Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The thought that we should, if we're honest with ourselves, probably try to change our career, is one of the most anxiety inducing of all realizations.

    自分に正直に向き合って、キャリアを変えた方が良いかな、という考え―これは、あらゆる「気づき」の中でも、最も不安を煽るものの1つです。

  • We're going to have to face, for possibly a very long time, a big drop in salary. We might have to move back home, it will be hard to sound impressive at parties about what we're doing, and we'll be beginning again close to zero.

    おそらく非常に長い期間、給料が激減することになるでしょう。実家に戻らないといけないかもしれないし、パーティーで「今何をしているか」という話になった時、人を感心させるのは難しくなるでしょう。そして、ゼロに近い状態から出直すことになります。

  • Tellingly, the agony about this can be most potent when we're young.

    さらに言うと、この苦悩は若い時に、最も強く感じるものでしょう。

  • Imagine someone who's 20. They've been planning a career in chemical engineering and they're well on the way to gaining the right qualifications.

    20 歳の人を想像してみてください。化学工学でのキャリアを考えていて、それに見合った資格を上手く取得できています。

  • They selected particular subjects at school, took the right courses at university, and did some relevant work experience.

    学校ではある特定の教科を選択し、大学では正しい授業を受講して、関連する職務経験も積みました。

  • They've already made what feels like an enormous investment.

    すでに、多大なる投資に思える行動を行ってきました。

  • But now, they start to think very seriously of switching course, perhaps towards marine biology or anthropology.

    しかし今、進路を変えることを非常に真剣に考え始めました。海洋生物学か、人類学か。

  • It might mean another two unforeseen years of studying.

    予定外に、あと 2 年勉強することになるかもしれません。

  • At 20, two years feels like a very long time indeed: 10% of the whole of one's life so far.

    20 歳という年齢において、2 年間は非常に長い期間に思えます。それまでの人生の 10 %なのです。

  • And psychologically, it's even bigger than that.

    心理的には、それよりもさらに大きな意味を持ちます。

  • At 20, you've maybe only felt you were you since you were about 16. Before that, you were in a kind of daze of childhood and adolescence, and didn't have any real idea of what your life might be about.

    自分を自分として感じ始めたのは、16歳くらいからでしょう。それ以前は、幼少期や思春期のぼーっとした期間にあって、自分の人生がどうなるかなんて、きちんと分かっていませんでしたよね。

  • So, two years feels like half of your existence.

    2 年間というのは、自分の存在の半分くらいに感じるのです。

  • It's a vast commitment.

    大きなコミットメントです。

  • What's so hard to grasp, and yet essential, is how things will look in the future.

    将来、物事がどうなるか―これは把握し難いですが、必要不可欠な要素です。

  • Age, say, 56.

    例えば 56 歳の時。

  • From there, two years will have a very different meaning.

    そこからの 2 年間というのは、全く異なる意味を持ちます。

  • It'll only be one twentieth or 5% of the forty years between being 16 and being at the climax of middle age.

    その 2 年間は、16 歳から中年のクライマックスまでの 40 年間のうち、1/20、5 %にしか相当しません。

  • Over time, the length of further study grows relatively small against the backdrop of a whole working life, while the consequences of not having undertaken it grow ever larger.

    時がたち、職業人生を送っていく中、勉強を続けていく期間は比較的小さくなります。しかし、勉強を継続しなかった結果、その影響はますます大きなものとなっていきます。

  • We call his paradox the "job investment trap," and it explains why many people, especially young people, mistakenly turn away from retraining.

    このパラドックスは、「職業投資トラップ」と呼ばれます。そして、多くの人々、特に若者が、間違って、再教育に背を向けてしまう理由を説明しています。

  • The present looms too large and the long long future, which will in fact constitute by far the greater part of our lives, doesn't carry the weight it really should.

    今現在が、私たちの目の前に大きく立ちはだかります。そして、私たちの人生の大部分を占める、今からずっと先の将来に、然るべき重点が置かれません。

  • To counter this tendency, we should draw up timelines to force ourselves to see that the period from 16 to 24 is truly quite short in comparison with what lies between 24 and 65.

    この傾向にあらがうために、タイムラインを描き、目の当たりにすべきなのです―24歳から65歳までのに比べ、16歳から24歳というのは、非常に短い期間だということを。

  • We need to weigh up investments now, not against our most recent experiences, but in the light of a more accurate picture of an entire life.

    直近の経験に基づいてではなく、人生全体をより正確に描いたイメージと照らし合わせ、今、投資について評価する必要があります。

  • We need to believe in something that's so hard to really trust in: the reality of our own future decades of life.

    この先何十年の人生があるという現実は、心から信用するのが難しいことですが、それを信じる必要があります。

  • And then, we need to dare to switch track.

    そして、思い切って、路線変更しなければなりません。

The thought that we should, if we're honest with ourselves, probably try to change our career, is one of the most anxiety inducing of all realizations.

自分に正直に向き合って、キャリアを変えた方が良いかな、という考え―これは、あらゆる「気づき」の中でも、最も不安を煽るものの1つです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 人生 投資 長い 考え しれ 照らし

「転職」を考えてる人必見!キャリアチェンジに遅すぎはない?!

  • 21582 1470
    Evangeline に公開 2021 年 03 月 31 日
動画の中の単語