Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • We're holding hands,

    翻訳: Yumi Urushihara 校正: Shoko Takaki

  • staring at the door.

    私達は手を取り合って

  • My siblings and I were waiting for my mother to come back

    ドアを見つめていました

  • from the hospital.

    私は兄弟と 母が病院から戻るのを

  • She was there because my grandmother had cancer surgery that day.

    待っていたのです

  • Finally, the doors opened,

    その日は 祖母の 癌の手術日だったからです

  • and she said,

    ようやく 玄関の扉が開き

  • "She's gone.

    母は言いました

  • She's gone."

    「亡くなったわ

  • She started sobbing and immediately said,

    おばあちゃんは もういないのよ」

  • "We must make arrangements.

    母はすすり泣き すぐに言いました

  • Your grandmother's dying wish was to be buried back home in Korea."

    「準備しなきゃ

  • I was barely 12 years old, and when the shock wore off,

    おばあちゃんは 最期まで祖国 韓国の墓に入りたいと言っていたわ」

  • my mother's words were ringing in my ears.

    私はまだ12歳で ショックが収まった頃

  • My grandmother wanted to be buried back home.

    母の言葉が 耳に鳴り響いていました

  • We had moved from Korea to Argentina six years prior,

    祖母は 祖国の墓に 入ることを望んだのだ

  • without knowing any Spanish, or how we were going to make a living.

    私達が 韓国からアルゼンチンに 引っ越したのは その6年前のことでした

  • And upon arrival, we were immigrants who had lost everything,

    スペイン語も全く話せず 生計を立てる方法も知らずに

  • so we had to work really hard to rebuild our lives.

    到着するとすぐ 私達は全てを失った 移民となったので

  • So it hadn't occurred to me that after all these years,

    生活を立て直すために 本当に 必死で働かねばなりませんでした

  • back home was still in Korea.

    そうやって 何年か過ごした後だったので

  • It made me ponder where I would want to be buried someday,

    私の祖国が まだ韓国のままだとは 感じられなかったのです

  • where home was for me,

    そこで将来 私はどこの墓に入りたいか 考えてみました

  • and the answer was not obvious.

    私にとっての祖国はどこなのか

  • And this really bothered me.

    その答えはすぐには分からず

  • So this episode launched a lifelong quest for my identity.

    思い悩みました

  • I was born in Korea -- the land of kimchi;

    これがアイデンティティを探す 私の生涯にわたる旅の始まりでした

  • raised in Argentina,

    私はキムチの国 韓国で生まれ

  • where I ate so much steak that I'm probably 80 percent cow by now;

    アルゼンチンで育ちました

  • and I was educated in the US,

    そこで ステーキをたくさん食べたので 今 私の身体の80%は きっと牛です

  • where I became addicted to peanut butter.

    そして アメリカで教育を受け

  • (Laughter)

    そこでは ピーナツバターに はまりました

  • During my childhood, I felt very much Argentinian,

    (笑)

  • but my looks betrayed me at times.

    子供の頃 自分は アルゼンチン人だと 強く感じていました

  • I remember on the first day of middle school,

    しかし時々 外見のせいで そうでないことに気づきました

  • my Spanish literature teacher came into the room.

    中学校に入学した 初日のことを覚えています

  • She scanned all of my classmates,

    スペイン文学の先生が 部屋に入ってきて

  • and she said,

    クラスの生徒を見回し

  • "You -- you have to get a tutor,

    言いました

  • otherwise, you won't pass this class."

    「あなた―あなたには 家庭教師が必要ね

  • But by then I was fluent in Spanish already,

    そうしないと 落ちこぼれてしまうわ」

  • so it felt as though I could be either Korean or Argentinian,

    しかし その頃には 既にスペイン語を流暢に話せていました

  • but not both.

    その時思いました 自分は韓国人か アルゼンチン人のどちらかにはなれるけれど

  • It felt like a zero-sum game,

    その両方にはなれないのだと―

  • where I had to give up my old identity

    それはまるで ゼロサムゲームのようで

  • to be able to gain or earn a new one.

    新しいアイデンティティを 手に入れるには

  • So when I was 18, I decided to go to Korea,

    古いアイデンティティを捨てる 必要があると感じました

  • hoping that finally I could find a place to call home.

    18歳の頃 韓国に行くことを決めました

  • But there people asked me,

    ようやく 祖国と呼べる場所を 見つけられると期待したのです

  • "Why do you speak Korean with a Spanish accent?"

    しかし そこで訊かれたのはこれです

  • (Laughter)

    「なぜスペイン語訛りの 韓国語を話すの?」

  • And, "You must be Japanese because of your big eyes

    (笑)

  • and your foreign body language."

    また「目が大きくて 外国人のようなボディランゲージをするから

  • And so it turns out that I was too Korean to be Argentinian,

    日本人に違いない」と

  • but too Argentinian to be Korean.

    つまり私は アルゼンチン人にしては 韓国人らし過ぎるし

  • And this was a pivotal realization to me.

    韓国人にしては アルゼンチン人らし過ぎるのです

  • I had failed to find that place in the world to call home.

    私にとって これは かなり重要な発見でした

  • But how many Japanese-looking Koreans who speak with a Spanish accent --

    世界で 祖国と呼べる場所を 見つけることは出来ませんでした

  • or even more specific, Argentinian accent --

    しかし 日本人のような外見の韓国人が スペイン語のアクセントで―

  • do you think are out there?

    より具体的には アルゼンチンのアクセントで

  • Perhaps this could be an advantage.

    韓国語を話す人がどれくらいいると 思いますか?

  • It was easy for me to stand out,

    おそらくこれは 私の武器になるでしょう

  • which couldn't hurt in a world that was rapidly changing,

    私は目立ちやすかったのです

  • where skills could become obsolete overnight.

    自分のスキルが 一夜にして 時代遅れとなることもある

  • So I stopped looking for that 100 percent commonality

    目まぐるしく変わる世界において それは長所になります

  • with the people that I met.

    だから私は 出会った人に 100%の共通項をさがすのをやめました

  • Instead, I realized that oftentimes, I was the only overlap

    その代わりに 頻繁に 争っているグループの間で

  • between groups of people that were usually in conflict with each other.

    私が唯一の共通項になることが よくあると気付きました

  • So with this realization in mind,

    そのことを頭におきながら

  • I decided to embrace all of the different versions of myself --

    私は自分の中の異なる部分を 全て愛そうと決めました

  • even allow myself to reinvent myself at times.

    時には 新しい自分になっていくのに 身を任せました

  • So for example, in high school,

    例えば 高校では

  • I have to confess I was a mega-nerd.

    実は大のガリ勉でした

  • I had no sense of fashion -- thick glasses, simple hairstyle --

    ファッションセンスのかけらもなく 分厚い眼鏡に地味な髪形で

  • you can get the idea.

    容易に想像できると思います

  • I think, actually, I only had friends because I shared my homework.

    私に友達がいたのはきっと 宿題を見せてあげていたからでしょう

  • That's the truth.

    実はそうなんです

  • But once at university,

    しかし かつて大学で

  • I was able to find a new identity for myself,

    自分の新しいアイデンティティを 見つけることができました

  • and the nerd became a popular girl.

    ガリ勉の子が クラスの人気者になったのです

  • But it was MIT,

    ただ MITでの出来事なので

  • so I don't know if I can take too much credit for that.

    そんなに凄いことでは ないかもしれません

  • As they say over there,

    MITの学生は言っていました

  • "The odds are good,

    「付き合える可能性は高くても

  • but the goods are odd."

    相手は変な奴ばかり」

  • (Laughter)

    (笑)

  • I switched majors so many times that my advisors joked

    専攻を何度も変えたので アドバイザーは冗談で

  • that I should get a degree in "random studies."

    私は「ランダム研究」で 学位を取るべきだと言いました

  • (Laughter)

    (笑)

  • I told this to my kids.

    子供達にも この話をしています

  • And then over the years, I have gained a lot of different identities.

    数年が経ち 私はたくさんの 異なるアイデンティティを見つけました

  • I started as an inventor, entrepreneur, social innovator.

    発明家、起業家、社会革新者に始まり

  • Then I became an investor,

    その後 投資家となり

  • a woman in tech,

    テクノロジー分野の女性

  • a teacher.

    教師

  • And most recently, I became a mom,

    そして最近 母親になりました

  • or as my toddler says repeatedly,

    私の幼い子供はくりかえし言います

  • "Mom!" day and night.

    昼も夜も「ママー!」と

  • Even my accent was so confused --

    アクセントでさえも 色々なものが入り混じり

  • its origin was so obscure,

    起源も曖昧なので

  • that my friends called it, "Rebecanese."

    友人は私の言葉を 「レベッカ語」と呼んでいます

  • (Laughter)

    (笑)

  • But reinventing yourself can be very hard.

    しかし 新しい自分になるのは とても難しいことです

  • You can face a lot of resistance at times.

    時には 多くの障害に 直面するでしょう

  • When I was nearly done with my PhD,

    私は 博士号が あと少しで 取得出来るという時

  • I got bitten by that entrepreneurial bug.

    起業家熱に かかってしまいました

  • I was in Silicon Valley,

    私はシリコンバレーにいました

  • and so writing a thesis in the basement didn't seem as interesting

    地下室で論文を書くことは 自分で起業することに比べて

  • as starting my own company.

    つまらないと思ってしまったので

  • So I went to my very traditional Korean parents,

    私は保守的な韓国人の両親に 会いに行きました

  • who are here today,

    2人は今日この場に来ています

  • with the task of letting them know

    その時 私は両親に

  • that I was going to drop out from my PhD program.

    博士課程を中退すると 伝えなければなりませんでした

  • You see, my siblings and I are the first generation to go to university,

    私達兄妹は 家族で初めて 大学に進学した世代でしたので

  • so for a family of immigrants, this was kind of a big deal.

    移民の家族にとって これは 大きな事件でした

  • You can imagine how this conversation was going to go.

    この会話がどんな結果になるか 想像できると思います

  • But fortunately, I had a secret weapon with me,

    しかし幸いにも 私には 秘密の切り札がありました

  • which was a chart that had the average income of all of the graduates

    それは スタンフォード大の博士課程の

  • from Stanford PhD programs,

    修了者の平均年収と

  • and then the average income of all the dropouts

    スタンフォード大の修士課程を

  • from Stanford graduate programs.

    中退した人の平均年収の比較表でした

  • (Laughter)

    (笑)

  • I must tell you -- this chart was definitely skewed

    実は このデータは グーグルの創業者達に

  • by the founders of Google.

    明らかに偏っていましたがー

  • (Laughter)

    (笑)

  • But my mom looked at the chart,

    しかし母は 表を見て

  • and she said,

    言いました

  • "Oh, for you -- follow your passion."

    「まあ 自分のために 情熱を追いかけなさい」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Hi, Mom.

    ママ どうも

  • Now, today my identity quest is no longer to find my tribe.

    今 私のアイデンティティ探しの旅は もう同じ仲間を探すことではありません

  • It's more about allowing myself

    自分自身の変化の可能性を受け入れ

  • to embrace all of the possible permutations of myself

    自分の外にある多様性を 探すのではなく

  • and cultivating diversity within me

    自分自身の中にある 多様性を探すことに変わりました

  • and not just around me.

    現在私には 3歳と 生後5か月の息子がいます

  • My boys now are three years and five months old today,

    彼らは生まれながらに 3つの国籍を持ち

  • and they were already born with three nationalities

    4つの言語に囲まれています

  • and four languages.

    私の夫はデンマーク出身だからと お伝えするべきですね

  • I should mention now that my husband is actually from Denmark --

    私の人生にカルチャーショックという 非日常がなくならないように

  • just in case I don't have enough culture shocks in my life,

    デンマーク人男性と 結婚することにしました

  • I decided to marry a Danish guy.

    きっと 私の子供たちは

  • In fact, I think my kids will be the first Vikings

    大人になっても 髭が生えずに苦労する 初のバイキングになるでしょう

  • who will have a hard time growing a beard when they become older.

    (笑)

  • (Laughter)

    ええ 将来 大変でしょうね

  • Yeah, we'll have to work on that.

    しかし 私は彼らの多様性が 人生において

  • But I really hope that they will find that their multiplicity

    たくさんの可能性を 引き出してくれると信じています

  • is going to open and create a lot of doors for them in their lives,

    そして現在 急速にグローバル化する世界で

  • and that they can use this as a way to find commonality

    共通項を見つけるのに 役立ててもらえると思います

  • in a world that's increasingly global today.

    ある1つの箱に収まらないとか

  • I hope that instead of feeling anxious and worried

    自らのアイデンティティが 合わなくなる日が来るのではと

  • that they don't fit in that one box

    不安や心配を感じるのではなく

  • or that their identity will become irrelevant someday,

    ためらわず 自分を試し

  • that they can feel free to experiment

    自身の物語やアイデンティティを 自分でつかんでほしいです

  • and to take control of their personal narrative and identity.

    そして 彼らの 独特に入り混じった

  • I also hope that they will use their unique combination

    価値観、言語、文化、能力を使って

  • of values and languages and cultures and skills

    アイデンティティが

  • to help create a world

    自身と異なるものを 遠ざけるのではなく 人々を繋げるものとなる世界を

  • where identities are no longer used to alienate what looks different,

    作っていってほしいと思います

  • but rather, to bring together people.

    そして最も大事なことですが 彼らには 未知の領域を旅する中で

  • And most importantly, I really hope that they find tremendous joy

    大きな喜びを見つけてほしい と思います

  • in going through these uncharted territories,

    私もそうだったからです

  • because I know I have.

    さて 私の祖母についてですが

  • Now, as for my grandmother,

    彼女の最期の願いは 私への最期の教えでもありました

  • her last wish was also her last lesson to me.

    実は 祖母は韓国に帰って

  • It turns out that it was never about going back to Korea

    そこで埋葬されたいと 願ったのではなく

  • and being buried there.

    自分の息子の隣で 永眠したいと願っていたのでした

  • It was about resting next to her son,

    その息子は 祖母がアルゼンチンに 移住するずっと前に亡くなりました

  • who had died long before she moved to Argentina.

    祖母にとって大事だったのは

  • What mattered to her was not the ocean

    彼女の過去と新しい世界とを 隔てた海ではなく

  • that divided her past and new world;

    世界に接点を見いだすこと だったのです

  • it was about finding common ground.

    ありがとうございました

  • Thank you.

    (拍手)

  • (Applause)

We're holding hands,

翻訳: Yumi Urushihara 校正: Shoko Takaki

字幕と単語

B1 中級 日本語 韓国 アルゼンチン アイデンティティ 祖国 祖母 スペイン

【TED】レベッカ・ワン: 自分の中にある多様性の力 (The power of diversity within yourself | Rebeca Hwang)

  • 1694 86
    林宜悉   に公開 2018 年 08 月 14 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す