Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Even after writing eleven books and winning several prestigious awards,

    11冊の本を書き、いくつかの権威ある賞を受賞した後も

  • Maya Angelou couldn't escape the nagging doubt

    マヤ・アンジェロウは口うるさい疑念から逃れられなかった

  • that she hadn't really earned her accomplishments.

    彼女は自分の功績を認めていなかったのです

  • Albert Einstein experienced something similar:

    アルバート・アインシュタインも似たような経験をしています。

  • he described himself as aninvoluntary swindler

    自称 "非自発的な詐欺師 "だと言った

  • whose work didn't deserve as much attention as it had received.

    その作品は、それが受けたほど注目に値するものではありませんでした。

  • Accomplishments at the level of Angelou's or Einstein's are rare,

    アンジェロウやアインシュタインのレベルの業績は稀です。

  • but their feeling of fraudulence is extremely common.

    しかし、彼らの詐称感は極めて一般的である。

  • Why can't so many of us shake feelings

    なぜ多くの人が感情を揺さぶることができないのか

  • that we haven't earned our accomplishments,

    私たちが成果を上げていないことを

  • or that our ideas and skills aren't worthy of others' attention?

    とか、自分のアイデアやスキルは他人の注目を集めるに値しないと思っていませんか?

  • Psychologist Pauline Rose Clance was the first to study

    心理学者のポーリーン・ローズ・クランスは

  • this unwarranted sense of insecurity.

    この不当な不安感。

  • In her work as a therapist,

    セラピストとしての仕事の中で

  • she noticed many of her undergraduate patients shared a concern:

    彼女は学部生の患者の多くが懸念を共有していることに気づいた。

  • though they had high grades,

    成績が良かったとはいえ

  • they didn't believe they deserved their spots at the university.

    彼らは自分たちが大学に入る資格があるとは思っていませんでした。

  • Some even believed their acceptance had been an admissions error.

    中には、自分たちの合格が入学の間違いだったと信じている人もいました。

  • While Clance knew these fears were unfounded,

    クランスはこれらの恐れが杞憂であることを知っていました。

  • she could also remember feeling the exact same way in graduate school.

    大学院の時も同じように感じていたことを覚えています。

  • She and her patients experienced something that goes by a number of names--

    彼女と彼女の患者は いくつかの名前で呼ばれているものを経験しました

  • imposter phenomenon,

    偽者現象。

  • imposter experience,

    偽者体験。

  • and imposter syndrome.

    と偽者症候群。

  • Together with colleague Suzanne Imes,

    同僚のスザンヌ・イメスと一緒に。

  • Clance first studied imposterism in female college students and faculty.

    クランスが最初に研究したのは、女子大生や教員の偽善。

  • Their work established pervasive feelings of fraudulence in this group.

    彼らの仕事は、このグループの中に不正行為の感情が蔓延していることを確立しました。

  • Since that first study,

    その最初の勉強から

  • the same thing has been established across gender,

    性別を超えて同じことが確立されています。

  • race,

    レース。

  • age,

    歳。

  • and a huge range of occupations,

    と膨大な職種があります。

  • though it may be more prevalent and disproportionately affect

    より一般的で、不釣り合いな影響を与えるかもしれませんが

  • the experiences of underrepresented or disadvantaged groups.

    恵まれない立場にある人や不利な立場にある人たちの経験。

  • To call it a syndrome is to downplay how universal it is.

    それを症候群と呼ぶのは、それがいかに普遍的なものであるかを軽視している。

  • It's not a disease or an abnormality,

    病気や異常ではありません。

  • and it isn't necessarily tied to depression,

    そして、それは必ずしもうつ病とは関係ありません。

  • anxiety,

    不安になる。

  • or self-esteem.

    または自尊心。

  • Where do these feelings of fraudulence come from?

    この詐欺師の気持ちはどこから来るのでしょうか?

  • People who are highly skilled or accomplished

    スキルが高い人、熟練した人

  • tend to think others are just as skilled.

    他の人も同じくらいのスキルを持っていると思いがちです。

  • This can spiral into feelings that they don't deserve accolades

    これは、彼らが賞賛に値しないという感情にスパイラルすることができます。

  • and opportunities over other people.

    と機会を他の人よりも優先します。

  • And as Angelou and Einstein experienced,

    そして、アンジェロウとアインシュタインが経験したように

  • there's often no threshold of accomplishment

    達成感ゼロ

  • that puts these feelings to rest.

    その気持ちを鎮めてくれる

  • Feelings of imposterism aren't restricted to highly skilled individuals, either.

    虚勢を張る気持ちは、高度な技術を持った人に限ったことではありません。

  • Everyone is susceptible to a phenomenon known as pluralistic ignorance,

    誰もが多元的無知と呼ばれる現象の影響を受けやすい。

  • where we each doubt ourselves privately,

    個人的に自分自身を疑っているところです。

  • but believe we're alone in thinking that way

    そう思うのは私たちだけだと思っている

  • because no one else voices their doubts.

    誰も疑いの声を上げないから

  • Since it's tough to really know how hard our peers work,

    仲間の頑張りを知るのは大変だからね。

  • how difficult they find certain tasks,

    困難なタスクを見つけることができるかどうか。

  • or how much they doubt themselves,

    とか、どれだけ自分を疑っているのか。

  • there's no easy way to dismiss feelings that we're less capable

    劣等感を捨てても仕方がない

  • than the people around us.

    周りの人よりも

  • Intense feelings of imposterism

    虚飾への強い思い

  • can prevent people from sharing their great ideas

    人々が素晴らしいアイデアを共有することを妨げる可能性があります。

  • or applying for jobs and programs where they'd excel.

    または、彼らが得意とする仕事やプログラムに応募することです。

  • At least so far,

    少なくとも今のところは。

  • the most surefire way to combat imposter syndrome

    偽者対策最強の方法

  • is to talk about it.

    を話すことです。

  • Many people suffering from imposter syndrome

    偽者症候群に悩む人が多い

  • are afraid that if they ask about their performance,

    は、自分のパフォーマンスを聞かれたら怖いですよね。

  • their fears will be confirmed.

    彼らの懸念は確認されるだろう。

  • And even when they receive positive feedback,

    また、好意的な評価を受けても

  • it often fails to ease feelings of fraudulence.

    詐欺師の気持ちを和らげることができないことが多いです。

  • But on the other hand,

    しかし、その一方で

  • hearing that an advisor or mentor has experienced feelings of imposterism

    仰天聞

  • can help relieve those feelings.

    は、そのような気持ちを和らげるのに役立ちます。

  • The same goes for peers.

    同業者も同様です。

  • Even simply finding out there's a term for these feelings

    この感情を表す言葉があることを知っただけでも

  • can be an incredible relief.

    は信じられないほどの安堵感を与えてくれます。

  • Once you're aware of the phenomenon,

    一度現象を意識してみてください。

  • you can combat your own imposter syndrome

    自分を偽者にすることができる

  • by collecting and revisiting positive feedback.

    肯定的なフィードバックを収集し、再検討することで

  • One scientist who kept blaming herself for problems in her lab

    研究室の問題を自分のせいにし続けた一人の科学者

  • started to document the causes every time something went wrong.

    何かがおかしくなるたびに、その原因を記録するようになりました。

  • Eventually, she realized most of the problems

    最終的には、彼女はほとんどの問題に気付いた。

  • came from equipment failure,

    設備の故障から来ています。

  • and came to recognize her own competence.

    と自分の力量を認めるようになりました。

  • We may never be able to banish these feelings entirely,

    この気持ちを完全に払拭することはできないかもしれません。

  • but we can have open conversations about academic or professional challenges.

    しかし、学術的な課題や専門的な課題については、オープンな会話をすることができます。

  • With increasing awareness of how common these experiences are,

    これらの経験がどれほど一般的なものであるかの認識が高まってきています。

  • perhaps we can feel freer to be frank about our feelings

    気が楽になるかもしれない

  • and build confidence in some simple truths:

    といくつかの簡単な真実に自信を持っています。

  • you have talent,

    あなたには才能がある

  • you are capable,

    あなたは有能です。

  • and you belong.

    そして、あなたが所属しています。

Even after writing eleven books and winning several prestigious awards,

11冊の本を書き、いくつかの権威ある賞を受賞した後も

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 偽者 アインシュタイン 気持ち 経験 感情

偽者症候群とは何か、そしてどのようにそれに対抗することができますか?- エリザベス・コックス

  • 1796 109
    shuting1215 に公開 2018 年 09 月 09 日
動画の中の単語