増加すると発生します。

  • is larger than the non-working age population.

    は非労働年齢人口よりも大きい。

  • By 2050, India is expected to have a working population of more than one billion.

    2050年までには、インドの労働人口は10億人を超えると予想されています。

  • While many Asian countries are aging, India's population has a median age

    アジア諸国の多くが高齢化している中、インドの人口の中央値は

  • of only 27.3 years, compared to China's 37.6 and Japan's 47.1.

    中国の37.6年、日本の47.1年に比べて、わずか27.3年である。

  • Since Prime Minister Narendra Modi came into power in 2014,

    2014年にナレンドラ・モディ首相が政権を取ってから

  • his government has attracted record foreign direct investment.

    彼の政府は記録的な外国直接投資を誘致しています。

  • Modi has been credited for his strong reform agenda to improve India's business environment.

    モディは、インドのビジネス環境を改善するための強力な改革アジェンダを持っていることが評価されています。

  • The World Bank gave a nod to his efforts, improving India's ranking

    世界銀行は彼の努力を称え、インドのランキングを向上させました。

  • in its Ease of Doing Business ranking from 130 to 100.

    ビジネスのしやすさランキングでは、130から100になりました。

  • But India's growth is like my cricket gamefull of promise, but it hasn't quite delivered yet.

    しかし、インドの成長は私のクリケットゲームのようなものです。

  • India grew faster than China between 2014 and 2016,

    2014年から2016年にかけて、インドは中国よりも早く成長した。

  • but lost its fastest-growing major economy title last year.

    しかし、昨年、急成長を遂げたメジャーエコノミーのタイトルを失った。

  • Within the country, domestic investment has fallen as businesses have been hesitant to invest.

    国内では、企業が投資を躊躇しているため、国内の投資は減少している。

  • India's exports have also dropped since Modi came into power, despite his

    インドの輸出も、モディが政権に就いてから落ち込んでいます。

  • Made in India campaign meant to fire up the country's manufacturing industry.

    メイド・イン・インドのキャンペーンは、国の製造業を活性化させることを目的としています。

  • Economists say that domestic developments are to blame.

    エコノミストは、国内の動向が原因だと言っています。

  • In November 2016, the government's withdrawal of 500 and 1,000 rupee notes shocked the country.

    2016年11月、政府が500ルピー紙幣と1,000ルピー紙幣を撤回したことは、国内に衝撃を与えました。

  • 86% of the country's currency could no longer be used in shops.

    国の通貨の86%がお店で使えなくなってしまった。

  • Then, while businesses were trying to recover from that policy,

    その後、企業がその政策から立ち直ろうとしている間に

  • the government implemented the goods and services tax in July 2017.

    政府は2017年7月に物品サービス税を実施しました。

  • It's the biggest tax reform since India's independence,

    インド独立後最大の税制改革です。

  • consolidating India's many taxes into a single structure.

    インドの多くの税金を一つの構造に集約する。

  • But it's also baffling businesses.

    しかし、それもまた不可解なビジネスです。

  • For instance, should coconut oil be taxed as a cooking product, or a hair product?

    例えば、ココナッツオイルは料理用の製品として課税されるべきなのか、それとも髪の毛用の製品として課税されるべきなのか。

  • Is a chocolate coated biscuit a chocolate or a biscuit?

    チョコレートでコーティングされたビスケットは、チョコレートなのかビスケットなのか?

  • The two policies on tax and demonetization hit consumption and investment hard,

    税制と脱貨幣化の2つの政策は、消費と投資に大きな打撃を与えた。

  • despite most economists agreeing that the goods and services tax

    物品サービス税

  • will bring long-term benefits for India.

    はインドに長期的な利益をもたらすだろう。

  • This year, India is likely to keep its title as the world's fastest growing major economy.

    今年、インドは世界で最も急速に成長している主要経済国の座を守りそうです。

  • But is fastest fast enough?

    しかし、速いだけで十分なのか?

  • Former IMF chief economist and India's former central bank governor,

    元IMFチーフエコノミストでインドの元中央銀行総裁。

  • Raghuram Rajan has said that India needs to grow much faster.

    Raghuram Rajanは、インドはもっと早く成長する必要があると言っています。

  • India has about one million people entering the labor force every month.

    インドでは毎月約100万人が労働力として入っています。

  • So that's a big number that has to be absorbed which means we need

    吸収しなければならない大きな数字であり、それは我々が必要としていることを意味します。

  • significantly more growth to get them good jobs.

    彼らに良い仕事を与えるために大幅に多くの成長。

  • But India's growth this year faces serious challenges.

    しかし、今年のインドの成長は深刻な課題に直面しています。

  • Top ratings agencies like Moody's and Goldman Sachs

    ムーディーズやゴールドマン・サックスのような一流の格付け機関

  • have cut their growth projections for India.

    は、インドの成長予測を引き下げた。

  • Why is that?

    なぜなんでしょうか?

  • One reason is rising oil prices.

    その理由の一つに原油価格の上昇があります。

  • That could mean higher import costs and higher inflation.

    それは輸入コストの上昇とインフレ率の上昇を意味しているかもしれません。

  • India is the world's third biggest oil consumer, after China and the United States.

    インドは中国、米国に次ぐ世界第3位の石油消費国です。

  • Because of low oil prices, which fell to about $40 per barrel in 2016,

    2016年に1バレル40ドル程度まで下落した原油価格が安いため。

  • Modi's government could put taxes on petrol and diesel.

    モディ政権はガソリンとディーゼルに税金をかける可能性がある。

  • India has become dependant on these taxes,

    インドはこれらの税金に依存するようになりました。

  • which made up 17% of India's total revenue last year.

    昨年のインドの総収入の17%を占めていました。

  • The Indian rupee is also the worst performing currency in Asia this year,

    インドルピーも今年はアジアで最もパフォーマンスの悪い通貨となっています。

  • and it's expected to weaken further.

    と、さらに弱くなることが予想されます。

  • This may look like just a humble pakora, but this Indian street snack

    一見、地味なパコラのように見えるかもしれませんが、インドのストリートスナックです。

  • has ignited a huge debate about jobs in India.

    は、インドでの雇用に関する大きな議論に火をつけた。

  • This year, Modi was asked about the perception that he failed to create more jobs for young Indians.

    今年、モディは若いインド人のためのより多くの雇用を創出することに失敗したという認識について質問された。

  • His response?

    彼の反応は?

  • "Official statistics do not capture the true number of people working."

    "公式の統計は本当の意味での労働者数を把握していない"

  • Such as pakora sellers.

    パコラ売りなど。

  • His comments caused outrage in India, because there is a lot of anxiety for stable, salaried jobs.

    インドでは安定したサラリーマンの仕事に不安があるとのことで、彼の発言は激怒を招いた。

  • More than 25 million people, a number greater than Australia's population,

    オーストラリアの人口を上回る2500万人以上。

  • applied for less than 90,000 jobs on India's state-run railways.

    インドの国営鉄道では9万人弱の求人に応募していました。

  • For the most junior role in Mumbai police force,

    ムンバイ警察の中でも最も後輩的な役割のために。

  • 200,000 people applied for 1,137 openings.

    1,137名の募集に20万人が応募しました。

  • Many multi-national companies are excited about India, dreaming about

    多くの多国籍企業がインドを夢見て奮起しています。

  • selling fast food, smartphones and fast fashion to a rapidly growing middle class.

    急成長する中間層にファストフード、スマートフォン、ファストファッションを販売。

  • But right now, that middle class with income levels of similar populations in cities like

    しかし、今は、その中産階級の所得レベルが同じような都市の人口のような

  • Hong Kong and Singapore is extremely tiny, estimated to be just about 1% of India's population.

    香港とシンガポールは非常に小さく、インドの人口の1%程度と推定されています。

  • The double whammy of a weaker currency and growing oil prices are going to hit India hard.

    通貨安と原油価格の上昇というダブルパンチで、インドは大打撃を受けそうです。

  • Despite its challenges, India continues to grow quickly.

    その課題にもかかわらず、インドは急速な成長を続けています。

  • But will it be it fast enough to benefit its people?

    しかし、それは国民の利益になるほど早くなるのだろうか?

  • Hey everyone, it's Xin En. Thanks for watching!

    やあ みんな シン・エンだよ見てくれてありがとう!

  • If you want to check out more CNBC videos, click here and here.

    他にもCNBCの動画をチェックしたい方は、こちらとこちらをクリックしてください。

  • As always, feel free to leave any suggestions for future videos in our comments section.

    いつものように、私たちのコメント欄に今後のビデオのための提案を残すこと自由に感じています。

  • Don't forget to subscribe and see you next time!

    購読を忘れずに次回もお会いしましょう

As China's economic growth slows, people are looking for the next big driver of growth.

中国の経済成長が鈍化する中、人々は次の大きな成長ドライバーを探しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 インド 成長 人口 モディ 原油 今年

インドはなぜ急成長しているのか?| CNBCが解説

  • 330 21
    April Lu に公開 2018 年 09 月 10 日
動画の中の単語