Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hey guys, welcome to my channel. My name is Marina, and I'm your English language teacher today.

    こんにちは、みなさん、私のチャンネルにようこそ。私の名前はマリーナです。そして、私は今日、あなたの英語の先生です。

  • I just remembered a problem when I had when I first came to an english-speaking country.

    英語圏に初めて来たときの問題を思い出しました。

  • So imagine you've been learning English for 10 years.

    あなたが10年間英語を学んでいると想像してみてください。

  • You come to a country where everybody speaks English, and you realize that they use the words that you've learned.

    誰もが英語を話す国に来て、学んだ言葉が使われていることに気付きます。

  • They use the same phrases, but somehow they pronounce them differently.

    同じフレーズを使います、しかし、どういうわけか発音が異なり、

  • And it's not about the way that they open their mouth or they intonate the phrase, but it's the way they connect the words.

    口の開き方や、あるいはフレーズに抑揚をつけます、しかし、これは言葉をつなぐ方法なのです。

  • Today, we're gonna practice, and we're going to learn how Americans pronounce words that we learn.

    今日、アメリカ人がどう発音するかを練習しましょう

  • So if you're interested in sounding like an American person.

    もしアメリカ人のように発音することに興味があるなら、

  • Please continue watching this video.

    この動画を見続けてくださいね。

  • You need to remember one thing: Americans, and people in general, are very lazy.

    アメリカ人や一般の人々がとても面倒くさがり屋であることを覚えておく必要があります。

  • They are trying to do everything to shorten the amount of work they have to do and that concerns the speech as well.

    彼らは、やらなければならない仕事の量とそれを減らすために、あらゆることをしようとしています

  • For example, I'm gonna talk about linking right now.

    会話に関することも同様です。例えば、

  • So when we have a couple of words that come one after another, sometimes we'll link them and we omit some of the sounds.

    今すぐリンキングについて話しましょう、2つの単語が次々に出てきたときに、それらをつなげることがありますそして、発音の一部は省略します。

  • For example when two same consonants are together, like this school, you don't say this school.

    例えば、2つの「this school」のように同じ発音が重なる場合です。「this school」と別々に発音しないですよね。

  • Hey I want to go to this school.

    ねえ学校に行きたい。

  • That sounds really weird. You say this school.

    この発音は変ですよね。「this school」と続けて言います。

  • It's like one S, but it's a little longer. This school.

    1つの「s」として、「this school」と少し長くなります。

  • On every teacher's edition in this school. Another phrase, really useful, good day.

    この学校(this school)ではすべての先生を追加します。もう1つのフレーズで「good day」は本当に役に立ちます。

  • You don't say good day.

    「good day」と別々に言いませんよね。

  • You say good day, so D here is a little longer. Practice it with me. Good day. Good day.

    「good day」と言って、「D」は少し長くします。一緒に練習してみましょう。「Good day」「Good day」

  • This is very American. The linking is also true to phrases when one word ends with a consonant and another starts with a vowel.

    とてもアメリカ人のような発音です。このつながりは、ある単語が子音で始まり、別の単語が母音で始まるという表現にも当てはまります。

  • For example, big elephant.

    例えば「big elephant」

  • You don't say big elephant. You say big elephant.

    「big elephant」を別々に言いませんよね。「big elephant」の2つの単語を続けて言います。

  • So it sounds just like one word and exactly if this can cause confusion in non-English native speakers.

    ですから、ちょうど1つの単語のように聞こえ、もしこれが英語を母語としない人たちに混乱を引き起こす可能性があるのであれば、まさに当てはまります。

  • But when you practice it, when you learn how Americans speak.

    しかし、練習するときは、アメリカ人の話し方を学びましょう。

  • It's gonna be easier for you to understand native speakers speech.

    ネイティブスピーカーの話し方を理解しやすくなります。

  • Another very American thing, in linking, is that when one word ends with T...

    単語のつながりにおけるもう1つの非常にネイティヴ的なことは、1つの単語が「T」で終わると、

  • Americans would convert it to D. For example, that orange. An American would sound that orange.

    アメリカ人はそれをDに変換するということです。例えば、「that orange」、アメリカ人は「that orange」と発音します。

  • You hear that?

    聞こえましたか?

  • That orange. That orange. So T actually converted to D.

    「That orange」「That orange」、「T」が実際に「D」に置き換えられてます。

  • Other examples of linking, a good boy, and here, this is very American.

    他のつながりの例として、良い少年が、ここにいて、とてもアメリカ人っぽくすると、

  • When you see a dog, and you like it, you say "Ah, such a good boy, when he's behaving well. Good boy, good boy.

    犬を見たときに、好きになって、「ああ、良い男の子みたいだ、彼がよく振る舞っているときに。良い子だ、良い子だ。

  • Di goes into your throat and then you concentrate on B. So good boy.

    「Di」がのどを通って、そのとき「B」の発音に集中します。「good boy」

  • So it's somewhere in your throat. I cannot even describe what you feel, but like if you were swallowing something. Good boy.

    のどのあたりですね。あなたが感じていることを説明することさえできません。何かを飲み込んでいるような感じです。「Good boy」

  • This is another way to omit a sound. The second thing that Americans do is called intrusion.

    これも音を省略する方法です。2つ目に、アメリカ人には侵入と呼ばれています。

  • Think of two words, one word ends with vowel, another word begins with vowels.

    2つの単語を考えてみてください、1つの単語は母音で終わり、もう1つの単語は母音で始まります。

  • For example, he asked. We don't say he asked, we say he asked.

    例えば「he asked」、「he」と「asked」を別々に発音しませんよね、「he asked」と続けて言います。

  • And, somehow, we insert a new sound, which is Y and something.

    つまり、新しい音、「Y」などを入れます。

  • Ya, he asked. And in some cases, would insert the wuh sound. For example, instead of saying do it, you would say do it, do it.

    「ya」、「he asked」。そして、他の場合、「W」という発音を入れます。例えば「do it」と言う代わりに、「dewit」と言います。

  • So there is a W sound, which somehow got into this phrase.

    「dewit」。よって、これらは「W」の発音です、これらをこの単語に入れます。

  • Other examples. Do it! do it!

    他の例として、「Do it, do it!」

  • Three apples.

    「Three apples」

  • Three apples.

    「Three apples」

  • It's like singing. Three apples. By the way, singing really helps with pronunciation, when you sing along with your favorite singer. Go out.

    歌うように。「threeyapples」ところで、好きな歌手と一緒に歌うと、発音にとても役に立ちます。「Go out」

  • You would actually say go out, together as one word.

    普通は「gowout」と言います、1つの単語として一緒に。

  • And there is a general rule, when to insert Y and when to insert W as a sound.

    そして「Y」と「W」の発音を入れるときに、一般的なルールがあります。

  • If the words and with iy, -ey, -ay, -oy, y, you insert Y.

    「iy, -ey, -ay, -oy, y」の発音が単語にある場合は、「Y」を入れます。

  • A good example of a sentence that combines both of these rules, intrusion rules, is, at the end of the movie, we'll all go out.

    これらのルールでつなげる文章の良い例として、侵入するルールです、映画が終われば、みんなで出かけます。「at the end」

  • At the end, there is a Y sound, of the movie we'll all go out.

    これには「Y」の発音があります。「of the movie」「we'll all go out」

  • Instead of go out, we say go out with an extra W sound.

    「go out」と別々に発音せずに、「W」の発音を加えて「gowut」と言います。

  • Number three, It's elision. And elision is when one sound just disappears. For example, next door, you would say next door.

    3番目に、省略です。省略は、発音の1つを消してしまいます。例えば「next door」は「nexdoor」と「t」を省略します。

  • So there is no T, It's just the D. Next door. Let's go next door.

    「T」をなくして、「D」だけになります。「nexdoor」、「Let's go next door」

  • Fourth is my favorite. And fourth is assimilation, and it's very, very, very American.

    4番目はお気に入りです。4番目は同化で、とてもとてもとてもアメリカ人みたいです。

  • Assimilation means when two sounds blend in together and they form a completely new sound.

    同化は2つの発音を一緒に交えて発音するときに、それらを全く新しい発音に変えるのです。

  • This often happens with T and J, which form chu together and with D and J, which form Ju together.

    「T」と「J」でよく起こり、「chu」という発音に変わり、「D」と「J」が「Ju」という発音に変わります。

  • Let's look at some examples, very American.

    いくつかの例を見てみましょう、とてもアメリカ人みたいですよ。

  • Don't you. don't ya. If you wanna go even more American, say don't ya.

    「Don't you, don't ya」、よりアメリカ人らしく言いたいなら、「don't ya」が良いでしょう。

  • And you remember the song, "Don't you wish your girlfriend was hot like me?" Don't ya.

    あの歌を思い出してみて、「君の彼氏が僕みたいにホットだったらいいでしょ?」「Don't ya」

  • Don't ya wish your girlfriend was hot like me. Don't ya wish your girlfriend was a freak like me. Don't ya.

    君の彼氏が僕みたいにホットだったらいいでしょ?君の彼氏が僕みたいに変わり者だったらいいでしょ?いいでしょ?

  • Want you. Won't you, won't ya.

    「Want you」「Won't you」「won't ya」

  • Meet you. So when you say, "it's nice to meet you." Again, If you want to sound British, you can just let it stay.

    「Meet you」、「it's nice to meet you」と、もう一度、もしイギリス人と思われたいなら、このままにしておいてください。

  • It's nice to meet you. You see? It's nice to meet you. Try and practice it with me.

    「It's nice to meet you」わかりますか?「It's nice to meet you」私と一緒に練習してみましょう。

  • It's nice to meet you.

    「It's nice to meet you」

  • So, it's a very common phrase, and you need to sound more like a native when you use it.

    ですから、それはとても一般的なフレーズで、使うときはもっとネイティブのように発音する必要があります。

  • Did you? Did you? I cannot even say did you because nobody says it.

    「Did you」「Did you」、誰も言ってないから「did」と「you」を別々に発音することさえできないわ。

  • Did you? Did you? Did you? Would you? would you?

    「Did you」「Did you」「Did you」「Would you」「Would you」

  • The last thing that Americans do is called germinates, and we've partly touched it in the first rule.

    アメリカ人が「芽を出す」と呼んでいる最後のことは、最初のルールで部分的に触れています。

  • So this is basically when one word adds one letter, and the second word begins with the same letter...

    これは基本的に1つの単語に1文字を追加し、2番目の単語が同じ文字で始まる場合です。

  • And you will connect them together, and they will just one word. Good day.

    それらをつなぎ合わせて、1つの単語にします。「Good day」

  • It basically sounds just like one word. Social life.

    基本的には1つの単語のように聞こえます。「Social life」

  • It's a long L. Social life, but sounds just like one words.

    「L」の発音が長いです。「Social life」、1つの単語のように聞こえますが。

  • Okay, these were the rules that would help you sound more like an American person and that would help you understand Americans.

    では、これらのルールは、アメリカ人のように発音できるようにして、アメリカ人を理解するのに役立つでしょう。

  • My homework to you is to write down a comment below with an American song or maybe Canadian song that you use to practice your English.

    あなたへの私の宿題は、アメリカの歌かそれとも、カナダの歌を下のコメントに書くことですあなたの英語の練習に使えるような。

  • So that maybe somebody who is still unaware of that song or is looking for songs to inspire them to learn English, would look through the list and select some songs.

    まだその歌を知らない人が、英語を学ぶきっかけになるような歌をいつも探しているのかもしれませんリストを見ていくつかの曲を選ぶことで。

  • So, write down below a song that helps you learn English.

    だから、英語を学ぶのに役立つ歌を下に書いてくださいね。

  • Thank you so much for watching this video up to the very end. There is a subscribe buttons down here.

    この動画を最後まで観てくれてありがとう、ここのボタンを押してチャンネル登録をしてね。

  • Please like this video if you want more videos about sounding like an American because this is something that I love doing in my life.

    もっと観たくなったら、goodボタンを押してくださいアメリカ人のように聞こえるような動画なら、これは私の人生で大好きなことです。

  • Because I moved to America, and I wanna sound more American, so that people don't get confused when I talk in some Russian accent or something else.

    私がアメリカに引っ越したのでアメリカ人のように、よりうまく発音できますよ。そうすれば、私が話したり、ロシア語のようなアクセントがあったりしても、混乱することはないでしょう。

  • Uh yeah, waiting for your likes, waiting for your comments, and I will see you in the next videos. Bye!

    goodボタンを押すのを待って、コメントを書くのを待って、次の動画で会うつもりだから。また次回に。じゃあね!

Hey guys, welcome to my channel. My name is Marina, and I'm your English language teacher today.

こんにちは、みなさん、私のチャンネルにようこそ。私の名前はマリーナです。そして、私は今日、あなたの英語の先生です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 発音 単語 アメリカ 省略 英語 ルール

ネイティブに通じる発音に近づく5つのコツ(5 TIPS TO SOUND LIKE A NATIVE SPEAKER)

  • 16439 700
    Quiet に公開 2019 年 10 月 26 日
動画の中の単語