Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Our own clumsiness can feel like one of the most shameful things about us.

    私たち自身の不器用さは、<a href="#post_comment_1"><strong>恥ずべきこと</strong><i class="icon-star"></i>私たちについての最も重要なことの一つのように感じることができます。

  • On returning a carton to the fridge, we trip and spill orange juice down our whole front. It goes into our shoes, too.

    カートンを冷蔵庫に戻すとき、つまずいてオレンジジュースを正面からこぼしてしまう。それは私たちの靴の中にも入ります。

  • Even the inside lining of the soles are soaked in orange pulp.

    足裏の内側の裏地までオレンジの果肉が染み込んでいます。

  • It's a good ten minutes and a few towels before we've changed out of all our clothes - even our underwear - and cleaned ourselves up.

    下着も含めて、すべての服を脱ぎ捨てて、自分の体をきれいにする前に、10分と数枚のタオルで済ませるのが良いでしょう。

  • We feel three and a half years old.

    3歳半の歳月を感じます。

  • When are we gonna grow up into the adults we supposedly are?

    いつになったら大人になるんだ?

  • If only this were the only such incident, but clumsiness may stalk us everywhere.

    このような事件だけであればいいのですが、不器用さはどこにでもつきまとうものなのかもしれません。

  • A month ago we badly bruised our knee against a door, then we spilled blueberries over the kitchen floor, and recently we went around for a whole day not noticing there was a piece of lettuce coating one of our teeth.

    一ヶ月前にはドアに膝をぶつけて大怪我をしたし、キッチンの床にブルーベリーをこぼしてしまったし、最近ではレタスが歯の一本をコーティングしているのに気づかずに一日中歩き回っていた。

  • Furious with, and ashamed of ourselves, our clumsiness violates our self-image as competent grownups.

    自分たちの不器用さに怒り、自分たちを恥じることで、有能な大人としてのセルフイメージを崩してしまう。

  • There's a Yiddish word that artfully evokes the extent of our stupidity.

    イディッシュ語で、我々の愚かさを巧みに表現した言葉があります。

  • The clumsy person is in Yiddish a klutz, a dunderhead, a blockhead, a fool.

    不器用な人は、イディッシュ語では、不器用な人、dunderhead、blockhead、愚か者です。

  • It's the inner klutz who makes us drop plates, who walks into doors and who didn't remember to do up its flies.

    それは、私たちに皿を落とさせたり、ドアに入ってきたり、<a href="#post_comment_2"><strong>そのハエを上げることを忘れていなかった内なる不器用さ</strong><i class="icon-star"></i>。

  • It's normal to hate our klutz and with a grim face to try to deny it's even really there inside us.

    それは私たちの不器用さを憎み、それが私たちの中にも本当にあることを否定しようとすると不機嫌な顔をして普通のことです。

  • Instead, we strive to hold on to our dignity and when we can presume that the klutz has gone away for good.

    その代わりに、私たちは自分の尊厳を保つために努力し、私たちは不器用な人が永久に去って行ったと推定することができます。

  • When we do meet with it, it's always with some horror, agitation and humiliation - we thought we'd left the Klutz behind, somewhere in childhood.

    私たちがそれに出会うときは、いつも何らかの恐怖と動揺と屈辱を伴うものです。

  • But no, it's still here, getting us to drop our phone in the toilet bowl and forget an important person's name at a party.

    でも、いや、まだいるんだ、便器にスマホを落としてもらって、パーティーで大事な人の名前を忘れてしまった。

  • But there would be another less explored option: to make friends with our inner klutz.

    しかし、別のより少ない探索されたオプションがあるだろう:私たちの内側の不器用な人と友達になるために。

  • Not to keep denying that it really exists, but to face up to it head-on, in good time.

    本当に存在することを否定し続けるのではなく、<a href="#post_comment_3"><strong>真正面から</strong><i class="icon-star"></i></a>、タイミングよく向き合うこと。

  • We should accept without rancor or fury that we simply are at one level.

    私たちは、単に一つのレベルにあるということを、憤りや怒りを感じることなく受け入れるべきです。

  • Klutzes who knock things over, spill drinks and make fools of ourselves in small and large ways.

    物を倒したり、飲み物をこぼしたり、大なり小なり自分をバカにしたりするクルッツたち。

  • This is only a humiliation if we insist that the only way to be acceptable is to exhibit constant competence.

    これは、一定の能力を発揮することでしか受け入れられないと主張しているのであれば、ただの屈辱でしかない。

  • Once we accept that we are klutzes through and through, one more spilled drink won't need to discomfort us much further.

    一度我々は、我々は不器用であることを受け入れるとを介してとを介して、もう一つのこぼれた飲み物は、はるかに遠くに私たちを不快にさせる必要はありません。

  • What particularly humiliates us at moments of clumsiness is the impression that we're all alone with our ineptness.

    不器用な時に特に屈辱的なのは、自分の不器用さを一人で抱え込んでいるような印象を受けることです。

  • We wouldn't mind being clumsy if everyone was clumsy, too.

    みんなも不器用であれば気にしない。

  • But they don't seem to be. We appear to have been singled out as the greatest klutzes we've ever met!

    しかし、彼らはそうではないようです。私たちは<a href="#post_comment_4"><strong>sled out</strong><i class="icon-star"></i>今まで出会った中で最も偉大な不器用な人たちとして、<a href="#post_comment_4"><strong>sled out</strong><i class="icon-star"></i>をされているように見えます!

  • Far from it.

    とんでもない

  • We simply don't see the clumsiness of other people as we do our own, because it happens in private and is carefully edited out of public life.

    私たちは単純に、他人の不器用さを自分の不器用さと同じように見ていないだけで、それはプライベートで起きていることであり、公の場では慎重に編集されているからです。

  • It's not surprising that in comedy shows there is such a widespread appetite for watching people fall off their bikes or walk into lampposts.

    コメディ番組では、自転車で転んだり、街灯の中を歩いたりする人を見たいという欲求がこれほどまでに蔓延しているのは当然のことだ。

  • We feel so relieved by evidence that clumsiness is not ours alone.

    不器用さは自分たちだけのものではないという証拠に、とても安心感を覚えます。

  • It may look as if we're mocking but really we're delighted to have found people as absurd as we are.

    まるで馬鹿にしているかのように見えるかもしれませんが、本当に自分たちと同じように不条理な人たちに出会えたことを喜んでいます。

  • The comedy show invites us to see our own clumsiness as part of a collective foolishness, not a private tragedy.

    このコメディーショーは、私たち自身の不器用さを、個人的な悲劇ではなく、集団的な愚かさの一部として見るように誘う。

  • We can also see that our own clumsiness is not what set us apart from others, but actually what we share in secret with everyone.

    また、私たち自身の不器用さは、<a href="#post_comment_5"><strong>set us apart from</strong><i class="icon-star"></i</a> othersではなく、実際にはみんなと秘密裏に共有しているものであることがわかります。

  • We can accommodate our idiocy more sweetly inside ourselves by trusting at last that it is entirely normal and universal to be clumsy, that it's a factor to be understood and forgiven in ourselves because it should be understood and forgiven in everyone.

    私たちは、不器用であることは全く正常で普遍的なことであり、それは誰にでも理解され、許されるべきことなので、自分自身の中で理解され、許されるべき要因であることを最後に信頼することで、自分自身の中の愚かさをより甘く受け入れることができるのです。

  • The next time we spill something down our front, we shouldn't feel a hot prickly rage.

    次に正面から何かをこぼした時に、熱いチクチクとした怒りを感じてはいけません。

  • We should greet our inner klutz like an old familiar friend with a warm, tolerant smile of recognition.

    私たちは、認識の暖かい寛容な笑顔で、昔からの親しい友人のように、私たちの内側の不器用な人に挨拶をするべきです。

  • The school of Life isn't just a Youtube channel. It's an actual school where you can go and take classes.

    人生の学校はただのYoutubeチャンネルではありません。実際に通って授業を受けることができる学校です

  • We have branches in ten locations around the world. To find out more click on the link on the screen now.

    世界10か所に支店があります。詳細については、画面上のリンクをクリックしてください。

Our own clumsiness can feel like one of the most shameful things about us.

私たち自身の不器用さは、<a href="#post_comment_1"><strong>恥ずべきこと</strong><i class="icon-star"></i>私たちについての最も重要なことの一つのように感じることができます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 器用 愚か 内側 怒り 自身 オレンジ

不器用なことについての対処法

  • 35058 1783
    Evangeline に公開 2018 年 07 月 25 日
動画の中の単語