Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is sponsored by Audible.

    この動画はAudibleがスポンサーになっています。

  • Start listening with the link in the description.

    説明文のリンクからリスニングを開始します。

  • There are some things Apple just loves, design, aluminum, excuse me... and secrecy.

    Appleが好きなだけのもの、デザインがあります。 アルミ、失礼します...そして秘密です。

  • To keep a surprise, it hires former FBI agents, searches more bags than TSA, and disguises

    驚かせるために元FBI捜査官を雇っている。 TSAよりも多くのバッグを検査し、偽装する

  • its products with fake companies likeIP Application Development Ltd” - IPAD.

    IP」のような偽企業とその製品 株式会社アプリケーション開発」 - IPAD.

  • But there are some things even the world's most profitable company can't hide.

    しかし、世の中には、世界でも 一番儲かる会社は隠せない

  • This is a list of companies acquired by Apple.

    Appleが買収した企業の一覧です。

  • Most make perfect sense - Authentec became Touch ID, Siri, well, Siri, But, around two

    ほとんどが完璧に理解できる - Authentec は Touch ID、Siri、まぁ、Siri、でも、2つくらいは

  • thousand fourteen, you start to see a pattern:

    千と千尋の神隠しのパターンが見えてきた

  • First, a company creating tiny, super-bright, high-density displays.,

    まず、ちっちゃくて超明るいものを作っている会社。 高密度ディスプレイ

  • Then one specializing in eye-tracking, an augmented reality headset, and a couple AR

    そして、アイトラッキングに特化したものがあります。 拡張現実感のあるヘッドセットとARのカップル

  • software startups.

    ソフトウェアの新興企業。

  • Plus a handful of patents and job descriptions, all suggesting the same thing: smart, augmented

    特許や仕事内容の一握りをプラスして。 すべて同じことを示唆しています: スマートで拡張された

  • reality glasses.

    リアリティメガネ。

  • Directions, the weather, really anything, projected right onto your vision.

    道順、天気、本当に何でも 視界に映し出されます。

  • The technology may not seem ready, we may not seem ready, and others have already tried

    技術は準備ができていないように見えるかもしれませんが、私たちは可能性があります。 用意ができていないようで、他の人はすでに試している

  • and failed.

    と失敗しました。

  • All of which could be said about the iPhone in 2007.

    全てはiPhoneにも言えることですが 2007年には

  • Of course, acquisitions are just, acquisitions, there are no guarantees, and Apple loves saying

    もちろん、買収はただの、買収です。 保証はありません、とAppleは言うのが大好き

  • no, it doesn't very often release a new product.

    はあまりリリースされていません。 製品を使用しています。

  • But there's good reason to think smart glasses are coming, Apple is the perfect company to

    しかし、スマートグラスにはそれなりの理由があります。 が来ている、アップルは完璧な会社です。

  • make them, and now is the time to do it.

    作るのは今がチャンスです。

  • If you're at all skeptical, well, you should be.

    疑心暗鬼になっているのであれば である。

  • Every other week we hear a new version of the same madlib: Blank technology is on the

    隔週で聞いているのは 同じマッドリブブランク技術は

  • verge of radically disrupting blank industry.

    ブランク産業を激変させる寸前。

  • Watch out!

    気をつけて!

  • We're about to reinvent wearable blockchains, or leverage proactive mesh networks, and the

    ウェアラブル・ブロックチェーンを再発明しようとしています。 またはプロアクティブなメッシュネットワークを活用し

  • world will never be the same

    せかいはかわりない

  • The few experts who see where an industry is really going get drowned out by a sea of

    業界の行方を見る少数の専門家 の海にかき消されそうです。

  • companies promoting theirworld changingidea.

    世界を変える という考えを持っています。

  • Which makes it pretty tough to predict the future.

    となると、予想するのはかなり厳しいですね。 を見てみましょう。

  • So when I say smart glasses, and you say I've heard this before, well, I can't really

    だから、スマートグラスと言って、あなたが言うと 前にも聞いたことがあるが、まあ、本当にできない

  • blame you.

    あなたを責める

  • But there are still ways of separating a hero from a zero.

    しかし、英雄を分ける方法はまだあります ゼロからの

  • The Gartner Hype Cycle explains why new technology seems to come out of nowhere and then disappear

    ガートナーのハイプサイクルは、新技術の理由を説明しています。 飛び出しては消えていく

  • with no explanation.

    何の説明もなく

  • Progress is never a straight line, but it's also not random, it tends to follow a pattern:

    進歩は決して一直線ではありませんが また、ランダムではない、それはパターンに従う傾向があります。

  • First, a very primitive prototype gets some attention.

    まず、非常に原始的なプロトタイプは、いくつかの 注意してください。

  • The media, desperate for clicks, jumps right over its flaws to its best-case scenario,

    クリックに必死なマスコミは右に飛ぶ 欠点を克服して、最良のシナリオを実現するためには、その欠点を克服する必要があります。

  • 10, 15 years from now.

    10年後、15年後。

  • And not just in tech, A dietary study with a tiny sample size became the headlineWhy

    また、技術だけでなく、食生活の研究でも 小さなサンプルサイズが「なぜか」という見出しになった

  • You Must Eat Chocolate Daily”.

    毎日チョコレートを食べること必至」。

  • That's what you and I see.

    それはあなたと私が見ているものです。

  • So we're inevitably disappointed when we get a glimpse of reality.

    だから、私たちは必然的に、私たちが 現実を垣間見る

  • Then, while we've mostly forgotten about it, real progress is made.

    それから、私たちがほとんど忘れている間に それが、本当の進歩につながるのです。

  • This is where r/Futurology claims it can cure cancer, This is where you addBlockchain

    これは、r/Futurologyが治ると主張しているところです。 がん、ここに "ブロックチェーン "を追加する

  • to the name of your Ice Tea company, boosting its stock 200%, and this is when we're told

    あなたのアイスティーの会社の名前にブーストします。 株が200%になった時です

  • it's coming in 3-5 years, every

    3-5年後には来ています、毎...

  • 3-5 years.

    3年から5年。

  • Some technologies die trying to get attention, some are only hype.

    注目を集めようとして死ぬ技術もある。 誇大広告に過ぎないものもあります。

  • Virtual Reality is somewhere around here, Far enough we know its viable for games and

    バーチャルリアリティはこの辺のどこかにあります。 ゲームのために実行可能なことを知っています。

  • entertainment.

    エンタメ。

  • But while it steals our attention, Augmented Reality quietly moves forward.

    しかし、それが私たちの注意を奪う間、オーグメンテッドは 現実は静かに前に進む。

  • Sure, it's earlier and more uncertain.

    確かに、それはもっと早くて、もっと不確かなものです。

  • But its potential is much, much bigger.

    しかし、その可能性ははるかに、はるかに大きい。

  • And Apple seems to agree:

    そして、Appleは同意しているようです。

  • It's been a huge focus of the company since iOS 11.

    以来の大注目株です。 iOS 11です。

  • Tim Cook even compared its promise to the smartphone.

    ティム・クックは、その約束を スマートフォン。

  • I mean, listen to how their website describes it: “Imagine if the line between the virtual

    つまり、彼らのウェブサイトの記述を聞いて それを"バーチャルとバーチャルの間にある線を想像してみてください

  • and the real simply didn't exist.

    そして、本物は単に存在しなかったのです。

  • Your classroom could become the cosmos.

    あなたの教室がコスモスになるかもしれません。

  • The past could be as vivid as the present.

    過去は現在のように鮮やかになるかもしれません。

  • And this is just the beginning.

    そして、これはほんの始まりに過ぎません。

  • Welcome to a new world.”

    "新世界へようこそ"

  • That's prettybold for what's currently just a few games and the ability to sample

    それはかなり...大胆だな ほんの少しのゲームとサンプルの能力

  • IKEA furniture.

    IKEAの家具。

  • Of course, all of this is brand new, But even if there are really great apps in a year or

    もちろん、これらはすべて新品ですが、しかし、それさえも 1年後や1年後に本当に素晴らしいアプリがあれば

  • two,

    2つだ

  • There's one, huge problem: For it to work, you constantly have to hold up your phone,

    一つだけ大きな問題があります。 あなたは常に携帯電話を保持する必要があります。

  • or dare I say, 13 inch iPad.

    というか、あえて言うなら13インチのiPad。

  • It's justawkward.

    ただ...気まずい。

  • AR is kind of the new drone - incredibly hyped, And sure, it's fun for a minute or two,

    ARは一種の新しいドローンです。 そして確かに、1~2分くらいは楽しいですね。

  • but only practical for a few, specific applications.

    しかし、少数の、特定のアプリケーションのための実用的なだけです。

  • Unless, Apple knows this.

    アップルがこれを知っているなら話は別だが

  • Why invest so much time and money?

    なぜそんなに時間とお金を投資するのか?

  • Because they know what we don't:

    彼らは我々が知らないことを知っているからだ

  • This is just an intermediary between today's phones and tomorrow's glasses.

    これはあくまでも今日の間の仲介であり 携帯電話と明日のメガネ。

  • It's a very clever solution to a big problem:

    大きな問題を巧みに解決してくれます。

  • If Apple wants to keep its glasses secret, it can't tell developers, and apps won't

    アップルがメガネの秘密を守りたいなら 開発者に伝えることはできないし、アプリも教えてくれない。

  • be ready when it launches.

    発売時には準備をしておきましょう。

  • But what if they could have their cake and eat it too?

    しかし、もし彼らがケーキを食べて それも食べるのか?

  • That's ARKit.

    それがARKitです。

  • Developers can start working now, without knowing what's coming.

    開発者は、今すぐに作業を開始することができます。 何が起こるかわからない

  • Meanwhile, Apple collects feedback and improves the technology.

    一方、アップルはフィードバックを集めて改善 技術のことです。

  • By the time glasses arrive, they'll have already proven their value:

    メガネが届く頃には すでにその価値が証明されています。

  • Directions projected right onto the street, Translation of the world around you, Context

    道順は右の通りに投影されています。 身の回りの世界の翻訳、コンテクスト

  • for your day, and so on.

    というように、あなたの一日のために。

  • Plus, I mean, the product names itself: iSight, EyePod, EyePhone, iGlasses, iWearcome on.

    しかも商品名自体がiSightという EyePod、EyePhone、iGlasses、iWear...さあ。

  • Except - none of this is exclusive to Apple.

    ただし、これはどれもAppleの独占的なものではありません。

  • In fact, some company calledGooglekinda already tried this.

    実際、どこかの会社が「グーグル」という もう試したんだけど

  • Why would Apple be any more successful?

    なぜアップルはもっと成功するのか?

  • Apple is rarely the first to do something, and glasses would be no exception,

    Appleが最初に何かをすることは滅多にありません。 とメガネも例外ではないでしょう。

  • Microsoft introduced the Hololens in 2015, there's Magic Leap

    マイクロソフトは2015年にホロレンズを導入しました。 マジックリープがある

  • And Intel Vaunt, Snapchat Spectacles, sold from a vending machine somehow uglier than

    そして、Intel Vaunt、Snapchatのメガネが売れました。 醜い自販機から

  • the app itself, and the Vue, Get it?

    アプリ自体も、Vue, Get it?

  • Because vuerhymes with blew, as in they really blew it, naming their company a pun

    韻を踏んで、彼らのように、吹いた。 会社の名前をダジャレにしてしまって大失敗

  • Okay, look at their websight: “your glasses will be able to do more than meets the eye.”

    よし、彼らのウェブサイトを見てみよう:「あなたのメガネ」。 "見ている以上のことができるだろう"

  • I See, This is not a business, it's just an excuse to make puns.

    なるほど、これはビジネスではなく、ただの ダジャレの言い訳

  • What a sorry sight/site.

    なんて残念な光景/サイトなんだろう。

  • But most interesting, is Google Glass, and the million reasons why it failed:

    しかし、最も興味深いのは、Google Glassであり 失敗した100万の理由

  • Like, to do anything, you tilt your head 30 degrees and speak - OK Glass, discreetly take

    何をするにも頭を30度傾けて 度と話す - OKグラス、慎重に取る。

  • a photo, or, use a touchpad on the side of your head.

    の側面のタッチパッドを使用して写真を撮るか、または 頭を

  • Both equally terrible.

    どちらも同じようにひどい。

  • It was expensive, poorly marketed, and lacked a compelling feature.

    高くて、市場に出回っていない、欠けていた。 説得力のある機能。

  • But, most of all, it just lookswell, let's say there's room for improvement

    でも、何よりも、見た目が...まあ、そうしよう。 改良の余地があると言う

  • The challenge of all these is just as much design as technology.

    これらすべての課題は、同じように 技術としてのデザイン。

  • Like, I think this joke writes itself

    このジョークは自分で書いたんだと思う

  • But if there's any company that can turn a tool you have to wear into an accessory

    でも、もしも、そのような会社があるとしたら 身につける道具をアクセサリーに

  • you want to, it's Apple.

    したいなら、それはアップルです。

  • Glass spent years being developed in public.

    グラスは何年もかけて公の場で開発されていました。

  • But glasses should be released for quick, mass adoption and acceptance - something Apple

    しかし、メガネはクイックのために解放されるべきです。 大量採用と受け入れ - 何かアップル

  • might know a thing or two about.

    知る人ぞ知るかもしれない

  • They should also be demoed in person - giving Apple's 500 retail stores a huge advantage

    彼らはまた、個人的にデモを行う必要があります。 アップルの500店舗の小売店は巨大な利点

  • over, say Microsoft's hundred.

    オーバー、マイクロソフトの100を言う。

  • I even know the perfect year to release it, although, we'll see, hindsight iswell,

    リリースするには最適な年であることさえ知っている。 とはいえ、後から考えれば...まあ...

  • you get it.

    あなたはそれを得る。

  • But seriously: isn't it just way too early?

    でもまじめな話、早すぎませんか?

  • Technology arrives in waves, first, early adopters, then the public, eventually, even

    技術は波のように到着し、最初に、早期に 採用者は、その後、一般の人々、最終的には、さらに

  • the luddites.

    おべんちゃら

  • But between these is an invisible hole, To see it, we have to remember the Hype Cycle.

    しかし、これらの間には見えない穴があります。 それを見ると、ハイプサイクルを忘れてはいけない。

  • Here at peak excitement, it's very easy to get a few users - these are early adopters

    ここでは、興奮のピークでは、それは非常に簡単です。 数人のユーザーを獲得するために - これらはアーリーアダプターです。

  • - and they give the illusion of momentum.

    - と、勢いのある錯覚を与えます。

  • The hole is the steep descent that follows - after the hype, getting users is much, much

    穴は、その後に続く急な下り坂 - 誇大広告の後、ユーザーを獲得することは、はるかに、はるかに

  • harder.

    もっと強くなって

  • It takes a lot of kinetic energy for a product to pass this filter.

    製品を作るには運動エネルギーが必要です。 を使用して、このフィルタを通過させます。

  • A journalist will wear any piece of glass with a camera taped to it,

    ジャーナリストはガラスの破片を身につける カメラを貼ったまま

  • But Apple designs for the masses - only what can survive the gap.

    しかし、Appleは大衆のためにデザインしています。 は、そのギャップを乗り越えることができる。

  • Which creates two challenges for glasses:

    これは、メガネに2つの課題を生み出します。

  • First, the technology has to be really good.

    まず、技術が本当に優れていなければなりません。

  • The Watch proves they can make small batteries last a whole day and design a tiny but mighty

    Watchは、彼らが小型のバッテリーを作ることができることを証明しています。 丸一日かけて、ちっぽけだけど力強くデザインする

  • system-on-a-chip,

    システムオンチップ。

  • It would need a bright, high-density display like microLED - which it's already developing.

    明るくて高密度のディスプレイが必要になる microLEDのように - それはすでに開発されています。

  • But then there's the camera - which brings us to the second challenge: The other kind

    しかし、そこにはカメラがあります。 第二の課題は、他の種類の

  • of optics:

    光学系の

  • it has to be, wellnot creepy.

    気持ち悪くないようにしないとね

  • Consumers will think Black Mirror, The Circle , Wall-E, and so on.

    消費者はブラックミラー、サークルと思うだろう ウォーリーなどがある。

  • Even with Apple's focus on privacy, these are very real challenges, and could delay

    Appleがプライバシーを重視しているとはいえ、これらの は非常に現実的な課題であり

  • its release.

    そのリリース。

  • But glasses are more than a new product - they're a critical part of Apple's strategy:

    しかし、メガネは新製品以上のものです。 Appleの戦略の重要な部分です。

  • Moving in the direction of more transparent, more personal technology,

    より透明度の高い方向に移動。 より個人的な技術。

  • Because, the smartphone won't last forever.

    だって、スマホは長続きしないんだもん。

  • The only way a company so dependent on one product can survive is to replace itself,

    ひとりの会社に依存しているのは 製品が生き残ることができるのは、自分自身を置き換えることです。

  • not wait for someone else to.

    誰かを待つのではなく

  • It's a philosophy rooted in the company by Steve Jobs, and one reason I recommend

    会社に根付いた理念である スティーブ・ジョブズ氏の言葉と、私がお勧めする理由の一つは

  • his official biography.

    彼の公式伝記。

  • With Audible, you can listen on your way to school or work, at the gym, or whenever else.

    Audibleを使えば、途中で聞くことができます。 学校や職場、ジム、その他の場所でも

  • I started listening to audiobooks in high school and it really changed my habits - It

    オーディオブックを聴き始めたのは高校の頃。 学校とそれは本当に私の習慣を変えた - それは

  • turns the necessary but very boring moments of your life into the ones you look forward

    必要だが非常に退屈な瞬間を回す あなたの人生を楽しみにしているものに

  • to.

    にしてください。

  • I'm almost always listening to at least one book, and one of my favorite things is

    をほぼ必ず聞いています。 一冊の本で、私の好きなものの一つは

  • reading about the CEO of a company I like:

    好きな会社のCEOの話を読んで

  • For the Grand Theory of Apple, Amazon, and this video, I learned much of the content

    アップル、アマゾンの大理論のために このビデオでは、私は多くの内容を学びました。

  • by understanding the person behind the company - their personality, what motivates them,

    会社の背景にある人を理解することで - 彼らの性格、何が彼らを動かしているのか

  • and how they came to start their business.

    と事業を始めるに至った経緯を紹介しています。

  • And because this author talked for hours with Steve Jobs and the people around him, it has

    そして、この作者が何時間も話していたからこそ スティーブ・ジョブズとその周囲の人々は、それを持っています。

  • a lot of detail you just won't find anywhere else.

    隅々にも隅々にも ではなく、他にもあります。

  • Another is The Everything Store - the story of Jeff Bezos and Amazon.

    もう一つは、すべての店です - 物語 ジェフ・ベゾスとアマゾンの

  • I'm convinced there's no human on earth like Bezos, his mindset is really interesting

    地球上に人間はいないと確信している ベゾスのような考え方が面白い

  • to hear about.

    を聞いてみましょう。

  • And speaking of Amazon, prime members can listen to Audible for only $4.95 a month for

    そして、Amazonといえば、プライム会員は Audibleでは、月4.95ドルで聴くことができます。

  • their first three months.

    最初の3ヶ月間

  • You can pick any book they have every month, and if you don't like it, and I absolutely

    毎月持っている本を選ぶことができます。 もしあなたがそれを嫌うなら、私は絶対に

  • love this, you just click return and pick another.

    これを愛して、あなただけのリターンをクリックして選択します。 別のものです。

  • Go to Audible.com/polymatter or text polymatter to 500500.

    Audible.com/polymatterまたはテキストpolymatterに移動します。 を500500にします。

  • Again that's Audible.com/p-o-l-y-m-a-t-t-e-r or text polymatter to 5-0-0-5-0-0.

    再びAudible.com/p-o-l-y-m-a-t-t-e-rです。 またはテキストポリマターを5-0-0-0-5-0-0にする。

This video is sponsored by Audible.

この動画はAudibleがスポンサーになっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 メガネ apple アップル 会社 技術 audible

アップルのメガネが来ている - ここに理由があります

  • 697 8
    Samuel に公開 2018 年 07 月 31 日
動画の中の単語