Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • If you believe the dead can return to haunt the living, you're not alone.

    皆さんの中には、死者がこの世に戻ってきて生きている人を怖がらせると信じている人も多いと思います。

  • According to one poll, 45 percent of Americans believe in ghosts and 28 percent claim to actually have seen a ghost.

    ある投票では、アメリカ人の45%が幽霊を信じていて、28 %が実際に幽霊を見たと主張しています。

  • They show up in our movies, "I see dead people", books, and Bone Thugs-N-Harmony music videos.

    幽霊は映画の中や、「・・・死んだ人が見えるんだ」、本、そして Bone Thugs-N-Harmony のミュージックビデオにも出てきます。

  • As far back as we can trace human life, there's evidence that almost every culture has expressed curiosity about what comes after.

    人類の歴史を辿ってみると、どの文化にも死後の世界に対する興味があったことがうかがい知れます。

  • Many people believe in them, but is there actually any proof that ghosts exist?

    幽霊を信じる人は多いですけど、その証拠は果たして存在するのでしょうか?

  • I went to Buffalo, New York, to talk to Joe Nickell, a paranormal investigator who's been trying to answer that question for almost 50 years.

    今回、私はニューヨークのバッファローに飛んで、50 年近くに渡ってこの問題に取り組んでいる怪奇現象調査官のジョー・ニッケルさんに話を伺ってきました。

  • I'm the world's only full-time, salaried, professional, science-based paranormal investigator.

    私は世界で唯一、フルタイムで給料をもらいながら科学情報に基づいて怪奇現象を調査するプロです。

  • I'm looking to explain a case, not debunk it, not promote it.

    私は別に事件のウソを見破ったり、宣伝したりするのではなくて、説明をするために仕事をしています。

  • Explain it.

    何がどうなっているのかを、です。

  • Nickell is a true renaissance man, drawing from a wide variety of disciplines for his cases.

    ニッケルさんは、事件解決に際して様々な角度から調査に当たる多才な調査官です。

  • I mean, at one time or another I've used linguistic analysis, I've used blood pattern analysis, psychological insights.

    そうですね、時には言語分析を使った事もありましたし、血液鑑定や心理学的洞察を利用したこともあります。

  • Nearly anything could be used if it would illuminate a particular case.

    その事件の核心に迫れるのであれば、使えるものはほぼ何でも利用しますね。

  • So in the hundreds of cases over his half-century of investigation, has he ever found anything that would make him believe in ghosts?

    では、果たして半世紀に渡り何百もの事件を取り扱ってきた中で、これは幽霊に違いないと思ったケースはあったのでしょうか?

  • Not only have I never found a single case that I thought was proof of a ghost, neither has science.

    私が幽霊の証拠をつかんだと思えるのは1件も無かっただけでなく、科学的にも結論は同じでした。

  • Not a single ghost or haunting has been authenticated by science.

    幽霊やその出現が科学によって確証されたケースは 1 つもありません。

  • Part of what makes it difficult to investigate is all the different ways people have definedghosts.”

    調査において難しいところは、「幽霊」の定義が人によってまちまちな事です。

  • Books flying off a shelf?

    本が棚から飛び出してきた?

  • GHOST

    幽霊ですね

  • Orbs in photos?

    写真に球体が写っている?

  • GHOST

    幽霊でしょう

  • Mysterious footsteps in the attic?

    屋根裏に不審な足跡が?

  • GHOST

    幽霊しかないでしょう

  • Patrick Swayze seductively helping you throw a vase?

    パトリック・スウェイジがなまめかしく花瓶作りを手伝ってくれている?

  • Definitely ghost.

    間違いなく幽霊ですね

  • All of the would-be evidence that ghosts exist consists of ambiguous photographs, videos.

    幽霊が写っているかも知れないと言われる証拠は、どれもがそれっぽい写真やビデオです。

  • The next day, his HDTV literally begins rocking violently from side to side all by itself.”

    「次の日、彼の高画質テレビはひとりでに文字通り左右に激しく揺れ始めたんです」

  • And first hand accounts.

    それから目撃者の証言です。

  • "Even if it's during the day, there's this eerie feeling that you get that there's someone there."

    「日中でさえ、そこに何かがいるんじゃないかという気味の悪い感覚がするんです」

  • Which, while fun and spooky, are not exactly scientific proof.

    こういったのはドキドキして怖いですけど、科学的証拠とは言えません。

  • Ghost hunters often use gadgets such as EMF meters, a tool that measure electromagnetic fields, which ghosts can supposably manipulate.

    ゴーストハンターは、幽霊が自在に操ることができるとされている電磁波を読み取る機械の EMF メーターなどの機材を使うことが多いですが、

  • But nobody's been able to explain exactly what the link is, and most scientists are pretty skeptical of this stuff.

    具体的なつながりを証明できる人はいませんし、科学的見地からは疑いの目で見られているのが事実です。

  • So there might not be any empirical, scientific evidence that shows that ghosts exist, but that doesn't actually mean that you're crazy if you think you see one.

    このように、幽霊が実在することを実証する科学的証拠はないわけですが、それでも自分は幽霊を見れると信じる方がいても何らおかしなことではありません。

  • There are plenty of logical explanations for paranormal experiences.

    怪奇現象を体験する理由としては多くの説明が付きます。

  • One is infrasound, a sound that falls below the audible 20Hz frequency.

    まず、人間の聴力では感知できない 20 ヘルツ以下の低周波音の存在があります。

  • Infrasound can be produced by many things, including severe weather, humpback whales or certain machinery like engines or fans.

    低周波音はたくさんの物によって発生され、激しい気候やザトウクジラ、もしくはエンジンや扇風機といった一部の機械などもそこに含まれます。

  • Researchers have hypothesized that exposure to infrasound can induce feeling of depression, chills, and the sense that somebody's presence is near you.

    低周波が周辺に存在すると、落ち込んだ気分になったり、寒気や誰かがそばにいるような感覚をもたらすのではないかという仮説が立てられた研究もあります。

  • The sound can even cause visual hallucinations.

    音というのは幻覚も引き起こすことがあります。

  • At the frequency of 18Hz, it resonates with the structure of the human eyeball.

    18 ヘルツの周波数の音は人間の眼球に響きます。

  • And if you have a sound that resonates with something material, it will make the material vibrate at that frequency.

    そして音波が何かの物質に響きかけると、その物質が同じ周波数で振動するようになるのです。

  • And when that happens to you, your eye begins to see things that are in fact not there.

    ですから、人体に振動が伝わると実際には存在しないものが見えてくるようになります。

  • Swiss scientists have also been able to simulate a ghost in a lab.

    スイスの科学者も、実験室で幽霊をシミュレーションで作り出すことに成功しています。

  • They made a robot that mimics the movement of the subject's hands with a mechanical arm that touches your back, but with a slight delay.

    これは被験者の腕の動きをロボットアームで同じに真似て被験者の背中を触るものですが、若干の時間差ができるようにしています。

  • When you delay the movement, it creates an unmistakable sensation for subjects that there's a ghostly presence in the room.

    このように時間差ができると、間違いなく何か幽霊のような存在が部屋の中にいるという感覚に襲われます。

  • This time it really felt like I was playing with somebody, something.

    今回は、何か誰か、何かと遊んでいる感じがしました。

  • So it wasn't myself that was poking me in the back, but it was as if I was playing with an animal, a monkey, that was poking me in the back or something like that.

    だから、自分で背中を触っているのではなくて、まるで猿みたいな動物と遊んでいて、それが自分の背中を触っているとかそんな感じがしました。

  • While most ghost sightings can't be written off as a robot poking your back, this experiment does highlight how manipulating certain parts of your brain can produce what researcher Olaf Blanke calls misperceived self-representation which can easily be misconstrued as a ghostly presence.

    幽霊を見たという現象は単にロボットが背中を突っついているというということで片付けられませんが、脳の一部を意図的にコントロールすることで、この研究を行っているオラフ・ブランク氏が言うところの「誤解された自己表現」状態を作り出して、これが幽霊の存在感として捉えられることもあり得るのです。

  • Sometimes even just a person's state of consciousness can make them feel or see presences.

    場合によっては、意識の状況によってでも何かの存在を感じたり目撃したりすることがあります。

  • We can actually have people see ghosts, and those tend to be waking dreams that occur in the twilight between being fully asleep and fully awake.

    実際に幽霊を見ることもありますし、それは得てして完全に目が覚めている状態と完全に眠っている状態の合間の状態で発生する白日夢であることが多いです。

  • These kind of waking dreams can also be called sleep paralysis, which about 8 percent of people experience at some point in their lifetime.

    この手の白日夢は睡眠マヒとも呼ばれるもので、全体の 8 %の人が人生のどこかで経験すると言われています。

  • You feel like you're awake, but you're unable to move your body, and it's often accompanied by terrifying visuals like shadows, people, or even monsters, which, if you didn't know what was happening, would be easy to confuse for having seen a ghost.

    目が覚めている感覚があるものの、身体を動かすことはできず、影や人の姿、怪物などの恐ろしい視覚現象も同時に発生することがしばしばあり、自分に何が起きているのか理解できない人は幽霊を見ていると勘違いするのももっともな話です。

  • Another possible explanation for ghostly sightings is grief.

    幽霊的なものを見るということに対するもう一つの可能性としては、深い悲しみがあります。

  • One study found that up to 60 percent of people that lose a spouse claim to see or hear their dead loved ones.

    ある研究では、配偶者を亡くした人の 60 %ほどが、亡くなった夫や妻の声を聞いたり姿を見たと証言しています。

  • In his book about hallucinations, neurologist Oliver Sacks said that seeing the face of a deceased loved one can actually help you cope with your grief.

    幻覚に関する自身の著書のなかで、神経学者のオリバー・サックス氏は、亡くなった人の顔を見るというのは悲しみを乗り越えるための助けとなり得ると話します。

  • This sort of hallucination is not frightening, it's often very comforting.

    この手の幻覚は恐ろしいものではなくて、心休まるものであることが多いです。

  • It seems to be part of the mourning process.

    むしろ、悲しみを乗り越えるためのプロセスのように思えます。

  • And it really a sudden hole has been left in one's life, and this helps it to heal over.

    突然自分の心にぽっかり空いた穴を埋めるための助けになるというわけです。

  • There is no question that most of the paranormal promotes something very positive.

    ほとんどの超常現象は、とてもポジティブなつながりを持つというのは疑いの余地がありません。

  • There are a few exceptions, but all have to do with our hopes and our fears.

    中には例外もありますが、基本的にはどれも希望と恐れに関係するものです。

  • We're hopeful that ghosts exist because then we don't really die.

    幽霊がいて欲しいと思うのは、そうすれば人間というのは本当に死ぬことはないと思いたいからですし、

  • Our loved ones are not gone from us, they are real and alive.

    大切な人は闇のかなたに葬り去られたのではなくて、まだ自分の身の回りに生きて存在しているんだと思いたいわけです。

  • I remember when my grandmother died and how much I did not want that to be the case.

    私もおばあちゃんが亡くなった時に、心からそれを受け入れたくなかったのを覚えていますね。

  • But the ghost idea, the idea that we just get up out of our bodies and continue on, is powerful.

    でも、幽霊の概念、魂が肉体を離れてその後も生き続けるという考えには力があります。

  • Because who doesn't have an instance in which he or she would say, I just wish I could've told my mother this one thing.

    だって、誰でも「あぁ、お母さんにこの一言を掛けてあげればよかった」と思う場面があるじゃないですか。

  • Or I wish my father knew I wasn't really mad at him that time.

    もしくは、お父さんに「あの時は本当に怒っていたわけじゃないよ」って伝えたかった、とか。

  • So ghosts may not actually exist, but that doesn't mean that you might not see one.

    というわけで、幽霊は実在しないかもしれませんが、だからといって幽霊をこの目で見ることは無いのかというと、そうでもなさそうです。

If you believe the dead can return to haunt the living, you're not alone.

皆さんの中には、死者がこの世に戻ってきて生きている人を怖がらせると信じている人も多いと思います。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 幽霊 周波 現象 存在 証拠

どうして人々は幽霊を見たと思ってしまうのか?(Why people think they see ghosts)

  • 5122 208
    Vvn Chen に公開 2020 年 07 月 10 日
動画の中の単語