Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The best way to explore a new world is to land on it.

    新しい世界を探索するためのベストな方法は、そこに着陸することです。

  • That's why humans have sent spacecrafts to the Moon, Venus, Mars, Saturn's moon Titan, and more.

    ですから、人間たちは宇宙探査機を月や金星、火星、土星の衛星であるタイタンなどに送ったのです。

  • But there are a few places in the solar system we will never understand as well as we'd like.

    しかし、太陽系の中には私たちが理解しようと思ってもできない場所がいくつかあります。

  • One of them is Jupiter.

    その 1 つが木星です。

  • Jupiter is made of mostly hydrogen and helium gas, so trying to land on it would be like trying to land on a cloud here on Earth.

    木星は主に水素とヘリウムガスでできているため、そこに着陸しようとするのは、地球上で言えば雲の上に着陸しようとするのと同じようなことです。

  • There's no outer crust to break your fall on Jupiter, just an endless stretch of atmosphere.

    木星には落下を防ぐような外部地殻がなく、ただ無限に大気が広がっているだけなのです。

  • The big question then is: Could you fall through one end of Jupiter and out the other?

    ここに一つ大きな疑問があります。一方の端から木星に入り、もう一方の端まで通過することはできるのでしょうか?

  • Turns out, you wouldn't even make it halfway.

    実は、途中まで行くのさえ無理なんです。

  • First things first, Jupiter's atmosphere has no oxygen, so make sure you bring plenty with you to breathe.

    まずそもそも、木星の大気には酸素が含まれていません。ですから、十分呼吸ができるようにたくさん(酸素ボンベなどを)持って行くことが必要です。

  • The next problem is the scorching temperatures, so pack an air conditioner.

    次の問題は、焦げ付くように暑い気温です。ですからエアコンも必要ですね。

  • Now, you're ready for a journey of epic proportions.

    これで、壮大なスケールの旅の準備ができましたね。

  • For scale, here's how many Earths you could stack from Jupiter's center.

    木星のサイズを知るために、ここに木星の中心から地球をいくつ並べられるかをご紹介しておきます。

  • As you enter the top of the atmosphere, you're traveling at 110,000 miles per hour under the pull of Jupiter's gravity.

    木星の大気圏に入ったら、木星の重力の影響を受け、時速 11 万マイル(約 18 万 km)の速さで移動することになります。

  • But brace yourself.

    しかし、しっかり自分を支えてください。

  • You'll quickly hit the denser atmosphere below, which will hit you like a wall.

    すぐに密度の高い大気にぶつかることになります。それは、壁のようにぶつかってきます。

  • It won't be enough to stop you, though.

    しかし、それはあなたを止めるには十分ではありません。

  • After about 3 minutes, you'll reach the cloud tops 155 miles down.

    3 分後には、155 マイル(約 250 km)下の雲の上にたどり着きます。

  • Here, you'll experience the full brunt of Jupiter's rotation.

    ここでは、木星の自転の影響を真っ向から受け止めることになります。

  • Jupiter is actually the fastest rotating planet in our solar system.

    木星はこの太陽系において、一番速く自転している惑星です。

  • One day lasts about 9 and a half Earth hours.

    木星の 1 日は、地球で言う 9 時間半程度で終わります。

  • This creates powerful winds that can whip around the planet at more than 300 miles per hour.

    これにより時速 300 マイル(約 483 km)の惑星内をうねるような強風が発生します。

  • About 75 miles below the clouds, you reach the limit of human exploration.

    雲から 75 マイル(約 120 km)下に着くと、人間の探査の限界に達します。

  • Galileo probe made it this far when it dove into Jupiter's atmosphere in 1995.

    木星探査機ガリレオは 1995 年に木星の大気に潜り込んだとき、ここまでたどり着きました。

  • It only lasted 58 minutes before losing contact and was eventually destroyed by the crushing pressure.

    通信が途絶えるまで 58 分ほどしかかからず、探査機はそのうち木星の圧縮圧によって破壊されました。

  • Down here, the pressure is nearly 100 times what it is on Earth's surface, and you won't be able to see anything,

    そこでは、地球上の 100 倍近く気圧が高く、何も見ることができません。

  • so you'll have to rely on instruments to explore your surroundings.

    ですから、周囲の探索は道具に頼るしかありません。

  • By 430 miles down, the pressure is 1,150 times higher.

    そして 430 マイル(約 692 km)降下すると、気圧は 1,150 倍にもなります。

  • You might be able to survive down here if you were in a spacecraft built like the Trieste submarine, the deepest-diving submarine on Earth.

    地球で最も深く潜る潜水艦である「トリエステ潜水艦」のような宇宙船に乗っていれば、ここまで生き延びることができるかもしれません。

  • Any deeper and the pressure and the temperature will be too great for the spacecraft to endure.

    それ以上深く、気圧や気温が高いところへ行くと、探査機が持ちません。

  • However, let's say that you could find a way to descend even further.

    しかし、ここではさらに深く降下できる方法を見つけたとしましょう。

  • You will uncover some of Jupiter's grandest mysteries.

    あなたは木星の壮大なミステリーを解明することができるでしょう。

  • But sadly, you'll have no way to tell anyone.

    しかし残念ながら、それを誰かに伝えることはできません。

  • Jupiter's deep atmosphere absorbs radio waves, so you'd be shut off from the outside world, unable to communicate.

    木星の深いエリアの大気は電波を吸収するため、外界から遮断され通信ができません。

  • Once you've reached 2,500 miles down, the temperature is 6,100 degrees Fahrenheit.

    2,500 マイル( 4 千 km 超)下まで行くと、気温は華氏 6,100 度(摂氏 3,370 度)です。

  • That's hot enough to melt tungsten, the metal with the highest melting point in the universe.

    これは、宇宙で最も融点の高い金属である「タングステン」を溶かすのに十分なほど高温です。

  • At this point, you will have been falling for at least 12 hours, and you won't even be halfway through.

    ここに来るまで 12 時間ほど降下をしていますが、まだ半分も来ていないのです。

  • At 13,000 miles down, you'll reach Jupiter's innermost layer.

    13,000 マイル(約 21,000 km)降下すると、木星の最も内側の層に到達します。

  • Here, the pressure is two million times stronger than that of Earth's surface, and the temperature is hotter than the surface of the Sun.

    ここでの気圧は、地球上の二百万倍。そして気温は太陽の表面よりも高いんです。

  • These conditions are so extreme that they change the chemistry of hydrogen around you.

    こうした非常に厳しい環境は、周囲の水素に化学変化をもたらします。

  • Hydrogen molecules are forced so close together that their electrons break loose, forming an unusual substance called metallic hydrogen.

    水素分子たちが非常に近いため、電子がバラバラになり、金属水素と呼ばれる異常な物質を形成します。

  • Metallic hydrogen is highly reflective.

    金属水素は反射率が高いです。

  • So if you tried using lights to see down there, it would be impossible, and it's as dense as a rock.

    ですから、ライトを使って周囲を見ようと思っても不可能です。そして金属水素はまるで岩のように密度が高いのです。

  • So, as you travel deeper, the buoyancy force from the metallic hydrogen counteracts gravity's downward pull.

    ですから、さらに深く降下すると、金属水素の浮力が重力の下向きの力を打ち消します。

  • Eventually, that buoyancy will shoot you back up until gravity pulls you right back down, sort of like a yo-yo.

    そして、重力が引っ張り下ろすまで、浮力があなたを上に押し戻し、ヨーヨーのような状態になります。

  • And when those two forces equal, you'll be left free-floating in mid-Jupiter, unable to move up or down, and no way of escape.

    そしてこの 2 つの力が均等な場合、木星の中心周辺で浮いた状態になり、上にも下にも行けません。脱出する方法もないのです。

  • Suffice it to say, trying to land on Jupiter is a bad idea.

    言うまでもなく、木星に着陸しようなんて良い考えではありません。

  • We may never see what's beneath those majestic clouds.

    私たちは、その雄大な雲の下に何があるかを見ることはできないかもしれません。

  • But we can still study and admire this mysterious planet from afar.

    しかし、私たちはこのミステリアスな惑星について、遠くから研究し憧れることはできるのです。

The best way to explore a new world is to land on it.

新しい世界を探索するためのベストな方法は、そこに着陸することです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 木星 水素 km 探査 大気 降下

木星に関する驚異的事実|もし木星に着陸しようとしたらどうなる?

  • 4591 225
    Huahua に公開 2020 年 10 月 29 日
動画の中の単語