Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There's so many of you.

    沢山の人がいますね。

  • When I was a kid,

    私が子供の頃

  • I hid my heart under the bed, because my mother said,

    母に言われたので、ベッドの下に心を隠しました。

  • "If you're not careful, someday someone's going to break it."

    "油断していると、いつか誰かに壊される"

  • Take it from me. Under the bed is not a good hiding spot.

    私から奪ってください。ベッドの下は隠れ場所にはならない。

  • I know because I've been shot down so many times

    何度も撃ち落とされたから知っている

  • I get altitude sickness just from standing up for myself.

    自分のために立っているだけで高山病になってしまう。

  • But that's what we were told.

    でも、そう言われていました。

  • Stand up for yourself.

    自分のために立ち上がる。

  • And that's hard to do if you don't know who you are.

    そして、それは自分が誰かわからないと難しい。

  • We were expected to define ourselves at such an early age,

    そんな若さで自分を定義することを期待されていました。

  • and if we didn't do it, others did it for us.

    自分たちがやらなくても、他の人がやってくれていた。

  • Geek. Fatty. Slut. Fag.

    オタク。デブ。尻軽女ホモ

  • And at the same time we were being told what we were,

    そして同時に、私たちは自分たちが何者であるかを言われていました。

  • we were being asked,

    と聞かれていました。

  • "What do you want to be when you grow up?"

    "大人になったら何になりたい?"

  • I always thought that was an unfair question.

    不公平な質問だといつも思っていました。

  • It presupposes that we can't be what we already are.

    それは、私たちがすでにあるものになることができないことを前提としています。

  • We were kids.

    私たちは子供だった

  • When I was a kid, I wanted to be a man.

    子供の頃は男になりたいと思っていました。

  • I wanted a registered retirement savings plan

    登録型の退職金制度が欲しかった

  • that would keep me in candy long enough to make old age sweet.

    それは老後を甘くするための飴の中に長くいることになる。

  • When I was a kid, I wanted to shave.

    子供の頃は髭を剃りたいと思っていました。

  • Now, not so much.

    今はそうでもない。

  • When I was eight, I wanted to be a marine biologist.

    8歳の時、私は海洋生物学者になりたいと思っていました。

  • When I was nine, I saw the movie "Jaws,"

    9歳の時、映画「ジョーズ」を見ました。

  • and thought to myself, "No, thank you."

    と思って、"いや、結構です "と思った。

  • And when I was 10, I was told that my parents left because they didn't want me.

    そして10歳の時に「親が嫌がって出て行った」と言われました。

  • When I was 11, I wanted to be left alone.

    11歳の時、一人になりたいと思っていました。

  • When I was 12, I wanted to die. When I was 13, I wanted to kill a kid.

    12歳の時、死にたいと思った。13歳の時は子供を殺したかった

  • When I was 14, I was asked to seriously consider a career path.

    14歳の時、真剣に進路を考えてほしいと言われました。

  • I said, "I'd like to be a writer."

    "作家になりたい "って言ったんです。

  • And they said, "Choose something realistic."

    そして、"現実的なものを選べ "と言われました。

  • So I said, "Professional wrestler."

    だから "プロレスラー "と言ったんだ

  • And they said, "Don't be stupid."

    そして、"バカにするな "と言われました。

  • See, they asked me what I wanted to be,

    何になりたいか聞かれたんだ

  • then told me what not to be.

    そして、何をしてはいけないかを教えてくれた。

  • And I wasn't the only one.

    そして、私だけではありませんでした。

  • We were being told that we somehow must become

    どうにかしてこうにかならないといけないと言われていました。

  • what we are not, sacrificing what we are

    己を犠牲にして己を犠牲にして己を犠牲にして己を犠牲にする

  • to inherit the masquerade of what we will be.

    私たちが何者になるかという仮面を受け継ぐために

  • I was being told to accept the identity

    アイデンティティを受け入れろと言われていた

  • that others will give me.

    他の人が私に与えてくれる

  • And I wondered, what made my dreams so easy to dismiss?

    そして、不思議に思ったのですが、私の夢を簡単に否定してしまうのはなぜなのでしょうか?

  • Granted, my dreams are shy,

    グレーテッド、私の夢は恥ずかしがり屋です。

  • because they're Canadian. (Laughter)

    なぜなら彼らはカナダ人だからです(笑)

  • My dreams are self-conscious and overly apologetic.

    私の夢は自意識過剰で謝りすぎです。

  • They're standing alone at the high school dance,

    高校のダンスで一人で立っている。

  • and they've never been kissed.

    キスもされたことがない

  • See, my dreams got called names too.

    私の夢にも名前が出てきた

  • Silly. Foolish. Impossible.

    愚かな愚かなありえない

  • But I kept dreaming.

    でも、私は夢を見続けた。

  • I was going to be a wrestler. I had it all figured out.

    レスラーになろうとしていた。全部わかっていた。

  • I was going to be The Garbage Man.

    ゴミ男になろうとしていました。

  • My finishing move was going to be The Trash Compactor.

    私の仕上げの一手は、ゴミ圧縮機になりそうだった。

  • My saying was going to be, "I'm taking out the trash!"

    私の言いたいことは "ゴミを出す!"ってことだ

  • (Laughter) (Applause)

    笑)(拍手

  • And then this guy, Duke "The Dumpster" Droese,

    そしてこの男はデューク "ダンプスター "ドリースだ

  • stole my entire shtick.

    俺の全てを盗んだんだ

  • I was crushed, as if by a trash compactor.

    まるでゴミ圧縮機に押しつぶされたかのように。

  • I thought to myself, "What now? Where do I turn?"

    心の中で思ったんだ "どうする?どこに向かえばいい?"

  • Poetry.

    詩です。

  • Like a boomerang, the thing I loved came back to me.

    ブーメランのように、大好きだったものが自分に返ってきた。

  • One of the first lines of poetry I can remember writing

    最初に書いた詩の一行を覚えている

  • was in response to a world that demanded I hate myself.

    は、自分を憎むことを要求する世界に対応したものでした。

  • From age 15 to 18, I hated myself

    15歳から18歳まで自分が嫌いだった

  • for becoming the thing that I loathed: a bully.

    私が嫌っていたいじめっ子になってしまったからだ

  • When I was 19, I wrote,

    19歳の時に書きました。

  • "I will love myself despite the ease with which

    "私は自分を愛しています

  • I lean toward the opposite."

    "私は反対に傾いている"

  • Standing up for yourself doesn't have to mean

    自分のために立ち上がることは

  • embracing violence.

    暴力を受け入れる

  • When I was a kid,

    私が子供の頃

  • I traded in homework assignments for friendship,

    友情のために宿題を交換しました。

  • then gave each friend a late slip for never showing up on time,

    そして、時間通りに来ないことを理由に、それぞれの友人に遅刻の伝票を渡しました。

  • and in most cases not at all.

    と、ほとんどの場合は全くありません。

  • I gave myself a hall pass to get through each broken promise.

    私は約束が破られるたびに、ホールパスを自分に渡していた。

  • And I remember this plan, born out of frustration

    悔しさから生まれたこの計画を覚えています

  • from a kid who kept calling me "Yogi,"

    "ヨギ "と呼び続けた子供から

  • then pointed at my tummy and said, "Too many picnic baskets."

    私のお腹を指差して言ったの "ピクニックバスケットが多すぎる "って

  • Turns out it's not that hard to trick someone,

    誰かを騙すのは そんなに難しくないと分かった

  • and one day before class, I said,

    とある日の授業前に言った。

  • "Yeah, you can copy my homework,"

    "うん、宿題をコピーしていいよ"

  • and I gave him all the wrong answers

    私は彼にすべての間違った答えを与えた

  • that I'd written down the night before.

    前日の夜に書き留めておいたものを

  • He got his paper back expecting a near-perfect score,

    彼はほぼ満点に近い点数を期待して紙を取り返した。

  • and couldn't believe it when he looked across the room at me and held up a zero.

    彼が部屋の向こうの私を見てゼロを掲げた時は、信じられなかった。

  • I knew I didn't have to hold up my paper of 28 out of 30,

    やっぱり、30人中28人の紙を持ち上げる必要はないと思った。

  • but my satisfaction was complete when he looked at me, puzzled,

    しかし、彼が困惑して私を見たとき、私の満足感は完全に満たされました。

  • and I thought to myself, "Smarter than the average bear, motherfucker."

    "平均的な熊より賢い "と思ったんだ

  • (Laughter) (Applause)

    笑)(拍手

  • This is who I am.

    これが私の正体です。

  • This is how I stand up for myself.

    こうやって自分のために立ち上がる。

  • When I was a kid,

    私が子供の頃

  • I used to think that pork chops and karate chops were the same thing.

    ポークチョップと空手チョップは同じものだと思っていました。

  • I thought they were both pork chops.

    どっちもポークチョップじゃないの?

  • And because my grandmother thought it was cute,

    そして、祖母がかわいいと思ったからです。

  • and because they were my favorite, she let me keep doing it.

    とお気に入りだったので、続けさせてくれました。

  • Not really a big deal.

    大したことではない

  • One day, before I realized fat kids are not designed to climb trees,

    ある日、太った子供は木に登るように設計されていないと気づく前に

  • I fell out of a tree and bruised the right side of my body.

    木から落ちて右脇腹を打撲してしまいました。

  • I didn't want to tell my grandmother about it

    祖母には言いたくなかった

  • because I was scared I'd get in trouble for playing somewhere I shouldn't have been.

    いけないところで遊んでトラブルになるのが怖かったから。

  • A few days later, the gym teacher noticed the bruise,

    数日後、体育館の先生がアザに気づいた。

  • and I got sent to the principal's office.

    と校長室に送られてきました。

  • From there, I was sent to another small room

    そこから別の小部屋に通されて

  • with a really nice lady who asked me all kinds of questions about my life at home.

    本当に素敵な女性と一緒に、家での生活について色々と質問してくれました。

  • I saw no reason to lie.

    嘘をつく理由がないと思った。

  • As far as I was concerned, life was pretty good.

    私が見た限りでは、生活はかなり充実していました。

  • I told her, whenever I'm sad, my grandmother gives me karate chops.

    悲しい時は祖母が空手のチョップをくれると言っていました。

  • (Laughter)

    (笑)

  • This led to a full-scale investigation,

    これをきっかけに本格的な調査が行われることになった。

  • and I was removed from the house for three days,

    と言われ、3日間家から追い出されました。

  • until they finally decided to ask how I got the bruises.

    最終的にどうやってアザを作ったのかを 聞くことにしました

  • News of this silly little story quickly spread through the school,

    このくだらない話のニュースは瞬く間に学校中に広まった。

  • and I earned my first nickname:

    と初めてのあだ名をつけました。

  • Porkchop.

    ポークチョップ。

  • To this day, I hate pork chops.

    今日までポークチョップは嫌いです。

  • I'm not the only kid who grew up this way,

    こんな風に育ったのは俺だけじゃないはずだ。

  • surrounded by people who used to say that rhyme

    韻を踏んだ人に囲まれて

  • about sticks and stones,

    棒と石について

  • as if broken bones hurt more than the names we got called,

    まるで骨折したことの方が名前を呼ばれるよりも痛いかのように

  • and we got called them all.

    そして、私たちはそれらのすべてを呼ばれました。

  • So we grew up believing no one would ever fall in love with us,

    だから私たちは、誰も私たちに恋をしないと信じて育ったのです。

  • that we'd be lonely forever,

    いつまでも寂しい思いをしていると

  • that we'd never meet someone to make us feel like the sun

    おひさまのように感じられる人には出会えない

  • was something they built for us in their toolshed.

    道具小屋で作ってくれたものだよ

  • So broken heartstrings bled the blues, and we tried to empty ourselves so we'd feel nothing.

    壊れた心の糸がブルースを吹き飛ばして、何も感じないように自分自身を空っぽにしようとした。

  • Don't tell me that hurt less than a broken bone,

    骨折より痛いなんて言うなよ

  • that an ingrown life is something surgeons can cut away,

    冠婚葬祭は外科医が切り取るものだと。

  • that there's no way for it to metastasize; it does.

    転移する方法がないのではなく、転移するのです。

  • She was eight years old,

    彼女は8歳だった。

  • our first day of grade three when she got called ugly.

    小学3年生の最初の日に ブスと呼ばれたのは

  • We both got moved to the back of class

    二人ともクラスの後ろに移動させられた

  • so we would stop getting bombarded by spitballs.

    そうすれば、唾液を浴びるのを 止めることができる。

  • But the school halls were a battleground.

    しかし、学校のホールは戦場だった。

  • We found ourselves outnumbered day after wretched day.

    惨めな日が続いた後、私たちは数で負けていることに気がついた。

  • We used to stay inside for recess, because outside was worse.

    休み時間は中にいたわ 外の方が悪かったからね

  • Outside, we'd have to rehearse running away,

    外では、逃げるリハーサルをしなければならない。

  • or learn to stay still like statues, giving no clues that we were there.

    像のようにじっとしていても、そこにいることの手がかりを与えない。

  • In grade five, they taped a sign to the front of her desk

    5年生の時には机の前にサインを貼っていました

  • that read, "Beware of dog."

    "犬にご用心 "と書いてあった

  • To this day, despite a loving husband, she doesn't think she's beautiful

    今日まで、夫に愛されているにもかかわらず、彼女は自分が美しいとは思っていません。

  • because of a birthmark that takes up a little less than half her face.

    顔の半分以下を占めるアザのせいで

  • Kids used to say, "She looks like a wrong answer

    子供たちは「彼女は間違った答えに見える」と言っていました

  • that someone tried to erase, but couldn't quite get the job done."

    "誰かが消そうとしたが、仕事ができなかった"

  • And they'll never understand that she's raising two kids

    二人の子供を育てていることを 理解してもらえないだろうし

  • whose definition of beauty begins with the word "Mom,"

    美の定義は「ママ」から始まる

  • because they see her heart before they see her skin,

    肌を見る前に彼女の心を見てしまうからだ。

  • because she's only ever always been amazing.

    彼女は今までになく素晴らしい人だから。

  • He was a broken branch grafted onto a different family tree,

    別の家系図に接ぎ木された折れ枝だった。

  • adopted,

    採択されました。

  • not because his parents opted for a different destiny.

    彼の両親が別の運命を選んだからではありません。

  • He was three when he became a mixed drink

    3歳の時にミックスドリンクになって

  • of one part left alone and two parts tragedy,

    1部の放置と2部の悲劇。

  • started therapy in eighth grade,

    中学2年生の時にセラピーを始めました。

  • had a personality made up of tests and pills,

    性格はテストと薬で構成されていました。

  • lived like the uphills were mountains and the downhills were cliffs,

    上り坂は山、下り坂は崖のように生きていました。

  • four fifths suicidal, a tidal wave of antidepressants,

    5分の4の自殺、抗うつ剤の潮目。

  • and an adolescence being called "Popper,"

    と呼ばれている青春時代。

  • one part because of the pills,

    1つは薬のせいだ

  • 99 parts because of the cruelty.

    残酷なので99部。

  • He tried to kill himself in grade 10

    10年生の時に自殺しようとした

  • when a kid who could still go home to Mom and Dad

    まだパパとママのところに帰れた子供が

  • had the audacity to tell him, "Get over it."

    "乗り越えるんだ "と言っていました

  • As if depression is something that could be remedied

    うつ病が治るものであるかのように

  • by any of the contents found in a first aid kit.

    救急箱に入っていた内容のどれかによって

  • To this day, he is a stick of TNT lit from both ends,

    今日に至るまで、彼は両端から火のついたTNTの棒である。

  • could describe to you in detail the way the sky bends

    空の曲がり方を細かく描写できる

  • in the moment before it's about to fall,

    落ちそうになる前の瞬間に

  • and despite an army of friends who all call him an inspiration,

    そして、彼をインスピレーションと呼ぶ友人たちの軍勢にもかかわらず。

  • he remains a conversation piece between people who can't understand

    理解できない人たちの会話のピースになっている

  • sometimes being drug-free has less to do with addiction

    禁酒は中毒よりも中毒の方がまし

  • and more to do with sanity.

    正気を保つために

  • We weren't the only kids who grew up this way.

    こんな風に育ったのは俺たちだけじゃない

  • To this day, kids are still being called names.

    今日に至るまで、子供たちは名前を呼ばれ続けています。

  • The classics were, "Hey stupid," "Hey spaz."

    古典は "ヘイバカ" "ヘイスパズ"

  • Seems like every school has an arsenal of names

    どこの学校にも名前の武器庫があるようだ

  • getting updated every year,

    毎年更新されている

  • and if a kid breaks in a school and no one around chooses to hear,

    と、子供が学校に割って入ってきて、周りが誰も選ばずに聞いていたら

  • do they make a sound?

    音がするのか?

  • Are they just background noise from a soundtrack stuck

    彼らはただのサウンドトラックが立ち往生しているからバックグラウンドノイズですか?

  • on repeat when people say things like, "Kids can be cruel."

    "子供は残酷だ "と言われてもね

  • Every school was a big top circus tent,

    どの学校も大きなトップのサーカステントでした。

  • and the pecking order went from acrobats to lion tamers,

    と、序列は曲芸師からライオンタンパーになっていきました。

  • from clowns to carnies, all of these miles ahead of who we were.

    ピエロからカーニバルまで 私達より数マイル先を行っていました

  • We were freaks -- lobster claw boys and bearded ladies,

    ロブスターの爪の少年とあごひげを生やした女性。

  • oddities juggling depression and loneliness,

    うつ病と孤独のジャグリングをする奇人たち。

  • playing solitaire, spin the bottle,

    ソリティアをして、ボトルを回転させる。

  • trying to kiss the wounded parts of ourselves and heal,

    自分の傷ついた部分にキスをして癒やそうとしています。

  • but at night, while the others slept,

    が、夜は他の人が寝ている間に

  • we kept walking the tightrope.

    綱渡りを続けた

  • It was practice, and yes, some of us fell.

    練習だったし、そう、何人かは転んだ。

  • But I want to tell them that all of this

    しかし、私は彼らに伝えたいのは、このすべてのことを

  • is just debris left over when we finally decide to smash

    は、最終的には

  • all the things we thought we used to be,

    昔の自分たちが思っていたすべてのことを

  • and if you can't see anything beautiful about yourself,

    と、自分の美しい姿が見えなくなってしまったら

  • get a better mirror, look a little closer, stare a little longer,

    鏡を良くして、もう少し近くで見て、もう少し長く見つめる。

  • because there's something inside you that made you keep trying

    自分の中に何かがあるから頑張ろうとする

  • despite everyone who told you to quit.

    みんなが辞めろと言ったにもかかわらず

  • You built a cast around your broken heart and signed it yourself.

    失恋した心の周りにキャストを作って、自分でサインしたんだな。

  • You signed it, "They were wrong."

    "彼らは間違っていた "とサインした

  • Because maybe you didn't belong to a group or a clique.

    集団や徒党に属していなかったのかもしれませんから。

  • Maybe they decided to pick you last for basketball or everything.

    バスケのために最後に選んだんじゃないの?

  • Maybe you used to bring bruises and broken teeth to show-and-tell, but never told,

    もしかしたら、昔はショー&トークにアザや折れた歯を持ってきていたのかもしれませんが、言わなかったのかもしれません。

  • because how can you hold your ground

    踏ん張りどころがないから

  • if everyone around you wants to bury you beneath it?

    周りの人がその下に埋もれたいと思ったら?

  • You have to believe that they were wrong.

    彼らが間違っていたと信じるしかない。

  • They have to be wrong.

    彼らは間違っているはずだ

  • Why else would we still be here?

    そうでなければなぜまだここにいるのか?

  • We grew up learning to cheer on the underdog

    負け犬を応援することを学んで育ちました

  • because we see ourselves in them.

    私たちは彼らの中に自分自身を見ているからです。

  • We stem from a root planted in the belief

    私たちは、信念の中に植えられた根を幹にしています。

  • that we are not what we were called.

    私たちが呼ばれていたものではないことを

  • We are not abandoned cars stalled out

    私たちは廃車ではありません

  • and sitting empty on some highway,

    そして、どこかの高速道路で空っぽになっている。

  • and if in some way we are, don't worry.

    と、何かの形で私たちがそうであったとしても、心配しないでください。

  • We only got out to walk and get gas.

    歩いてガソリンを取るためだけに出てきました。

  • We are graduating members from the class of We Made It,

    We Made Itのクラスを卒業するメンバーです。

  • not the faded echoes of voices crying out,

    叫ぶ声の色あせた反響ではなく

  • "Names will never hurt me."

    "名前は私を傷つけない"

  • Of course they did.

    もちろん、彼らはそうしました。

  • But our lives will only ever always

    しかし、私たちの生活は常に

  • continue to be a balancing act

    懸かり合う

  • that has less to do with pain

    痛みを伴わない

  • and more to do with beauty.

    美しさの方が大事だと思います。

  • (Applause)

    (拍手)

There's so many of you.

沢山の人がいますね。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 子供 チョップ アザ 祖母 ゴミ

TED】シェーン・コイチャン:「今日という日に」...いじめられっ子で美しい人のために

  • 754 35
    VoiceTube に公開 2020 年 08 月 06 日